【借金する人】よくあるパターンと返済方法を解説

色々な事情で借金をせざるをえなかった人、どの位いるでしょうか。住宅や車のローンではなく目先だけの私利私欲、自分を見失いがちな借金をしてしまった人、するかもなんて人は確認事項として一度立ち止まって見て下さい。



借金をする人の特徴は?

金銭感覚のズレ、プライドが高い、見栄を張ってしまう、理由はさまざま。

冒頭の通り、借金をする人は自分の生活レベルを的確に把握していない可能性が高いように思われます。収入よりも大きな支出を繰り返してお金を借り、最終的に返せば良いと安易に捉えていると金額が膨れ上がり、返済が厳しくなる事で延滞が発生しやすくなるでしょう。それを大事とは思わない鈍い感覚、責任感のなさが問題のように思われます。

金銭感覚のズレ、正しくお金を扱う知識や常識を持っていない行動は果たしてどのようなケースをいうのでしょうか?借金をする人の傾向を一例として考えてみたいと思います。



ケース1:ギャンブルにハマる

パチンコ、競馬などギャンブルにのめり込んでしまう

仕事帰りに、営業の合間に、授業が終わった後に、などパチンコ屋さんは老若男女が集まる娯楽施設です。競馬場にも、G1レースなど大きなレースがある場合は沢山の人が競馬場に来て年齢層も幅広く見かけることでしょう。

ギャンブルに対して熱中しすぎると、勝つか負けるかだけではなく掛け金が増えるか損失かの勝負事ですから掛け金が大きければ大きい程熱が入り、のめり込みやすい傾向となります。更にはその感覚を渇望するようになり自分自身を見失いやすくなる事でしょう。

「ギャンブル依存症」という言葉がある通り精神疾患の一つと言われています。過去に多少なりともギャンブルで大きなお金を得た人は、その感覚を忘れられず負け続けてもまた勝って一気に返せば良いという思考回路に陥りやすい傾向になると考えられます。ですが繰り返し借金をする人が例え大金をギャンブルで手に入れたとして、きちんと返すかどうかといえば疑問が残ると思われます。

ケース2:ショッピングでカード支払い地獄

今欲しいし、次回の給料で支払えばいいや!

便利なクレジットカード。今持っていない人の方が少ないのではないかと思う位現代社会には普及しています。様々なお店と提携、ポイント付加でお得感を謳っています。また海外旅行の際には必須と言っていいほどですよね。

カードを賢く使い、きちんと支払いをしている人は沢山います。ですが自分の支払能力範囲を超えタイトルのように「次回の給料で支払えば良い」もしくは「今欲しいから買ってしまう」という考えで繰り返しているとまるまる給料を支払いに充てる事になります。もしくはそれ以上も。

次第に給料ひと月分でも払えなくなり翌月に支払持ち越し、延滞損害金などの利子がつき支払い額が膨れ上がってきます。更に怖いのは、数枚カードを持っている人は手持ちのカードを駆使してキャッシングやローンを繰り返し自分自身の経済力では身動きが取れないほどの借金を抱える事になります。

買い物依存症という言葉を聞いた事があると思います。主にストレス発散手段として満足感や快楽を得て買い物を続ける事により、支払能力の範囲を超えてしまう事でローン地獄に繋がりやすくなるようです。また、クレジットカードが買い物依存症の増加に少なからず関与しているといえるでしょう。



ケース3:他人に貢いでしまった

その人との関係をつなぎとめる為の貢ぎ物。

これは、ちょっと悲しいケースです。例えば好きな人へのプレゼントや高級なレストランで食事をしたりなど出費をかさね、自分の収入を超えているにも関わらず振り向かせたい一心で借金を繰り返して尽くし、見栄を張ってしまう。こんな行動の根底にあるのものは、他人への依存心かもしれませんね。

ですが金の切れ目が縁の切れ目なんて言葉通り、元々プレゼントや食事につられて会う人だったとすれば、そのうち目の前から消えてしまうかもしれません。そして残るのは借金だけ、なんて事も考えられます。

借金を返済出来ない時はどうするの?

「債務整理」という方法があります。

金額が大きくなり返済が出来なくなってしまった、延滞もしているし、催促も来ている。もう自分ではどうしようも出来ない!そんな時はどうしたら良いのか、債務整理をする必要があります。債務整理は下記に分類されています。

●自己破産
●任意整理
●個人再生
●特定調停

弁護士や行政書士等へ相談し、自己破産を除き借金を無理なく返せるように債権者と交渉調整してもらう事です。借りたお金を自己責任で返済できないということですから多少なりとも社会的責任を同時に負う事になります。また、上記種類により手続きの期間や費用なども大きく異なります。

一例として自己破産であれば、借金免除のかわりに信用情報に載ってしまう事で新規の借り入れやクレジットカードが作れない、自己資産の処分ケースもあり(条件あり)、職業や資格の制限等があります。

また任意整理などは裁判所を通さずに弁護士や司法書士が代わりに、債権者と交渉調整をします。催促が即止まり、借入金の利息が免除となったり自己破産のように職業資格制限等はありません。任意整理は借金免除ではなく払いすぎた利息と借金を相殺して借金を軽減するというものです。ですが5年程新規の借り入れやクレジットカードの作成は不可能になります。

ネット上の情報として、債務整理は簡単に手続き出来るなんて謳っているものもあります。借金してもバレすに債務整理、なんて軽々しいような表現も見かける事もありますが債務整理をするということは返済能力がなく、最後の砦として取る手段です。たとえ世間に公にならずとも社会的信用を失うという意味を持っています。

仮に整理後新しい仕事に就く時、コーポレートカード(会社の経費精算などで用いる時などに作成する)を作る必要があったり銀行など金融企業などは採用前に信用情報を参考にしますので、採用出来ないケースもあります。更に日常的なケースだと携帯を新しく購入する際、一括購入以外での購入方法としてローンが組めないなんて事もあるようです。

自己破産・個人再生・特定調停・任意整理それぞれの方法のちがいと特徴:借金整理の基礎知識
参照元:ジャパンネット法務事務所(2016年2月時点、著者調べ)

まとめ:借金をするということ

これから借金をしてしまうかも、なんて人は

今借金をしている方、これから借金をするかもなんて人は、仮に返せなくなった場合はどうなってしまうのか、を先に考えてみませんか?後先考えずに少し位の借金ならいいや、最終的には返せばよい、なんて気持ちで借金をする事は安易かつ危険な考えだと思います。

これから借金して費やすモノに対して、本当に意味のある投資なのかを今一度振り返ってみる事をおススメします。借金に縛られず幸せな人生を送れるよう、冷静かつ適切な判断や選択が出来る強い気持ちが必要なのではないでしょうか。

※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。