〈借金の時効)自分で行う方法と弁護士への依頼費用を解説!!

悩みの絶えない借金を時効にして借金返済の日々を終わらせ、新たな人生をスタートさせるために、自分で時効の確定を勝ち取る方法や、借金の時効を弁護士に依頼した場合にかかる費用を、自分で行う方法と弁護士に依頼する場合にかかる費用や注意点などを紹介していきます。



借金の時効とは

借金の時効とは、最終返済日から一定の期間が経過すると、貸主が借主に対して返済請求を行う権利が消滅するのです。このことを消滅時効と言います。つまり、商法522条と民法167条で定められている一定期間、返済を行わなければ、借金を返済する義務があった期間を過ぎたので、借金は帳消しになり、支払う必要が無くなるということです。

民法
参照元:法務省(2015年12月時点、著者調べ)

商法
参照元:法務省(2015年12月時点、著者調べ)



借金の時効が成立する期間と注意

借金の時効が成立するまでの期間はいつから開始され、いつ時効が成立するのか!

借金の時効が開始されるのは最終借入日、最終返済日、あるいは最終催促日から計算されます。借金の時効が成立するまでの期間は、借金の原因である貸金業者が会社の場合と、個人の貸し借りでの場合で違いがあり、会社の場合は時効までの期間は5年間ですが、個人の場合は時効までの期間が10年間となります。

ここで気を付けないといけない事は、借金の時効が成立するには2種類のパターンがあります。1つ目は取得時効で、取得時効は時効の時期が来ると勝手に時効が成立するもので時効の時を待つだけです。もう1つは消滅時効と言い、時効の時期が来ると相手の会社や個人に借金時効の期間が過ぎた事を伝える事で時効が成立します。相手に時効成立の期間を伝える方法は口頭でも内容証明郵便でも大丈夫です。借金の時効を相手に伝える事を時効の援用と言います。

もう一つ気を付けておかないといけないことは貸金業者が裁判の判決で債務名義を取得した場合には、さらに債務名義を取得した日から10年間延長されてしまいます。

民法(債権関係)の改正に関する検討事項(9) 詳細版
参照元:法務省(2015年12月時点、著者調べ)

時効までの期間が振出しに戻ってしまう借金時効の中断に注意!!

時効の中断とは、最終返済日から進行中だった時効が振出しに戻ってしまいます。中断と聞くと途中で一時ストップするだけかと思いますが、ストップするのではなくゼロからのスタートとなってしまいます。

取引の中断についてはいくつかの種類があります。まずは貸主からの催促など請求あるいは裁判での請求、もう一つは裁判所からの差押え、仮差し押さえ、仮処分、を受けた場合、もう一つは債務の承認と言われる借金の時効期間進行中に借金があることを認めた場合、などがあった場合は時効の中断となってしまいます。
借金の返済を行った場合や支払の猶予を申し入れた場合も、債務の承認となってしまい時効の中断になってしまいますので、せっかく積み上げてきた時効までの期間が振出しに戻らないように気を付けてください。

借金の時効を自分で行う方法

借金時効の援用を認定してもらう!

自分で借金の時効を成立させる為には借金時効の援用を認定されなくてはいけません。時効を勝ち取る為にには時効が成立していることを証明して相手の会社を納得させなくてはいけませんが、時効が成立している証拠として一番有効で一般的なのは内容証明郵便を利用することです。なぜ内容証明郵便がいいのかと言いますと、内容証明郵便は郵便局(郵便事業株式会社)が誰がいつ誰宛にどんな内容の手紙であったのかを公的に証明してくれるもので確実な証拠となります。

借金の時効機関が経過しているので今後請求などをしてはいけない、という旨の配達証明付き消滅時効援用通知書の内容証明郵便を相手方に郵送することで時効が成立したことになります。また、内容証明郵便を利用することによって裁判になっても強い証拠となります。

内容証明郵便の利用する際の書き方と費用

内容証明郵便の書き方には決まりがあります。基本的には縦書き横書きどちらでもいいのですが、縦横共に1行に20文字以内の26行以内、横書きの場合のみ1行13文字以内の40行以内のどちらかを選択することができます。また、[。]や[、]も1文字としてカウントされます。

作成した書面をコピーし3枚用意します。そして別々の封筒に入れて郵便局に持っていきます。そのうちの1枚が相手側に郵送され、残りの2枚のうち1枚は郵便局の控え、もう1枚が自身の控えとなります。この際にかかる費用は、通常郵便物の料金82円、内容証明料430円、書留料430円、配達料310円がかかり1通の内容証明(書類1枚)に対して計1252円かかります。また、同封する内容証明の書類2枚以上の場合は1枚追加ごとに260円がかかり、速達の場合は更に280円かかります。ただ、内容証明郵便を利用できる郵便局は決まっていますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

e内容証明 – 日本郵便
参照元:日本郵便(2015年12月時点、著者調べ)

内容証明 ご利用の条件等 – 日本郵便
参照元:日本郵便(2015年12月時点、著者調べ)



時効援用通知書の書き方

冒頭に、消滅時効援用通知書と記入し、その下に、詳細な借金の借入日、それに続き、借金を支払う必要がある期間が経過したので、この書面をもって消滅時効を援用する旨、今後請求を行わないこと、を記入します。最後に記入日、自分の住所、氏名、捺印、の下に相手方の会社名、住所、の順に記入して終了です。行数や行文字数に気を付けて作成してください。

時効援用の記載例、文例ひな形、書式集,消滅時効援用,内容証明 借金相談
参照元:借金の時効NPO消費者サポートセンター大阪(2015年12月時点、著者調べ)

借金の時効への弁護士依頼費用

まずは借金の時効を依頼する弁護士を決める

借金の時効を自分で行う自身がない方や、自分で借金の時効を行いたいけどやり方がさっぱり分からないという方は弁護士さんに相談して借金の時効を勝ち取ってもらうというのも1つの方法です。それぞれの事務所によってかかる費用は違いますが、現在では無料相談を受け付けている大手事務所が多数ありますので、まずは無料相談を利用してその後気に入った事務所に依頼することができます。

借金の時効を弁護士に依頼した場合にかかる費用

借金の時効を弁護士に依頼した場合にかかる費用は弁護士事務所によって違いがありますが、相談料が無料の事務所が多数存在し、依頼した際にかかる費用の相場としては貸金業者1社に対して着手金として1万円から3万円程度かかる事務所がほとんどです。

着手金のみで成功報酬をとらない事務所も多くあるのですが、成功報酬が必要な事務所は時効が成功した場合に成功報酬として貸金業者1社に対して1万円から2万円程度かかる場合があります。その他に内容証明郵便にかかる費用とその他の費用は実費となります。

ですが、弁護士費用を抑えたい、まとまったお金がない、という方はテラスの分割払いを利用することができます。法テラスに依頼する場合は費用が弁護士基準ではなく法テラス基準となり費用を抑える事ができ、月額5千円から月額1万円程度ですみ成功報酬も必要ありません。法テラスを利用するには収入や資産が少ない方に限られています。

独身の方の要件として都市部の方は月の収入が20万200円と住宅ローンの費用4万1,000を足した金額つまり24万1,200円以下、準都市部の方は月の収入が18万200円と住宅ローン4万1,000を足した金額の22万1,200円以下が収入の要件。資産は価値が180万円以下である事が要件となります。この2つの要件を満たしている方は法テラスを利用することができます。

借金でお困りなら  法テラス|法律を知る  相談窓口を知る  道しるべ
参照元:法テラス(2015年12月時点、著者調べ)

まとめ

借金の帳消しにして借金の事を考えるネガティブな日々にお別れし、新たな人生をスタートすることができます。さらに、過去の借金返済を長期続けていたけれど収入などの理由から途中で払えなくなってしまい借金の時効を考えている方は、過払い金により借金が帳消しになるだけではなく、反対に過払い金が手元に返ってくる可能性があります。ですが、過払い金も請求しないと借金の時効同様、過払い金も時効となってしまいます。ですので返済期間が長期の方はまず弁護士の無料相談を受けることをお勧めします。

※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談査れることを推奨いたします。