児童手当はいくらもらえる?初心者ママに捧げる基礎知識

国から子供たちに支給されている児童手当。同じ年齢ならどの子供も同じように支給されていると思っていませんか?実は、兄弟構成や所得によって、もらえる金額は違います。児童手当はいつまでいくらもらえるのか、気になることをまとめてみました。



児童手当はいくらもらえる?

児童手当は、中学校3年生(15歳到達後の最初の3月31日)までの児童を養育している方に支給されます。
・3歳未満 月額15,000円
・3歳以上小学校修了前(第1子・第2子) 月額10,000円
・3歳以上小学校修了前(第3子以降) 月額15,000円
・中学生 月額10,000円
18歳到達後の最初の年度末(3月31日)までの間にある児童の人数で第1子・2子と数えます。

児童手当について :厚生労働省
参照元:厚生労働省(2015年11月時点、筆者調べ)



兄弟構成によって金額が変わる?

支給例1

■0歳、2歳の子どもを育てている場合
・児童手当支給対象:0歳、2歳の2人。
二人とも3歳未満のため、それぞれ月に15,000円支給されます。

支給例2

■13歳(中学1年)、14歳(中学2年)、15歳(中学3年)の子どもを養育している場合
・児童手当支給対象:13歳、14歳、15歳の3人。
中学生は支給額が一律ですからそれぞれ3人とも10,000円づつ支給されます。

支給例3

■4歳、9歳、16歳、19歳の子どもを養育している場合
・児童手当支給対象:4歳と9歳の2人。
19歳は児童の人数の対象外。(18歳到達後の最初の年度末(3月31日)までの間にある児童の人数で第1子・2子と数えます)
16歳を第1子、9歳を第2子、4歳を第3子と数えるので、支給額は9歳の子どもが10,000円、4歳の子どもが3人目で15,000円支給されます。

児童手当の条件を詳しく知りたい!

Q.児童手当を受け取るのに所得制限はあるの?

A.児童手当は世帯の所得が限度額を超えると、受け取る金額が変わります。

所得制限限度額以上の所得のある方は、年齢、出生順位を問わず、児童手当に代わり特例給付としてお子さん1人につき5,000円が支給されます。(当分の間の特例措置)

例えば父が働き母が専業主婦、子どもが2人いる世帯では、年収が960万円以上になると児童手当は支給されず、特例として子ども1人当たり月5,000円が支給されます。

所得は夫婦合算ではなく、夫婦のうち所得の多い方だけを考えます。両親ともに会社員で、昨年の父の収入が500万円、母の収入が200万円だった場合、より額が大きい父の収入で、所得制限にかかるかどうかを判断します。

厚生労働省:児童手当 所得制限限度額表
参照元:厚生労働省(2015年11月時点、筆者調べ)

Q.2016年(平成28年度)の所得制限はどうなるの?

A.2016年の所得制限も今のところ変わらない予定です(2015年11月1日時点)。
特例給付として子ども1人につき月に5,000円支給される予定です。

Q.児童手当はいつもらえるの?

A.児童手当は毎月もらえるわけではありません。支給月は、2月・6月・10月となっており、2月には前年10月~1月分、6月には2月~5月分、10月には6月~9月分が支給されます。申請した翌月分から支給の対象となります。



待ってても支給されないってホント?

児童手当の申請手続きはお早めに。

児童手当ては自分で申請しないと待っていても受給されるわけではありません。出産後や他市区町村からの転入の場合は、今お住まいの地域の市区町村へ「認定請求書」を提出(申請)しましょう。なるべく早く、出生届や転入届を提出する際に一緒に児童手当の手続きも行うようにしましょう。

うっかり申請を忘れてしまうと。

児童手当は申請した月は支給の対象外となり、翌月からが支給の対象となります。また、申請し忘れてしまった場合、過去にさかのぼって支給を受けることが出来ません。うっかりしている間に月をまたいでしまうと、その月は支給対象外となってしまう為、1カ月分を無駄にしてしまいます。申請は忘れないうちに出来るだけ早めに行うようにしましょう。

申請が間に合わない!15日特例が適用されるかもしれません。

月末に近い日の出産や引っ越し(転入)・災害など、やむを得ない理由で手続きが出来なかった場合に限り「15日特例」が認められます。その場合、出産(引っ越し)の翌日から15日以内に申請し認定されれば、申請月からの支給対象となる特例が認められます。自治体によって異なりますので、まずは確認を行いましょう。

また里帰り出産の場合、出生届けは里帰り先の役場へ提出する事ができますが、児童手当の手続きは現住所の市区町村役場でしか行えません。申請月の翌月から受給の対象となりますので早めに手続きを済ませるようにしましょう。

児童手当制度 のご案内 – 厚生労働省
参照元:厚生労働省(2015年11月時点、筆者調べ)

まとめ

いかがでしたでしょうか?児童手当はすべての子供に同じように支給されると思っていたら、兄弟構成や所得によってさまざまなケースがあることがわかっていただけたと思います。

子供が生まれ大きくなるにつれて、子供にかかる費用はどんどん増えていきます。児童手当はいつまでいくらもらえるのかわかっているだけでも、この先の教育費のひとつに考えることができるかもしれません。児童手当をこどもの未来のために、有効に活用できるといいですね。

※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。