ふるさと納税【沖縄編】使い道もメリットも沢山な南国がおススメ!

最近よく耳にする【ふるさと納税】。日本の最南の県、沖縄は観光だけでなく、ふるさと納税も様々な寄付の方法があって実はおススメなんです!そんな沖縄にしかない魅力的な寄付の選択肢とメリットをしっかり教えちゃいます。



ふるさと納税やってますか?

昨今では、ふるさと納税だけで家計の食費を賄えている(食費はが0円!)なかたも日本には存在するようです。びっくりしませんか?もちろん、それは少し特別な事例です。しかし、実質食費がタダになるというのはそう嘘ではないようです。

寄付によるお返しの品の中には、お米もありますので、うまく利用すればあなたの家計簿の食費コスパがupするかもしれませんね。すでにされているかたも多いと思いますが、まだのかたは要チェックかもしれません。

ふるさと納税とは、地域による財政格差を埋めるために考えられた国の政策です。制度自体が始まった平成20年はあまり知らず利用者も少ないものでした。しかし、最近ではテレビなども話題が高まり、参加者は年々増えているようです。



ふるさと納税を利用するメリットを3つ

自分にとってメリットがある

詳しい仕組みについては、あとで追って説明しますね。かんたんに言うと5,000円や1万円などの単位で寄付します。寄付した地域からお礼の品が届きます。

実際に寄付した金額5,000円や1万円などを、1年ごとに国に申告します。すると、次年度の住民税が安くなったり、所得税の還付を受けられたりする可能性があります。

申告にあたり確定申告やワンストップ特例制度など、聞きなれない言葉に触れる機会があります。お得なやりくりのために是非クリアーしたいワードです。追ってご説明していきます。

寄付された自治体にとってメリットがある

昨今でも、自分が暮らしている町や村に住民税を払うのが一般的かもしれませんね。この制度は、お世話になっている自分の自治体に支払う住民税を、自分が暮らしていない他のエリアに支払う制度です。そのため、都市部では慎重な意見も多いようです。

しかし、一方で毎年赤字に悩む過疎地の自治体にとっては有難い話なようです。人口が少なく住民税で補えない運営に頭を悩ましている自治体は、都市部では想像できない苦労があるのかもしれません。

ふるさと納税で集めた寄付金で足りない村の運営費(人口減のため)をカバーできるとしたら希望がわくのかもしれません。しかし、そのためには自分の地域を知ってもらい、応援してもらうための工夫が必要になってきます。地域のよさを見直せる機会にもなっているのかもしれませんね。

国にとってもメリットがある

この制度は、2007年に現在の菅官房長官が提案したものです。総務省で審議され2008年からの税制改正に取り入れられました。

国民1人1人が自分の判断で応援したい自治体を選び寄付する仕組み。その行動が地域の財政バランスの一部を支えるものになるかもしれません。

さまざまは意見があるのも現状ではありますが、都市と過疎地の財政バランスがとれ、国民が幸せになれたらいいですね。

ふるさと納税で沖縄に寄付する方法

0.美ら島ゆいまーる寄付金

お礼の品を頂くために寄付をするというのも魅力がありますが、純粋に沖縄が好きで沖縄に寄付をしたいと考えているかたもいるかもしれません。まずは、そこからご説明します。

沖縄に純粋に寄付をすると次の6つの使い道に生かされるようです。

・1:沖縄の伝統や文化を残す。
・2:沖縄の自然を守る。
・3:平和式典など戦争を繰り替えさない。
・4:沖縄の子供たちへの教育や育成。
・5:沖縄を旅する人も安心できるための治安を守る。
・6:離島の運営をサポート。

純粋な寄付は素晴らしいかもしれません。詳しくは、下のボタンより確認できます。また返礼品を頂ける場合も嬉しいかもしれませんね。返礼品については、次の5つのポイントでお伝えしていきます。

美ら島ゆいまーる寄付金 公式ホームページ
参照元:沖縄県(2015年12月、著者調べ)

1.ふるさと納税で沖縄に宿泊したい

まずはじめに、ふるさと納税でお礼の品がもらえる中には宿泊券というのもあります。

たとえば、最近話題の瀬長島リゾートの宿泊券があります。那覇空港からナント車で15分!ビーチを楽しめる一方で、地下から湧き出る天然温泉もある沖縄の新たな観光スポットです。

発券後より6カ月以内で利用できます。繁忙期には予約ができない場合がありますが、話題のスポットを旅行して、楽しみながら地元にお金を流すこともできますね。こちらの宿泊券は、沖縄南部豊見城市に寄付することで頂ける特典になります。

琉球温泉瀬長島ホテル | 沖縄リゾートホテル【公式サイト】
沖縄、那覇空港隣に癒しと感動のアイランドリゾートホテルが誕生。海と空に包まれる島「瀬長島」は那覇、国際通りからも車で約15分。地下1,000mから湧き出る、天然温泉が楽しめる沖縄リゾートホテル「琉球温泉 瀬長島ホテル」は2013年2月グランドオープンしました。

2.ちゅら豚、やんばるのイノブタ

おいしい美ら豚(ちゅら豚)食べたことありますか?沖縄では豚が人気です。テビチー(豚足)など定食屋の定番メニュー。ヒージャー(ヤギ)と並んで古くから食べられてきました。ソーキーそば(豚の3枚肉)でも鉄板ですが、最近では美ら豚のしゃぶしゃぶも人気アップしています。ふるさと納税の返礼品で沖縄のお肉を頂くのも楽しみの1つになるかもしれません。

本当は地元で食べるのが一番美味しいのかもしれません。やんばるで食べられるイノブタ丼も知る人ぞ知る人気メニューです。まずは、食から。そして、ゆくゆくカヤックや滝見学など自然を楽しみながら地元の食を味わいに出かけるのもいいかもしれません。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税のランキングや特産品情報はふるさとチョイス
参照元:ふるさと納税サイト(2015年12月、著者調べ)

3.南国のくだものセット

熱い夏。海に沈みかける夕日と永遠のパイナップル畑。旅行先で獲れたてパイナップルにかじりつく。南国の果物に見た目も味も元気をもらえるかもしれませんね。沢山獲れるシークワーサーはビタミンやクエン産たっぷりで疲労回復にもオススメです。 パイナップルはじめどうしても夏季収穫が多いのですが、冬に獲れる果物のセットもあるようです。沖縄県北部の今帰仁村のふるさと納税のお礼品です。ホームページは以下のボタンよりご覧になれます。

沖縄県今帰仁村ふるさと納税サイト / 今帰仁産 冬のフルーツ お楽しみセット
参照元:沖縄県今帰仁村(2015年12月、著者調べ)

4.もずくや海ブドウ

海の恵みも味わいの1つかもしれません。海ぶどうは、サラダに添えてもパッと華やかになるし、おつまみにも簡単でよいです。もずくのお味噌汁や天ぷらは定番ですね。沖縄の定食屋さんでも是非味わいたいメニューかもしれません。 もずくはガン予防にも効くと言われています。沖縄の中でも長寿の村として有名は大宜味村へ寄付すると、シーズンにもよりますがお礼の品に頂けるかもしれませんよ。

ふるさと納税  大宜味村お礼品 特産品詳細|おきふる
参照先:沖縄ふるさと納税サイト(2015年12月、著者調べ)

5.沖縄ゆかりの美容品

南国の景色に鮮やかなポイントを添えるハイビスカス。美しい赤には華がありますね。沖縄では、南国の自然の恵みで作る石鹸や化粧水が人気です。白くかわいらしい花が咲く月桃。緑の深いジャングルに育つ椿。日ごろのお手入れに沖縄のエッセンスを取り入れてみませんか?

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 沖縄県国頭郡国頭村 – 沖縄コスメあーびゃーんもーゆ琉球月桃 No.8
参照元:ふるさと納税サイト(2015年12月、著者調べ)



自分に合った選び方をしよう

いくつかのお礼の品をご紹介させていただきました。気になるものはありましたか?沖縄県だけでなくても、選ばれて寄付してもらえたという市町村は嬉しいものがあるのではないでしょうか?励みになることもあるかもしれませんね。

地元の人の立場になってみると、訪ねてきてくれることが一番嬉しいかもしれませんね。しかし、距離があるので大変なら、その地のものを買って食べてくれること、ゆかりのあるものに触れて知ってくれることは励みになるかもしれません。ご自身やご家族がハッピーになれる選び方をしてみてくださいね。

ぜひ訪れたい!

実は沖縄県宿泊チケットが返礼品という自治体はまだまだ少ないです。しかし、たとえば沖縄県南部豊見城市では、マリンアクティビティの体験チケットを返礼品にしています。家族や大切な人との思い出作りに、沖縄旅行へのきっかけにしてみても面白いかもしれませんね。

他にも、体験チケットや現地での宿泊券、食事券などをきっかけにして旅のプランを練っていくのも楽しいかもしれません。ふるさと納税が、訪れた人も受け入れる人もハッピーになれるきっかけになったらいいですね。

特典の詳細 | 沖縄県豊見城市ふるさと納税 – 豊見城市ふるさとづくり寄附
参照元:沖縄県豊見城市(2015年12月、著者調べ)

食卓をオキナワにしたい

ポークランチョンミート。ご存じでしょうか?沖縄ではゴーヤチャンプルーに入れて楽しまれている缶詰です。本土から海を渡り沖縄へ。たいていは飛行機で向かうと思います。その飛行機が降り立つ空港のある那覇市。こちらへ寄付すると、返礼品としてこちらが頂けます。

ゴーヤは有名になってきましたが、本土では珍しい野菜やフルーツがまだまだあります。ふるさと納税の返礼品の中にも、面白いものが見つけられるかもしれませんね。ふるさと納税は、ご当地ものを新しく発見できるきっかけにもなるかもしれませんね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 沖縄県那覇市[なはし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道
参照元:ふるさと納税サイト(2015年12月、著者調べ)

玄関先だけオキナワにしたい

せっかく返礼品を頂けるのであれば、形の残るものがいい。と思うかたもいるかもしれません。食べてなくなってしまうものや、体験や思い出もいいけれど、形あるものもいいですね。そんなかたには、こんな返礼品を見つけました。

沖縄県南部の糸満市に寄付すると、シーサーが送られてくるかもしれません。

ふるさと納税  糸満市お礼品 特産品詳細|おきふる
参照先:沖縄ふるさと納税『おきふる』(2015年12月著者調べ)

沖縄ふるさと納税のチャレンジ方法

ほしいものを選びましょう

ふるさと納税のコツ、なんとなくわかってきたでしょうか?ここからは具体的に寄付をするための手順をご説明します。返礼品を頂ける場合でも、そうではない純粋な寄付であっても、その寄付金額が確認できる受領書が必要になる場合があります。

沖縄県は、翁長知事が就任してから辺野古基地への移設に反対の人が名護市や沖縄県に多く寄付するようになった現状もあるようです。沖縄県内の市町村の公式サイト内のふるさと納税から、寄付していく方法があります。

また返礼品に力を入れている地域であれば、ふるさと納税専門サイトから直接寄付することができます。
この場合は、クレジットカード支払いに対応していることもあります。便利かもしれませんね。

申告の方法は2通りあります。確定申告で受領書を提出する方法と、ワンストップ特例制度を利用する方法です。1年間で寄付先が5つ以内であれば、ワンストップ特例制度を利用できる可能性があります。それ以外は確定申告の必要があります。

ワンストップ特例制度についての詳細はこちらから確認してみてください。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|トピックス|制度改正について(2015年4月1日)
参照元:総務省(2015年12月、著者調べ)

2.返礼品がある場合は商品が届きます

沖縄ふるさと納税の返礼品を楽しみましょう。自分で選んだ商品を楽しんで地域にも貢献できました。ふるさと納税の仕組みを利用して、家族がハッピーになったらいいですね。沖縄以外の地域へもいろいろチャレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。

3.書類を申請する

少し手間がかかりますが、申告することが必須になります。先ほどご説明したワンストップ特例制度を利用する場合は、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」という書類を先に提出しておくことが必要です。

そうすることで、寄付した場合の受領書を後で申告する手間が省けます。ただし、自営業者や医療費控除などがあるかたは特例制度を利用できませんのでご注意ください。

確定申告をする場合は、毎年2月16日から3月16日の間に各市町村の所定の場所にて申告ができます。また国税庁ホームページより申告書類を自宅プリントアウトして郵送するという方法もあります。申告会場で並ばずに申告ができる便利な仕組みです。(平成28年1月4日以降、以下より詳しい内容を確認できます)

確定申告特集ページをご利用の方へ|e-Tax
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

コレは注意!

以上が、ふるさと納税に関する概要です。細かいことですが、沖縄ふるさと納税に関して注意点があるので確認してみてください。

マンゴーを頼むとき

ふるさと納税を確定申告をする場合は、年度末の12月や3月締めを意識することが多いかもしれません。そのため、冬場に寄付を考えるかたも多いかもしれません。

沖縄ご当地品といえば、人気のマンゴー。ふるさと納税の返礼品としてイメージされることもあるかもしれませんが、マンゴーが収穫できるのは毎年7月末から8月中旬にかけてが多いです。自然の恵みには季節があるので、うまく取り入れて美味しいご当地ものに出会えると嬉しいかもしれませんね。

寄付をするタイミング

また自治体によって12月締め、3月締めというタイミングがあるため、受領書の送られてくるタイミングにも気をつけておいたほうがよいでしょう。ワンストップ特例制度の場合は必要ありませんが、確定申告をする場合には、この受領書が必須になりますので、万が一申告時期に受領書が届いていないということがあったら困りますね。 季節感や事務手続きのタイミングも少し考慮しながらチャレンジしてみると、安心かもしれません。ふるさと納税アクションによって、さまざまな人がハッピーになりますように。 ※