子育てにかかる費用を不安に思う前に考えておきたいこと

子育てにかかる費用と言っても、出産から大学卒業までの22年間の総費用を考えると、かなりの金額になります。子どもを産んでも育てられるのか、子どもはひとり育てるのが精一杯なのか、不安になることもあるかと思います。不安になる前に、どのくらい子育てにかかるのか、みていきたいとおもいます。



子育てにかかる費用とは

子育てにかかる費用は、ミルク代、おむつ代、食費、衣服代などの生活費から、習い事、学費などの教育費、レジャー費、お宮参りなどのお祝いなどイベントにかかる費用と、実にさまざまです。これらを大きく2つに分けると、習い事、学費などの教育費と、食費、衣服代などの養育費になります。
養育費と教育費を合わせると、家一軒建つくらいの金額といわれます。それは、どういうことなのかをみていきましょう。



出産から大学卒業までの総費用

一人の子どもを育てる費用は、内閣府が総務省の家計調査を特別集計したものによりますと、22年間の合計は、1,302万円(2003年)です。内訳は、基本的経費と住宅関係費を合わせたものが、775万円、教育費が528万円となっています。

また子ども応援便りでは、出産から大学卒業までの総費用について、AIU保険会社が調べた出産から4年制大学を卒業するまでの養育費約1,640万円に、幼稚園から大学までを、公立、私立にどちらに通わせるかをコースごとにチャート図で紹介しています。

幼稚園から大学まで公立の場合の教育費は、約1,345万円、養育費と合わせると、約2,985万円になります。そして、一番教育費がかかると考えられる、幼稚園から大学まで私立(小学校のみ公立)で医・歯系の場合の教育費は、約4,424万円、養育費と合わせると、約6,064万円になります。

このように子育て費用を計算すると、家一軒建つほどの金額になってしまいます。しかし、この金額は、一度に支払う金額ではありません。大学卒業までの養育費と高校までの教育費を、毎月の家計から支払うことができれば、あとは、大学の学費の用意だけになります。大学の学費については、貯蓄や学資保険、または、子どもに奨学金をかりてもらうなど、方法はあります。

内閣府「子育てにかかる費用と時間」
参照元:内閣府(2015年12月著者調べ)

一人の子どもの出産から大学卒業までの総費用 : 関連資料 : 子ども応援便り
参照元:子ども応援たより(2015年12月著者調べ)

子育てにかかる費用を不安に思うとき

友達の子育てと比べても

子育て中は、ママ友や学生時代の友達と子育ての不安や愚痴を話す機会も多いとおもいます。そんななかで、友達の子育てにかける費用を聞いて、不安になることはありませんか。まわりが習い事を始めると、自分の子どももやらせないと、自分の子どもだけができない子になるような焦りを感じることもあるかもしれません。

当たり前ですが、世帯年収はそれぞれ違えば、教育費の金額も違ってきます。内閣府の調査では、世帯年収が高ければ高いほど、子育て費用の総額が高くなります。
そして、住んでいる地域でも、子育て費用に差はでます。特に東京23区は圧倒的に高い金額になっています。中学生の子育て費用では、一番支出の少ない町、村の子育ての総額と比べると、約72万円の差があります。

教育費はかければ、頭のいい子が育つと可能性は高くなります。東京大学の学生実態調査(2013年)によりますと、世帯年収が950万円以上は学生全体の31.5%です。その一方で、450万円以下は36.1%となっています。親元から離れて別に生計をたてている学生の割合が影響していると調査報告は分析していますが、世帯年収が450万円以下でも東大に合格する子どもはいる、ということではないでしょうか。

平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 全体版(PDF) – 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) – 内閣府
参照元:内閣府(2015年12月著者調べ)

東京大学学内広報 No.1461 2013年(第63回)学内実態調査
参照元:東京大学(2015年12月著者調べ)

子どもはひとり?

子どもが一人であれば、その子だけにお金をかければいいので十分な教育費をかけられる、と考えられます。でも、子どもが2人、3人いたら、子育て費用はどうなるのでしょう。

内閣府の調査では、1人目の子どもの子育て費用が1,302万円、2人目の子どもは、1人目の8割の1,052万円、3人目は1人目の6割の769万円と報告されています。1,302万円が3人分の3,906万円ではないのです。では3人目の子どもが769万円しかかけてないから十分な子育てができないのか、ということではないと思います。上の子のお下がりを下の子にまわすことができ、節約できるところも多いのです。

内閣府「子育てにかかる費用と時間」
参照元:内閣府(2015年12月著者調べ)



教育費は、家計の聖域だけど

子どもには立派な社会人になってほしい、と親として思うからこそ、家計が厳しく、他の費用を削ることになっても教育費は削らなくて済むよう、日々家計をやりくりしています。教育費は、家計のなかで削ることのできない「聖域」になっているご家庭が多いとおもいます。

子どもの為にと、子どもの要求を簡単に受け入れるばかりで、ルールを設けずにお金をかけすぎた結果、子どもが大人になっても続くとどうなるでしょう。年老いた親にとって生活の負担になり、子どもの将来が不安になります。子どもの教育費をどこまで負担するのかなどのルールを夫婦、親子で話し合うことが大切です。

子どもが大人になって自立して生活していくために、親は教育にお金をかけているのです。

※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。