スタイを手作りしませんか?赤ちゃんに贈る初めてのハンドメイド

赤ちゃんといえばよだれかけ。最近では「スタイ」と呼ばれ育児になくてはならないグッズのひとつですね。プレゼントなどでよくいただくスタイですが、そんなスタイが簡単に手作りできちゃうんです。何枚あっても多すぎることはありません。妊婦さんのあなたは赤ちゃんが誕生するまでの時間を利用してスタイ手作りに是非挑戦してみませんか!



スタイとはどんなもの!?

赤ちゃんがよだれかけをしている姿は、赤ちゃんらしくてとってもかわいいですよね。日本語では昔からよだれかけと呼ばれていますが、最近では「スタイ」という呼び名ですっかり定着していますね。では、なぜスタイと呼ばれるようになったのでしょうか?一説によると、ベビー用品で有名なベビービョルン社製のプラスチックエプロンを販売する際に「スタイ」と名づけられたのがどうやら始まりのようです。

スタイにもいろいろな素材や形がありますが、赤ちゃんのよだれや食べこぼしなどを防ぐために、日常的に最も使われているのは布製やタオル地のスタイでしょう。

今回は、そんな気軽に手作りできるスタイの作り方をご紹介いたします。赤ちゃんに最初の手作りグッズをプレゼントしてみませんか!



定番!たまご型スタイの作り方

たまご型スタイは、ベーシックな型でスタイの定番ともいえるスタイルです。市販で売られている物もこの型が一般的ですよね。まず初めにスタンダードなたまご型スタイ作りに挑戦してみましょう。

まず材料を用意します。材料はとってもシンプル。自宅にあるものをリメイクしても作れちゃいます。

【用意する材料】

・布またはガーゼやタオル 30cm×30cm 2枚
両面で布の柄を変えるのもおすすめ、また布とガーゼなどでリバーシブルにするのもおすすめです。

・マジックテープ 2cm~3cm角程度
100円ショップで手に入ります。マジックテープは両面テープのものやアイロン接着タイプなどもありますが、赤ちゃんが口に入れる可能性大なので縫製タイプをおすすめします。両面テープタイプなどは裏に糊がついているので針で縫う場合、針が通りにくく、ベトベトしてしまうのであまりおすすめできません。

・糸

【用意する道具】

・型紙
インターネットで無料でダウンロードできるものがあります。他にも育児雑誌の付録などでも入手できます。
・はさみ
・ペン
・待ち針
・針
・ミシン(お持ちであれば)

【作り方】

1.まずはじめに生地にアイロンをかけておきます。生地がしわくちゃのまま作業すると裁断する時や生地を縫っている時に、だんだんと小さなズレが生じることがあり、仕上がりがイマイチになってしまう場合があります。きれいに仕上げるために、まずアイロンがけしておくことをおすすめします。

2.生地に型紙を置き、待ち針で数箇所ほど固定させます。型紙をなぞるようにペンで印をつけていきます。次に型紙から5mm程度外側にペンで印をつけていきます。(縫い代分です)2枚とも同じように用意します。

3.次に型紙から5mm程度外側にペンで印をつけたところを裁断していきます。

4.裁断した2枚の生地を縫い合わせていきます。最後に生地を返すので返し口は縫ってしまわないように注意してください。ミシンを持っている人はミシンを利用するとあっという間です。ミシンを持っていない人でも、スタイは小さいので簡単に手縫いできますよ!

5.2枚の生地を縫い合わせたら、返し口から布を引き出し表にひっくり返します。

6.返し口を綴じます。

7. 最後に首のところで止められるようマジックテープを取り付けます。マジックテープは赤ちゃんが口に入れてしまうかもしれないので、手縫いで仕上げるのがおすすめです。

8.形をきれいに整えたら、たまご型スタイの完成です!

手作りだから大きさも自由自在!

たまご型スタイの作り方をご紹介しました。たまご型スタイは定番の形なので、まずは型紙通りに1枚作ってみて実際に赤ちゃんに試してみるといいでしょう!ママや赤ちゃんの使い勝手によってエプロン部分を大きくしてみたり、首周りなどを調整して2枚目を作成してもいいかもしれません。

また手作りスタイの良さはなんといっても価格です!スタイは小さな物なので、用意する生地も小さく、材料費もわずかしかかかりません。手芸洋品店やネット通販などで生地のハギレが格安で売っていますので1枚あたり200円~500円位で作ることが出来ます。

市販で売られているおしゃれなスタイは1枚2,000円前後はしますので1/10の価格で作ることも可能です。安いですね。

お家にある使っていないハンカチやタオル、着なくなった洋服をリメイクすることも出来るので思い立ったらすぐに作ることも出来ます。

男の子におすすめ!バンダナ型スタイ

お次はバンダナ型スタイをご紹介します。カウボーイ型とも呼ばれ、首元にバンダナを巻いているように見え、とてもおしゃれなスタイです。寒い季節の外出時などは首元も暖かく、実用性とおしゃれを兼ね備えているので出番の多い一枚になりそうですね。

では早速作っていきましょう。

【用意する材料】

・布またはガーゼやタオル 30cm×30cm 2枚
・マジックテープ 2cm~3cm角程度
・糸

【用意する道具】

・型紙
・はさみ
・ペン
・待ち針
・針
・ミシン(お持ちであれば)

【作り方】

1.ダウンロードした型紙に生地を置き、待ち針で数箇所ほど固定させます。型紙をなぞるようにペンで印をつけていきます。型紙は縫い代がない場合もあるので、その場合は5mm~1cm程度の縫い代をつけはさみでカットしてください。2枚とも同じように用意します。

2.裁断した2枚の生地を返し口を除いて縫い合わせていきます。ミシンはとっても簡単に出来ますが、万が一、縫う場所を失敗してしまった場合は、ほどく作業にとてつもない労力を使うので手縫いもおすすめです!

3.2枚の生地を縫い合わせたら、返し口から布を引き出し表にひっくり返します。

4.返し口を綴じます。

5. 最後に赤ちゃんの首のサイズに合わせて、マジックテープを取り付けます。

6.形をきれいに整えたら、バンダナ型スタイの完成です!

バンダナ型スタイをもっと簡単につくるには

バンダナ型スタイいかがでしたか。よだれかけにはとても見えないような、おしゃれでカッコいいスタイに出来上がりますね。

さらにバンダナ型スタイをもっと簡単に作れる方法があるんです!

色柄の違う小さめのハンカチ2枚を縫い合わせてリバーシブルにします。ハンカチの端と端にマジックテープもしくはホックを付けます。三角に折って首につければ、簡単バンダナスタイの出来上がりです!これなら更に簡単に価格も300円程度で出来てしまいます。作成時間も1時間程度で出来あがるので、赤ちゃんのお昼寝中にも作ることができますね。



色々なアレンジで手作りを楽しもう!

いかがでしたか。スタイの手作りをご紹介いたしました。赤ちゃんへのハンドメイドグッズのスタートとしてスタイの手作りはとっても気軽にできるひとつだと思います。

だんだんと慣れてきたら、レースパイピングや赤ちゃんのイニシャルをアイロンプリントしてみたりと、あなたと赤ちゃんだけのオリジナルのスタイをたくさん手作りしたいですね!