親を扶養するかしないかの損得知らなかったメリットを研究

親を扶養するかどうか、扶養に入れる方法やメリットやデメリットなど考えたことありますか?サラリーマンにとって、扶養者を多くすれば、それだけのメリットはあるはずです。扶養に入った親にとっても少なからずメリットはあるようです。扶養親族に入れる条件や、別居の親を扶養にいれる条件やメリットなどを徹底的に研究してみました。



親を扶養すること

扶養親族とは

親を扶養に入れるかどうかの前に、扶養親族とは誰のことをいうのでしょうか。

扶養者にとって、被扶養者(扶養を受ける人)の数が扶養控除を受ける際に重要になってくるといえます。なぜなら税金は、扶養者控除に直結するといえますので、扶養控除となる親族が多いほど、年末調整や確定申告する場合に、所得税の納税金額を抑えることが期待できます。

扶養者控除を受けることができるのは、サラリーマンや自営業者のどちらも、以下に紹介する要件に該当しなければなりません。

・年末(12月31日現在)において、満16歳以上であること
・6親等以内の親族、および3親等以内の婚族であること(配偶者は入りません)
・納税義務者と同一生計をしていること
・年間の所得金額が38万円未満であること
・青色、白色に限らず、専従者でないこと

以上の条件を満たしていない場合は、その人は扶養親族になることができないといえます。

6親等以内の親族と、3親等以内の婚族とは、どのような人のことを意味しているのでしょうか。これは民法第725条に規定があります。

民法
参照元:法務省(2015年12月、著者調べ)

No.1180 扶養控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

同一生計とは

別居であっても、毎月の生活費や医療費の仕送りをしているような場合は、同一生計とみなされます。仕送りする金額に、特別な基準はありませんが、親がその仕送りで、最低限の生活を送れるような金額であることが必要にとなるといえるでしょう。また、仕送りの事実を証明できるように、振り込みの控えや、現金での仕送りなら、現金書留の控えを保管しておくことをお勧めします。

介護施設の場合は

親が介護施設へ入居した場合は、別居の扱いになるのでしょうか?

病気のために病院へ入院する場合とは異なり、介護施設への入居は、住民票の移転も伴いますので、別居の扱いとなります。よって、親を扶養親族とするためには、親の年間所得の要件と、仕送りなどによる同一生計の要件を両方クリアする必要があるといえます。そこで初めて扶養親族とすることができるようになるのです。

しかし、介護施設の入居費や療養費を親自身の年金で支払っているような場合は、扶養親族とはみなされないといえます。

扶養親族の例

では、扶養親族となりうる6親等の親族と、3親等の婚族の例を以下に紹介しましょう。

■6親等の親族
・1親等:親や子ども
・2親等:孫や祖父母
・3親等:曾祖父母やひ孫
・4親等:高祖父母や玄孫
・5親等:5世の祖および孫
・6親等:6世の祖および孫

■3親等の婚族
・1親等:配偶者の親や配偶者の連れ子
・2親等:配偶者の祖父母や配偶者の孫、配偶者の兄弟姉妹
・3親等:配偶者の曾祖父母や配偶者の孫、配偶者の叔父や叔母、配偶者の甥や姪

以上のように、扶養親族の範囲はとても広く、16歳以上で存命している人は、すべて扶養親族となることができます。



親を扶養する

扶養親族として認められるのは、社会保険料を納めている被保険者の配偶者や子どもだけではなく、年間所得の範囲以内であれば、離れて暮らしている親も、自分の扶養親族に入れることができるでしょう。そのようにすれば、親自身が支払っていた保険料の負担分が必要なくなり、経済的といえます。

扶養者の社会保険料は、扶養親族の数によって変わることがないため、扶養する家族がいてもいなくても社会保険料の負担額は変わることがないといえます。

親を扶養にいれるための要件

社会保険に加入できる扶養親族とは、社会保険料を納めている被保険者の収入によって生活を共にしている親族となります。以下に、その要件をご紹介しましょう。

■扶養親族の範囲
扶養親族と認められているのは、3親等以内の同居している親族となります。ただし、自分の配偶者や子ども、親は社会保険料を納めている被保険者からの仕送りで生活していることが証明できれば、必ずしも同居していなくても扶養親族に入れることができます。扶養親族として認められる具体例を以下に紹介します。

・同居の必要がない親族
:親、祖父母、曾祖父母、
:配偶者、子、孫
:弟や妹

・同居の必要がある親族
:ひ孫
:兄や姉
:甥や姪
:叔父や叔母
:配偶者の連れ子、孫、ひ孫
:配偶者の親、祖父母、曾祖父母
:配偶者の兄弟姉妹
:配偶者の甥や姪
:配偶者の叔父や叔母

従業員が家族を扶養にするときの手続き|日本年金機構
参照元:日本年金機構(2015年12月、著者調べ)

年収について

扶養親族に入れる親の年収には制限があります。親の年齢が60歳未満の場合は年収130万円未満、60歳以上の場合は180万円未満となっています。また、親が障害者の場合は年収180万未満です。その他に、同居しているかどうかで、もう少し制限が加えられることになります。以下にその例を紹介します。

・同居している場合
親の年齢が60歳未満の場合は年収130万円未満、60歳以上の場合は180万円未満となっています。また、障害者の場合は年収180万未満となっており、それに加えて、社会保険料を納めている被保険者の年収の1/2を超えないことが条件です。

・同居していない場合
親の年齢が60歳未満の場合は年収130万円未満、60歳以上の場合は180万円未満となっています。また、障害者の場合は年収180万未満となっており、それに加えて、社会保険料を納めている被保険者からの、年間の仕送り額が、それぞれの年収を超えないことが条件となります。

以上の条件を満たすことができれば、親を扶養親族に入れることができ、親自身の保険料の支払いが不要になるといえます。

国民保険の場合はどうなるのでしょうか

加入している健康保険が、国民健康保険の場合、保険料は自営業者の所得に比例して支払う「所得割」と、家族の人数によって支払う「均等割」を合計された分を納めることになります。したがって、扶養親族が多くなるほど、その分保険料は高くなってしまいます。

よって、保険料については、社会保険料を納めている被保険者の扶養親族だけが、何の負担もなしで親を扶養親族にできるといえます。

国保の計算方法 | 国民健康保険料の計算、国民健康保険と健康保険任意継続との比較など!
参照元:国民健康保険(2015年12月時点、著者調べ)

税金はどうなるのでしょうか

親を扶養親族にいれますと、税金の関係でも得になるといえます。

税法上の扶養親族は、社会保険の場合とは違っており、前項目の通り、6親等以内の親族と3親等以内の姻族が扶養親族となります。同居しているか、していないかは関係がありません。毎月仕送りをしていれば、税金の関係でも親を扶養するメリットを受けることになります。

扶養となりうる親の年間所得は38万円以下となっていますので、年金を受給していると扶養にはなれないと勘違いしてしまいそうです。しかし、年金の収入には非課税枠という控除額があり、65歳以下は70万円まで、65歳以上は120万円までなら、所得税はかかりません。

また、基礎控除額の分も加算されますので、基礎控除分の38万円を合計しますと、親の年収が65歳未満なら108万円以下、65歳以上なら158万円以下なら、自分の扶養に入れることができます。

夫が先に亡くなった場合、その妻は遺族年金で暮らしていることもありますが、そもそも遺族年金は全額非課税となっていますので、他に収入がなければ、扶養親族に入れることができるといえます。

No.1180 扶養控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月時点、著者調べ)

親を扶養に入れる時期

親を扶養親族に入れることによる控除額と、子どもの扶養控除額を自分の収入から差し引くことができますので、所得税が安くなるといえます。

控除額は、親の年齢が70歳未満の場合は、通常の扶養控除額で38万円となっていますが、70歳以上の場合は扶養控除額が増えます。同居をしている親の場合は58万円で、同居していない親の場合は48万円という老人扶養控除額となります。

社会保険料は、扶養親族の数に変更があった場合、勤務先の担当者へ変更の届け出が必要となり、年金事務所から認められれば、すぐに加入できます。

所得税については、12月31日の扶養親族の数で、翌年の年間の納税額を計算しますので、親を扶養に入れるなら、12月中に勤務先の担当者へ変更の手続きをした方が良いでしょう。

No.2671 年末調整の後に扶養親族等の人数が異動したとき|源泉所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月時点、著者調べ)

親を扶養に入れるその他のメリット

サラリーマンの加入する社会保険は、保険料の追加負担をすることなしに、親を扶養親族に入れられることは前述の通りです。しかし、親を扶養親族にすることにより受けられるメリットは、親の保険料の節約だけではありません。

社会保険に加入していると、病気やケガで仕事を休んだときに、休業補償を年金事務所に申請すれば受給することができます。それ以外でも医療費が高額になったときに、高額療養費の申請をすれば、かかった医療費の一部を返還してもらうこともできるのです。

高額療養費は、入院や手術などで、医療費が高額になっても、患者の負担が増えないようにした制度です。しかし、その制度を利用できるのは、1カ月の間に、ひとりの人が、同じ医療機関に支払った、負担額が一定額を超えた場合だけとなっています。

さらに扶養親族の医療費は、かかった分を合計して、年金事務所に申請できる特例があります。親を扶養親族にして、同じ社会保険に入れておけば、世帯合算ができますので、高額医療費の返還を受けやすくなるといえます。

高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
参照元: 全国健康保険協会(2015年12月、著者調べ)

年末調整でよく聞く「扶養控除」とは [年末調整] All About
参照元:All About(2015年12月時点、著者調べ)

扶養控除ではない控除

配偶者控除

扶養者の配偶者も扶養されている親族ではありますが、配偶者は扶養親族とは税法上認められていません。扶養控除の対象となるのは、配偶者を除く、6親等以内の親族と、3親等以内の婚族と規定があります。配偶者に関しての控除は、配偶者控除という名で、既に控除を受けていますので、扶養控除も受けることができてしまいますと、2重に控除されてしまいます。

No.1191 配偶者控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

勤労学生控除

16歳以上の6親等以内の親族、または3親等以内の婚族である場合は、扶養親族となり、扶養控除の対象となりますが、アルバイトなどで一定の収入がありますと、控除の種類が変わってきます。

・年収が103万円以下の場合は、扶養控除
・年収が130万円以下であれば、勤労学生控除

年収103万円以下であれば、扶養者の扶養親族となり、扶養控除を受けることができますが、103万円を超え130万円以下の場合は、勤労学生控除を利用して、自らが納税者となってしまいます。

No.1175 勤労学生控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

寡婦控除

寡婦というのは、夫と離婚して独身となったり、死に別れで独身になったりした女性のことをいいます。ということは、一度でも結婚してしまえば、理由はとにかく、独身に戻っても寡婦には違いなく、寡婦控除を受けることができるのです。この場合は、扶養控除を受けることができません。

内縁関係であった場合は、寡婦とはいいませんので、寡婦控除を受けることはできません。

No.1170 寡婦控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

寡夫控除

男性にも寡婦控除と同じように寡夫控除というものがあります。適用される条件は厳格で、以下の要件が必要となっています。

・男性であって、妻と離婚または死に別れした後、再婚していないこと
・同居している子どもがいて、その子どもの年間所得が38万円以下であること
・本人と子どもの年間合計所得が500万円であること

この場合は、扶養控除を受けることができません。

No.1172 寡夫控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

扶養者が2人以上いる場合

扶養者となれる親族が2人以上いる場合で、どちらも父(母)に仕送りをしている状況では、仕送りしている2人が同時に父(母)を扶養親族に入れることができません。父(母)の年間所得が38万円以下の場合は、どちらか一方だけが扶養者となることができます。

2以上の所得者がいる場合の扶養親族等の所属|源泉所得税目次一覧|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)



扶養控除額について

扶養親族の控除額

扶養控除を受けることのできる、扶養親族の条件は以下の通りになります。

・16歳以上18歳以下
・23歳以上69歳以下

年齢の制限は以上の通りで、なおかつ所得制限があり、年間所得が38万円以下というのが条件となっています。この場合の扶養控除額は38万円となります。

No.1180 扶養控除|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

特定扶養親族の控除額

年末時点(12月31日)での年齢が19歳以上23歳未満の扶養親族の場合、特定扶養親族といい、扶養控除額は63万円となっています。

同居している老人がいる場合

同居している老人を扶養親族とする場合の条件は以下の2点となります。

・扶養者、またはその配偶者の親であること
・同居していること

この場合の扶養控除額は58万円となりますが、老人ホームなどの施設に入居している場合は48万円が扶養控除額となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。親を自分の扶養に入れておくことで、いろんなメリットを受けることができるのです。今まで、離れて暮らしていた、という理由で扶養に入れておかなかった方も、条件さえ整えば、税金の面や保険料の面でも、多くの節税、節約ができるというのはうれしいことといえるでしょう。

※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。