結婚式の引き出物、相場はいくら?経験者がお勧め品とリアルな実態をこっそり教えます!

結婚式には不可欠の引き出物。選び方次第でゲストの満足度も変わってきます。でも、いくら満足する引き出物を…といっても、予算に限界がある中で、どこまで満足するものを選べるかは難しいところ。そこで、引き出物のリアルな実態を相場も含めてご説明します。「私たちの引き出物は、こうしよう」という意思決定の参考になれば幸いです。



地域によってこんなに差がある

そもそも、「引き出物をどんなものにするか、いくらくらいのものにするか」ということは地方によっても全く違ってきます。引き出物に関する特殊な風習がある地域についてまとめてみました。

・北海道:そもそも結婚式自体が会費制。そのため引き出物にもお金をかけない。大体、1,500円程度の記念品を引き出物として渡す。

・秋田県、山形県:引き出物として寝具(布団など)を贈る、という風習がある。そのため、結婚式より前に列席者の自宅に引き出物として寝具が届くことがある。

・石川県:紅白のお饅頭を引き出物につけるという風習がある。

・富山県:鶴、亀、鯛などをかたどった大きなかまぼこを縁起物として引き出物につける。

・愛知県:2人の名前が入った引き出物を贈る。これは「名披露目」といって、2人の名前を覚えてもらうための風習と言われる。

この他にも地域ごとの「引き出物の風習」があるようです。ご自身、お相手の出身地に合わせて、引き出物を選ぶという配慮も必要になるかもしれません。

引き出物の熨斗にも家の威信がかかっている!?

さて、風習について説明したところで、私の周囲で実際にあった話を書いてみようと思います。それは、引き出物にかける熨斗(のし)をどうするか、という問題です。

最初、私の友人(女性)夫婦は熨斗を「両家の連名(●●家、■■家)」にする予定でした。しかし、お相手のお母さまが「うち側から招くお客様の引き出物の熨斗はうちの名前だけにしたい」と言い出したことから、熨斗の手配が大変なことになりました。

結果として、「御主人側のゲストの熨斗=●●家」「奥様側のゲストの熨斗=■■家」「共通の友人などにあたるゲストの熨斗=●●家、■■家」と3種類も熨斗を用意する羽目になったそうです。

友人はゲストの名簿をエクセルで作り、熨斗の名義の欄まで作って、半分泣きそうになりつつ、担当のウェディングプランナーさんに渡したとか。もちろん、引き出物も両家で違うものを用意していたそうです。

「なんだか大変なことになってるな」というのが正直な感想でした。しかし、こういう話は実は珍しいことではない、とも思います。時代とともに価値観は確実に変わっているものの、やはり結婚は「家対家」のイベントである、という要素は確実にあるのです。

都会はわりとドライ

さて、熨斗にこだわっていた友人夫婦は地方出身でした。それだけに「家」を重視する風潮は強く残っていたのでしょう。では、都会の場合はどうなのでしょうか。参考までに私の場合を書いておきます。

私は東京生まれの埼玉育ち(両親の出身地は岩手と北海道だけど、埼玉暮らしが長い)、主人は埼玉生まれの埼玉育ち(両親の出身地は埼玉)です。「引き出物?持って帰るのが楽なのが一番でしょ」(私の親族に地方から来る人が多かったため)ということだけで、特に争うこともなく、このようになりました。

・某有名デパートのカタログギフト
・クラブハリエのバームクーヘン
・フォートナムアンドメイソンの紅茶
※この他に、プチギフトの代わりにジャムを席札(ラベルに列席者の名前を印刷した)にしました。

ものすごい都会に住んでいる、というわけではありませんが、引き出物に関し特にこだわりや風習がない地域だったら、このあたりが無難な選択になるのではないかと思います。

CLUB HARIE(クラブハリエ)
洋菓子のCLUB HARIE(クラブハリエ)オフィシャルサイトです。独自の食感が人気のバームクーヘンをはじめ、生ケーキから焼菓子など、手づくりの温かさを大切にしたこだわりの逸品を揃えています。

Fortnum & Mason|フォートナム・アンド・メイソン ジャパン



あげる相手が誰かよって構成は変わる

さて、引き出物をめぐるリアルな事情を話したところで、現実的な対応はどうすればいいのか、ということに話を移したいと思います。それは、「引き出物に差をつける必要があるのか」ということです。

目上の方と親戚と友達、どこで差をつける?

一般的に、引き出物にかける総額は、「料理、飲み物にかける金額の3分の1程度」が相場とされています。私の場合、料理、飲み物」にかける金額が約27,000円だったので、9,000円が最低ラインということになります。

もちろん、目上の方には、ご祝儀をたくさんいただいていたり、これまでお世話になっていたりすることを考えると、これより高い引き出物を用意する必要があるように思いました。それを踏まえて、引き出物を決めました。

私の例からもわかるように、一般的には「メインの品+引き菓子+紅茶、鰹節などの乾きもの」という3品で引き出物は構成するようです。引き菓子と紅茶を人によって分けるのは、手配する立場からも面倒になると思われたので、メインの品(私たちの場合はかとカタログギフト)で差をつけることにしました。

つまり、目上の方に対してはカタログギフトの設定金額をあげた状態で引き出物を手配することにしたのです。これだと、ぱっと見ただけでは差がわかりません。そういう意味では正解でした。

贈り分けをするときの注意

このように、ゲストによって引き出物に差をつけざるを得ない時に、配慮してほしいことがあります。それは「あからさまに差がわかる贈り方をしないこと」です。人によっては、「何であの人の引き出物と私の引き出物は違うのだろう」ということで不信感を抱く人がいるからです。

その不信感が後になって人間関係に影響を及ぼすこともあり得ます。結婚式はただでさえあわただしいので、そんなことに気を回しているゲストが果たしているのかどうか、という疑問はもちろんありますが。

少しでも疑いを持たれる行為は慎んだほうが無難であることは言うまでもありません。先ほどの友人の例のように、「両家で違った引き出物を用意する」場合でも、値段や形が明らかに違うものを選ぶのは避けたほうがいいでしょう。話し合いをして、できるだけ似た基準で引き出物を選ぶことが大事です。

実際、みんなどんなものを引き出物にしているの?

では、実際に結婚式を挙げる人はどんなものを引き出物に選んでいるのか、ということについて話を移したいと思います。

カタログギフトはやっぱり人気

私は結婚式の手配をある老舗デパートで全部済ませたのですが、その時に受け取ったパンフレットにこのようなアンケートの結果が書いてありました。「一番人気はやはりカタログギフト」と…その言葉につられて、私もカタログギフトを選んでしまいました。カタログギフトの利点には、以下のようなことが挙げられます。

・遠方からのゲストにとっては、持って帰るのが便利。カタログは基本的に軽いから。
・ゲストの好きなものを選べる。
・(先ほど書いたことと重複しますが)ゲストによって金額に差をつける場合でももめにくい。

しかし、利点ばかりではありません。こういうことも思うゲストもいる、という話も挙げておきます。

・安い値段設定のカタログギフトだと、商品のラインナップが貧弱なことがある。
・結婚式続きでカタログギフトが続くと「またか…」という気分になる。
・オリジナリティが貧弱。どうせもらうなら新郎新婦の人となりが反映されたものが欲しい。

たしかに、カタログギフトは「便利」「無難」という点では最適な選択肢かもしれません。しかし、人によっては「無難」をよしとしない、という考え方を持っていることもある、ということを覚えておきましょう。

そして、充実したラインナップのカタログを、と思うなら、ある程度の出費(最低でも5,000円のコース)は覚悟したほうがいいかもしれません。

ブライダルギフト(引出物) | 三越 日本橋本店 | 三越 店舗情報
『飾る日も 飾らない日も 三越と』 日本橋本店 三越の商品情報をはじめ、イベント、フェア、文化展など、最新情報をお届けいたします。

カタログギフト|I 総合ギフト|伊勢丹の結婚祝い | 伊勢丹オンラインストア
伊勢丹のオンラインストア。『毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹』から伊勢丹限定・先行商品を中心にファッションからコスメ・食品・リビング・ギフトまで旬な商品を紹介するオンラインショッピングです。

結婚内祝い・引出物|用途で選ぶ|カタログギフト|高島屋のギフト|高島屋オンラインストア

大丸フリーチョイスギフト|カタログギフト|ギフト|大丸松坂屋オンラインショッピング
大丸のカタログギフト「大丸フリーチョイスギフト」の通販は大丸松坂屋オンラインショッピングで!ファッション、インテリア、グルメなど幅広いバリエーションから選べ、幅広い世代の方に人気です。

セレクトギフト | 出産内祝い カタログギフト│Hankyu baby&kids│阪急オンラインショッピング

自分達の名前入りグッズはやっぱり不評

人から頂いたものに対して文句を言うことがとても失礼だ、ということは誰でもわかっているはずです。しかし、ネットで「引き出物 名前入り」などと検索してみると、以下のような「かなり辛辣な」意見がありました。

:もらっても使い道がない。
・自己満足。
・顔写真や似顔絵が入っているのも辛い。

これ以上に辛辣な意見もありましたが、ここで書くのが到底ふさわしいと思えないのでやめておきます。何が言いたいかというと、「それだけ自分たちの名前入りの引き出物を使う場合は、配慮をすべきだ」ということです。

冒頭で書いたように、「自分たちの名前入りの引き出物」を使うことが風習となっている地域もあります。個人的にはそういう風習は大事にするべきだと思っています。しかし、「差し上げた相手の方が困るもの」を引き出物にするのもどうか、ということです。

どうしても自分たちの名前を入れたものを使いたい、ということであれば、引き菓子や鰹節・紅茶などの乾き物のラベルに自分たちの名前を入れてみてはいかがでしょうか。

メッセージラベル一覧 | 世界の紅茶・緑茶専門店 ルピシア オンラインストア
ルピシアメッセージラベルの一覧です。

出身地にちなんだもの、ゲストの名前入りグッズはなかなか好評

同じ名前入りでも、ゲストの名前入りグッズは評判がいいようです。その心は「自分たちのことを考えて手配してくれたという実感がわくから」だとか。確かに、自分の名前が入ったものをもらうと「わざわざ探してくれたんだ」と思えますよね。

「名前入り」にこだわるなら、相手の名前にフォーカスしてみると面白いかもしれません。私の周囲では、「相手の名前入りの風呂敷」を引き出物にしたという実例がありました。たしかに、風呂敷は機会がなければ自分ではなかなか買わないものです。しかし、あれば何かと便利です。そういう意味では合理的なギフトですよね。

名入れについて | むす美オンラインふろしきショップ
神宮前の風呂敷(ふろしき)専門店 京都和文化研究所むす美のオンラインショップです。 京都のふろしきメーカーがお届けするおしゃれな風呂敷をどうぞ また、評判のいいギフトとしては、「新郎新婦、およびそのご家族の出身地にちなんだもの」も挙げられます。独自性が出せる、という意味では面白い選択かもしれません。私は実際に友人から、琉球ガラスのおちょことぐい飲みのセットを引き出物として頂きました。

友人のご両親が沖縄のご出身だったからです。郷土の名産品はメインの引き出物の他にも、引き菓子などで取り入れやすいアイテムです。「ああ、この人はあの県にゆかりが深いんだな」と思いをはせることができるのも面白いですよ。



自己満足ではなく、相手の満足を考えて

引き出物についていろいろとお話をさせていただきました。でも、引き出物に限らず、誰かに贈り物を贈るときに一番大事なことがあるのではないかと思います。それは「自己満足で終わらないこと」です。

自分(たち)がいいと思ったものでも、相手にとってはあんまりうれしくなかった、ということは起こりえます。可能性を0にすることはできませんが、可能な限り「これを受け取ったら喜んでくれるかな」ということに思いを巡らせましょう。

あまり予算がかけられない場合は、余計にそういった配慮が必要です。そうすれば「あの引き出物、うれしかったよ!」という声がきっと聞けるでしょう。

※本記事は一般的または筆者個人の調査による情報です。適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。
従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。