軽自動車の車検費用っていくら?安くするポイントは

自動車に乗っている人にとって、避けては通れないのが車検です。きちんと最低限のメンテナンスをしていますよという証明なので、整備をしっかりしてほしいと思いますが、問題なのは車検費用。調べると同じ車検でも料金に差があるのはどうしてなのか?車検費用の謎を解きます。



軽自動車の車検はどんな費用がかかる?

車は持っているだけで、相当な維持費がかかりますね。車両本体代金はもちろんですが、移動するためのガソリン代、そして定期的に交換するエンジンオイルやタイヤなどの消耗品…。日々使っているだけでも、まとまった費用がかかります。

そして、2年おきに実施しなければならない車検は、車ユーザーにとって大きな出費です。普通車と比べて、軽自動車のほうが安く収まるというイメージがあるかもしれません。ただ、実際には車検の費用内訳は普通自動車と同じで「車検基本料」と「法定費用」の二つを合わせて車検費用と言います。

車検基本料

車検費用は、車検を任せるために申し込みをした業者によって料金が変わる、流動的な費用です。購入したディーラーや、車検代行専門業者、民間指定工場、カー用品店など、車検を取り扱っている会社はたくさんあります。会社ごとに定めている基本料のほかに、サービスの内容と整備にかかる料金を総じて車検基本料と呼ぶことが多いです。

申し込みをした時点で、車検を通すためのチェックを行うための代行手数料が発生します。基本的なメンテナンスや整備箇所のチェック、そして整備が必要な場合は、その部品パーツ代と取りかえ工賃などの整備技術料が加わります。

車検を申し込んだら、この項目はかならず実施しますというような「車検基本パック」を商品として決めている業者もあります。メンテナンス項目としては、してもらえるほうが安心な気がしますが、一部必要なさそうな項目もありますので、省いてもらえるなら費用がその分安くなるかもしれません。

法定費用…税金と保険料

軽自動車の車検を受けるときに、必ずどの車両にも掛かる費用が「法定費用」です。これは、どこで車検の申し込みをしても料金は同じです。車検を受ける車両は、自賠責保険に加入することが必須で、自賠責保険の期限が切れていたら車検を受けることはできません。

車検を受けるときに合わせて、支払わねばならない税金もあります。軽自動車重量税と検査手数料です。自動車重量税は、車検を受ける車の重さによってランクが分けられており、車重が重い車ほど高い税額になっていきますが、軽自動車車種の重量設定に沿って、税額が定められています。



軽自動車と普通車の車検費用は差がある?

軽自動車は、普通車と比べて車両本体価格も安く、維持費も同じように安いのでは?という印象を持っている人も多いことでしょう。自動車税の額も、普通車と比較すれば軽自動車のほうが安いですし、全体的にお得なイメージが強くなっているようです。

購入費や維持費は値ごろに感じる軽自動車ですが、車検費用は、普通車と比べてどんな違いがあるのでしょう。

軽自動車税増税!普通車との維持費の差を計算しました
参照元:常陽銀行ホームページ(2015年12月時点、著者調べ)

軽自動車の車検費用は普通車より少し安め

軽自動車も、普通車と同様に車検は必要です。ただ、全く同じ額の費用がかかるというわけではありません。もちろん法定費用と車検基本料が普通車と同じように発生します。

注目したいのは、法定費用の額です。自動車重量税は、普通車であればその車体重量に応じた税額の設定がなされています。車が大きくなり重くなるのと比例して重量税も高額になっていきます。ただ、軽自動車の場合は、どんな車種・タイプであってもくくりは「軽自動車」のみで、重量税も一律です。

おおよそ、軽自動車は排気量660cc未満であることから、車両サイズや大きさが一定以上になる可能性がないというのが理由でしょう。普通自動車の重量税最低価格となっている1トン未満の重量税が、エコカー減税非対象で16,400円に対し、軽自動車は6,600円です。ここで1万円の差が出ています。

また車検には欠かせない自賠責保険の料金ですが、軽自動車のカテゴリーでもっとも高い37カ月(新車購入時に加入して初回車検までの保険期間)が37,780円なのに対して、普通車は40,040円となっています。車検で必要となる法定費用をはじめ、車検基本料でも軽自動車と普通車はそれぞれに価格設定をされていることが多く、いずれも軽自動車のほうが安くなっています。

軽自動車と普通自動車ではかかる税金に大きな違いはありませんが、その中身「税率・税額」はかなり違っています。よく「軽自動車は税金が安い」と聞く事がありますが、軽自動車の優遇税制により自動車税と軽自動車税の税額の違いだけでなく自動車重量税の同じ車両重量での比較でも実際に税率(税額)は低くなっています。

出典:

xn--u9jy03t68mw0c.com

軽自動車と普通自動車の税金の違いを比較 |
参照元: 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう(2015年12月時点、著者調べ)

小さな差額を積み重ねて安くなる軽自動車の車検費用

普通車の車検費用と比べると、軽自動車はそれぞれ車検費用として発生する項目が、シンプルに一律料金で設定されていることが多いです。普通車は、乗り手の好みによって、車の大きさや排気量に幅がありますが、軽自動車は、規格に該当するサイズと排気量660cc未満と定められていることで車体そのものに大差がでにくいためでしょう。

そのため、車検の時に見つかった不具合や整備箇所のメンテナンスの数も軽自動車のほうが少なくなりがちです。整備ポイントとなっている、タイヤやブレーキパッドの目ののこりを例にしても、軽自動車のほうがサイズも小さく部品そのものの料金は安く設定されています。

そして、エンジンオイルの交換は軽自動車は使用料が少ないため、諸点検も普通車ほどの車体バリエーションがないため、くらべると軽自動車のほうが安くなっています。普通車よりもコンパクトで取り付け部品も少なくなり、脱着に掛かる手間やメンテナンスの工程も普通車より少なくて済むため、工賃も軽自動車のほうが安くなりがちです。

このように、一つ一つにかかる料金が普通車より軽自動車のほうが安いため、積算していくと結果は普通車と比べて数万円単位で、軽自動車は車検料金を安くすることができるというわけです。

軽自動車と普通車の車検検証!どこが違うの?

普通車と軽自動車は、いずれも車検(継続点検)を受けねばならない義務があります。安全に毎日使用できるように、整備がきちんとなされているかを、新車購入後3年・2回目以降の車検ならば2年ごとに、定められた項目と納税をクリアしているかチェックします。

ただ、同じ車であるとはいえ、軽自動車と普通車は一部取り扱いが違う場合があります。車検に直接関係はありませんが、たとえば毎年納付している自動車税の取り扱いがそうです。軽自動車税は市町村に納付しますが、普通車は都道府県に納付します。

車検を専門業者にお願いする場合は、その業者が軽自動車と普通車を適正に検査できるように行ってくれますが、車検費用を抑えるために自分で検査に持ち込むユーザー車検にトライしようと考えている人は、この軽自動車と普通車で異なる場合があることを理解しておくことが大切です。

軽自動車は普通車と検査する場所が違う

最近は軽自動車でも室内がひろく、ゆったりと乗れるタイプのものが多く、コンパクトカーから軽自動車へ乗り換えてコストを抑えたい人が増えています。また、車検代行費用に当たる部分を払わなくて済むように、専門業者にすべてお任せするのではなく、自分で車検の検査を行って車検費用を安くおさめようとする人も増えているようです。

そこで、一番に理解しておかねばばらないのが「軽自動車は、普通車の継続点検(車検)を受けるために車両を持ち込む検査場と場所が異なる」という点です。これが、もっとも陥りやすいユーザー車検の失敗のもとです。

軽自動車は、軽自動車検査協会というところで継続点検の受付と実際の検査を行います。普通車は陸運局(自動車検査登録事務所)で車検を行うということはよく知られているようですが、軽自動車の継続点検は、この軽自動車検査協会が全てを担っていますから、陸運局で軽自動車の車検を受けることはできません。

建物と管轄そのものが陸運局と別のものなので、住まいの市町村によっては所在住所が全く違う場合が多くあります。そして、検査を持ち込んで受けるためには事前の予約が必要です。普通車も同じようにあらかじめ車検を行う日を予約申し込みしておかねばなりませんが、予約して持ち込む場所を間違えてしまうと、検査自体ができないまま車検切れ…ということになりかねません。

軽自動車の車検は、間違えずに「軽自動車検査協会」に申し込みましょう。

全国の事務所・支所一覧
参照元:軽自動車検査協会ホームページ(2015年12月時点、著者調べ)

軽自動車の車検は必要書類をきちんと揃えて

軽自動車の車検を行うときは、普通車の時と同じく必要書類をあらかじめ揃えておく必要があります。何かと準備しなければならないものが多いですが、きちんと揃えておかなければ、再発行をお願いすることになります。証明書の再発行は車検代行業者に一部お願いすることもできます。

車検に必要な書類は
・定期点検整備記録簿
・自動車損害賠償責任保険証明書(自動車損害賠償責任共済証明書)
・自動車重量税納付書
・継続検査申請書軽代3号様式または軽専用第2号様式
・軽自動車検査票
・軽自動車納税証明書
です。このうち、自動車重量税納付書と継続検査申請書、軽自動車検査票は軽自動車検査協会に準備しているので、直接現地で記入することもできます。あらかじめパソコンで書式をダウンロードして準備しておけば、予約後に車両持ち込みをしたあと、スムーズに車検を受けることができます。

気をつけなければいけないのが、軽自動車納税証明書です。これは毎年市町村長名義で軽自動車の所有者あてに届く税金納付書ですが、納付していないと車検を受けることができません。また、車検を受けるには納付書の原本を添付する必要があります。

普通車の納税証明書は県税ですが、先に記したように軽自動車は市町村税です。普通車の納税証明は、もし無くしていても車検代行業者にお願いすれば、無料で再発行の代行も行ってくれるところが多くあります。ただ、事情があって市外の住所所有者が軽自動車税納付書を紛失すると、再発行にはその登録市町村まで出向いて再発行手続きをしなければならなくなります。

ですから、軽自動車納税証明書を再発行する時は、手数料などが必要になる場合が多くあります。いずれにしても、スムーズな車検を行うには、必要な書類はきちんと準備しておきましょう。

軽自動車の車検に必要な書類と費用
参照元:goopit(2015年12月時点、著者調べ)

整備項目は軽自動車も普通車並み

車検を受ける時には手数料がかかります。これは自分で検査場に持ち込んで車検を受けるユーザー車検であっても、代行業者にお任せする場合でもおなじです。軽自動車は1,400円、普通車は1,800円となります。

軽自動車と普通車は、継続点検する場所は違いますが、その整備検査項目はほぼ一緒です。検査場の建屋に入る前にまず、外観チェックを行います。ワイパーゴムやウォッシャー液の充填、改造箇所はないか、車体に著しい劣化(へこみ)が無いかなどをざっとチェックされます。

検査建屋に入ってまず、電気系統の不備のチェックを行うため、ウインカーやホーンの作動確認を行いまず。次に排ガス検査に誘導され、排気ガスが適正かどうか検査棒をマフラーにさして検査します。普通車であれば、検査員が行ってくれるのですが、軽自動車の検査ラインでは持ち込んだ人がこの検査を自分で行います。

走行性能を検査するための横滑り(サイドスリップ)検査に入りますが、係員の指示に従って白線そばをゆっくり車で進んでいくだけで、車重量やホイールベースの測定なども同時に行っているのだそうです。測定検査は全て測定器が行うため、持ち込み者が別段自ら行う作業はありません。

次に、スピード・ライト・ブレーキ検査に入ります。検査台の上で測定に必要な速度を出し、パッシングで合図をすれば検査マシンが測定を行います。止まった状態でゆっくりブレーキを踏む、ライトとビーム角度の検査も全て検査マシンが測定しますので、即座に正常か不適合かがジャッジされていきます。

最後に下回り検査として車の底面をチェックされますが、ここは全て検査員の目視で行われます。軽自動車は車体の軽さとコンパクトさからか、この検査はジャッキアップで実施されますが、普通車はレーンの下に検査員が入り込んで行っています。タイヤがすり減っていないかなどもここで確認されます。

この軽自動車ユーザー車検の手順は普通車と同様です。検査項目や整備の適正検査は普通車と同じ基準で行われます。ブレーキパッドやタイヤ溝残は素人では判断が難しいでしょう。一つでも不合格があれば再検査となるため、事前整備をしておくほうがよいです。

車検の基礎知識 | 軽自動車の車検 | 軽自動車検査協会
参照元: 軽自動車検査協会(2015年12月時点、著者調べ)



軽自動車車検の法定費用を安くするには?

軽自動車は普通車と比べて車検整備費用が割安なイメージがありますが、さらに車検費用を抑えるためには、法定費用をいかに安くするかがポイントとなります。車検の中でも税金や保険の料金を見直すと、部品交換や整備工賃の差額以上に、大きなコストダウンにつながります。

車検の豆知識あれこれ
参照元:車検や修理の情報満載GooPit(2015年12月時点、著者調べ)

エコカー減税対象軽自動車を新車で買う!

平成21年にエコカー減税がスタートしてから、軽自動車も環境性能の高い車には減税が適用されるようになりました。自動車重量税が減免され、また購入時に自動車取得税にも適用されます。新車で購入した場合は、初回車検の時に重量税が50%軽減され、2回目以降も2,500円~5,000円程度の重量税で済みます。

エコカー不適合軽自動車で、登録初年度からの経年数13年未満の場合が6,600円ですから、車検固定費用と言われる法定費用も、実際には買い替えで安くすることができるということになります。

自動車:減税対象自動車一覧(平成26年3月31日以前に新車新規登録等した自動車) (平成27年5月1日更新)
参照元:国土交通省ホームページ(2015年12月時点、著者調べ)

車検有効期限前に受けて保険費用を安くする

車検は期限満了の1カ月前から受けることができます。ただ、車検となると手続きが面倒に感じ、2年に一度の点検なので交換部品や整備に費用がかかるのでは…と総額の料金が気になって、先延ばしにしがちです。結局、車検が切れてしまう直前に慌てて検査をしてくれる業者を探すという人も少なくないでしょう。

ただ、余裕をもって事前点検を行っておけば、不用な代行手数料を払わずに自分でユーザー車検にチャレンジするのも良いでしょう。車検手数料と法定費用のみで車検費用を抑えることができます。また、一度車検切れをしてしまうと自賠責保険に再加入しなければならなくなります。

自賠責保険が満了していると車検を受けることができません。そして一度切れた自賠責の再加入手続きをするときは、次の車検まで期限が残っているように日付設定するため、1カ月分多く保険をかけねばならなくなるのです。

もちろん、期限内に毎回車検を受けていれば、余分な1ヶ月の自賠責保険料は必要ありません。軽自動車の車検費用を全体で安くするには、一つ一つの小さな費用を見直していくことが大切です。是非有効期限前に車検を受けるようにしましょう。

まとめ

軽自動車の車検費用は、普通車と比べて整備工賃や部品コストなど小さな料金差の積み重ねで、結果として数万円単位で安くなる場合があります。さらに、エコカー減税や早い車検の実施で、固定費と思われがちな法定費用も抑えることができます。

検査の内容そのものは普通車と大差がありませんので、きちんと日々の整備や定期点検を行ってこまめにメンテナンスすることが、車検費用をぐっと抑えることにつながります。安全安心なドライブのために、車検をかしこく確実に実施しましょう。