JALに乗るならクレジットカードはJALカードに決まり!徹底的に使い尽くそう!

JALに乗る人ならJALカードは必携のクレジットカードです。ショッピングでマイルを貯めて、貯めたマイルで旅行をするのはもちろんのこと、JAL系列のお店で割引で商品を購入できたり、とメリット満載。ここでは、JALカードを隅々まで使い尽くす方法をお知らせします!



基本のJALカードのポイントをおさらい

JALカードの基本は、カードを使うことで200円につき、1マイルがもらえるというものです。

・マイルを2倍にする方法(その1)
200円につき、1マイルというのはそれほどいい交換率ではありません。そこで、年会費3,240円(税込)を払うことでショッピングマイル・プレミアムというのに入会すると、100円につき1マイルがつくようになります。2倍のスピード!年会費3,240円は高いな、と感じるかもしれませんが、下記の方法であらゆる支払いにJALカードを利用することで得られるマイルを考えると、これは払ったほうがお得と言えます。

・マイルを2倍にする方法(その2)
さらに、特約店というものがあり、そこでの買い物は2倍のマイルがつくというサービスがあります。これは、上のショッピングマイル・プレミアムと併用できるため、ショッピングマイル・プレミアムに入会し、さらに特約店で買い物をすると4倍のスピードでマイルが貯まるというお得なサービスです。

それなら、同じものを買うなら特約店がお得というもの。例えば、ショッピングマイル・プレミアムに入会し、JALで航空券を購入すると、特約店のため100円で2マイルが貯まります。さらに搭乗することで、搭乗マイルも貯まり、各段にスピードが上がります。

買い物の前には、JALカードのサイトで特約店をしっかりチェック。それがマイル長者への近道です。

搭乗時にはマイルのボーナスが

さらに、入会後に最初に搭乗する時には1000マイルのボーナス、毎年初回の搭乗時には1000マイルのボーナス、さらに搭乗ごとにフライトマイルの10%のマイルが付きます。

JALのマイルを貯めようと考えているのなら、年に1回はJALのフライトを利用するはず。このボーナスマイルは無視できません。

JALカード – ショッピングでマイルをためる
参照元:JALカード(2015年12月時点、筆者調べ)

JALカード – マイルが2倍たまる特約店
参照元:JALカード(2015年12月時点、筆者調べ)



JALカードを使い倒そう!

上に書きましたショッピングマイル・プレミアム入会や特約店利用というのも、マイルを貯める近道の一つですが、他にもやれることはたくさんあります。それを下記に書いてみたので、まだ試していないものは早速チェックしてみましょう。

どうせ持つなら…

どうせJALカードを持つのであれば、頑張ってCLUB-Aカードを持つことをおススメします。

JALカードの年会費は1年目は無料ですが、2年目以降2,160円かかります。それに対し、CLUB-Aカードは10,800円の年会費。そんなに高いのはちょっと…と思われるかもしれません。

しかし、CLUB-Aになると毎年の初回搭乗ボーナスが2000マイルとなり、フライトマイルは25%増となります。

普通カードに比べ初回搭乗が1000マイル違うのはかなり大きいです。ショッピングで貯めることを想定すると、20万円カードで使わなければなりません。特約店利用でも10万円。それであれば、約8000円の差は大きくないのではないでしょうか。

何度も旅行をする方には、フライトマイルの25%増しも無視できない魅力です。

この他、カード付帯保険の補償金額も上がりますから、十分元が取れると思います。

JALカード – カードの種類
参照元:JALカード(2015年12月時点、筆者調べ)

家族プログラムを活用しよう!

家族プログラムは、家族のマイルをまとめて特典交換できるJALカード会員限定のサービスです。

これをなぜ勧めるかというと、マイルをもれなく利用するのに強力な武器となるからです。JALのマイルは36カ月で有効期限が切れてしまいます。なかなか特典交換に必要なマイル数に達しないまま期限を迎えるのは、なんとももったいない。でも、この家族プログラムに入ることで家族がそれぞれ貯めたマイルをまとめて利用することが可能になるのです。

例えば、家族3人がこのプログラムに入り、皆が中途半端にマイルを持っていたとします。帰省の準備の時期になり、皆のマイルをまとめたら一人分の特典航空券に相当する分まで貯まっていた…なんてことはよくありそうではないですか?そうしたら、一人分の帰省旅費が大幅に削減されることになります。有効期限に一番近いマイルから使ってくれるので、うまく利用すればもれなくマイルを活用することができます。

こんなにお得な家族プログラムは登録手数料無料。でもJALカード会員しか利用することはできません。カード年会費にこの利用料が入っていると思えば、年会費も安いかも?!

JALカード – JALカード家族プログラム
参照元:JALカード(2015年12月時点、筆者調べ)

生活のすべての場面でJALカードを

マイルを貯めたいからと言って、消費を増やすのは本末転倒。すなおに航空券を買った方が安上がりです。

ですから、生活の中で必ず発生する支出にJALカードを利用するようにしましょう。例えば、

・公共料金の支払い
最近では、公共料金の支払いにクレジット・カードが利用できます。必ず発生する支出ですから、この効果は絶大!知らず知らずのうちにマイルが貯まります。

・スーパーやコンビニでも
最近では、サインレスやICチップ化による暗証番号方式により、少額でもカードを利用することに抵抗感がなくなってきました。ですから、日々のスーパーやコンビニでの支払にも躊躇なく使ってみましょう。食費は必ず発生する支出ですから、これもまとまると大きな金額になります。コンビニでは数百円の支出が多いと思いますが、ファミリーマートはJALの特約店です。わずかの金額でも遠慮せず利用しましょう。

・定期券の購入に
通勤・通学で必ず発生する交通費。これもできればJALカードで払いたい。JALカードの中には、JRのビューカード、東急のTOP&Club Q、小田急のOPクレジットと提携しているカードもあります。このような鉄道沿線にお住まいの方なら、これらの提携カードにすれば必ず発生する定期券の購入やオートチャージの度にマイルが貯まります。しかもこれら鉄道会社が提供するサービスの利用にもマイルと提携サイドでのポイント加算があったりして、お得度倍増!使わない手はありません。

この他、私は国民年金保険料も1年前納でJALカードで支払っていますし、食事会の精算時に皆さんの分もまとめてお支払…なんてこともたまにします。ただこれは同じことを考えている人もいたりするので、自分が幹事の時のほうが無難かもしれませんね。

JALカード – ショッピングでマイルをためる
参照元:JALカード(2015年12月時点、筆者調べ)

貯めたマイルをもれなく使おう!

貯めたマイルをすべて使い切ってこそ、その経済的恩恵を享受することになります。有効期限をチェックしながら、いろんな方法でマイルを活用しましょう。

やっぱり特典航空券が一番

経済的なおトク度からいったら、やはり特典航空券でしょう。東京~沖縄間通常期なら15,000マイル、ディスカウント期なら12,000マイルから利用できます。たくさん貯まった時など、ビジネスクラスで海外に行くのはどうでしょうか?何十万円もするビジネスクラスをマイルで利用できたら、こんなにおトクなことはありません。

繁忙期や人気路線は席が確保しにくいという難点はありますが、うまく利用できたら一番大きなメリットを得られます。

JALマイレージバンク – フライトでつかう
参照元:JALマイレージバンク(2015年12月時点、筆者調べ)

e JALポイントもかなり使えます

最近特典航空券の予約が難しくなってきたので、私がよく利用するのはこちらです。10000マイル=15000 e JALポイントで交換し、このポイントでJALパックのツアー代金に充当して活用しています。残高はもちろんJALカードで支払い。この場合、特典航空券と違って搭乗によるフライトマイルは普通に付きますから、使ってもまた貯まるの繰り返しになります。その他、通常の航空券の購入に充てることもできます。

交換率も悪くないですし、最低10000マイルから交換可能としても、JALカード会員の場合3000マイルから交換可能といったキャンペーンも行われることがあります。

JALマイレージバンク – e JALポイント特典
参照元:JALマイレージバンク(2015年12月時点、筆者調べ)

旅行以外にも…

その他、電子マネーや提携先のポイントへ交換できる特典もありますが、あまり交換率が高くないのでこれは有効期限切れでマイルが失効するのを避けるための最終手段としたいところです。ほとんどの場合、最低10000マイル必要ですし、2000マイルから利用できるサービスもありますが、自分にとっていつも必要なものがあるとは限りません。

やはりマイルを貯めるのは旅に使うため。これら他のサービスの活用のためであれば、例えば女子的にはデパートのクレジットカードのほうが断然還元率がいいのでおススメと言えます。

JALマイレージバンク – その他のJMB特典への交換
参照元:JALマイレージバンク(2015年12月時点、筆者調べ)



まとめ

ここまで書いてきて、マイルをこまめに貯めている人ってきっと貯金も好きなタイプなのではないか、と思いました。コツコツこまめに…貯蓄と同じです。増えたマイルを見て、にんやりと喜ぶのも、残高が増えた通帳を見て喜ぶ心理と共通しているように思います。それに、こんなに支出をカードで行ったら、残高をきちんと管理しておかないといけませんから、家計管理もしっかりしているはず。

旅が好きで、旅にお金を使いたいというのなら、このマイルを貯める要領でお金の管理をしてみましょう。好きこそものの上手なれ、でお金を貯めるのも好きになれたらしめたものです。

なお、JALカードの特典やマイレージ特典などは細かいルールが多く、頻繁に変更も行われますので、活用時にはそれらの変更点などにも注意してくださいね! ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。