株でお金持ちになりたい!成功者に共通する4つのポイント

株で儲けて夢のような生活を送りたい!そんな方は必見です。実際に株で成功した人たちには、共通する4つのポイントがあります。株なんて難しそう…、なんて考えている方、ご安心ください。株はあなたがイメージするほど難しいものではありません。これを読んだら、あなたも億万長者になれるかも?



株でお金持ちになった人は本当にいる?

書店の投資コーナーには、次のようなタイトルの本がたくさん並んでいます。
「株だけで生活する方法」
「株で1億円かせぐ方法」

株で損をしたという話はよく聞きますよね。でも、株でお金持ちになったという話を、少なくとも身近なところでは、あまり聞いたことがありません。そう考えると、これら夢のようなタイトルは、本当の話なのかどうか疑ってしまいます。

でも実際、株でお金持ちになった人は、少なからず実在します。たとえば、アメリカの個人投資家ウォーレン・バフェット氏は、株だけで世界長者番付一位になりました。また、日本の個人投資家BNF氏は、大学時代に164万円で株を始めて、8年後には218億円まで増やしているようです。



株でお金持ちになるパターン

バフェット氏やBNF氏のような極端な例はさておき、たとえば100万円が1年後に10倍になった、20倍になった、という程度の話であれば、実はたくさんあります。こうした人たちが株で儲かった背景には、主に次のようなパターンがあるようです。

買った株がたまたま値上がりしたパターン

株は、上がるか下がるかだけの世界です。よって、やみくもに買った株でも、50%の確率で儲かることになります。運が良ければ、1年後に10倍、20倍になっていることだってあるでしょう。

株をたくさん買ったパターン

同じ株を、同じ値段で買って、同じ値段で売ったとしても、株をたくさん持っている人ほどたくさん利益が出るでしょう。たとえば、10%の利益を上乗せして株を売った場合、10万円分しか株を買っていなかった人には1万円分の利益しか出ませんが、一方で、1億円分の株を買っていた人には1,000万円もの利益が出るようです。

将来性のある会社の株を買ったパターン

会社の将来性をしっかり分析してから株を買っているパターンです。会社四季報だけではなく、学者レベルの専門的な調査・分析をしてから株を買えば、儲かる可能性は上がるでしょう。ちなみに、さきほど紹介したバフェット氏はこのタイプの投資家です。

有名な理論にもとづいて株を買ったバターン

過去の有名な投資家や経済学者の理論を流用して、機械的に株を売買しているパターンで「システム売買」と呼ばれます。こうした理論は証券会社の売買ツールにあらかじめプログラムされているので、中身を詳しく知らない十分に活用することができるかもしれません。

株で成功した人に共通する4つのポイント

運や直感にまかせて株を買うのは危険です。また、たくさんの株を買う資金を用意したり、学者レベルの分析・調査をしたりすることは、わたしたち一般人には難しいでしょう。そうなると、株でお金持ちになるための現実的な方法は、上で紹介した中では、④になるかも知れません。つまり、株の理論がプログラムされた証券会社のツールを活用する方法です。

しかし、これらのツールを使っていれば誰でもお金持ちになれるのかというと、そんなに甘い世界ではありません。株でお金持ちになった人たちは、もちろん証券会社のツールも使っています。ただ、ツールを使う以前に、大前提として4つの共通点があるようです。

この4つの共通点こそ、株式投資で成功するための、とても重要なポイントになるのです。

共通点①:複利で株を売買している

複利とは、株で儲かった利益を、次の株の資金に加算するという方法です。100万円の株を買って5万円儲かったら、次の投資では105万円分の株を買うということになります。

かりに100万円のお金からスタートして、毎回5%の利益を上乗せして複利で売買を繰り返したとします。すると、100回目の売買を終えた時点では、なんと1億3,000万円以上にもなっていることがあるようです!恐るべし複利!といえるでしょう。

共通点②:○%下がったら売ると決めている(損切り)

買った株が意に反して下がってきた場合、損失が大きくふくらんでしまう前に、いさぎよく株を売ってしまいます。これを「損切り」と言います。成功者たちの多くは、たとえば「買った値段から10%値下がりしたら売ってしまおう」という風に、あらかじめ損切りラインを設定しているそうです。

共通点③:○%上がったら売ると決めている(利益確定)

買った株が予想通りに上がった場合、成功者の多くは、あらかじめ決めておいた予定の値段で手早く売っているそうです。わたしたち一般人は、「もっと上がるのでは?」と期待して、つい様子を見てしまいますよね。でも、株で資産を築く人たちは、早めに利益を確定させて、手早く次の株をへと乗り換えているようです。

共通点④:投資法をコロコロ変えない

世の中にはたくさんの投資理論、投資法があります。今回はA方式で失敗したから、次回はB方式に変えてみよう、という具合に投資法をコロコロ変えると、なかなかお金は増えないでしょう。株でお金持ちになった人たちの多くは、一度や二度の失敗を気にせず、自分の信じた投資法でひたすら機械的に売買を繰り返しているそうです。



まとめ

株でお金持ちになった人たちに共通するポイントは、次の一言に集約されそうです。

【損切りと利益確定のラインを決めたら、あとは何があっても、ただひたすら自分の選んだ投資法を信じて複利で売買し続ける】

もちろん、これだけで誰でもかならずお金持ちになれる、というわけではありません。ただ、多くの成功者の事例を見てみると、どんな投資法を選ぶかよりも、どのようにしてこのスタイルを守り切るか、のほうが大事なことだといえるでしょう。

あなたも1年後、2年後のお金持ちを目指して、まずは株の成功者の共通スタイルをマネしてみることから始めてはいかがですか? ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。