「株価」とは?決まり方や原理を知りたい人必見!投資基礎講座

銀行にお金を預けるぐらいなら株式投資した方がいい、なんて言われる昨今。思い切って株式投資始めてみようかな!なんて方も多いのではないでしょうか。「でも株って何だか難しそう」「専門用語多いし」「失敗したらどうなるの」なんて声もチラホラ…。そんなあなたの為にこの記事では株に関する疑問を徹底解説します!株取引の概要が知りたい!株価の決まり方が知りたい!儲かる原理が知りたい!という方必見です!



そもそも株価ってなに?

株価とは会社が発行した株式の「その瞬間の」お値段

株価とはいったいなんでしょう。それを知るためには株式会社というものの形態をよく知っておく必要があります。会社は非常にたくさんの資金が必要になるときがあります。この時どうやってそのお金を調達するのか。その方法の一つが「株式を発行する」というものです。

株式を発行すると何故お金が手に入るのでしょう。それは発行された株を多額で買い取ってくれる投資家がたくさんいるからです。彼らはたくさんのお金を持っていて会社が発行した株をいち早く買い取ろうとしています。こうして会社はお金を手に入れ、投資家はその会社の株を手に入れます。

こうして会社の株式が世に出回ります。株式はその後、世界中のそこかしこで取引され、そのたびに株式の値段、すなわち「株価」が決定します。つまり株価とは株式を持っている人と欲しい人がいくらで売買しましょうと合意した時に決定する株式の「瞬間的な」値段、なのです。



投資家が株式を買うメリットとは?

では投資家は何故株式を購入するのでしょうか。ただ購入するだけでは会社にお金をあげるだけです。しかも株式というものは一度発行すると会社は買い戻す必要がありません。つまり発行して売れた分だけ会社はお金をゲットし、その後は知らんぷり出来るわけです。

これで終わりでは株式を買い取る投資家なんて存在しないでしょう。投資家もお仕事、利益を求めなくてはいけません。決して慈善行為で株式を買っているわけではないのです。(極稀にそういう人もいるかもしれません。)

ということは当然、株式購入にはそれなりのメリットがあるはずです。実際、いくつもメリットがあります。ここではそのいくつかを紹介していきましょう。

①値段(株価)が変動し、売買が可能

最初のメリットは株式は、株価が変動し、売買が可能ということです。何故これが大きなメリットとなるのでしょうか。それはこの条件があることで、大きな利益を得る事が出来る可能性があるからです。

投資家はまず最初に会社から株式を買い取ります。そしてこの株式の値段、すなわち株価は実は一定ではありません。様々な要素に左右されて上がったり下がったりします。という事は買い取った株式の株価が上がった時に売ればその差額が丸々、儲けになるわけです。投資家達はは頃合いを見計らって手に入れた株式をより高額な値段で他人に売り払おうとするわけです。

後はこの繰り返しです。会社の株を持っている人と、その会社の株を欲しいと思っている人が互いにお金と株式を交換していくのです。ですから株を持っている人は、株価が上がればより高額で交換できる=儲ける事が出来るの嬉しいですし、株価が下がればより低額でしか交換出来ない=損する、ので悲しいというわけです。

②配当金が出るかも?

会社によっては株式を持っているだけで配当金を出してくれる事があります。これも株式を買うメリットです。当然、1株あたりの配当金は株価よりも大幅に少ないものとなりますが大量に株式を購入していればそれだけ大きな配当金を手に入れる事が出来ます。

世の中にはこの配当金だけで暮らしていける!と豪語し実際にそうされている方もいらっしゃるようですね。羨ましい限りです。

③株主優待がある!

会社によっては株主優待というものがあったりします。これは株を買って株主になってくれた人に対して会社側から特別に特典をあげますよというものです。

ありがちなのは自社の製品の一部を無料、もしくは割り引いた値段で差し上げますよというものです。これも株式をたくさんもっているとたくさん受け取る事が出来ます。先ほどの配当金とセットで、これさえあれば本当に何もなくても暮らしていけるかもしれませんね。

④会社の経営に口出しすることが出来る!

これは株式会社の最大の特徴といってもいいと思います。皆さん、株式会社の持ち主って誰だと思いますか?社長でしょうか。それとも創業者?いいえ違います。正解は株式を持っている人、すなわち株主です。

株式会社は株式でお金を調達出来る代わりに株主の言う事を必ず聞かなければいけません。そのため株式を大量に保有している人ほど、会社に対して口出しする権利が強くなります。株主総会という言葉を聞いた事があると思いますがあれは株主が一同に会して会社側から様々な説明を聞き、会社に意見を言うための場なのです。

この条件があるため、大半の会社は自社の株式の過半数、もしくは2/3を所有しています。そうしておくことで株式でお金を集めながらも最終的な会社の決定権は会社自身が持つことが出来るからです。逆に過半数を常に手元で持っておかないと大変な事になったりします。

その大変な事というのが会社の乗っ取りです。この制度を使ってたまに会社を乗っ取る事件が発生したりします。例えばA社の株式をB社が買い漁って過半数保有した場合、A社はB社のモノになります。2005年にライブドアという会社がニッポン放送の株を過半数取得して大騒ぎになりましたが、あれは株式による乗っ取りだったわけですね。

株価を決めているのはだれ?

さて、投資家が株を買う理由、おわかりいただけましたでしょうか。ではその株式の値段である株価、これはいったい誰が、どうやって決めているのでしょう?

実は誰も決めていない!?

実は株価を決めている人は誰もいません。自然とその値段になるように設定されています。皆さんは需要と供給というものを御存じでしょうか。誰かが何かを欲する事を「需要」と言い、それに対して誰かがその何かを提供する事を「供給」といいます。株価は基本的にこの「需要と供給」によって設定されています。

例えばここにある会社の、株価100円で買った株があるとしましょう。皆さんがこの株の持ち主です。さて、最近この会社の株がすごく人気です。世の投資家たちはこぞってこの株を買いたいと考えています。しかし全員に行きわたるほどの株式は発行されていません。

この時株価はどうなるかというと上がります。世の大半が欲しい(需要)と思っているのにそれを提供(供給)することが出来ないからです。そこで株が欲しい人が「ちょっと高い値段を出してでもいいから買わせてくれ」と言ったり、株を売りたい人が「そんなに欲しいのなら一番高い値段出してくれる人に売りまーす」などと言ったりするので(実際に口に出してはいませんが)株価はどんどんあがるわけです。

こうしてどれくらい株価が上がるかというと、多い時には10倍20倍上がったりします。(極稀です)そしてそのタイミングで売れば皆さんは元手の10倍20倍稼ぐことが出来るわけです。

では逆にこの株が全くの不人気株だったらどうなるでしょう。需要がどんどん落ち込むものの供給はいっぱいあるという状態です。…もうお分かりですよね。もちろん株価はどんどん落ちていきます。とんでもない暴落になる事もあります。

こうなると株を持っているみなさんにとっては損になるわけです。今は100円の株1つなので多少下がってもダメージは少ないですが、例えばこの100円の株を1万株、合計100万円で買い取っていたとしましょう。

株価が100円から1円下がるだけでもなんと1万円も損してしまいます。これが更に暴落して90円80円なんてなってくれば目も当てられません。この時、株を持っている人(株主)は皆、「やばい。はやく売らなくちゃ」とどんどん売ろうとするので、供給が大きくなりますます株価が下がっていくわけです。

株価を予測することは不可能!?

ではどんな時に株価が高まり(需要が高まり)どんな時に株価が下がる(需要が下がる)のでしょうか。これは非常に難しい問題で「これさえ見ておけば大丈夫!」というものはありません。本当に複雑に絡み合っていましてプロでも完全に見極める事は不可能です。

一例を挙げましょう。会社が「今年は株主配当金を多めに出します!」などと言った時には株価が上がる事が多いです。何故なら皆配当金欲しさにその株式を買おうとするだろうと考えられるからです。この時どう行動するかは人によります。例えば

・配当金が欲しいからとりあえず株式を買おうとする人
・配当金よりもここで株式を売った方が利益が出そうだから株式を売ろうとする人
・配当金が出た後に株価が下がる事を予測して、あえてここは放置しておいて買うのを待つ人

などなど、実際にはこれ以外にも様々な思惑を持って株式売買に参加する人が出てくるでしょう。彼ら一人一人の思惑もどう行動するかも完璧に把握する事は出来ません。結果彼らの行動によって変動する株価を正確に予測することは本来誰も出来ないのです。



株価が変動する要因は?

しかし予測出来ないからといって適当に株を売買していてはただのギャンブルと変わりません。確定ではないとしてもそれなりにいくつかの変動要因と考えられるモノはあります。ここではその代表的なものを取り上げましょう。

要素①:会社の業績

まず着目されるのが会社の業績です。株価は会社の価値を示すと言われており、会社の業績が上がると「この会社は価値がある!」とされるため株価が上がる傾向にあります。一方で会社の業績が下がると「この会社はダメだ!価値が無い!」とみなされ株価が下がったりします。

実際、会社の業績があまりに悪いといずれ会社は潰れます。その時その会社の株式を持っていてもただの紙屑になるだけです。(今はデータで取引されるので紙すら残りませんが…)株価もそこには敏感に反応していて、業績が悪くなってくると「この会社やばいな…潰れる前に株式売り払ってしまおう」という動きが活発になります。

そうなると当然株価は下がっていくわけで、あまりに株価が急落しているようなら一度会社の業績を見てみた方がいいかもしれません。

要素②:金利

実は金利が株価の変動に影響を与えるという傾向もあります。金利が上がると株価が下がり、金利が下がると株価があがると言われています。

これは実質的には会社の業績に影響してします。会社は基本的に銀行などから借金をし、その金で会社を運営し業績を上げています。ここで金利が上がると銀行から借りる時に返さなくてはいけない利息が増えるので、会社側はあまり借りたくないと考え、積極的に活動しません。そのため業績もあまりあがらないのです。結果として会社の業績が小さくなり、株価が下がったりします。

逆に投資家サイドで見ると、金利が上がれば株式投資などに手を出すよりも銀行などに預貯金しておいた方がいいのではと考えます。結果株式を買おうという動き、すなわち需要が小さくなり株価も下がるというわけです。今は国がゼロ金利政策を敷いているので株式の方が良いとされていますが、金利が上がってきたら話しは変わってくるかもしれません。

要素③:為替

為替も株価に大きな影響を与えると言われています。為替とは日本の円と外国の通貨の交換レートの事を言い、日本円の価値が高まると円高、下がると円安となります。基本的に円安になると株価が上がると言われていますがこれも様々な見方があります。

一つは日本の会社は輸出で儲ける会社が多いから円安になると会社の業績が良くなり、株価が上昇するだろうという見方です。この理論でいけば当然会社の形態によって株価は変わるはずです。輸出業は株価が上がり、そうでない会社は関係がないという事になります。

他の見方としては外国人投資家が株を買うだろうという考え方です。円安の時、外国の通貨を持っている外国人投資家はより安い値段でたくさんの円を買うことが出来ます。この安く買い取った円で株式を買おうとするだろうから需要が高まり株価が上がるだろうという考え方です。

実際ドル円の為替レートと日経平均株価は相関関係を持っているとされそんなに間違った見方ではないとされています。

要素④:国際情勢

国際情勢も株価に影響する事があると言われています。例えば2008年9月15日にリーマン・ブラザーズという会社が破綻しました。後にリーマンショックと名付けられるこの事件ですが、みなさんもご存じのとおりこの事件をきっかけに日本の株価が大幅に下がったのです。

何故この時日本の株価が下がったかと言われると様々な見方がありますが、考え方の一つとして世界中の金が日本に集まりすぎたからというものがあります。その理由を説明しましょう。

リーマンショックで投資家たちは、世界中の通貨が危険だと感じました。為替の問題があるので当然誰もが安全な通貨へと手元のお金を変えようとし、その対象が日本円だったわけです。(安全な通貨、危険な通貨とは何かという話は長くなるので割愛します。)

この時猛烈に日本円が円高を起こしています。前述した通り、日本円が高くなると株価は下がるので円高の動きに引っ張られて大幅に日本の株価は下がっていったというわけです。当時日経平均株価は7000円台まで落ち込みました。今は1万7000円ぐらいあるのですから(2016/1/23現在)とんでもない差です。

もちろんこれ以外にも様々な要因が考えられます。覚えておいて欲しいのは国際情勢は株価に大きな影響を与える可能性があるという事です。

他にも様々な要素がある

この他にも様々な要素が株価を決定している、とされています。その全てをここで紹介するのは不可能なので興味を持った方は是非それぞれで調べてみて頂ければと思います。世の中の動きがぼんやりと見えてきて非常に面白いですよ。

株価に関する豆知識

株価とFXの値段は別物

ときどき勘違いされている方がいらっしゃるのですが、株式市場とFXは別物です。FXは為替を土台とした取引で、日本円とドルやユーロなど様々な通貨を交換し合ってその差額で儲けを出す、というやり方です。株式市場とは何ら関係ありません。

FXにはレバレッジというものがあり実際に持っているお金以上に取引する事が出来ます。これが曲者で当たればとんでもない儲けを出しますし外れれば莫大な損失になります。株式市場にもレバレッジは存在しますが、最大3倍程度です。FXは現在(2016/1/23現在)、最大25倍とされています。昔は400倍も可能だったそうですが流石によくないと思ったのか規制が入ったようです。

全ての会社の株式を売買できるわけではない

長々と株価について書いてきましたが注意しておきたい事が一つ。実は我々一般人では全ての会社の株式を売買出来るわけではありません。我々が取引できるのは証券取引所という場所で「上場」した一部の選ばれた企業のみです。

上場出来る企業を決めるのはそれぞれの証券取引所で、証券取引所毎にその基準は異なります。日本で今一番厳しい条件といわれているのが東証一部上場で有名どころの企業はほとんどこの東証一部というところに上場しています。

ですので、最近仕事先で面白い企業を発見した!株式を買いたい!なんて事があっても、その企業が上場していなければ基本的に株を購入することは出来ません。気を付けてください。

いかがでしたか?

ここまで株価とは何か。またはそれに関する網羅的な情報を書いてきました。最後にもう一度要点を整理しておきましょう。

株価とは会社が発行した株式の値段である。

株価とは何か。その答えは「株価とは会社が発行した株式の値段」ということでした。株価は一定の額に留まる事はありません。取引があるたびに常に変化しています。だからこそ株で儲けたり損したりと様々なドラマが巻き起こるわけです。

株式を持っていると色々なメリットがある。

株式を持っているとそれだけで様々なメリットがあります。主なものとして以下の4つでした。

・株価の変動に合わせて売買することで儲ける事が出来る。
・配当金をもらえる。
・株主優待をもらえる。
・会社の経営に口出しすることが出来る。

などなど。自分の目的と、それに見合う株価かどうかしっかり判断して売買しましょう。

株価の未来は誰にも予測できない。

株価は様々な要素が絡み合って決まるもの。その全てを掌握出来ない以上、誰にもその未来を正確に予測する事はできません。誰かが上がると言っていたから絶対に上がる!何てことはあり得ません。株を売買するなら自分で責任を持ってやりましょう。

株価の変動要因は様々。

様々な要素が絡み合っていますから株価を予想することはできません。といって何も考えずに株を売買するのはギャンブルと同じです。ここではいくつか代表的な、株価に影響を与えると考えられているモノを挙げました。

・会社の業績
・金利
・為替
・海外情勢

などなど。他にも色々な考え方があるので気になる人は是非ご自身で調べてみてください。

ここでは書ききれない程の情報量が埋もれている株式市場。

長々と株価について書いてきましたが、実際のところ株価や株式市場についてたった1記事で伝えられる事はほんのわずかしかありません。株は、世の中のあらゆることに影響を与えているとおもいます。だからこそ難しくもあり、楽しくもある分野です。

株価や株式市場というものに興味がわいた人は是非ご自身で調べてみてみましょう。大変ではありますが、世界についての見識が広がり、きっと楽しいものになると思いますよ。