FXの練習ならバーチャルから始める!おすすめデモトレード13選

FX(外国為替証拠金取引)ビギナーの皆さんは、まずバーチャルから始めてみましょう!バーチャルのFXとは何か?FX会社が提供するバーチャルのFX(デモ取引)の特徴をまとめてみました。これを見てどのFX会社にするか、考えてみませんか?



FXにバーチャルがあるって本当?

「FXを始めよう!」

そう思ったとき、「怖い」と思う方も多いのではないでしょうか。FX、つまり外国為替を売買することで利益を出すことを目的とした取引。FXは実際の自分のお金を投資するのですから、入金したお金が全てなくなる可能性だってあります。怖いのは当たり前ですよね。また自分のFXの実力もどのくらいあるか分からないのに、ギャンブル性が高いといわれるFXを始めること自体が怖い方もいるでしょう。

そういった方はどうすればいいのでしょうか。実はFX各社はそういった方のためにバーチャルのFX(デモ取引)というものを提供しています。FX会社にもよりますが、基本的にはレートもチャートもロスカットもレバレッジもその会社の運営している本物のFXと同じというところも多いです。

バーチャルのFXと本物のFX、ただ一つの違いは自分のお金を使わないこと。仮想通貨を利用して、売買する点です。

バーチャルのFXは実際のFX同様、外国為替を売買します。画面上ではお金が儲かったり、損をしたりしますが、実際の自分のお金には影響はしません。「FXを始めたい!でも怖い!」という方は、バーチャルのFXでまずFXがどういうものか、実際に疑似体験してみるのが個人的におすすめです。



バーチャルFXで10万円がもらえる?

FX各社が提供しているバーチャルのFX。たくさんあるので、どこの会社で始めるか迷いますよね。基本的に画面は通常のFXと同じ会社も多いので、バーチャルのFXを皮切りに実際のFXを始めようという方は口座開設予定のFX会社をまずは選ぶといいでしょう。

しかし参加費無料でキャンペーン期間中などは上位になると商品ももらえる会社があるのが、バーチャルFXの特徴でもあります。使用予定外の会社でもバーチャルのFXをしてみるなど、複数の会社を登録するのもおすすめです。

13社のバーチャルFXを比較しよう!

13社提供のバーチャルのFX、その現在の特徴を下記に記してみました。よろしければご覧ください。

<バーチャルFX比較>
【1】DMMFX DEMO(DMM.com証券)…参加費:無料/仮想資金500万円/キャンペーン:有り※1位:商品松坂牛30万円相当プレゼント・上位2000名:松坂牛3,000円相当以上プレゼント有り(キャンペーン期間:2015年10月12日~2015年12月12日)/特徴:キャンペーン期間外は50万円未満になると仮想資金が自動的に500万円増額される。

デモ取引でチャンピオン牛争奪バトル!!総額1,000万円総勢2,000名様に必ずもらえる!! – FX/CFD取引のDMM.com証券
参照元:DMM.com証券(2015年11月、著者調べ) 【2】バーチャルFX(外為どっとこむ)…参加費:無料/仮想資金500万円/キャンペーン:有り※1位:現金10万円・上位10名:プレゼント有り(キャンペーン期間:2015年11月30日~2016年2月20日)/特徴:3ヶ月ごとにコンテストキャンペーンを実施。何度でもコンテストに参加できる。

コンテスト概要|バーチャルFX
参照元:外為どっとこむ(2015年11月、著者調べ) 【3】デモトレードFX1(セントラル短資FX)…参加費:無料/仮想資金500万円/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:仮想資金がなくなると取引不可になる。

デモ取引|FXなら安心と信頼のセントラル短資FX
参照元:セントラル短資FX(2015年11月、著者調べ) 【4】SBIFXa デモ取引(SBI証券)…参加費:無料/仮想資金:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:申込月の月末まで使用可能。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−
参照元:SBI証券(2015年11月、著者調べ) 【5】新FXネオデモ取引(GMOクリック証券)…参加費:無料/仮想資金:10万円~9,999万円の間で任意設定/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:登録から1カ月間使用可能。

GMOクリック証券 – 新FXネオ デモ取引 | FXネオ | サービスガイド
参照元:GMOクリック証券 (2015年11月、著者調べ) 【6】無料FXデモ体験(外為オンライン)…参加費:無料/仮想資金:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:登録から1ヶ月間使用可能。

FXデモ体験|FX|外為オンライン FX取引 − あなたの為の、外為を。
参照元:外為オンライン(2015年11月、著者調べ) 【7】LIONFXデモ取引(ヒロセ通商)…参加費:無料/仮想資金:自分で入金可能。上限など不明/キャンペーン:なし/特徴:通常1万通貨単位からの取引が多いFX会社ですが、こちらは1,000通貨単位からの取引が可能。登録から3ヶ月間使用可能。

LION FXデモ取引|ヒロセ通商株式会社
参照元:ヒロセ通商株式会社(2015年11月、著者調べ) 【8】外貨exデモ体験(YJFX!)…参加費:無料/仮想通貨:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:登録から30日間使用可能。

外貨exデモ口座│FX・外国為替「外貨ex」|YJFX!
参照元:YJFX!(2015年11月、著者調べ) 【9】FX PLUS デモ取引口座(マネックス証券)…参加費:無料/仮想通貨:100万円・500万円・1,000万円から選択可能/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:登録から30日間利用可能。

FX PLUSŒ”
参照元:マネックス証券(2015年11月、著者調べ) 【10】FXブロードネット デモ取引口座(FXブロードネット)…参加費:無料/仮想通貨:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:特になし

FXブロードネット|デモ取引無料体験
参照元:FXブロードネット(2015年11月、著者調べ)

FXブロードネット|取引要綱
参照元:FXブロードネット(2015年11月、著者調べ) 【11】FOREX.com デモ口座(FOREX.com)…参加費:無料/仮想通貨:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:1,000通貨から取引可能。利用可能期間は30日間と90日間がある。

FOREX.comの特徴|無料デモ取引|FOREX.com(フォレックス・ドットコム)
参照元:FOREX.com(2015年11月、著者調べ) 【12】Trading Station デモ口座(楽天証券)…参加費:無料/仮想通貨:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:登録から1カ月利用可能。

FX | デモトレード | 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)
参照元:楽天証券(2015年11月、著者調べ) 【13】ライブスターFX デモトレード口座(ライブスター証券)…参加費:無料/仮想通貨:不明/キャンペーン:なし(2015年12月著者調べ)/特徴:スワップポイント(金利差)は実際のFX口座とは異なる。

ライブスターFX デモトレード口座
参照元:ライブスター証券(2015年11月、著者調べ) キャンペーンだけを見ると3ヶ月ごとにコンテストを行っている「バーチャルFX(外為どっとこむ)」が突出して条件はいいと個人的には思います。特にこちらは未成年の参加も可能なため、ご自身のFX体験目的だけでなく、お子様に経済感覚を養う目的で挑戦させてみてもいいかもしれません。思春期を超えると会話も減りがちなご家庭も多いかと思いますが、一緒にコンテストに参加することで会話が増える可能性もありますよね。

また「新FXネオデモ取引(GMOクリック証券)」は仮想資金が10万円~9,999万円までで、1万円単位で設定が可能です。500万円などFX会社に決められた仮想資金以外で始められるため、実際に行う予定の資金も設定できます。実際のFX取引を想定しやすいのではないかと思います。

バーチャルFX、やめるのはいつ?

「バーチャルのFX、まだ1カ月だけど100万円利益を出せた!もうバーチャルのFXをやめて、実際のFXに移行しても大丈夫かな?」

そういった声をよく聞きます。バーチャルのFXのデメリットとして、「バーチャルのFXから実際のFX取引に移行するタイミングを逃しやすい」という点があります。実際のFX取引に移行するタイミングを逃しそうな方は1カ月のみ使用可能、など使用期間に制限があるFX会社を最初から選ぶといいかもしれません。1カ月で短いようでしたらFX会社として有名なLIONFXが個人的にはおすすめです。LIONFXデモ取引(ヒロセ通商)の場合は期間が3カ月と1カ月より長いので、ちょうどいいかもしれません。

バーチャルでの実力は実際と同じ?

さて、バーチャルのFXで利益をだすともう1つ疑問が浮かぶかと思います。

「バーチャルのFXで1カ月で100万円の利益を出した!…ということは、同じ元手資金で始めたら同じように利益を出せるの?」

こういった疑問です。しかしこの答えはNOの可能性もあります。実際にバーチャルのFXで多額の利益を出した方が実際のFXをして全く利益を出すことが出来なかった、という話をよく聞きます。なぜ利益を出せなくなるのでしょうか?

なぜバーチャルと同じじゃない?

個人的にはバーチャルのFXでうまくいくのに、実際のFX取引では上手くいかない原因は精神面が大きく関係していると思います。

元手資金(保証金)100万円という同様の条件で始めたとしても実際に含み損が30万円となったときの気持ちはだいぶ違うでしょう。FX会社にもよりますが、元手資金(保証金)の維持率が20%~30%になるとロスカットといわれる強制決済が行われます。そうすると元手資金(保証金)が100万円から一気に20万円や30万円に減ってしまいます。怖いですよね。FXで利益を出すどころか大損です。

そこで損ぎりと呼ばれる負けを最小限に抑えるために、損失が出ているにもかかわらず決済する手段をとるかどうかを検討します。

バーチャルFXの場合の心理は?

ここでバーチャルFXのときは、仮想資金ですから含み損が30万円になっても損ぎりは「まぁ、しなくていいかな」と考える方も多いのではないでしょうか。含み損30万円でも今後の為替変動で、利益10万円などこれから利益が出る可能性も十二分にあるのですから。

実際のFX取引での心理は?

しかし、実際の資金を運用してのFX取引となると、非常に慎重になる方が多いのではないでしょうか。損ぎりを選択する方も多いでしょう。これは当然のことだと個人的には思います。損ぎりをすると30万円資金がなくなり100万円が70万円になります。しかし、損ぎりをせずにロスカットで20万円や30万円になるよりはましでしょう。



どういう取引を心がけたらいいか?

上記の心理状態での取引、どちらが正しいかというのはその後の相場の動きを見てみないと分かりません。しかし、こういう心情の変化によってもたらされる行動の変化は、バーチャルFXと実際のFX取引の間では起こりえます。そして、それが「バーチャルFXで利益を出していたにもかかわらず実際には損失を大幅に出す」ということに繋がるのだと個人的には思います。

それでは、バーチャルFXと実際のFXで差を出さないためにはどうしたらいいでしょうか。

バーチャルFXを最大限活用しよう!

「実際のFXもバーチャルFXと同様に損ぎりをあまりしない気持ちで取引すればいいの?」

こういった疑問も持つ方もいるでしょう。しかし、その答えはNOだと個人的には思います。もちろんそれこそギャンブルのように実際のFX取引でも最大限である25倍のレバレッジをかけ、「元手資金(保証金)を失ってもかまわない」という気持ちで行うならそれも正解かとは思います。

しかし、家庭をお持ちで投資目的の1つとして行うなら、やはり出来る限り安全に利益を出すことを目標にすることをおすすめします。バーチャルのFXをコンテストキャンペーン上位入賞目的ではなく、実際のFX取引を体験したくて行うのであれば、実際と似た運用をされるのがやはりおすすめといえます。

バーチャルFXを始めよう!

FXは1年で9割がやめる、といわれています。元手資金(保証金)に対して大量の通貨を動かすハイリスクな取引をすると一瞬で大幅な利益が出る反面、一瞬で大損をするのがFXだからかもしれません。

バーチャルのFXはその体験を自分のお金を失うことなく出来ます。ハイリスクな取引、ローリスクな取引、色々とバーチャル上で試して、自分なりの運用方法を確立してみるといいでしょう。面白い体験ができると思います。

またFX会社では無料セミナーを主催しているところもあります。バーチャルのFXを体験したら、こちらにも参加して知識を深めてみるのもいいのではないでしょうか。 ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。