30代のあなたの貯金は平均より上?それとも下?

30代のみなさん、毎月しっかりと貯金されていますか?30代のいち社会人として、実際のところいくらくらい貯金額を持っているのが普通なのでしょうか?今まで現実から目を逸らしていたあなたも、きっといいきっかけになるはずです。普段人には聞けないお金事情、一緒に学んでいきましょう。



30代の平均貯金額

20代はまだまだお給料も低く、海外旅行や習い事など自分への投資にお金を使っていてあまり貯金がない方がほとんどだと思います。ただ30代になるとそういうわけにも行かないかもしれません。将来をしっかりと見据えてお金を貯めておきたいですよね。これから結婚資金・引越し費用・出産費用・子供の学費などなど、どんどん出費が増えていきます。

そんな中一番気にかけておきたいことが「老後資金」ですね。30代の貯金理由のひとつにもあげられています。ちまたでは年金・退職金などが払われなかった時のことを考えると、3000万円ほどあれば安心と言われています。年金・退職金を抜いてとはいえ、結構な額ですよね。今後の多くの出費を考えると、貯められるときに貯めておくのが得策です。まだまだ先の話だからと安心せずに、今のうちから準備しておきましょう。

よく聞く「老後資金3,000万円」の根拠は? 支出と収入から検証してみた
老後資金は3000万必要!とよく言われますがこの根拠はどこでしょうか?実は、この3000万は夫婦で暮らすの場合にかかる必要なお金などの統計から算出されたお金です。なので単身の場合当然この金額も変わっていくので注意が必要です。

平均貯金額と中央値の違いって!?

まずは本題に入る前に、みなさんが驚かれないように平均貯金額と中央値の違いについてご説明しておこうと思います。

「平均額」とは足した金額を人数分で割って算出する方法です。そのため一人だけが巨額の貯金額を持っていれば自然と平均額も引き上げられます。一方、「中央値」とは金額を小さい順に並べた時の中央に来る金額のことです。

例えば、
1. 200万
2. 100万
3. 100万
4. 900万
5. 300万
6. 200万
7. 200万

の場合、平均額は(200+100+100+900+300+200+200)÷7=285万円となります。

中央値の場合は、
1. 100万
2. 100万
3. 200万
4. 200万←中央値
5. 200万
6. 300万
7. 900万

金額の小さい順から並べ替え、その中央に来た金額が中央値となります。この場合は200万円ですね。

このように一人だけがものすごい貯金額を持っていると平均値が高額になり、みなさんががっかりする結果になってしまうかもしれないので惑わされないようにしましょう。

実際の平均貯金額は?

では実際の30代の平均貯金額です。

[単身世帯]
平均値・・・732万円   
中央値・・・350万円

[二人以上世帯]平均値・・・600万円
中央値・・・405万円

※知るぽると「平成24年 家計の金融行動に関する世論調査」

いかがでしょうか?独身の方はだいたい350万円前後、ご家族がいらっしゃる方は400万円前後の貯金があれば、平均的な貯金額ということになります。ご自身の貯金額の方が上回っていてホッとしたという方、現実を突きつけられていてもたってもいられないという方、それぞれいると思います。ただこれは平均です。貯金1000万円の人もいれば貯金0円の人もいる訳です。それに貯金できる金額もそれぞれの年収によっても変わってきますし、この結果によって焦る必要はありません。自分にあった金額をコツコツ貯金していきましょう。「塵も積もれば山となる」ですよ。

各種分類別データ(平成24年) ― 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成19年以降) : 知るぽると
「家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯調査)は、家計の資産・負債や家計設計などの状況についての世論調査です。平成24年の調査結果(単身世帯調査)を紹介します。

各種分類別データ(平成24年) ― 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降) : 知るぽると
「家計の金融行動に関する世論調査」(二人以上世帯調査)は、家計の資産・負債や家計設計などの状況についての世論調査です。平成24年の調査結果(二人以上世帯調査)を紹介します。



みんな毎月いくら貯金しているの?

続いて気になるのは「周りのみんなは毎月いくら貯金できているのか」、また「自分は毎月いくら貯金にまわすべきなのか」、ということですよね。こちらもなかなか人には聞けないことなので、この記事を参考に本格的に貯金を始めましょう。毎月増えていく残高を見るのも楽しみになると思いますよ。

自分が毎月すべき貯金額を調べてみよう

さて、では自分は毎月どのくらい貯金していけばいいのでしょうか。だいたい年収の約10~15%を貯金にまわす人が一番多いらしく全体の約2割を占めているそうです。

それでは30代の年収中央値で見ていきましょう。中央値が年収420万円くらいなので、その10%は42万円。それを12ヶ月で割ると約35,000円です。15%の場合は年間約63万円、月々約52,500円です。ただこれにはボーナスも含まれるので、10%の場合は月々30,000円、年2回のボーナス時はプラス30,000円ずつ。15%の場合は月々45,000円、ボーナス時はプラス45,000円ずつ貯金していくのはいかがでしょう。または月々の貯金が生活する上で負担に感じてしまう場合は、ボーナスをまるごと貯蓄にまわすのも手です。

これを参考に、まずは1年を通して手取り年収の10%〜15%を目標に貯蓄ができるように頑張ってみましょう。

年齢別年収分布(20代30代40代50代)と年収の中央値
まず給与所得者全体の年収の分布を見てみますと、最も多いのが300万円台となっています。 次に多いのが200万円代、それから100万円台と続きます。 つまり現在の日本は年収が少ない人が非常に多くなっているというわけです。 ・・・

年代別貯金総額の平均と毎月の貯金額目安:常陽銀行
気になる貯金総額の平均を年代別に、そして毎月の貯金額の目安をまとめてみました。

毎月効率的に貯金できる方法

毎月貯金をしようと心がけても残高を見れば安心して、ついついあればあるだけ使ってしまう方も多いかと思います。そんな方は自動積立預金を利用しましょう。自動積立に一度申し込んでしまえば、忘れていても自分で何もしなくても、勝手に残高が増えて行きます。ただし当たり前ですが普通預金に残高が足りないと積み立てはできません。ですので給与振込日の直後に積立日を設定しておくと良いでしょう。

また、ボーナス月には積み立てを増額できます。ボーナス額がお給料の2~2.5カ月分なら、ボーナス月は、いつもの積立額に2カ月分をプラスして3倍にしてはいかがでしょう。年間で見ると毎月の積立額×16回分(12+2+2=16)が貯まることになります。

将来の家族のために

いかがでしたか?30代にもなると、みなさん意外としっかり貯金しているということがわかりました。将来のことはわからないしお金は使えるときに使っておきたいという方もいると思います。しかし、子供や孫の結婚式や成人式などのイベントにはやっぱり親、祖父母として少しでもお祝いしてあげたいですよね。また大切な家族が出来た場合、自分がいなくなった後も不自由なく暮らしていけるように少しでも資産を残してあげたいと思うはずです。そうなったときに自分の人生を後悔しないためにも、今のうちから貯金をしておきましょう。お金はありすぎても損はしないと個人的には思いますよ。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。