供花の相場とマナーを知って、お悔やみの気持ちを花で伝えよう

葬儀の参列マナーや香典については知っている人が多いようですが、供花についてはあまり知らない人の方が多いのではないでしょうか?美しい花は悲しみに暮れる遺族をそっと慰めてくれます。突然のことに戸惑わずに故人を偲ぶ気持ち・お悔やみの気持ちをお花で伝えたいですね。今回は供花の相場とマナーについてご紹介します。



供花って何?

そもそも何って読むの?

「供花」という言葉は普段は使わないので何て読むのかな?と思いますよね?これは「きょうか」と読みます。仏教の専門用語では「ぐけ」と読まれる事もあるようですが、お葬式では一般的に「きょうか」と呼ばれます。

供花の意味

供花は祭壇や会場に飾る花のことで遺族、親族、故人と親しかった人などが供花を贈ります。また、遠方で葬儀に参列できない人から香典代わりに贈られたり、香典辞退の葬儀の場合、香典の代わりとして供花を贈ることもあります。

もう一つの供花の意味として死者の霊を慰めるという事です。日本は古来より死者の霊は葬儀が終わるまでこの世に留まっていると考えられていました。そのため残されたものは追悼の思いを死者に伝え、死者を慰めるものとして花が添えられるようになったといわれています。

供花は親しさを示すもの

供花は故人との親しさを表すものであるため、飾り方にもルールがあります。基本的には故人との関係が近い人から祭壇の近くに飾っていきます。故人の子ども、家族、親族の供花がまず一番近くに置かれ、その次に親しかった友人、会社関係者の順に並べられます。贈っていただいた方々に失礼のないように細心の配慮の元、祭壇を飾ります。



供花の相場は?

供花のスタイル

フラワーアレンジメント・籠アレンジ・フラワースタンドが一般的です。フラワースタンドは大きいので葬儀会場のスペースを取ります。贈る際にフラワースタンドを贈れるかどうか確認するようにしましょう。また昔はフラワースタンドは2つセットの形で贈ることが慣習だったようで、フラワースタンドは二基(一基、二基と呼びます)を贈っていたそうですが、最近は葬儀場のスペースの関係で一基を贈る事が多いようです。自宅葬の場合は場所を取らない籠アレンジが一般的なようです。

枕花とは故人のそばに飾る花のことを言います。枕花はご自宅に贈る事になるので、遺族に負担がかからないように確認してから手間のかからないアレンジメントを贈るようにした方がよいそうです。通常、故人に親しい関係の方が贈る事が多く、贈るタイミングは訃報を受けてから通夜がはじまる2~3時間前までに手配します。

地域別・供花の相場

・全国平均:1万5千円
お花のスタイルによって価格は変わりますが多くの方が1万5千円くらいで用意しているようです。

・関東の相場:1万5千円
関東でも1万5千円前後で用意される方が多いようです。

・北関東・甲信越の相場:1万5千円〜2万円
スタンドタイプの供花を贈る方が多いため、1万5千円〜2万円で用意するようです。

・北陸・東海の相場:8千円〜1万5千円
 
・近畿・中国の相場:1万円
スタンドタイプの供花はあまり使われず、1万円くらいが相場のようです。

供花は一般的に1万5千円から3万円くらいが相場といわれ、あまり高すぎてもお返しをする際の遺族の負担を考えると良くないとされています。枕花の相場は5千円~2万円で籠アレンジで贈るのが一般的です。

名札の書き方

ビジネス上のお付き合いがあった場合、取引先のご不幸に際して供花を贈ったり、お世話になった仕事関係者にも供花でお悔やみを表す事も多いようです。その場合は連名で供花を贈るケースもあるかと思います。基本的な名札の書き方をご紹介します。

■親族で出す場合の例(縦書きで右から左へ)

・○○家
 子供一同

・○○家
 孫一同

■会社で出す場合の例
会社の名前と代表者名を中央に記入します(縦書きで右から左へ)

・○○株式会社
 代表取締役社長 ○○ ○○

■大学・趣味の仲間で出す場合の例(縦書きで右から左へ)

・○○大学テニス部
 同窓生 一同

・テニス同好会
 友人 一同

■連名で記入する場合の例
3名以下の夫婦、兄弟、家族、地域の方などは目上の方から目下の方の順で書いていきます(縦書きで右から左へ)

・山田 一郎
 山田 二郎
 山田 三郎

実際の名札の例は詳しいサイトを参考にしてください。

供花について|お葬儀の知識|葬儀・葬式ならセレモア
参照元:セレモア(2015年12月著者調べ)

供花御芳名とは?

供花がたくさん贈られる社葬などで使われる手法が供花芳名板を使うやり方です。贈られた供花自体には名札をつけずに大きな台に名札を並べて表示します。会場の統一感を保つという意味と、いただいた供花の並べ方の煩雑さを避け、贈っていただいた方に失礼がないように葬儀を行うという意味もあるそうです。ですので、一般的に名札は「アイウエオ順に」並べられます。キリスト教では葬儀に名札をつけた供花は飾らないため、供花芳名板をつけるのが一般的です。

贈るタイミングと精算方法

供花は喪主宛てに贈ります。お通夜に間に合う場合はお通夜の日の午前中までに届けるようにしましょう。お葬式に贈る場合は前日までの届くように手配します。精算方法は一般的には参列した当日に葬儀社に直接払いますが、後日振り込みの形でも精算出来るようです。

香典と供花

供花はグループで香典の代わりに贈り、個人の場合は香典を贈るというケースが多いようです。もし供花にしようか、香典にしようかと迷っている場合は香典で気持ちを表す方が良いそうです。すなわち、個人の場合は香典と供花、または香典のみというのが一般的だそうです。

供花と香典を両方贈る場合は、供花の金額に対して香典が安いと失礼にあたるそうなので供花と香典の金額のバランスに注意する必要があります。また遺族は供花や香典に対してお返しをしなければならないため、あまり負担が大きくなる金額にならないようにします。

供花のお返し

■お礼状を送る
供花に対するお返しは基本的に品物を贈る必要ないようですが、なるべく早い段階でお礼の気持ちを伝えるためのお礼状を送るのが良いとされています。

■お返しの品を贈る
気持ち次第ですがなんらかの形でお礼の品をお返ししたい場合は、いただいた供花や香典の合わせた金額の1/2~1/3の金額のお菓子・お茶・タオルなどの日用品を贈ることが多いようです。

守りたい供花のマナー

遺族の意向を確認する

供花を贈るときに一番最初に気をつけなくてはならない事は、遺族に供花を贈っても良いかという確認を取る事です。理由はいくつかあります。

・葬儀会場のスペースがない場合
・葬儀会場のデザインを統一するために受け取らない場合
・供花は故人との関係が深い順にならべる為、受け取った際に並び順に困ってしまうため

遺族から辞退の意向があった場合は、遺族の意向を尊重し供花を贈らない事がマナーです。

タイミング

訃報を受け取ってから供花を贈るのがマナーです。亡くなってすぐに供花を贈るのは、あまりに早すぎるという印象を遺族に与えることになり失礼にあたるようです。あまり早すぎず、通夜に間に合う場合は通夜の日の午前中までに届けるようにし、お葬式に贈る場合は前日までの届くように手配します。

葬儀社に確認する

遺族の方々は悲しみの中、非常に慌ただしく葬儀の手配に追われています。ですので、供花の手配について遺族の方に直接連絡をとるのは避け、葬儀を担当している葬儀社に連絡を取るのがよいとされています。直接訃報を聞いてなくても、会場と日程さえわかっていれば供花を手配する事は可能です。

葬儀社によっては外部の生花店での供花を受け付けない場合があるそうです。理由としては葬儀場全体の統一感に欠けるということや、宗教や地域の風習によって手配するべき供花に違いがあり、そこを一括管理するということだそうです。依頼する方とそれを受け取る遺族の混乱を避ける為にも担当葬儀社に詳細を確認するのが良いという事だそうです。



宗教によって違う供花

キリスト教の場合

キリスト教の葬儀には仏教で使われる菊はあまり使われず、洋花である白いユリやカーネーションがよく使われます。また造花や花輪は使わずに生花のみを使い、籠アレンジやフラワースタンドを贈ります。花は枕花として故人の近くに飾られた後、教会や斎場に運ばれるのでコンパクトなサイズが好まれます。

キリスト教の場合、葬儀の後に追悼のミサが行われる場合はミサへお花を贈る事もできます。ミサに贈る場合は籠アレンジの他に十字架の形をしたフラワーアレンジメントやリース型のアレンジも人気があるようです。また、お焼香の代わりにキリスト教では献花といって故人にひとりひとりがお花を捧げますが、献花には白いカーネーションや白いユリが使われる事が多いようです。

仏教の場合

仏教の葬儀の場合は、菊やユリ、蘭などの白い花を使ったアレンジメントが一般的です。バラはとげがあり、特に仏教の葬儀の場合は失礼にあたると思う方もいて避けた方が良いとされる花です。ただ最近では故人の好きだった花を使いたいという遺族の意向や、エンディングノートで故人が使いたい花を希望している場合もあり、華やかな色を使った葬儀も行われているそうです。

ペットの場合

ペットはかけがえのない家族の一員であり、ペットの葬儀を行う方も最近は増えてきているようです。我が子を失ったような悲しみにくれる飼い主の方を慰めるような優しい雰囲気のアレンジが良いようです。淡いピンクや水色のパステルカラーなどで飼い主の気持ちに寄り添ってあげたいですね。

好まれる花の種類と意味

供花として好まれる花の種類と意味をご紹介します。基本的に供花として葬儀会場に相応しい色や花を選ぶのが前提ですが、贈り主の好みや気持ちを反映したもので問題ないようです。

ユリ

■花言葉 「清らか・威厳」
白い大輪のユリは花言葉通り、威厳があり清らかで供花として最適な花です。ユリは日本だけでなく世界でも高貴な花として扱われ、海外の葬儀でも一番使われている花のようです。ユリの中でもユリの女王と呼ばれるカサブランカは人気があり、香り豊かで優雅な姿は遺族を癒す力があるとしてよく葬儀で使用されます。ただ花粉がつきやすいため、お花屋さんに花粉を取り除いてもらった方が良いでしょう。

カラー

■花言葉「清純・清浄」
カラーはすっきりとしたフォルムが特徴の花でカラーを使ったアレンジは上品な印象を与えます。白いカラーだけでなく、淡い黄色のカラーを使う事で控えめな華やかさを演出できるため、枕花として使われる事も多いようです。

■花言葉「高貴・高潔」
菊は供花として使われる花の定番で、一番人気のある白いユリとのコンビネーションが良いためよく使われます。また菊は持ちが良い花としても知られ枕花としても使用されます。その中でもピンポンマムと呼ばれる丸いフォルムで少し黄緑がはいった菊は人気で、ピンポンマムが入るだけで柔らかな印象に仕上がります。

カーネーション

■花言葉 「母への愛」
母の日に贈る花としても有名なカーネーションはその花言葉通り、お母さんへの愛を示す花です。亡くなったお母さんや義理のお母さんへその感謝の気持ちを込めて供花にカーネーションを使う方も多いようです。カーネーションも持ちが良い花で色のバリエーションも多く、特に淡いピンクのカーネーションと白いカーネーションのアレンジは人気があるそうです。

トルコキキョウ

■花言葉「永遠の愛」
トルコキキョウは一つの茎から何本も花が咲き、柔らかな花びらが上品さを醸し出す花です。色も白や紫、淡いピンクなど供花に向いている人気の花です。花言葉からもわかるように永遠の愛のシンボルとして故人を偲ぶ気持ちを表しています。また紫色のトルコキキョウは高貴な色として使われることで知られ、葬儀の格式高さを演出します。

花で気持ちを伝えよう

花には人の気持ちを伝える力、そして人を癒す力があると思います。その中でも供花は故人を偲び、お世話になった感謝の気持ちを伝えるだけでなく、遺族の方々の心を慰めるものとなります。まずは残された遺族の方々の意向を尊重し、マナーを守って悲しい心に負担をかけないようにする事が大切だと思います。

美しい花や故人の好きだった花に囲まれて最後のお別れをするのは、故人を敬い遺族の心に寄り添う事だと思います。突然の訃報にあわてずに最後まで礼を尽くして花で気持ちを伝えましょう。今回ご紹介した供花の相場や守りたいマナーを参考にしていただけたら幸いです。

※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。