年収800万はお金持ち?実は”リッチ”じゃない生活実態

年収800万ーそう聞いて、どんな生活を思い浮かべますか?高級車に、海外旅行、いろいろな贅沢ができる”お金持ち”と思われた方が多いかと思います。実は、そんな「リッチ」な生活をするととたんに破綻してしまう危険な年収ゾーンかもしれません!



「年収800万」ってどんな生活?

年収800万円の手取り額

日本人の平均年収が約440万円と言われる今の時代、「年収800万円」と聞けば”お金持ち”をイメージしますよね。平均所得の2倍ほどの金額を稼ぐわけですから、それなりの贅沢な生活ができるはずと思いたいです。でも、サラリーマンの手取り収入がどんどん下がっている今日、年収800万と言えども、そんなリッチな生活とは程遠いようです。

年収800万円あっても、サラリーマンの場合は税金などで引かれていくお金がありますから、手取り額は低くなります。一人で稼ぐのか、夫婦合わせて稼ぐのか、子どもはいるのか等、条件によって変わってきますが、だいたい手取り額は600万~670万円ほどになるようです。

ボーナスが無いと考えた場合では、毎月約50万円の収入があることになります。多くの人にとっては、うらやましい数字ではないでしょうか?

「手取り月50万円」の生活費内訳

では、毎月手取りで50万円ある生活の内訳を考えてみましょう!「理想的な家計の割合」という数値がありますので、そちらに合わせてそれぞれの項目を見ていきたいと思います。今回は、夫婦・子どもが二人(中・高校生)という家族構成で考えてみます。

■月収50万円
・住宅費/125,000円
・食費/75,000円
・光熱費/30,000円
・通信費/30,000円
・小遣い/50,000円
・教育費/60,000円
・保険/30,000円
・趣味・娯楽/10,000円
・被服費/15,000円
・交際費/10,000円
・日用品/10,000円
・その他/15,000円
・貯蓄/40,000円

このような支出となります。それぞれの項目を見てみると、それほど贅沢ができるような金額でもないようですね。もちろん、扶養家族がいない場合や夫婦二人家族などであれば、教育費など必要のないお金がありますので、その分他の項目に余裕ができますね。

「理想的な支出の割合」を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!|家計再生コンサルティング|ザイ・オンライン
参照元:Zai online(2015年12月現在、著者調べ)



”リッチ”と勘違いしたら家計破綻!?

「お金持ち」生活で”貯蓄ゼロ”家計

世帯年収で年収800万円を超える収入がある世帯は、全体の20%ほどです。男性サラリーマンで年収800万円以上稼ぐ方は、全体の約12%になります。平均よりもかなり上のランクになりますね。周りと比べてみると、どうしても「お金持ち」だという感覚になってしまいます。

この傾向は、旦那さんが一人で年収800万円を稼ぐ家庭ほど強くなるようです。そして、「うちはリッチだ」と勘違いした奥さんがお金を自由に使い出すとどうなるでしょうか?

毎年、長期休暇には海外旅行に行ったり、子どもは習い事を掛け持ち、さらには私立の小・中学校通わせるというライフスタイル。奥さん自身のことだったら、デパートでコスメを買ったり、ちょっとしたご褒美にエステに行く、なんていう日常を想像してしまうのではないでしょうか?

でも、さきほど見て頂いた支出項目を見る限り、そんなに贅沢をする余地はありません。家族が4人いるなら、月の被服費は”15,000円”です。「VERY」などに掲載されているようなコートは100,000円超えも当たり前ですが、そのような価格帯のコートを日常的に買うことは難しそうです。

お小遣いも全員で”50,000”円です。旦那さんの取り分はもっと少なくなりますよね。飲みに行くのは、リーズナブルな居酒屋でないとすぐにお小遣いが尽きてしまいます。奥さんがエステに行けるのは、数年に1度くらいになりそうです。贅沢は決してできないのが「年収800万円」の実態なようですね。

生活レベルを上げないことが大切!

ちょっとした贅沢で家計が破綻してしまう「年収800万円」ゾーンは、やはり生活のレベルを上げないことが大切です。この10年で、サラリーマンの手取り額はどんどん下がっているようです。昔の「年収800万」と今の「年収800万」では税金の関係で、手取り額が全然違うのです。

今後、この傾向は続いていくのではないでしょうか。配偶者控除がなくなれば、専業主婦がいる家庭は、もっと手取り額が少なくなってしまいます。年収のイメージにとらわれず、きちっと家計を管理したいですね。

年収800万円でも実際使えるお金は600万円!あなたは自分の「手取り年収」を知っている?|老後のお金クライシス! 深田晶恵|ダイヤモンド・オンライン
参照元:DIAMOND online(2015年12月現在、著者調べ)

まとめ

年収800万と言う響きは「お金持ち」を連想させるには十分ですよね。実際、その収入を得ている本人や家族もそう思うことが多いようです。お金持ちとは言わないまでも、「ちょっと」した贅沢ならできるよね、と財布のひもを緩めてしまえば、あっという間に破綻してしまうのが”年収800万円”世帯かと思われます。

イメージに惑わされることなく、しっかりと家計と向き合って「自分たちに合った」ライフスタイルを楽しみたいですね!