成人祝いの相場を調査、心のこもった「おめでとう」の伝え方

2015年も残りわずか。来年早々に成人式を迎えるお子様のいるご家庭やご親戚、お友達、ご近所の方々のため、成人祝いのご祝儀の相場を調べてみました。心のこもった「おめでとう」の伝え方から「ありがとう」のお返しまでをお読みください。



成人祝いの歴史

時代劇、特に「戦国武将もの」などで描かれる成人の儀式としてすぐに思い浮かぶ「元服(げんぷく)」ですが、奈良時代以降の日本で貴い身分の男子の成人を祝う儀式だったようです。数え年で12歳~16歳までの男子が対象だったようですが、現代なら小学生から高校生までと、随分と対象年齢に幅があったようです。女子の場合は衣装替えや「結髪」などで「子供」から「女性」に装いの変化でその成長を表したようです。

室町時代には儀式としての元服、またはそれに近いものが民間にも普及していき、江戸時代になると女子も結婚と同時、あるいは未婚でも18歳~20歳くらいの間に元服したらしいです。

成長過程で経験する「通過儀礼=イニシエーション」としての元服は、文化人類学や民俗学の研究分野になるようです。子供が成長し、社会の一員として認められるための区切りとして執り行われた儀式ですが、現代日本では、新成人にとっては「晴れ着を着て出かける同窓会」といった感じでしょうし、主催する市区町村側は「地元の地の利をアピールする『イベント開催』による話題づくり」といった箱物行政に近い傾向が強い印象を感じています。

成人式のはじまり

市区町村が開催する「成人式」も全国いろいろで、テーマパークなどで開催されるものから、地方によっては都会に出て行った若者の帰省に合わせて「お盆」に執り行うものなどもあるそうです。

メディアによっては「荒れ放題の成人式」や「行き過ぎた商業化」を危惧する報道内容もありますが、私は無茶をして楽しいのもどうせ20歳代前半ぐらいまで(?)なんだから、そんなに「目くじら」を立てることもないだろうと思って眺めています。わが身、わが親世代を振り返ってみても、昔20歳だった人達がそんなにご立派だったとも正直思えないので…。

ところで、この「成人式」の始まりは埼玉県蕨(わらび)市で1946年(昭和21年)11月22日に実施された「青年祭り」がルーツだったそうです。終戦後すぐに「青年祭り」?と思い調べてみれば、当時青年団長だった高橋庄次郎さんという方が、敗戦で虚脱状態にあった当時、次代を担う青年たちに明るい希望を持たせ励まそうとして提唱、地元の小学校を会場に開催されたそうです。蕨市といえば中山道の蕨宿、昔の宿場町です。私も訪れたことがあったのですが、「成人式」のルーツとはちっとも知りませんでした。

今後執り行われる成人式が、平成不況の時代しか知らない若者達の励ましに少しでもなるよう、主催者には成人式の原点に立ち返っていただければと思います。まあ、今一番必要なのは国政の「まとも」な経済政策、老後生活保障と雇用対策だと思うんですけどね。

成人式
参照元:Wikipediaより(2015年12月現在、筆者調べ)



成人のご祝儀をお金で渡す場合

ご自身のお子さんが20歳になられた方や、周囲に成人式を控えていらっしゃる方はご祝儀についてそろそろご準備をされている頃かもしれません。お祝いの気持ちを上手に伝えるのに形式ばる必要はないとは思いますが、「形式通り」の準備が「特別感」の表れになることも往々にしてあるものです。

私も友人の子供がチラホラ成人式を迎える年代になってきており、ここ何年かは年賀状などで友人や親せきの子供達の成長著しい近況に、慌ててお祝いの準備を用意するための「備忘録」を手帳に記帳する習慣がついてきています。

ご祝儀の金額の相場

成人祝いを「現金」でお考えの方は、以下の相場をご参照ください。いくつかのサイトを参考にさせていただきましたが、筆者の体験に基づき一部修正をしてもいます。それぞれの相場を算出した考え方についても以下述べさせていただきます。

■成人祝い金額相場一覧

・両親  1~5万円
・兄弟姉妹 1~3万円
・ 孫  1~10万円
・姪・甥 1~3万円
・親族(上記外)5千円~2万円
・知人  5千円~1万円
・隣近所 3千円~5千円
・勤務先関係 5千円

成人式のお祝い金!相場の金額はどれぐらいなの?
参照元:豆知識PRESSより(2015年12月現在、筆者調べ) ■両親

ご自身の子供が成人した時にご祝儀としてお金をあげるという場合もあるようですが、我が家ではそんな素敵な家族習慣はなかったので「え?嘘だぁ」と思いました。しかし、成人した時にご両親から「5万円もらった」「10万円もらった」という声は筆者の周囲の中年男性から結構聞かれました。女性の場合は高価な晴れ着を買ってもらったりしますが、男性の成人には衣装代の代わりに「お金」を渡されたご両親もいたのかもしれません。

両親からわが子にご祝儀をお渡しになる場合の相場は1万円~5万円のようです。各ご家庭の事情もあるのでしょうが、最近は「お金は贈らない」ことの方が多いようではあります。

■兄弟姉妹

兄弟姉妹で1万円~3万円ってホントかな?と思いました。これは昔の名残りなのかもしれないと思います。それには2つ理由があります。

1960年ぐらいまでは中学や高校を卒業した後に社会人になる人も多く、また、上の子供と下の子供の年の差が10歳近く離れていることも結構ありました。お兄さんお姉さんが弟妹が成人した時に「ご祝儀」を渡す習慣ができたのかもしれません。しかし最近は子供達の年齢もそれほど離れていませんし、下の子が成人した時に上の子が社会人になっているかどうかも微妙なので、お金のやり取りをするケースというのは減っているのではないでしょうか。

■孫

お孫さんへのご祝儀は1万円~10万円が相場のようです。おじいちゃん・おばあちゃんは孫のためなら財布の紐が緩いですものね。最近は少子化でお孫さんの数も少ないですから一人当たりのご祝儀額が多くなる傾向はあるかもしれません。

■姪・甥

姪っ子・甥っ子の場合1万円~3万円くらいが相場のようです。ご祝儀の他にプレゼントやご馳走したりといったお祝いの仕方もあるようです。

■それ以外の親族

比較的近くに住んでいる場合かつ頻繁に行き来がある場合、ご祝儀の相場は5千円~2万円ぐらいのようです。あまり高額なお祝いは却って相手が恐縮してしまいますし、お返しなど余計な気を使わせてしまうかもしれませんから注意が必要でしょう。

■知人・その他

「え?もうあの子も20歳なの?」というぐらいの知人や友人の子供になら、上限1万円ぐらいが適度なお祝いかもしれません。ただし、それほど親しくもないのにご祝儀をお渡しする必要はないでしょう。「おめでとうございます」の一言だけの方が「かえってお返しの心配がなくて気楽だし、その一言が嬉しい」という人は増えているようです。

■隣り近所や勤務先関係

隣近所の場合は3千円~5千円、勤務先関係なら5千円が相場のようです。私が成人を迎えた時にはご近所の方数名から3千円~5千円くらいのご祝儀を頂戴しました。成人式当日は友人達と飲み会の予定がありましたから、後日母に伴われ「お返し」を持ってご近所を回った記憶があります。事前に撮影してあった振袖姿の写真を見せながらだったのでとても恥ずかしかったのですが、皆さんに(お義理でも)褒めてもらえたのも良い思い出です。

お金の渡し方

いくら最近は何でも略式だからと言って、まさか現金をそのまま手渡しする人はいないと思いますが、正式には「紅白蝶結びの水引きのご祝儀袋」にお祝い金を入れてお渡しするようです。

表には以下のいずれかが書かれていれば間違いないでしょう。間違っても「寿」を選ばないようにご注意くださいね。

■表書き(例)

・御成人
・祝御成人
・御祝 御成人
・成人お祝い
・賀成人式
・御祝

成人祝いの熨斗、水引、祝儀袋、表書きマナー
参照元:冠婚葬祭贈答マナー(zo-to.net)より(2015年12月現在、筆者調べ)

成人祝いを渡すタイミングは?

成人祝いを渡すのにふさわしいタイミングってあるのでしょうか?自分の時にお祝いをいつもらったかな、と思い出そうとしてもあまりに昔過ぎて思い出せませんでした。

成人を迎える方との関係にもよるかもしれませんが、以下のようなタイミングが考えられるようです。

・20歳のお誕生日
・20歳のお誕生日以降、成人式の1週間前まで
・成人式の1週間前から前日まで

考えてみたら1月の後半から3月までがお誕生日の早生まれのお子さんは成人式時点では19歳の場合もあり得るのですね。成人式はだいたい学齢ごとに迎えられるようです。成人式の後にお誕生日を迎える方であったとしても、(成人式の時に着る晴れ着やスーツなど、お金がかかる場合もありますから)成人式の前にお祝いをお渡しするのが良さそうです。

成人式当日はお忙しいでしょうから、どんなに遅くとも前日まで、できれば少し早めに1週間前くらい前を目安にお祝いをお送りするか手渡しするのがいいかのかもしれません。

お金ではないお祝いも

お金以外のお祝いなら、男性の場合にはネクタイや時計、アクセサリーや時計を収納するケース類、ベルト、名刺入れ、靴や鞄、マフラーなどが一般的でしょう。

ただし、こうした品物を送る場合は成人する子やその家族と親密でないと難しいと思います。それぞれ身に着けるものが多いので、趣味やサイズの問題もありますしね。一緒に買い物に行くなどして選べるような間柄なら記念にもなりますし、喜ばれるでしょう。 相手が女の子なら、アクセサリー類やそれらの収納ケース、時計、バッグ、靴などが考えられそうです。

そして、男女ともに晴れて飲酒ができるようになったので、ワインなど高級酒等をお送りすることも考えられます。家族でお祝い膳の時に飲んでもらえるように2本組(20歳にかけて)、ワインなら赤と白の紅白など、ちょっと洒落をきかせても喜ばれるかもしれませんよ。

商品券を贈る

個人の好みの問題やサイズの問題をクリアして、「現金ではなく何か記念になるものを贈りたい」方には、「百貨店ギフトカード」や「VJAギフトカード」などがおススメです。

百貨店ギフトカードは加盟デパートで使えますから、デパートでスーツやちょっとした小物などを購入する時に使ってもらえそうです。金額も5,000円から1万円、2万円、3万円、5万円と豊富です。友人一同でお金を出し合って3万円のギフトカードを1枚、などという渡し方も出来ますよ。

VJAギフトカードはデパート以外でも加盟店であればどこでも使ってもらえます。インターネットで贈答用の封筒に入れたものを直接先方に贈れるのも便利です。のし紙の「表書き」「名入れ」を指定できる点も楽ちんポイント高いですよ。

日本百貨店協会 : 百貨店ギフトカード
参照元:日本百貨店協会HPより(筆者調べ)

三井住友カードVJAギフトカード
参照元:三井住友VISAカードHPより(2015年12月現在、筆者調べ)

有名女優のアイデア

コットンが好き (文春文庫)
大好きな女優さん「高峰秀子」さんですが、その容姿や演じた役柄に負けないくらいに彼女の文章が好きです。幼少期から芸能活動をしていてほとんど学校に行けなかった人がこれだけの文を書くのか、と思うと、学校・教育・知性についていろいろ考えさせられます。 既に亡くなられていますが、高峰秀子さんの著書「コットンが好き」の中の「テーブル・マナー」の項で紹介されていたアメリカ人男性の話が気に入って、自分の甥と姪の20歳の誕生日にはぜひ一流レストランに連れて行き「テーブル・マナー」の教育をプレゼントしたいな、と考えています。

この話を妹にしたところ、「ええ~!保護者同伴にしてくれるよね?」とせがまれています。甥っ子と姪っ子はわが子のように愛おしいものですが、実の妹というのも(お互い中年になりましたが)いつまでも可愛いものです。



成人祝いのお返しは?

成人祝いにご祝儀をいただいた場合のお返しはどうしましょう?

いずれの方にも短くても「お礼状」は必ずお出しになった方がいいと思います。親せきや親しいお付き合いのある友人などの場合は成人姿を撮影した本人の記念写真も1枚添えてあげれば、余計に喜ばれると思いますよ。

お返しは無難なもので、やはり一番人気は「お菓子」のようです。お返しの相手が年配の方で、いただいたご祝儀が高額だったなら「高級佃煮」や「高級ふりかけ」なども良いだろうと思います。

お返しする品の価格の上限は5,000円のお祝いなら3,000円まで、1万円~3万円なら5,000円~8,000円程度、それ以上なら1万円ぐらいを上限に考えてはいかがでしょう。

もちろん、一律3,000円ぐらいの「お菓子」だってかまわないんですよ。無理に高価なお返しを考える必要もないと思います。その代わりにしっかりとした「お礼状と写真」を品物より先に郵送しておきましょう。「いただいたお祝いで就職活動の時に使う鞄を購入させていただきました」などの一言があれば先方も高価なお返しより喜ばれると思います。

■お返しの「のし紙」への表書き(例)

・内祝
・成人記念
・御礼

■「名入れ」は新成人本人の姓名を入れてください。

お返しに便利なQUOカード

成人祝いのお返しに5,000円以下のものを、と思っても品物を選ぶのも手間だったり、食品はアレルギーや好き嫌いもあるからなぁ…と思われるなら、「QUOカード」はいかがでしょう?コンビニや書店、一部のドラッグストア等でも使えるので、お財布に入れてチョコチョコ使ってもらえる点も便利です。

価格の刻まれ方が少額づつなので、連名で大勢の方からまとめてお祝いをいただいた場合のお返しには最適だと思います。10枚以上なら「のし紙」や「名入れ」のサービスも利用できるようですので、以下リンク先のサイトで検討されてはいかがでしょうか。

■QUOカードの価格帯(例)
※価格は希望小売価格とは異なります。詳細はリンク先のサイトをご参照ください。

・  300円
・  500円
・  700円
・ 1,000円
・ 2,000円
・ 3,000円
・ 5,000円
・ 10,000円

私は企業ノベルティーとしてたまにQUOカードをいただくのですが、コンビニで雑誌等ちょっとしたものを買う時に便利に使わせていただいています。

お礼・プレゼントに最適なギフトカード
参照元:QUOカードHPより(2015年12月現在、筆者調べ)

まとめ

この記事にアクセスして御覧になっている方の中には御身内や親しい方に成人式を迎える方がいらっしゃるのだと思います。

「心より、おめでとうございます!」

今回は成人祝い、ご祝儀の相場についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?金額の相場はあくまで目安ですが、立派な水引の封筒に相場より少なすぎる金額を入れるのも、逆に高額すぎる金額を差し上げるのも不調法というものです。成人を迎える方やそのご家族との関係をよく考えて金額を決めてください。

なお、何か記念になるプレゼントを、という気持ちは分かるのですが、ご本人の趣味をよく知らないなら「自分の趣味」の押し付けになってしまうかもしれませんから注意してくださいね。

来年は平成に年号が変わってから28年目を迎えます。平成不況からなかなか脱せない日本ですが、そんな厳しい時代に生まれ、20歳まで無事に成長された若者達がこの後の人生で報われ、幸せな人生を歩んで行けるように応援していきましょう!