家計簿をつけよう!おすすめのかわいいテンプレート10選!

「家計簿をパソコンでつけたい!」そんな要望を持っている人は、たくさんいます。あなたもその一人ですか?でも自分で作るのは、大変ですよね。それで、パソコンで家計簿をつけ続けて10年のわたしがオススメする、かわいい家計簿「テンプレート」10選をご紹介します!



様々な種類の「家計簿テンプレート」

「お金をうまくコントロール出来ない!」そんな悩みを抱いている人は、たくさんいます。いろいろな「家計簿」を使ってきたけど、あまり長く続かなかったり、自分に合う家計簿がなかったりして、途中でつけるのをやめてしまう人もいます。

わたしも、家計簿をつけ続けるのに苦労した人の一人です。独身時代から「家計簿をつけないと!」と思い、手書きノートからエクセルでの家計簿まで、様々経験してきました。家計簿というのは、人それぞれ必要な機能は異なりますよね。あなたは、どんな機能や項目があったら便利だと思いますか?

最近は、パソコンだけでなくスマートフォンなどでも、家計簿をつけられるようになりましたが、わたしは、今パソコンでの家計簿つけに、はまっています!なぜでしょうか?スマートフォンのほうが、便利で楽なのではないでしょうか?わたしが、パソコンで家計簿をつけている理由は、いくつかあります。

・仕事でパソコンを使っていて、PCで家計簿を登録
・詳細な計算や分析が出来て、コントロールしやすい
・印刷して手書きできる

といっても、今は、家計簿の「テンプレート」がインターネット上にあふれているので、どれを使ったらよいか迷いますよね。そんなあなたに、わたしが利用してきたテンプレートの中で、わオススメの家計簿をご紹介します。10種類選んでみました!すべて無料で使うことができます!

1. カレンダーbank – 家計簿
2. 無料テンプレート
3. エクセル シンプル 家計簿
4. 家計簿 – office スタイル カタログ
5. 個人経費計算ツール
6. 家計簿
7. 個人用マネー管理ツール
8. 月間家計簿
9. 家計簿 バザールでござーる
10. わくわく子育て家計簿

一つずつ細かく見てみましょう!



【エクセル】使い慣れているので簡単

1. カレンダーbank – 家計簿
2. 無料テンプレート
3. エクセル シンプル 家計簿
4. 家計簿 – office スタイル カタログ

これら4つは、コンピューターに「ダウンロード」して利用する、マイクロオフィスのExcelを利用したテンプレートです。使い慣れたエクセル形式なので、取り組みやすいことでしょう。まず、「カレンダーbank – 家計簿」から、細かい機能などを見てみましょう。

1.カレンダーbank – 家計簿

一ヶ月一枚、年間12枚の紙を使って、家計簿をつけていくテンプレートです。特にこの家計簿の特徴は、「一枚の紙に、凝縮されて様々な項目が載っている」ことです!たった一枚にいろいろな項目や欄があると、見にくいのではないかと思われるかもしれません。でも、決してそんなことはありません!むしろ、一枚で必要な項目が収まっているため、自分が見たい項目を探す手間がありません!

この家計簿は、エクセルで作られているため、もちろん印刷が出来ます。年間にたったの12枚で済むので、どんな利点があるでしょうか?何枚も用紙がないため、大変スマートにまとめられます。ルーズリーフなどにまとめると、パッと出して、家計簿を記入することができます。「パソコンで家計簿をつけたい人・印刷して手書きでつけたい人」どちらにも親切な設計になっています。

パッと見て、さっと自分の家の会計状況を把握できるのは、良いことですね。「予算・固定費・毎日の支出」など、基本的な機能がしっかりカバーされています。しかし、このテンプレートを使うにあたり、人によっては気になることがあるかもしれません。それは、「会員登録」が必要であることです。これをクリアできるなら、ぜひ使ってみましょう。

マネー・・・家計簿、光熱費比較表、電話代比較表など11点 無料 ダウンロード!
参照元:カレンダーBANK(2015年12月、著者調べ)

2.無料テンプレート

その名の通り、無料で使えるエクセルのテンプレートです。名前だけでは、どんなテンプレートなのか、ピンときませんよね。このテンプレートは、先に見た家計簿とは違い、「一週間単位」で家計簿を記録していきます。ですから、あまり一枚の紙(シート)にいろいろなことがごちゃごちゃして書かれていないので、大変シンプルです。

わたしがこのテンプレートが好きな理由は、「色使いがいい」ことです。見ていて疲れる色だったり、家計簿をまとめたいという気持ちが起きないものは、少し嫌ですよね。でも、これはとってもスッキリしていて、書いていて嫌になりません。よくできていると思います。

一週間に一枚とご紹介しましたが、「月のまとめ」をする際の用紙もあります。ですから、日々家計をまとめた紙が「4~5枚」と、まとめの紙が一枚で、月に5~6枚で1セットとなります。月々まとめていったら、年の最後に「会計の年間収支表」というテンプレートを使って、「年のまとめ・分析・来年の参考」にしたりできます。「月間収支表」と「年間収支表」もあるので、嬉しいですね。

「かゆいところに手が届く」そんな構成になったテンプレートです。このテンプレートを提供しているサイトは、「会社・家庭・学校」で利用出来るテンプレートを無料で掲載しているところなので、なかなかクオリティーのよい物を提供しています。

家計簿 : 無料テンプレート
参照元:無料テンプレート(2015年12月、著者調べ)

家計の年間収支表:無料テンプレート
参照元:無料テンプレート(2015年12月、著者調べ)

3.エクセル シンプル 家計簿

このテンプレートは、「手書きタイプ・演算タイプ」と好みに合わせて選べるようになっています。この二つの違いは、何でしょうか?演算タイプですと、グラフ機能を使うことができます。どんなグラフがあるかと言いますと、「棒グラフ・折れ線グラフ」の二つを用いることができます。グラフによって、どんなことができるでしょうか?

わたし自身よくやってしまうのですが、「今日は買い物しすぎた」とか、「水を出しっぱなしにしてしまった」など、グラフで見分けることができますね。分析できるということです。今後の参考にし、節約に役立たせることができます。意外とグラフは、必要ですよね。もちろん、この機能は印刷して使うのではなく、パソコン上で用います。

パソコン上ですと、日々の支出を記録していくだけで、自動的にグラフに反映してくれます。その他、注目できる機能として、クレジットカードの使用に関しても、記録できることです。今は、昔と違ってたくさんカードで、買い物しますよね。公共料金も、カードで引き落としにしている方も多いと思います。

でも、公共料金の引き落としや、入金など、どのように家計簿に記録したらよいか、わからなくなってしまうことは、ありませんでしたか?普通の家計簿を使っていると、わたしはそんな問題に悩まされていました。でも、このテンプレートは、それもカバーしています。ちなみに、このテンプレートは、一月につき一枚だけで、家計簿をつけていくため、印刷してもかさばりません。

2016年(平成28年)版エクセルシンプル家計簿(いつものきりんとうさぎ)
参照元: エクセルシンプル家計簿(2015年12月、著者調べ)

4.家計簿 – office スタイル カタログ

Microsoftのサイトよりダウンロードする、このテンプレートは、本家から出ているからか、使いやすさと見た目の良さが、他より秀でています。どこの点が秀でているか、ご紹介します。わたしがこのテンプレートを使ってみて、いいなと思ったのはコレです。

・目標金額が常に見える

貯金がしたかったり、できる限り節約をしたかったりしても、多くの場合、挫折してしまいますね。その原因は、何なのでしょうか?その一つに、「ただ呆然と家計簿をつけているだけ」ということにあります。その逆に、目標がしっかりしていて、いつも目につくところにあったら、どうでしょうか?私たちにどんな影響を及ぼすでしょうか?

このテンプレートは、「目標金額」が常に目につくところにあるので、月の最後に使えるお金の額が少なくなってきたら「ちょっといつも以上に節約しなきゃ」というブレーキ作用が働き、意外に、使用者に良い影響を及ぼします。他にも、「今月のひとこと」という項目があり、今月頑張りたいことや、常に目につくようにしていたいメモを記入しておくことができます。

こんなちょっとした機能ですが、私たちの節約に一役を買ってくれます。一年間で1ファイルという単位になっていて、1カ月に一シートが割り当てられています。そして、一番左のシートには、「HOME」というものがあって、そこに「目標金額・目標達成予定日」を記入することができます。常に「家計簿を使って目標達成!」という、やる気を持って続けるのに、役立つ機能満載のテンプレートです。

家計簿 – Office スタイル カタログ – Microsoft Office
参照元: 家計簿 – Office スタイル カタログ(2015年12月、著者調べ)

【online-テンプレート】新しい形の家計簿

続きまして、面白いテンプレートのご紹介です。何が面白いかというと、オンラインテンプレートと言って、ダウンロードするわけでなく、ネット上で家計簿をつけるものです。Microsoftが自社で提供しているもので、使いやすさやデザインは、文句なしです。どんなテンプレートがあるか見ていきましょう。どれも、officeの使えるパソコンであれば使えて、しかも印刷ができます!

5. 個人経費計算ツール
6. 家計簿
7. 個人用マネー管理ツール
8. 月間家計簿

5.個人経費計算ツール

ちょっと名前の硬いですが、家計簿という枠を超えて、「経費」というように細かく家計状況を把握し、管理するのに秀でているテンプレートです。このテンプレートの良いところは、何でしょうか?まず一つあげるとすると、これです!

・どの月に何をどのくらい買ったか一目でわかる

つまり、スマートで家計状況がわかりやすいということです。このテンプレートは、棒グラフを採用しています。このグラフの良いところは、何ですか?どの項目にどれだけ使っていて、家計のどのぐらいの割合を占めているかなど、わかるようになりますね。それだけでなく「今月は、どの項目の出費を抑えることができたかな」など、励みとなる情報も得られます。

わたしは、このテンプレートをある期間使ってみました。今まで、娯楽費がたくさんかかっていたのですが、このグラフなどを利用して、注意してお金を使えるようになりましたよ。「シンプル・スマート」なテンプレートで、出費をコントロールできるようになりましょう!

個人経費計算ツール
参照元:Office.com(2015年12月、著者調べ)

6.家計簿

「今現在使える現金は、いくらか」がはっきりわかるテンプレートとなっています。どのように、はっきりわかるのでしょうか?その一つに、「折れ線グラフ」があります。収入をまず登録し、その中で、月々の出費を賄うよう、助けとなる機能が備わっています。このテンプレートは、どんな人にぴったりでしょうか?ずばり、多くの場合、赤字で生活している人です!

わたしは恥ずかしながら、最初そうでした!家計簿をつける前には、「あれが必要。これが必要。」と全く考えずに買い物をしていました。それでは、赤字になり続けますよね。家庭それぞれ、収入が異なるので、他の人と比べず、自分たちの給料に見合った生活をする必要があります。それをするのに、このテンプレートは、役に立ちます!

ただ、その日の買い物をつけているだけでは、家計の現在状況が、いまひとつわかりませんよね。でも、このテンプレートは、「今月合計でどのくらいお金を使って、残りどのくらいしかないのか」がわかるので、節約・貯金の手助けをしてくれることでしょう。また、もう一つ、わたしが「いいな」と思う機能があります。

人によっては、収入が一つではなく、いくつかある人もいるでしょう。夫と妻、どちらも働いているのであれば、もちろん収入源が二つあることになります。または、パートタイムの仕事を2つしているのであれば、それも収入源が幾つかあることになりますね。

このテンプレートは、「収入1・収入2」と分けることができ、今月「誰がどこからいくらもらったか」はっきりわかるようになっています。夫婦が二つの家計簿をつけず、家族という単位で、家計簿をつけ続けるのに、嬉しいデザインになっています。

家計簿
参照元:Office.com(2015年12月、著者調べ)

7.個人用マネー管理ツール

このオンラインテンプレートは、現金管理と口座管理、どちらも簡単にできるよう工夫されたものとなっています。現金管理はできても、口座も管理できる家計簿は、あまり多くないですよね。でも、これはうまく作られています。でも、打ち込みが複雑であったりして、面倒であったら元も子もないですよね。このテンプレートは、どのようにその問題をクリアしているのでしょうか?

面白いことに、このツールは打ち込むのが「3つだけ」に絞られています。それは何でしょうか?

・最初の現金総額
・支出
・収入

これらだけです。家計簿をつける私たち自身が「プラス・マイナス」を打ち込む必要がなく、自動で、管理分析してくれるのです。「現金残高」に関しては、単なる数字で表示されるだけでなく、ゲージで表示されます。これは、どう意味でしょうか?ゲージですので、現在残高が「何%」かわかるように工夫されています。私たちの心理に訴える機能ですね。

個人用マネー管理ツール
参照元:Office.com(2015年12月、著者調べ)

8.月間家計簿

Microsoft自身が提供しているオンラインテンプレートの中で、最後に「月間家計簿」をご紹介します。このテンプレートの特徴は、何でしょうか?それは、予算を決めて、その範囲内でやりくりしていくのに役立つ機能があることです。例えば、どんなものがあるでしょうか?棒グラフ機能が、このテンプレートにあるのですが、興味深いです。

その棒グラフは、二種類あります。

・使うであろう見込み金額のグラフ
・実際使った金額のグラフ

この機能ゆえに、どんなことが可能になるでしょうか?収入以上にお金を使ってしまわないよう、自分自身にブレーキが効くようになります。「今月は、洋服代にたくさん使ったから、値段が安くても買わないようにしよう」という気持ちになります。

このテンプレートの使い方は、このようになります。

・収入を登録
・それぞれの項目に予算を決め、登録
・毎日の支出を打ち込んでいく

見た目もきれいに設計されています。それぞれの金額が色分けしてあったりして、見やすくなっています。自分が見たい項目が、どこか一目でわかります。月単位で家計簿をつけられる「月間家計簿」も、オススメです。

月間家計簿
参照元:Office.com(2015年12月、著者調べ)



【PDF】どんなパソコンでもOK

最後に、Windowsだけではなく、Macでも開くことのできるPDFで作られている家計簿テンプレートを簡単にご紹介します。

9.家計簿 バザールでござーる
10. わくわく子育て家計簿

9.家計簿 バザールでござーる

この名前、聞いたことがありますよね。親しみやすい「おサルさん」キャラクターの家計簿テンプレートです。これまでご紹介したものと比べると、かなりシンプルで機能も最低限しかありません。一枚につき4日分しか家計簿をつけることができませんが、家計簿をつけるのが初めてという人には、いいかもしれません。PDFで作られているので、印刷して手書きすることも可能です。

・とりあえず、家計簿をつけよう
・自分が何にどのくらい使ったのかわかるだけでいい
・グラフなどいらない

このようなと人には向いている、楽しいデザインの家計簿です。

家計簿|ステーショナリー|バザールでござーるオフィシャルホームページ
参照元:公式サイト(2015年12月、著者調べ)

10.わくわく子育て家計簿

最後に、「わくわく子育て家計簿」というちょっと異色の家計簿をご紹介します。何が異色かというと、A5というサイズでデザインされていて、印刷し持ち運べるような設計になっているからです。メモ帳に家計簿がくっついた感じですね。いつも持ち運べるので、どんな利点があるでしょか?一つには、書き忘れ防止ができることでしょう。

家計簿をつけ始めたけど、途中でやめてしまったという人は多いと思います。でも、これは毎日メモや予定をつける感覚で、家計簿をつけていくことができます。カレンダー機能も付いているので、助かります。とりわけ、A5サイズのルーズリーフに印刷して使うと、一層使いやすくなります。

私が使っているシンプル手書き家計簿ダウンロード|わくわく子育て家計簿
参照元:公式サイト(2015年12月、著者調べ)

まとめ

いかがでしたか?

わたしオススメの10種類の家計簿テンプレートをご紹介しました。あなたにぴったりのテンプレートがありそうでしたか?パソコンでも記録できて、印刷して手書きもできるテンプレート、いいですよね。いろいろ使ってみて、使いやすい家計簿をつけて、家計の節約や目標達成に役立てましょう!