利用するならケアハウスがお得?!【軽費老人ホーム】の費用

老人ホーム、介護施設と言っても、いろいろあります。その中で、軽費老人ホームとは、どういうところなのでしょう。年老いた親や自分の老後が利用するには、費用がいくらかかるのか、気になるところです。



いろいろある老人ホームと介護施設

どれだけ知っていますか

老人ホーム、介護施設には、いろいろな種類がありますが、どのくらい知っていますか。

有料老人ホーム
・介護付き有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム
・健康型有料老人ホーム

高齢者向け住宅
・サービス付き高齢者住宅
・高齢者専用賃貸住宅
・高齢者向け優良賃貸住宅
・シニア向け分譲マンション

地域密着がた施設
・グループホーム

軽費老人ホーム
・軽費老人ホーム
・ケアハウス

介護保険施設
・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設

老人ホームと言っても、多様化しているのがわかります。

それぞれの特徴

これらの老人ホーム、介護施設は、どのように違うのでしょう。

有料老人ホーム、高齢者向け住宅は、初期費用、月額利用料の一定以上の自己負担が求められます。要介護者を受け入れる介護型、サービス付きの場合は、介護サービス費がかかります。居住スペースは、個室になっており、オプションサービスが豊富です。

軽費老人ホーム、地域密着型(グループホーム)は、自治体からの助成などで比較的費用の負担がおさえられています。居住スペースは、準個室となっています。グループホーム、ケアハウスは、介護サービスを受けられるので、介護サービス費がかかります。

介護保険施設は、初期費用が必要なく、月額費用もおされられます。主に重度の介護者を対象としています。特別養護老人ホームには、個室がありますが、多床室が多いもの特徴です。



軽費老人ホームとは

タイプいろいろ

軽費老人ホームには、A型、B型、ケアハウス(C型)があります。60歳以上の個人、もしくは夫婦のどちらか一方が60歳以上で、家庭や家族の事情で、自宅で生活きない人が対象です。A型、B型は、所得制限があり、月額34万円以上の所得のある方は原則対象外になります。また所得によって月額利用料が変わります。ケアハウスは所得制限がありません。ただし、入居一時金や家賃などが必要になります。

A型は生活障害に応じた生活支援サービスや介護サービスを利用すれば自立した生活ができる低所得者向けの施設であり、B型は食事提供をせず、介護職員も配置されていない、住居に比重をおいた施設です。

またケアハウス(C型)は、所得や家庭環境よりも、安心して生活を営める住まいとして、食事その他の日常生活上必要なサービスを提供しています。もし介護が必要な状態になった場合、施設、地域によっては退去し、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームに移らなければならないこともあります。

軽度の介護レベルであれば介護サービスがうけられますが、軽費老人ホームは、介護保険上は「居宅」、つまり住んでいる家として扱われ、介護サービスを受けるなら、外部の介護保健サービスを利用することになります。だたし、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている施設であれば、特別養護老人ホーム並の介護サービスを提供できる施設もあります。

一般社団法人 全国軽費老人ホーム協議会-全軽協-
参照元:全国軽費老人ホーム協議会(2015年12月著者調べ)

軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準
参照元:厚生労働省(2015年12月著者調べ)

利用するときの費用の考え方

A型、B型の違い

軽費老人ホームの費用は、初期費用、家賃、管理費光熱費などは同じですが、食事提供のあるA型と、食事提供がなく自炊するB型では、食費の分、費用が安くなります。また、介護が必要な場合は、外部の介護サービスを受けた費用の自己負担分を支払います。

月額利用料金は、居室の設備、世帯収入や課税状況によって差がありますが、A型は、6万円~17万円、B型は、3万円~4万円が目安になっています。

初期費用は、保証金として0円~30万円ほどです。つまり、A型、B型共に保証金がかからない施設もあります。保証金は、一般的に不動産契約の敷金にあたり、退去時の居室内の清掃、修繕などの経費、また家賃の滞納分に充てられ、残金は基本的に返却されます。

軽費老人ホームの費用・料金 | HOME'S介護
参照元:HOME'S介護(2015年12月著者調べ)

ケアハウスでは

ケアハウス(C型)では、自立した人を受け入れる「一般型」と、要介護1以上の高齢者を受け入れる「介護型」では、金額は変わってきます。

一般型の費用には、家賃、食費、管理費、光熱費、その他日常にかかる雑費が含まれます。介護型は、一般型の費用に、介護サービス費を加算された金額になります。費用の目安は、一般型は、6万円~17万円、介護型は、16万円~20万円です。月々の利用金額は、その人の年収によって変わってきます。

介護型の費用では、要介護度が高くなれば介護保険費用が高くなり、施設が対応しているサービスの内容によっても介護保険費用が変わるため、自己負担額が変わってきます。

介護型の費用に含まれる、介護サービス費には、以下のものが含まれます。
・個別機能訓練加算 1か月当たり360円
・医療機関連携加算 1か月当たり80円
・夜間看護体制加算 1か月当たり300円
・看取り看護加算 死亡する30日前から加算されるので、一か月看取りを実施した場合、約6,000円

また、初期費用としての保証金ですが、一般型では、保証金が不要の施設もありますが、30万円ほどかかります。介護型では、数十万円から数百万円かかります。この保証金は、A型、B型と同じで、不動産契約の敷金と同じ扱いになります。

ケアハウス(軽費老人ホームC型)の費用・料金 | HOME'S介護
参照元:HOME'S介護(2015年12月)著者調べ

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは|みんなの介護
参照元:みんなの介護(2015年12月著者調べ)



選ぶときは、よく検討して

軽費老人ホームは、ひと月の所得が34万円以下いう所得制限があり、また自立した生活ができることが前提になりますが、自治体からの助成があるため、安く入居できます。1990年以降、軽費老人ホームA型、B型は新設されず、今後はケアハウスの新設、建て替えになるようです。

ケアハウスは軽費老人ホームのひとつですが、所得制限はないため、経済力のある人向けの施設になっています。それでも、有料老人ホームと比べ利用料金が安く設定されています。今後は、有料老人ホームかケアハウスかの選択になります。

民間の有料老人ホームにすれば、サービスや施設の充実度が変わってきますが、入居後の利用料金の安さはケアハウスになります。入居される方の身体の状況や経済状況を考え決めることが大切です。