出産祝いの選び方と金額の相場。誰に・何を・いつ贈る?

赤ちゃん誕生の嬉しい報せを聞いて幸せな気分で贈る出産祝いですが、その金額相場をご存知ですか?また、出産祝いは、誰に・何を・いつ贈るかを考えると選びやすいようなんです!贈る人との関係によって変わる出産祝いとその金額の相場についてまとめてみました。



出産祝いの選び方

身近な人の出産の知らせは、本当に嬉しいものですよね!自分のことのように嬉しくて、出産祝いについて考えるのも思わず気合が入ってしまうのではないでしょうか。ただお祝いしたい気持ちが高じて、自分の想いのままに出産祝いを贈ってしまうと、そんなつもりはなくても相手を戸惑わせるとになるかもしれません。まずは一呼吸して、誰に・何を・いつ贈るかを考えてみるとよさそうです。

誰に贈るのか

まず、出産祝いは誰に贈るのかを考えてみましょう。贈る相手は多分次のように分けられるのではないでしょうか?

・赤ちゃんに
・赤ちゃんのママに
・赤ちゃんを迎えたご家族に

お祝いを贈ろうとした時にまず自分は誰に対して贈りたいかを考えてみると、どんなものを贈ればいいのか考える時に参考になりそうです。誰に対して贈るのかは、赤ちゃんのママと親しいのか、パパと親しいのかによっても変わってきそうですね。

何を贈るのか

誰に対してお祝いを贈るのか自分の中で明確になったら、次に何を贈るのかを考えてみるといいと思います。それぞれを対象とした出産祝いは次のようなものが考えられるようです。

・赤ちゃんに:現金・商品券・ベビー用品(おもちゃ・食器・ベビー服・ベビーカー・オムツなどの消耗品)ベビー用のカタログギフトなど
・赤ちゃんのママに:現金・商品券・マザーズバック・抱っこ紐・ママのためのグッズ・カタログギフトなど
・赤ちゃんを迎えたご家族に:現金・商品券・家具・カタログギフトなど

誰に対してのプレゼントかを考えたら、どんなものを贈るかだいぶ絞れてきましたね。また、贈る人が赤ちゃんのママ・パパの身近にいるか、少し遠い関係かを考えるともっと絞れてきそうです。

すぐ身近にいて何が必要なのか分かる、または欲しいものが聞ける関係なら、品物を贈ると喜ばれそうですね。親しい人が心を込めて選んでくれた贈り物は、それだけで嬉しいものです。

反対に具体的に欲しいものがわからない場合は、欲しいものに変えられる現金や商品券、カタログギフトなどがお勧めできそうです。この時期の若い夫婦にとっては、現金は正直いくらあってもありがたい贈り物だと思います。

初めての赤ちゃんか、二人目かによっても贈るものが変わってくると思います。二人目の赤ちゃんだと、お下がりできるようなものや既に持っているような大物は避けた方がいいようですね。現金や日用品、消耗品などを選ぶといいかもしれません。

ただ上のお子さんとの年の差や、性別の差によってもお下がりできる範囲が違うと思うので、家族構成によっては一概にそうとは言えないかもしれませんね。例えば初めて女の子を迎えたご家族なら、女の子らしい服や日用品は嬉しいものなのではないでしょうか。初めての男の子の場合も男の子らしい服をプレゼントされれば、ピンク系のお下がりばかり着ることを避けられるかもしれません。

いつ贈るのか

出産祝いは、生後7日から1カ月の間に贈るといいとされています。郵送の場合はこの期間に届くようにします。この時期に身内以外が直接訪問するのは、ママや赤ちゃんの体に負担がかかるのであまりお勧めできません。

また、これはもちろんですが出産祝いは誕生の報せを聞いてから贈るようにします。不測の事態もあるので、いくら予定日を知っていても、ごく近い身内以外は誕生前には贈らないようにしましょう。

何らかの理由でお祝いが遅くなることもあると思います。ようは気持ちなのでそれでも構わないのですが、そんな時に注意しなければならないのは、赤ちゃんが今生後何カ月なのかということです。赤ちゃんはほんの数カ月のうちに、必要なもの種類やサイズがびっくりするほど変わっていきます。

新生児サイズの洋服やオムツはあっという間に使えなくなってしまうので、先を見越して大きめのものや長く使えるものをプレゼントするといいのではないでしょうか。ベビー服なら長く使えるサイズ80以上がお勧めです。

また出産祝いの時期に大きく遅れてしまったという場合は、誕生祝いや初節句のお祝いなどとしてもいいかもしれませんね。その場合も赤ちゃんの月齢を考えながら、先々使えるものを贈ることをお勧めします。



出産祝いの金額の相場

何を贈りたいかが大体決まったら、次は金額の相場を知って、いくらくらいのものを贈るかを決めましょう。出産祝いの金額相場は、贈る相手との関係と普段のお付き合いの深さによって違います。ママ・パパとの関係別に金額の相場を見てみましょう。

両親・義父母

金額相場は10,000円〜100,000円くらいの幅があるようです。また、ママ・パパのご両親などの身内から贈られるものに関しては、赤ちゃんが生まれてすぐ使うものは誕生前に贈っても構いません。ベビーベットやベビー布団、お宮参り用の産着などは身内同士でかぶらないように話し合って贈ると良さそうですね。

兄弟姉妹・親戚

ママ・パパの兄弟姉妹からのお祝いの金額相場は、20代独身の弟妹なら5,000円から、30代以上なら10,000円〜30,000円くらいを目安にするとよさそうです。

いとこや叔父・叔母などの親戚なら、3,000円〜10,000円くらいのようです。相場の幅は普段から親しくしていかどうかにもよるようです。関係の深さによって金額を調整するといいかもしれません。

友人・ママ友

親しい友人の場合は、5,000円〜10,000円くらい、一般的なママ友だと、1,000円〜3,000円くらいを目安にするといいようです。

ママ友なら、現金を直接渡すよりも、品物の方が贈られた方も気を使わずいいかもしれませんね。連名でお金を集めて、まとまったものををプレゼントしてもいいと思います。

同僚

3,000円〜5,000円くらいを相場と考えるようです。年齢にもよるので、20代なら3,000円くらいからでいいかもしれません。親しさにもよりますが、30代以上だったり、先輩として親しくしている後輩へ送るような場合は5,000円くらいを目安にしても良さそうですね。ひとり1,000円くらいから連名で出し合い、まとめて祝う場合もあるようです。

具体的に何を贈る?

リクエストを聞いてみるといいもの

身内が贈る事が多いいわゆる大物の贈り物は、身内同士や赤ちゃんのママ・パパと話し合ってから贈るようにしたほうがいいかもしれません。ベビーベッド・寝具・お宮参り用の着物・ベビーカー・抱っこ紐などがこれに該当しそうです。

身内同士でかぶっても困りますし、ベビーベッドなどの家具類は家のスペースの問題もあります。またお宮参り用の着物など、使用頻度が少なかったり使用期間の短いものは、レンタルを考える方がいい場合もあります。

ベビーカー・抱っこ紐はその時々の流行や人気のモデルがあって、ママも使い勝手にこだわりたい場合があるると思います。贈る場合はどこの製品がいいか詳しく具体的に聞いてみるといいと思います。

かぶっても嬉しいもの

出産祝いは頂くものが重なることがあります。かぶっても嬉しい、いくらあってもいいものには、現金・商品券、ベビー服、消耗品、カタログギフトなどがあります。友人同士だと現金の受け渡しは好まれない場合があるので、品物の方がいいかもしれませんね。

ベビー服はかぶっても嬉しい贈り物の定番です。贈るときは新生児用ではなく、長く使えるサイズ80以上のものを選ぶと喜ばれそうです。スタイもいくらあっても足りないものなので、喜んでもらえるのではないでしょうか?

coeur a coeur(クーラクール)ワンピース (70~100cm) キムラタンの子供服 ピンク 80 (44408-154)

aden + anais (エイデンアンドアネイ) 【日本正規品】 モスリンコットン スナップビブ 3枚セット high seas – 3 Pack-7118
いくらあってもいいといえば、紙おむつですよね。人気のおむつケーキはしばらく飾ってもよし使ってもよしでママ友からの支持が厚い贈り物のようです。おむつはサイズがあるので、赤ちゃんの月齢に気をつけて贈りましょう。

ご出産のお祝いにポップで楽しいオムツケーキ 《マイ リトル パル》

出産祝い 日本製 おむつケーキ 今治タオル 2段 シフィール パンパース テープタイプ S オーガニック スタイ ガラガラ 付き imabari towel ウォッシュタオル 手作り ポプキンズベビー 出産祝いギフト 出産祝
肌触りのいいおくるみも、かぶっても嬉しい贈り物ではないでしょうか?こちらはセレブも愛用というエイデンアンドアネイのおくるみです。しっかりくるんであげると赤ちゃんも安心するそうです。

aden+anais(エイデンアンドアネイ) swaddle クラシック・スワドル おくるみ 4枚セット for the birds【2035】
カタログギフトは好きなものを選んでもらえる、困った時の頼れるギフトです。ベビー用のものもいろいろな種類があります。価格の調整がしやすいのもお祝いとして選びやすいですね。

CONCENT カタログギフト おめでとセレクション 出産 誕生日 クローバー

Erande えらんで カタログギフト にこにこコース  ★ハーモニックの出産祝い専用カタログギフト ★0歳~3歳まで使えます
品物を選ぶのではない、体験型のギフトもあります。ママが赤ちゃんと行けるエステや、アクティビティーが選べる今人気のカタログです。赤ちゃんに何か最初の一歩をプレゼントしてあげられるなんて、贈る方も嬉しくなりますね。

Sow Experience(ソウ・エクスペリエンス) 出産祝い専用 体験型カタログギフト カタログ FOR BABY

手作りの品

心のこもった手作り品を贈るのも、喜ばれそうですよね。例えば、人気のおむつケーキは100均などで売っているラッピング用などのグッズを使って簡単に手作りできるのでお勧めです。節約にもなりそうですよね。

おむつはサイズがあるので、赤ちゃんの月齢に合わせましょう。生まれてすぐでも新生児用は避けてSサイズ以上がいいようです。Mサイズなら使える期間が割と長めなのでいいかもしれませんね。しばらく飾っておいてもいいものなので、迷ったら大きめでもいいと思います。



こんなことに気をつけよう

相場をふまえて贈る

出産祝いは金額の相場をふまえて贈らないと、都合が悪い場合があります。例えば、親族の間であまりに隔たりがあると両家のバランスが取れなくなってしまったり、兄弟間で差が大きかったり、弟妹が兄姉より高額だったりしてもちょっと気まずいかもしれませんよね。

また、友人なのに高額すぎるお祝いを贈ったりすると、かえって余計な気を使わせたりもするようです。お祝いを頂いた場合、お祝いの金額の1/3〜1/2のものを内祝いとしてお返しするという慣習があるので、極端に金額相場と違う場合、贈られた人も戸惑う場合があるようです。

両親・兄弟などの近しい親族以外は、多くとも10,000円くらいに抑える方がいいかもしれません。自分と贈る人との関係を考えて、一般的な金額相場の範囲でお祝いをすることを考えるといいのではないでしょうか。

相手に必要なものを贈る

ベビー用品は、一人目か二人目かによって、また家のスペースの状況などによっても必要なものが違います。レンタルで済ませたほうがいいものもありますし、大物の場合身内同士で贈るものが重なっても困ります。赤ちゃんとママ・パパに何が必要か、実際にリクエストを聞いたり身内で話し合ってから贈るといいかもしれませんね。

リクエストが聞けない場合は、いくらかぶっても嬉しいもの、現金や商品券・サイズ80以上のベビー服・消耗品・カタログギフトなどを選ぶといいのではないでしょうか。

現金を贈る場合のマナー

現金を贈る場合は、「4」と「9」は「死」や「苦」を連想させる数字ということで避けるようにしますが、結婚関係ほど偶数を忌むことはないようです。ただ、慶事に偶数は避けるべきという考え方の人もいるので、一応頭に置いておいた方がいいかもしれませんね。また、「8」は末広がりの吉数と言われています。

のしの水引は何度あってもいいことなので、紅白の蝶結びを使います。表書きは「御祝」や「御出産祝」と書くことが多いようです。水引の下には個人名を書きます。フルネームでも姓だけでも構いません。夫婦で贈る場合は、右に夫のフルネームを、左に妻の名前を書くようにします。

まとめ

いかがでしたか?出産祝いを贈るときは、その金額相場をふまえつつ、誰に・何を・いつ贈るのかを考えるといい選択ができそうですね。また出産祝いを贈る時期とされている生後7日〜1カ月は、赤ちゃんもママもとても忙しく体調も不安定かもしれないので、近い身内以外はあまり早い時期の訪問せずに、負担にならない郵送のほうがいいかもしれません。

それでもきっと、おめでとう!というお祝いの気持ちは届くはずです。周りの人からの祝福は、慣れない育児でくたくたなママの応援になると思います。出産祝いを通じて、お祝いの気持ちがママ・パパ・赤ちゃんにまっすぐ届くと嬉しいですね!