<賃貸物件探し>”毎月5万円”得する!?賢い場所の探し方

賃貸物件を探すときに最初に決めるのが住む場所です。そこで重要になるのが最寄り駅までの”徒歩時間”を重視する駅チカ物件と、最寄駅から会社駅までの距離を重視する”移動距離”です。どちらも近ければ便利ですが、限りある予算(家賃)で、どちらかの選択を迫れれることも多いはず。実際にどちらをが賢い選択なのかを検証します。



勤務地から2駅(中目黒)と7駅(新丸子)の物件を家賃比較

例として、渋谷を勤務地として1LDKで同じグレードの物件を探している場合に、
中目黒と新丸子の物件でどれくらい家賃相場が異なるのかを比較してみました。
・中目黒→200,000円
・新丸子→120,000円
その差はなんと80,000円!両駅ともに最寄り駅から徒歩10分の物件としたときに、
新丸子の物件で駅徒歩1分の物件を探してプラス20,000円を家賃に上乗せしても約140,000円なので
その差は60,000円です。

※上記はあくまで家賃の平均値での比較であり、物件の家賃がその金額であることを保証するものではありません。
※電車賃の違いについては加味しておりません。実際には新丸子のほうが中目黒よりも電車賃がかかります。

東急東横線の家賃相場【HOME'S】|家賃を調べる[目安・平均]なら家賃相場
参照元:【HOME'S/ホームズ】(2015年9月時点、著者調べ)



中目黒と新丸子で家から会社までの通勤移動時間を比較

中目黒~渋谷までの乗車時間は4分。新丸子~渋谷までの乗車時間は18分。
それぞれに家から最寄り駅までの徒歩時間をプラスすると、
・中目黒~渋谷→4分+4分=14分
・新丸子~渋谷→18分+1分=19分
渋谷から会社までの距離を同じとした場合、家を出てから会社に到着するまでの時間差はたったの5分でした。

東横線|所要時分表 |東急電鉄
参照元:東急電鉄(2015年9月時点、著者調べ)

通勤時間”たった5分”の違いで毎月家賃が”6万円”変わるかも!

出典: https://www.pakutaso.com/20150704191ok-1.html
電車での移動距離を測るときに”2駅→近い、7駅→ちょっと遠い”といった印象を持つことってあると思います。都心に住んでいるとなおさらこの感覚が強いのではないでしょうか?

改めて「会社まで何駅か?」ではなく電車に乗っている時間に置き換えて、自宅からの徒歩時間もプラスしてみるとほとんど差がないことは良くあります。その短い通勤の時間差で、大きな家賃の違いが生まれます。

例を見ても毎月6万円の違いとなれば貯金にすれば年間72万円です。
遊びに使えば大人二人で海外旅行、その分さらに一部屋増やして2LDKに住むなどの余裕がでてきますよね。家賃は生活費の中でも大きな比率を占めるものだし、「ちょっと生活が苦しいかも、、」と思っても簡単に引越しできるものではないので、賢く選んで余裕ある生活を送れるといいと思います。