予備校の費用はいくら?相場比較と安く抑える方法の紹介

”大学受験”を考えるなら、入学金・学費だけでなく、予備校通いのお金もチェックする必要があります。現役時代の塾・予備校代だけでなく、浪人することになったら、ということまでしっかりと考えておきたいですね。まとまったお金が必要な大学資金の準備、その中でも「予備校の費用」は、一体いくらかかるのでしょうか?



大学受験には予備校代もマスト?

「大学受験・大学生活」に必要な費用と言えば、受験代・入学金・学費、もし遠方の大学に行きたいなら、受験のための交通費・宿泊費、さらには一人暮らし用の家賃・生活費が挙げられます。ざっと説明しただけでも、かなりの項目です。

多くの方は、お子さんが小さい頃から積み立てた「学資保険」などで大学資金を準備されていると思います。入学をする前に、数十万単位のお金が必要ですし、入学してからは、百万単位の学費が必要になります。

「大学受験」に必要なのは、それだけではありません。受験に必要な勉強・テクニックを学ぶために”予備校”に通う子もいますし、第一志望に落ち、浪人を選択する子もいます。

もちろん、全ての大学受験生が、予備校に通っているわけではありません。でも、それぞれの大学の入試問題には、個性があります。予備校に通えば、それぞれの大学入試に必要な知識・テクニックなど、学校や自主学習だけでは補えない知識を得られるというメリットはあります。

また、浪人をする場合は、ほとんどの人が予備校通いを選んでいるようです。全日制のカリキュラムにすることが多いので、予備校の費用は、現役時代よりも跳ね上がります。

大学受験に、予備校代は必ずしも必要ではありません。しかし、合格に少しでも近づくため利用する場合があります。大学資金を準備する上で、予備校代も頭にいれておく必要はあると思われます。



<現役生>予備校の費用はいくら?

それでは、予備校の費用は、一体いくら必要なのでしょうか?これは、現役生・浪人生、さらに私立大学を希望するのか、国公立大学なのか、という場合で変わってきます。そしてどの予備校に通うかでも大きな違いがあります。それぞれの場合を見ていきましょう。

高い予備校、安い予備校とは?

大手予備校と言えば、駿台予備学校・河合塾・代々木ゼミナール、さらに最近では東進ハイスクールも有名です。それぞれ、講師陣が異なり、また学費にも大きな差があります。もちろん、この他にもたくさんの予備校があります。

一般的には、代々木ゼミナールは費用が安く、東進ハイスクールは費用が高いと言われています。もちろん、選ぶ講座などにより変動がありますので、あくまで目安となります。

講座によって、講師が教室で行う授業を受けられるもの、インターネット経由でテレビ視聴するもの、録画したものを視聴するものなど、いまや予備校の授業は多岐にわたります。どういった授業内容なのか、というのもしっかり調べておきたいですね。

小学生くらいなら、塾も親が選んだところに通ってくれるでしょうが、高校生ともなるとそうはいきません。憧れの講師の授業が受けられる、狙っている大学の入試に強い、など本人の希望が優先されるのが予備校選びです。

費用も大切ですが、通うのはお子さんです。しっかり親子で話し合って、予備校を選びたいですね。

私立大学(3科目)受験の場合

それでは、予備校に通うために必要な金額を、具体的に見ていきましょう。まず、予備校に通うには入塾金が必要です。だいたい相場は、30,000円ほどです。そして、1講座に通年通った場合の費用は、約80,000円~約14,000円ほどになります。

3講座(3科目)通うとしたら、年間で約240,000万~約420,000万になります。さらに、夏期講座・冬季講座・受験直前講座なども受けるのであれば、金額が加算されます。

この金額は、それぞれの予備校・内容によってかなり変動があります。とはいえ、数十万単位のお金の準備が必要となりそうですね。

国公立大学受験の場合

私立よりも、受験科目が一般的に多くなる国公立受験組は、予備校で受けたい講座数も増える傾向にあります。もし、5講座(5科目)を通年で通った場合には、年間で約400,000円~約700,000円が必要になります。

国公立は、希望大学の受験対策だけでなく、センター試験対策や二次試験用の小論分対策も必要となってきます。さらに、講座を追加する必要もあるかも知れません。もちろん、夏・冬期講座等は別料金となっています。

浪人生になったらいくら必要?

<浪人生>予備校の受講料は?

では、浪人を選択した場合は、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?この場合も、まずは入塾金が必要です。相場は、通年通った場合、70,000円ほどになります。後期から通う場合は、その半額になる場合もあるようです。

それでは、1年間の学費を見ていきましょう。浪人生の場合は、私立・国公立志望ともに、料金に差はそれほどありません。だいたい、約650,000円~約700,000円ほどの受講料が必要なようです。難易度の高い大学を目指す講座は、より高い価格設定設にしてある場合が多いです。

私立の医学部志望の場合は、年間約1,800,000円という受講料が必要なコースもあるようです。医学部等を希望する場合は、それなりの出費を覚悟したほうがよさそうです。

基本の受講料の他に、夏・冬季講習の受講料も必要になります。これは、受ける講座数によって変動がかなりまします。それぞれ100,000円程度かかる方が多いようです。さらに、冷暖房費などを含む「諸経費」も必要ですし、「交通費」もかかりますね。

朝から夕方まで予備校で勉強することになれば、ランチ代等も必要になってきます。夜遅くまで予備校で自習したりするなら、晩御飯を外で済ますということもありそうです。

“浪人”に必要な費用は他にもある?

学費の面からいえば、浪人生として予備校通いをすると、私立大学に1年通うのと同額程度の出費が予想されます。もし、自宅から予備校が遠い場合は、”寮”に入るという選択肢もあります。それぞれの予備校の近くには、専用の寮が準備されていることがほとんどです。

通学時間がもったいない、あるいは、勉強に専念したいという思いから、寮に入るお子さんもいます。その場合、寮生活に必要なお金を、授業料にプラスして準備しなければなりません。では、寮生活にはいくらかかるのでしょうか。「代々木ゼミナール・福岡」の女子寮を例に見てみましょう。

■代々木ゼミナール・福岡校(ドミトリー福岡3・女子寮)
・入寮時払込金/349,500円より
・月額寮費/105,000円より

月額寮費には、朝・夕の食事(日曜日など指定の日はなし)などが含まれます。あらかじめ、ベッドや冷蔵庫等も準備されています。4月から2月まで入寮した場合は、最低でも約1,500,000円が必要な計算になります。

もちろん、これはあくまで例です。もっと高くなる場合もあるでしょう。お盆やお正月は、実家に帰省するでしょうから、そういった交通費もかかります。お昼代などの生活費も余分に渡す必要があります。寮には、寮長が常在していることがほとんどで、門限もあります。親としては、一人暮らしをさせるより安心ではありますね。

約1年間の浪人生活を終えた後は、いよいよ受験本番です。もちろん、受験代ももう一度必要です。現役生に比べ後がないということで、現役時代よりも多くの大学・学部を受験するお子さんもいます。

最後に、浪人中はアルバイトをせず勉強に集中したいというのであれば、ある程度お小遣いを渡す必要もあるでしょう。浪人生活は、過酷です。趣味の時間を少し作るなど、息抜きはさせてあげたほうが良いと思われます。

代々木ゼミナール(予備校) | 【ドミトリー福岡3(女子)】
代々木ゼミナール(予備校) の校舎・寮案内についてのページです。 参照元:代々木ゼミナール・福岡校 校舎・寮案内(2015年12月現在、著者調べ)



<予備校費用>安く済ませる方法

現役生>予備校以外の塾も視野に!

「大学受験」に必須と思われがちな予備校通いですが、実際どれくらいの高校生が予備校に通っているかご存知ですか?実は、4割程度の高校生しか予備校には通っていません。ちょっと、安心された親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

また、予備校以外にも、学習できる場所はたくさんあります。「manavee」という無料で大学受験に必要な授業をネット経由で見られるサイトもあります。大学受験を取り巻く環境は、日々進化していますね!

予備校に通うにしても、高校1年のときから通うのか、受験間近だけ通うのかでは、費用に雲泥の差があります。苦手科目に絞って通学したり、直前講座だけ選んで受けたりと、賢く選択したいですね。

「入塾金」も、場合によっては免除されることがあるようです。制度が利用できるか、しっかりとチェックしましょう。このように、現役生においてはかなり予備校の費用を押さえることができそうです。

予備校っていつから通うのが正解!? その疑問、解決します!|マイナビ進学U17
予備校にはいつから通うのが正解なのか。通い始めるタイミングに悩んでいる高校生に、アンケートの調査結果をご紹介します。 参照元:リクナビU17(2015年12月現在、著者調べ)

manavee | 大学受験生向けの無料の映像講義が10000以上。
大学受験向けに無料で勉強できる映像講義が10000以上。相性のいいオススメ講師が見つかります。 参照元:manavee(2015年12月現在 著者調べ)

<浪人生>使える制度をチェック!

浪人をするにあたり、まずはしっかりと「進路」を決めましょう。どの大学に行きたいのか、もし落ちたら第2志望の大学へ行くのか、2浪するのか、などです。「なんとなく」浪人生活を始めてしまうと、あとが大変です。

進路がしっかりと決まれば、現時点での学力を踏まえ、どういった予備校通いが適切か考えましょう。お子さん次第では、後期から予備校に通えば十分という場合もあるでしょう。その場合は、費用が半分程度に抑えられます。

「宅浪」と言って、自宅で浪人生活を開始するお子さんもいます。こちらは、しっかりとした自己管理がお子さんに求められます。宅浪を選択しても、夏・冬季補習や模擬試験など予備校を利用する場合もあります。また、Z会など自宅学習専用の教材を利用する方も多いようです。

「奨学」制度を設けている予備校もあります。例えば、「河合塾」では河合塾奨学基金制度や河合塾被災者特別奨学制度を設けています。

成績が優秀であれば、「スカラシップ制度」も利用できるかもしれません。これは、成績に応じて学費が免除されるシステムです。特別に試験を受ける必要があったり、制度利用にはそれぞれ条件があります。

受講料の割引価格が入塾前からわかる予備校、入塾してから「スカラシップ制度」が利用できるかわかる予備校と、それぞれです。希望する予備校には、スカラシップ制度があるのか、利用条件はどのようなものか、ホームページ等でしっかりチェックしておきましょう。

「入塾金」も、現役生と同じく免除制度があります。これらもホームページに記載があります。現役時代に通っていた予備校に、そのまま通学する場合は、入学金が免除される場合がほとんどです。

あらかじめ、浪人も覚悟しているというお子さんの場合は、現役時代に通う予備校は、浪人後を踏まえて選んでも良いかもしれません。

予備校に全日通う「本科生」の場合は、交通費について学生割引を受けられます。こういった制度は、きちんと活用しましょう!

学費 | 大学受験科 | 大学受験の予備校 河合塾
奨学制度について 参照元:河合塾(2015年12月現在、著者調べ)

まとめ

小・中・高に比べ、飛びぬけてお金がかかるのが「大学受験・進学」です。予備校代も、小・中学校時代の塾代に比べると、はるかに高くなります。もし、浪人を希望するなら、私立大学に1年間プラスして通わせるような金額が家計からでていきます。

お子さんが希望すれば、予備校通いや浪人もさせてあげたいというのが、親の共通の願いかと思います。しかし、やはりお金がかかります。百万単位の支出は、家計への大きなダメージとなるでしょう。

子が大学受験をしたあとは、親世代が老後に対してお金を貯めていく時期になります。この時期にローンを組むと、老後の資金を作る期間が少なくなってしまいます。大学受験に関して、資金面でしっかりした準備をすることが一番大切です。

しかし、予想外のことが起きるのが子育てです。突然、お子さんがお金のかかる大学・学部を志望する場合もあります。努力の甲斐むなしく、志望校に落ち、浪人をしたいと言う場合もあるいでしょう。お子さんの希望する進路が、もし思ったよりお金がかかるものだったら、その場合はしっかり家族で話し合いましょう。

家計を踏まえ、しっかりと家族みんなで進路を話し合って、無理のない進学ができたらいいですね!