意外と見逃しがち!?携帯電話料金でのお金無駄遣い解消法!

お金の無駄遣いや節約って、新しいお買い物や光熱費に目が向きがちではないでしょうか?案外見落としているけど、一番節約できるかもしれない携帯料金についてご紹介しちゃいます!



見直していますか?携帯電話の料金プラン

案外見落としがちな料金プラン。機種変更の際に見直してから、次回の機種変更時までそのまま!なんて方も少なくないのではないでしょうか?実際に私が某ショップで勤務していたとき、そういったお客様は多くいらっしゃいました!

現在、携帯会社は主に「docomo・au・softbank」が大手3社とされ、他にワイモバイルなどのキャリアも増えてきておりますが、今回は大手3社よりご紹介していこうと思います。(2015年11月現在)

●一概にこの方法・このキャリアが安いです!とは言い切れませんが、少しでも参考にしていただければなと思います。

実は携帯会社は早くて半年単位で新料金プランの見直し、および割引サービスの追加などをしています!そのため機種変更してから“縛り”と言われる2年単位でのプラン見直しは、損をしてしまっている可能性が高いのです。

特にキャリアによって、学生割や25歳以下の方などの限定の割引サービスが提供されているのでチェック必須です。私は最近家族丸ごと、プラン変更を実施したことで半額近く安くなりましたし、結果機種変更をしても安く済ませることができました。

また今回は、スマホ利用者に多い傾向でまとめました。“ガラケーと2台持ち”という方法は、また別な機会にご紹介いたしますね!

まず最初にチェックすること!

まず一番簡単に節約できる方法は、機種変更時に契約したオプションの見直しです。現在どこのキャリアも映画やアニメ・マガジンサービスなどを配信しているため、機種変更時に契約することで本体の価格を多少割引する案内をしていることが多いと思います。また不要な安心サービス(遠隔操作案内や電話対応サービスなど)も高いと1カ月で1,000円近く取られている可能性があります。

実際に機種変更直後のオプションサービスを合算してみたら3,000円を超えていることもありました。最初は“初回30日間無料”などの案内と本体価格からの割引もあり契約してしまいがちですが、こちらの契約の見直しを怠ってしまうと、私のを例にするだけでも年間で3万円以上の無駄使いになってしまいます。

再度店頭に出向くのも億劫になりますが、今はネットや電話でのオプション解約はできるので、お心当たりのある方はまずチェックしてみてくださいね。

家族でぜひ活用してほしい!

次にパケットサービスですが、家族が同キャリアの場合新料金プランの特徴でもある、分け合えるプランを利用してみましょう。私は家族のパケット利用量を見直した結果、半額近く安くなりました。年間で10万円以上の節約効果を期待しています。また意外にも不便に感じている人が多い、”通信上限“も分け合うことで私はその苦しみから脱却しました。

具体的にどういった内容だったかというと…当時パケホーダイと同キャリア内での通話は無料というプランの契約をし、そのほかの利用も含めて約15,000円ほどでした。さらに例の通信上限予防としてタブレット端末も所持していたため毎月合わせて1人で20,000円は支払っていました。

母の場合、仕事の関係から通話をメインに利用する方だったためか、一カ月の使用料金は10,000円ほど、2台合わせて30,000円前後でした。

まず通信量に着目したところ、タブレット端末での通信援助も含めて、1カ月で8GBほどの通信量はあったかと思います。そのため新料金プランでは最初高くなってしまうイメージが強かったのですが、一方で母は毎月1GBも使用していなかったのです。

そのため、新料金プランでの分け合えるプランを起用した結果、家族で10GBの大容量プランに変更し、タブレット端末は解約したところ2台で15,000円以下で毎月利用することができるようになりました。

また、ドコモに至ってはその毎月の支払いを分割でそれぞれの口座より支払うことも可能なため、一括請求にすることなくプランの見直しが可能でした。さらに各キャリア、余ったパケットは翌月に繰り越すことも可能なので無駄なく使用できる可能性がありますね。

パケットパックを選ぶ | 料金・割引 | NTTドコモ
NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパックをご紹介します。 ドコモのパケットサービス、月額料金や詳細はリンク先参照ください。

料金体系 | SoftBank スマートフォン | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク
SoftBank スマートフォンの新料金プラン「スマ放題」の料金体系についてご紹介いたします。 ソフトバンクのパケットサービス、月額料金や詳細はリンク先参照ください。

データオプション | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au
データオプションのご紹介ページ。auのスマートフォン・携帯電話・タブレット・データ通信端末などの料金・割引プランをご紹介します。 auのパケットサービス、月額料金や詳細はリンク先参照ください。

快適長電話を実現!?

また現在各キャリア共に、通話プランに関しても2通りのプランを提供しています。今回はドコモプランで簡単に説明させていただきます。

■カケホーダイプラン 月額2,700円
→相手先が携帯電話でも固定電話でも、国内宛の通話が24時間定額で利用できるというプラン。

■カケホーダイライトプラン 月額1,700円
→相手先が携帯電話でも固定電話でも、1通話あたり5分以内の通話なら定額で利用できるプランです。

●どちらも通話先によっては30秒10円など設定されている場合、対象外になりますのでご注意くださいね。

仕事の都合やプライベートで通話が多い場合、カケホーダイプランに変更した方が断然お得になる可能性があります。電話をあまり利用しない方でもライトプランにすれば5分以内の電話は楽しめるので、利用用途に合わせて見直ししてみるといいですね。

この新料金プランは価格も内容も、各キャリアごとで大差がないのでうまく活用すればグッと節約になるかもしれません。私は元々眼科や歯医者など、何気ない予約の電話などでも電話代がかさんでいました。またアプリなどを利用した通話も通信電波の状況で、結局キャリア電話を利用することが多かったためカケホーダイにしたことで1,000円ほど節約になりました。

基本プランを選ぶ | 料金・割引 | NTTドコモ
NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランをご紹介します。 ドコモの通話プラン、月額料金や詳細はリンク先参照ください。

新料金プラン「スマ放題」 | モバイル | ソフトバンク
24時間誰とでも通話し放題、ネットもし放題、さらにソフトバンクなら余ったデータ容量は翌月にくりこし可能な新料金プラン「スマ放題」です。 ソフトバンクの通話プラン、月額料金や詳細はリンク先参照ください。

スーパーカケホ(電話カケ放題プランS) | au
月額基本料金1,700円で1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題!超・超お手軽なカケ放題!auのスーパーカケホ(電話カケ放題プランS)をご紹介します。 auの通話プラン、月額料金や詳細はリンク先参照ください。



割引サービスを有効活用!

新料金プランに合わせて割引サービスも多数発表されているみたいです。その中でも25歳以下の方に朗報なのが、ドコモのU25応援割引!カケホーダイの基本料金が500円毎月割引になるだけでなく、パケット量に1GB追加されて利用することができます。そのため26歳になる月まで、毎月5GBの標準パックが6GBで利用することができます。さらにずっとドコモ割対象者には、ドコモの利用年数に合わせてパケットパックの月額料金が最大で2,000円も割引されるので、この機会に新料金プランへの見直しは節約への第一歩ですね。

さらにソフトバンクに関してもスマ放題にすると、Tポイント5倍サービスも行っているので、毎月の支払方法も合わせてTカードにしてしまえば、加盟店でのポイント利用でお得にお買い物ができちゃいます。今だとパケット量2GBプレゼントキャンペーンも行っているみたいなので要チェックですね。

またauは機種変更とからめて、毎月割などの割引を行っています。プランの見直しと合わせて機種変更もお考えの方には朗報だと思われます。

対象となる割引 | 料金・割引 | NTTドコモ
NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の割引をご紹介します。 噂のドコモの割引プランはリンク先参照ください。

新料金プラン「スマ放題」 | モバイル | ソフトバンク
24時間誰とでも通話し放題、ネットもし放題、さらにソフトバンクなら余ったデータ容量は翌月にくりこし可能な新料金プラン「スマ放題」です。 ソフトバンクの割引キャンペーンはリンク先参照ください

ご利用料金割引 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au
ご利用料金割引のご紹介ページ。auのスマートフォン・携帯電話・タブレット・データ通信端末などの料金・割引プランをご紹介します。 auの割引キャンペーンはリンク先参照ください

ネットの契約も見直してもっとお得に!

そして長くなってしまいましたが、最後に忘れてはいけないのが…そう!ネット契約の割引サービスですね。現在通信量や通信速度の改善で、家にネットを引かれている方が多い傾向だと思います。ネット契約をされている方は、携帯の利用キャリアで合わせて割引サービスを受けれられると、もっとお得に利用することができると思いますので、ぜひこちらもチェック漏れなくしたいところですね。

ソフトバンク・auに関しては、1台ごとの割引を受けることができるようで、契約内容によっては最大2,000円もの割引を受けることができます。ドコモも小容量のパケットサービスから割引を受けることができるみたいなので、逆に現在ネットの契約がなく、今後契約を考えている方でもお得に始めることができるかもしれません。

おうちでのネット環境をもっと快適に、お得に利用できるチャンスかもしれないので、ぜひネット割引のチェックもお忘れなく!

まとめ

あくまでの個人の意見の部分が大きいですが、実際上記を見直したことでネット通信も合わせると、1カ月20,000円は節約することができました。年間で考えると24万円ですから、どれだけ無駄遣いしていたんだと反省しました(笑)また、その新料金プランと合わせ機種変更をしても安く利用できることが分かったため、家族で新しい携帯にすることもできました。

案外見落としがちな携帯電話の利用料金ですが、賢く契約することで今よりも携帯ライフが楽しくなるかもしれません。節約できたお金でまた別なお買い物ができる可能性も0ではないと思いますので、ぜひともこの機会に1度はプランの見直しを行ってみてください。

すでにご存じの方も多いかもしれない、携帯電話のプランやサービスについてですが、読者のみなさまのお力に少しでもなれたらうれしいです。