車検の法定費用は逃れられない!?削減する唯一の方法はコレ!

車検が近づくと、いつも同じ所に頼んでいますか?あるいは今回は違う所に頼んでみようと考えていますか?そんなときは当然車検費用も比較すると思います。比較にあたって、どこに頼んでも必ずかかる費用があるなら、まずはそれを把握しておきたいもの。車検における法定費用とは何なのでしょう?



まずは車検費用について

法定費用とそれ以外

車検にかかる費用は大きく二つに分かれます。一つは法定費用と呼ばれる必ずかかる費用。もう一つは車の状態や、車検を行うディーラーさんや車検屋さんなどの個々の販売店によって異なる費用です。

法定費用は、下記の三つになります。

・自動車重量税
・自賠責保険料
・登録・申請手数料

これに対し、それ以外の費用としては
・点検整備料
・車検代行料
・部品交換の部品代・作業代等

などが主なものとして考えられます。点検整備料はよく法定24カ月整備点検などと記載されています。車検と定期点検は別物ですが、2年ごとの車検と24カ月点検はタイミングが同じなので同時に行われることになります。

車検の種類

車検は新車購入から3年後で、それ以降は2年ごとに行います。車検の時期が迫ってくると、購入したお店から連絡が来るので、そのまま車検もお任せしている人も多いと思います。あるいは近所で看板を見かけたり、ガソリンスタンドで取次いでくれたりするので、車検屋さんを見つけるのは比較的容易だと思います。車検には点検等を含めてお任せするものを含め、次のように分かれます。

・民間車検:定期点検・整備なども含めて販売店やディ―ラーなどを通じて行う
・ユーザー車検:車の所有者が自ら車検を行う
・車検代行:運輸支局の検査を代行してもらう

車検は自分で出来るの?

ユーザー車検や車検代行は、最近話題になっています。車検は専門の人にお願いしないと出来ないものと思っている人もいますが、使用者の人が直接自分で運輸支局に車を持ち込み車検を受けることができます。

運輸支局によっては、ユーザー車検の手続きを丁寧に説明してあります。ぜひ参考にして下さい。
その場合は車検費用として負担するのは法定費用だけになります。それは魅力ですね。

手間暇がかかるとはいえ、車検の費用が安くなるならトライしてみたいですね。また法定費用は必ずかかる費用ですから、それだけで車検が無事完了になるなら納得感も高いはず!そのためにも、車検にかかる法定費用については、しっかり把握しておきたいものです。

最近では、自動で計算していくれるサイトもあります。自分の車の車検証を見ながら入力するだけなので、法定費用は簡単にすぐにわかります。

岩手運輸支局ホームページ ユーザー車検案内
参照元:岩手運輸支局(2015年12月時点、著者調べ)

それ以外の費用

法定費用以外の費用とは、具体的に何なのでしょう?これは頼んだお店によって、名称や呼び方が様々ですが、主に以下が加わることになります。

・24カ月点検・整備代
・車検代行料

もし不具合や交換時期にきてる部品がある場合
・部品代
・部品交換作業代

新しいうちは部品交換はあまり発生しませんが、年数を経過するにつれて色々と交換することになります。オイルを始めとしてバッテリー、ブレーキパッド、ワイパーのゴムなど消耗品の交換が主ですが、5年10年と経過するとそれ以外のものの交換も出てくるでしょう。

車の点検等は、やはり専門の人にお願いしたいという人は費用を払ってメカニックの人に見てもらうことになります。車検代行料は、持ち主に代わって運輸支局等に車を持って行き、検査を受ける費用です。要は部品代以外は、ほとんど人件費となります。



法定費用は三つです

1,自動車重量税

結局、法定費用とは税金、保険料、手数料の三つになります。税金は自動車重量税、保険が自賠責保険、手数料が検査・登録手数料となります。ここからひとつずつ内容を見ていきましょう。

まずは自動車重量税です。名前のとおり自動車の重さを基準に額が決められる税金です。重くなれば税額が上がります。

重量税は0.5t単位で金額が決められています。エコカー減免適用なしエコカー以外で13年未満車で見てみましょう。0.5tまでが8,200円、1.0tまでが16,400円です。重さに比例しています。

自動車重量税・税率早見表(エコカー減免適用なし)
参照元:国土交通省(2015年12月時点、著者調べ)

重量税にはエコカー減税が適用されるかも

ここで気になるのが、「エコカー減免適用なし」という点です。これはどういう意味なのでしょう?平成27年5月1日に新しくなった自動車重量税を見てみると「エコカー減免適用なし」だと税額が高くなっていることに気が付きます。

という事は、エコカー減免の適用を受けると、税金が軽減するのですね。大きく「エコカー減免適用」と「エコカー減免適用なし」の二つに区分されています。「エコカー減免適用」は更に二つに、「エコカー減免適用なし」は更に五つに分けられ全部で7区分あります。

新車で購入して「エコカー減税適用なし」のエコカーの重量税は、0.5tで5,000円です。これがエコカー減免適用あり」だと2,500円、もしくは免税という事で税額ゼロです。1.0tの場合は10,000円だったものが5,000円、もしくは免税です。

ちなみに「エコカー減税適用なし」のエコカー以外、すなわち従来型のガソリン車だとどうなるのでしょう?0.5tの場合は、新しいもので8,200円、13年経過すると10,800円か11,400円、18年たつと12,600円です。古くなるとドンドン上がっていくのですね。

こうしてみると、自動車重量税はクルマ選びで変わることになります。適用になれば負担が随分と軽くなります。エコカー減税のおかげで随分と新車が購入しやすくなっていると言えるでしょう。

このエコカー減税は、期限があります。平成29年4月30日までだそうです。自動車重量税は、車検のときだけではなく、新車購入時にもかかります。ですからそろそろ新車購入のタイミングだったら、ぜひ頭に入れておきたいですね。



2,自賠責保険料

車検の法定費用の二番手は保険です。よく「自賠責保険」と呼ばれていますが、正式には「自動車損害賠償責任保険」と言います。これは強制保険で、車を所有する人は必ず加入することになります。車検のときにその保険料を支払う訳です。

自賠責は、万が一事故が起きて損害を受けた人がいた場合、最低限の保証をしてくれます。対人に限定ですが、死亡に対して最高3,000万円、後遺症に対して最高4,000万円が支給されます。

自賠責は損害を受けた人の立場にたって作られた最低限の救済策です。ですから自賠責に加入していないと
・法律等により処罰されます
・車検が受けられません

自賠責保険(強制保険)|三井住友海上
参照元:三井住友海上(2015年12月時点、著者調べ) 三井住友海上オフィシャルサイト。自動車保険、火災保険、傷害保険などを取り扱っています。このページでは、自賠責保険(強制保険)について紹介しております。

自賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料はいくらぐらいなのでしょう?日本損害保険協会では、住んでいる地域や保険期間によって試算ができるようになっています。

沖縄や離島以外では、保険料は同額です。例えば乗用車の場合は、3年で39,120円、2年で27,840円でした。一カ月で換算すると1,100円前後ですね。こちらは車の重さや年数など関係ありません。

ちなみに自賠責保険は強制なので必ず加入しなければなりません。ただ損害を受けた人を守るための最低限の保障なので、もう少し手厚い保障を望む人のために任意保険というのもあります。任意保険では、強制保険がカバーしきれなかった部分を補ってくれます。

例えば自賠責は損害を受けた人だけに限定されていますが、任意保険では物も対象になります。また、自賠責には保障額に上限がありますが、任意ではそれ以上の保障が可能になります。

自賠責保険に加入するときに、任意保険の相談もすると良いでしょう。

日本損害保険協会 – SONPO | お役立ち情報 − 損害保険の解説 − 自賠責保険
参照元:日本損害保険協会(2015年12月時点、著者調べ) 損害保険会社の事業者団体、一般社団法人 日本損害保険協会のサイト。損害保険業界のニュースをはじめ、損害保険の基礎的な知識や統計、防災・防犯・交通安全に関する情報が満載。

3,検査・登録申請手数料

車検で必ずかかる費用の三番目は、検査申請手数料と登録申請手数料です。車検は、全国の運輸支局等で行われ、車の保管場所によって運輸支局は決まります。手続きとしてまず「登録申請」と「検査申請」を行います。手数料は、運輸支局で収入印紙で支払います。

登録・検査手数料一覧
参照元:一般財団法人関東陸運振興センター(2015年12月時点、著者調べ) 手数料一覧は登録と検査で分かれています。検査申請の欄を見て気が付くことがあります。「新規検査」と「継続検査」があります。車検は一体どちらになるのでしょう?

新規検査は、これまでにまだ公道を走ったことがないナンバープレートがついていない新車の登録のための検査を意味します。ですから車検は「継続検査」になります。登録においても同じで、「新規登録」は新車で、これまで登録されたことのない車の登録となります。

自動車検査・登録ガイド
参照元:国土交通省(2015年12月時点、著者調べ) 運輸支局は国土交通省の管轄になります。各県ごとに運輸支局があり、いくつかの自動車検査登録事務所があります。例えば大阪の場合は、

・大阪運輸支局:「大阪」ナンバー
・なにわ自動車検査登録事務所:「なにわ」ナンバー
・和泉自動車検査登録事務所:「和泉」ナンバー

になっています。各地の情報は下記のサイトで確かめることが出来ます。

自動車:全国運輸支局等のご案内 – 国土交通省
参照元:国土交通省(2015年12月時点、著者調べ)

費用を圧縮する

何が節約できる?

法定費用は変更不可能なのでしょうか?三つの法定費用のうち、自賠責と検査登録手数料は定額なので変更することは出来ません。でも自動車重量税は自動車の重さや種類によって異なる訳ですから、車選びによって変えることができる部分です。

特に自動車重量税は、新車購入の際にも払うものなので多いか少ないかは気になるところです。

特に今の時期はエコ減税というものがあります。これは従来なかったものですから、この恩恵は大きいです。今の時期、車を購入する方はメリットが大きいと思います。ぜひ活用を考えてみて下さい。

エコ減税には期限があります。特に平成29年4月30日までに新車を購入すると初回の自動車重量税は免税になる上に、最初の車検のときも免税になるのですからこの時期に新車を購入するとメリットは大きいですね。

エコカー減税適用になるには

このように車を買い替えるときが法定費用を削減する数少ない機会となります。もし平成29年4月までに車を購入する予定があるのだったら、早速調べてみましょう。

減税の対象になる自動車について、国土交通省は一覧表を公開しています。国内の自動車メーカーはもちろん、アウディやBMW、メルセデスなど輸入車のメーカーも対象としても含まれています。これだけ選択の幅があると選べそうな気がしてきます。

自動車:減税対象自動車一覧(平成26年3月31日以前に新車新規登録等した自動車) (平成27年5月1日更新) – 国土交通省
参照元:国土交通省(2015年12月時点、著者調べ) また各社のHPを見ると、更に減税対象車種について具体的に掲載されています。対象車の写真はもちろん、どの減税の対象なのか減税率も%で表示されています。重量税だけでなく、自動車取得税の減税対象になっているものもあります。

エコカーは燃費に優れている上に、減税の対象でもある。という事は、ガソリン代が減って税金も少なくなる。これで車の維持費がかなり変わりそうです、ドライバーには嬉しい話です。

法定費用を知って賢く車検

今まで通り車検を頼むとしても、あるいは新たなところを探すにしても、何が必要経費で何が動かせる費用なのかを知ることは大切です。動かせる費用がわかったら、見積もりの交渉が可能になります。

車検の見積もりは、聞き慣れない言葉や細かい項目が多いです。ですから見積もりを項目ごとに検討したくても、具体的にどんな費用なのかイメージが湧かないときもあります。法定費用と部品代以外は動かせる可能性があるので、とりあえずは何が法定費用なのかを把握するのが見積もりを知る第一歩です。

車に詳しいならユーザー車検も検討する価値があるでしょう。そのときは、もし交換部品などないなら、法定費用だけが車検費用になります。

自分の大切な車が二年に一度受ける検査です。結構な金額を払う訳ですから、無駄なく賢く効率的に受けたいものです。そんなときの参考になれば幸いです。