ふるさと納税でうなぎを見つける方法をご案内

昨今では、中国や台湾からの輸入ものも増えていますが、やはり国産うなぎは美味しいですね。ふるさと納税の返礼品でうなぎを頂きながら、地方を応援しませんか?話題のうなぎの産地のご紹介と、ふるさと納税の実際のやり方について詳しくご説明していきます。



ふるさと納税でうなぎをもらいたい

美味しいだけでなく滋養強壮にもよいと言われているうなぎ。お好きですか?土用のうなぎと言って、なんとなくお盆に食べ物というイメージがありますが、最近では年中食べられるようになりました。

最古では万葉集の時代から食べられていたようです。天然うなぎの収穫時期は秋から冬にかけてです。昨今では養殖が主流になったので、年中頂くことができます。長野県岡谷市では、寒の土用の日を作って冬にも食べようという活動をしているくらいです。

良質はたんぱく質が多く含まれ、ビタミン群、カルシウム、鉄分も取れるうなぎ。それだけでなく、動脈硬化や高血圧などの現代病にも効くDHAなどの不飽和脂肪酸も含まれています。栄養が豊富なうなぎは、冬の寒さにも元気をプラスしてくれるかもしれませんね。

ウナギ – Wikipedia
参照先:Wikipedia(2015.12著者調べ)



うなぎの美味しい地域を知るメリット

さて、ふるさと納税とは何でしょうか?すでにご存じのかたも多いかもしれませんが、簡単に言うと都市部と田舎部の財政格差のバランスをとるための試みです。つまり、ふるさと応援&寄付活動です。

寄付と聞くと、一方的に与えるというイメージもあるかもしれません。ふるさと納税のユニークな点は、ただ与えるだけでなく、与えた側に沢山メリットがあるということです。

具体的には、寄付金額を自分の管轄の市区町村に申告することで、所得税や住民税を控除してもらえます。さらに、寄付先から返礼品を頂けることもあります。とってもお得なので、昨今では利用されるかたが年々増えているようです。 各地域にとっても、自分の町や村をアピールできるいい機会ができました。単なる財政バランスだけでなく、もしかしたらプラスアルファで地元の人たちの気持ちも元気にする制度なのかもしれませんね。今では、日本の都道府県、市区町村の約半分がなんらかの寄付に対する返礼品を用意してくれています。

各地域がふるってアピールしているご当地もの。魅力的なものが沢山あり、どれにしたらいいか悩むところです。今回は、人気のうなぎに絞ってご紹介していきたいと思います。ふるさとチョイス、などのふるさと納税専門サイト内から、商品を絞って探すことができます。

うなぎをきっかけに、日本津々浦々。養殖エリアはどこだか知っていますか?うなぎにまつわる地域の小話も知りつつ、どこの地域のものにするかチョイスしてみるのも楽しいかもしれませんね。味わいもいっそう深まるかもしれませんね。

国産の養殖うなぎ

うなぎはどんな風に育てているの?

まず、うなぎの赤ちゃんである天然シラスウナギを大量に捕まえるところから始まります。シラスウナギは黒潮に乗って日本沿岸までやってきます。そして、ビニールハウス内で温度を保ち育てます。普段私たちが食べることができるうなぎはこんな風に育てられているのですね。

実は、この天然シラスウナギが年々減っている現状があります。2011年には2万トン養殖できていたのが、2013年には1.4万トンの養殖量に減ってしまっています。

そのため、台湾や中国などからの輸入うなぎも増えているようです。各国のうなぎを食べることも豊かですが、国産うなぎも引き続き応援したいところです。中国や台湾では、路地に穴を掘ってそこで養殖しているようです。技術面や仕事におけるきめ細かさにも、地域によって違いがあるかもしれませんね。

ウナギ – Wikipedia
参照先:Wikipedia(2012.12著者調べ)

ルーツは静岡県の浜名湖

【春華堂】うなぎパイ 12枚入
「うなぎパイ」は浜名湖銘菓なのですね。どうして静岡や名古屋でうなぎパイなのだろう?と思っていたかたいるのではないでしょうか。

うなぎを養殖して生産するようになったのは徳川家の時代からのようです。うなぎ養殖のルーツは浜名湖。養殖で必要な稚魚であるシラスウナギが近くで手に入ることから、この地で栄えた歴史があります。だから、名古屋や静岡のお土産屋さんや高速サービスエリアでは「うなぎパイ」をよく見かけるのですね。

うなぎパイ誕生秘話|お菓子|浜松のお菓子処 春華堂
浜名湖と遠州灘の豊かな水と自然が育んだ浜松の銘菓「うなぎパイ」は、春華堂だけの逸品です。厳選された素材と伝統の技術でひとつひとつ丹念に作られた優雅な味わいの春華堂のお菓子。浜松が育んだ春華堂自慢のおいしさをこころを込めてお届けします。

養殖国内ベスト3は?

昨今では国内うなぎの生産量ベスト3は、
・鹿児島県
・愛知県
・宮崎県
になります。追い越し追い越され競いあっているようです。そして、
・静岡県
・徳島県
・高知県
が続いていて安定的に育てられているようです。ふるさと納税の返礼品として色々なサービスを提供している九州エリアは、うなぎでも注目かもしれませんね。それから、美しい四万十川で有名な高知県がある四国のうなぎも気になります。そして、本州内ではやはり浜名湖近辺でしょうか。また他にも長野や千葉でもうなぎの有名どころがあるようです。それでは詳しく見ていきましょう。

水産庁/ウナギに関する情報
参照先:水産庁



九州エリアのうなぎ

生産量NO1は鹿児島県

鹿児島県曽於郡大崎町の「おおさきうなぎ」は脂がのり身もふっくらです。1万円から5万円まで、色々な金額で寄付ができます。かば焼きのセットです。真空パックで加工してあるものもあり、食べるときに便利かもしれません。

大崎町は、過疎化していて人口も減っています。にもかかわらず、ふるさと納税でとてもがんばっていて返礼品の内容も充実しています。うなぎ好きはぜひ、寄付して食べて応援したいところかもしれませんね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 鹿児島県大崎町[おおさきちょう]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道
参照先:ふるさと納税サイト (2015.12著者調べ)

www.furusato-tax.jp

福岡県大川町「アオウナギ」

福岡県大川町は家具でも有名ですが、うなぎもステキです。県内を流れる築後川流域の海水と淡水が混ざる場所で獲れる天然うなぎは緑色をおび「アオ」または「べっぴんさん」と呼ばれているそうです。

昨今では天然うなぎが獲れることはほどんどない(養殖に比べて1%)ので、なかなかお目にかかれないとは思いますが、希少なのでご紹介してみました。養殖のうなぎももちろんございます。大川町のホームページは家具模様がステキです。

大川市公式トップページ

うなぎせいろ蒸し発祥の柳川

今から約400年前に、柳川の本吉屋で作られたのが最初とされています。錦糸卵のキレイなせいろ蒸し、ぜひ本場のものを食べに旅行にも訪ねてみたいものです。水のある風景と、うなぎは合う気がします。老舗の味と歴史を感じながら、ふるさと納税で九州エリアを応援してみるのはいかがでしょうか?

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 福岡県柳川市[やながわし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道
参照先:ふるさと納税サイト(2015.12著者調べ)

宮崎県の老舗店

宮崎県西都市の創業120年老舗入船のうなぎです。炭火焼で仕上げていて、パリッと舌触りがいいです。食べ物が豊かなイメージの宮崎県。有名なうなぎもあるのですね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税のランキングや特産品情報はふるさとチョイス
参照先:ふるさと納税サイト(2015.12著者調べ)

四国エリアのうなぎ

四万十うなぎ

日本最後の清流とも言われている四万十川。この美しい川の水で育てられたうなぎです。美しい川を知るために一度旅行で訪れてみるのもいいかもしれませんね。 温度や水質の管理、餌にもこだわって作った四万十うなぎ。ふっくらとした肉質。おいしいのでさっぱりと白焼きでも頂けます。40年の無添加秘伝のたれのうなぎもあり、選択可能です。うなぎを食べて、四万十の自然保護活動も応援したくなるかもしれませんね。

市町村によっては、四万十町のようにふるさと納税カタログを作っているところがあります。地域をアピールするための工夫がこなされていますね!水の美味しい四万十町。農産物も気になるところです。

四万十町ふるさと納税カタログ

ルーツ浜名湖の近辺

蒲焼の状態で160g以上と大ぶりです。うなぎ処はちすかの「三河一色産うなぎ」です。真空パック&冷蔵で届きます。自宅でお手軽に食べることができます。特性のタレもぜひ味わってみたいものです。

三河湾は、矢作川などいくつかの川が注ぐ湾なため天然の栄養が多く、魚介類の生育に発達してきたエリアです。みりんやシラス干しでも有名な三河、これは美味しいかもしれませんね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 農業・漁業・醸造業が揃う!愛知県碧南市特集
参照先:ふるさと納税サイト (2015.12著者調べ)

三島市のうなぎもオススメ

三島うなぎ、すみ坊よりお届けします。富士山のおひざ元、美味しい湧き水で育てられたうなぎもオススメです。ぜひ、実際に訪れで食べてみたいとも思います。

三島市ふるさと納税カタログ

その他エリアでもあります

長野県岡谷市 冬の土用を提案

甘めのタレが特徴の岡谷のうなぎ。諏訪湖畔・釜口水門近くんにはうなぎの名門がいくつかあるみたいです。行ってみたいものです。寒い冬にもうなぎを食べようと提案している岡谷市。うなぎ好きが多いのかもしれませんね!

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 長野県岡谷市[おかやし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道
参照先:ふるさと納税サイト (2015.12著者調べ)

千葉県水戸市の老舗の味

納豆で有名な水戸市ですが、実はうなぎの消費量も多いようです。水戸黄門の時代から、みんなが好んで食べていた歴史があるのかもしれませんね。文政5年から続く老舗のうなぎをかば焼きで頂けます。こちらもカタログがありますので、詳しくは以下よりご覧ください。(PDFです)

水戸市ふるさと納税カタログ

うなぎでふるさと納税の事務手続き

ふるさと納税にするカンタンな方法

さて、いろんなうなぎを知ることができましたか?お目当てを見つけられたでしょうか?

それでは、実際にふるさと納税をして、うなぎを頂き、申告をする流れについてご説明いたします。オススメはワンストップ特例制度です。

・2015年4月以降から、ふるさと納税をはじめるかた。
・会社員など、毎年確定申告をする必要のないかた。

この2つの条件を満たす場合は、ワンストップ特例制度を利用できる可能性があります。この制度を利用すれば、新たに確定申告をする必要はないので楽かもしれません。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|ふるさと納税の流れ
参照先:総務省 たとえば、気に入ったうなぎを5箇所からそれぞれ頂く場合もこの制度でできます。(5箇所以上の自治体に寄付をする場合は、確定申告をする必要が出てきますのでご注意ください)ちなみに、同じ自治体に寄付するのであれば、なんどでもカウントは1です。

ふるさとチョイスや、ふるぽ、さとふるなど、いくつかのふるさと納税専門サイトより返礼品(うなぎなど)と寄付先を選ぶことができます。

サイトによっては、ワンストップ特例制度に対応しているものがあるので、作業の手間が楽になるものもあります。オススメです。 基本的には、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類を、寄付する自治体に送る必要があります。寄付先にこの書類を提出することによって、確定申告をしないですむ流れになっています。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書

5つ以上のエリアのうなぎを食べてみたい

日本津々浦々いろんなうなぎがありましたね。ふるさと納税を利用して、全部食べてみたいと思ったよっぽどうなぎ好きのかたは、確定申告をする必要がでてきます。

全てのエリアのうなぎを返礼品として頂く場合には、その分寄付金も高くなるかもしれませんね。その家庭の所得総額や家族構成によっても、寄付によって控除が可能となる金額が変わりますので、まずはその金額を知ることからはじめましょう。

たとえば、年収600万円で16才以下の子供が1人いる専業主婦の3人家族であれば、実質負担額2,000円で68,000円の寄付ができます。

10,000円ずつ各地方に6箇所か7箇所寄付できます。それを全部うなぎにすることもできます。あまりないケースとは思いますが、とってもうなぎが好きなかたは嬉しいプランかもしれませんね。

すると、寄付した箇所が5箇所以上になってしまうので、その場合は必ず確定申告が必要となります。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|ふるさと納税の概要
参照先:総務省

うちはいくらまで寄付できるの?

ふるさと納税専門サイト、ふるさとチョイス内のこちらのページの金額シミユレーションがわかりやすいです。寄付者の給与収入、家族構成、社会保険料、生命保険料、医療費、住宅ローン額などを入力すると目安がわかります。昨年の源泉徴収票があれば、だいたいわかるかもしれませんね。

注意すべきは、不妊治療や歯科治療などで医療費が多かった人。そういった場合は、寄付できる金額が少なくなる場合があります。(寄付金には2000円分の自己負担金が必ずかかります)

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 私はだいたい、いくらできる? ~税金控除になる金額の目安~
参照先:ふるさと納税サイト (2015.12著者調べ)

カード決済ができると便利

いろんなうなぎが食べたいけれど、寄付の仕方や申請書類の提出方法が自治体によって違うので注意が必要です。便利なのは、専門サイトの利用かもしれません。また、クレジットカードに対応していてポイントもつけられることや、贈呈品としても利用できる商品を提案してくれている自治体もあります。

確定申告をする場合の注意点

自治体によっては書類のやりとりが郵送のみのこともあります。そのため、なかなか受領書が手元に届かず申告期間に間に合わないというケースもあるので気を付けましょう。

また、1月から12月で絞めるケース、4月から翌年3月で絞めるケースでも、受領書のやり取りにズレがあることがあるので気を付けましょう。

そういった意味では、可能なかたは寄付先を5箇所以内に抑えてワンストップ特例制度を利用するのはコツかもしれませんね。(自営業者のかたはできませんが)

さいごに

人気の商品は、品切れもあります。とくに最近希少になってきているうなぎ。とても楽しみにしていても、年内はもう手に入りませんということもあるかもしれませんね。寄付をするタイミングや、支払のしやすいポータルサイトを選ぶことなど工夫しながら、寄付アクションを楽しんでみてください。

うなぎを切り口に、ふるさと納税を考えてみました。みなさんが寄付をすることで地域が活性化すると、海外産だけでなく国産の食べ物も見直されるきっかけにもなるのかもしれませんね。日本で作れるものの良さを残しながら、より豊かな国になっていけたらいいですね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 静岡県三島市 – C001 三島うなぎの蒲焼き(真空パック) 一人前 【5,000pt】
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]