浮気相手に慰謝料請求したい!相場&やるべきことを伝授

夫の浮気が発覚、というのはとてもショッキングで心を深く傷付けられるできごとです。どうしたらいいのか、気が動転してしまう方も多いでしょう。どうにかして償ってもらいたい、そんなときに考えられるのが慰謝料を請求することです。浮気相手に対する慰謝料請求はどのようなときにできるのか、金額の相場はいくらなのか、やるべきことは何なのか、など慰謝料請求をする上で知っておきたいことをまとめました。



浮気されたときの慰謝料請求について

浮気をされた場合、浮気相手に対しても夫に対しても慰謝料を請求することができます。しかし、離婚をしない場合、夫に慰謝料を請求しても夫婦間で金銭が移動するだけですので、あまり意味がないことが多いです。また、離婚をする場合でも、夫だけでなく浮気相手にも慰謝料請求をした方が、より高額な慰謝料を手にすることができるケースがあります。

そこで、今回は浮気相手に対する慰謝料請求について見ていきましょう。まず、浮気相手に慰謝料請求をする場合、示談を行うことが考えられます。裁判になると費用もかかりますし、身体的にも精神的にも負担がかかるからです。しかし、示談では交渉がまとまらない場合は裁判を起こすことになります。

裁判になると、裁判所が判断を下す形になるので、必要な要件や証拠が揃っていないと慰謝料請求を認めてもらえません。では、どのような要件や証拠が必要になるのでしょうか?また、どういう条件で金額が決まるのでしょうか?以下にまとめました。



慰謝料請求はどういうときにできる?

浮気なら全ての場合に慰謝料請求が認められるわけではなく、いくつかの要件を満たす必要があります。以下にまとめましたので、順に見ていきましょう。

①肉体関係がある

デートをした、キスをした、これは立派な浮気であると考えるのが通常ですよね。しかし、裁判上慰謝料請求が認められるのは、原則として肉体関係があった場合、とされています。例外的な裁判例もないわけではないようですが、基本的には肉体関係がなければ裁判では慰謝料請求は認められない、と考えておきましょう。

②浮気相手が妻の存在を知っている

不倫による慰謝料請求が認められるには、浮気相手が夫が既婚者であることを知っていたか、もしくは通常なら気づくことができたこと(結婚指輪をしていたなど)が必要になります。したがって、夫が浮気相手に対して独身であると偽り、浮気相手が特に落ち度も無くそれを信じていた場合には慰謝料請求は認められません。この場合は夫にのみ慰謝料請求ができることになります。

③夫婦関係が破綻していない

そもそも不倫による慰謝料請求が認められているのは、不倫により円満な夫婦関係が被害を被ることで精神的な苦痛を受けたからです。したがって、不倫をする以前から、別居をしていたり家庭内別居をしていたりして夫婦関係が破綻していた場合には、浮気相手に対してはもちろん、夫に対しても慰謝料請求は認められなくなります。仮に認められたとしても金額は低額になります。

④時効になっていない

慰謝料請求は、浮気相手に対して自分が精神的な苦痛を受けたことについて賠償を求める権利の主張です。そして、この権利は時効により消滅するものとされています。

では、どのようなときに消滅してしまうのかと言うと、①浮気の事実と浮気相手が誰かを知ってから3年経過したとき、または②浮気されたときから20年経過したときです。「浮気相手が誰かを知る」というのは、慰謝料請求ができる程度に知っていること、つまり名前と住所を知っていることを指します。

争いごとをするのに気が引けて慰謝料請求をしないまま時間が経つと、慰謝料請求できなくなる場合があるのですね。時間が経つと、証拠も散逸してしまったり記憶があやふやになったりして裁判が難しくなる、という弊害もあります。そういった意味でも、慰謝料請求をする気があるなら、十分な証拠が集まり次第行動することをおすすめします。

また、「慰謝料請求はしない」という示談をしてしまった場合は、慰謝料請求をする権利を放棄したことになるので、この場合ももはや慰謝料請求はできません。一時の感情に任せて「慰謝料なんかいらない」とうっかり発言してしまわないように注意しましょう。

証明するのは①・②のみでOK

裁判になった場合に慰謝料請求が認められるための要件は上記の4つですが、こちらで4つとも証明しなければならないわけではありません。③夫婦関係が破綻していないことと④時効になっていないことについては、浮気相手が慰謝料請求に対する反論として「夫婦関係は既に破綻していた」「時効が成立した」ということを主張する決まりになっています。

したがって、浮気相手が③・④について何も主張してこなかった場合は、こちらからは何も言う必要はありません。また、③・④について主張してきた場合でも、証明しなければならないのは浮気相手の側ですので、こちらとしては裁判官が「本当に夫婦関係は破綻していたのかどうか、分からない」という言わばグレーの状態まで持って行ける程度の反論ができれば大丈夫です。

慰謝料の金額はどうやって決まる?

浮気の慰謝料の相場は50~500万円です。一般的に示談よりは裁判の方が慰謝料の金額は低くなる傾向にあります。裁判では、浮気相手・夫・自分の責任の度合い、浮気の悪質度等、以下のような様々な要素が考慮されます。

浮気相手側の要素

【浮気相手の年齢】浮気相手が若いほど思慮分別が乏しいものとされ、浮気相手の責任は軽くなり慰謝料が減額される要因になります。また、夫との年齢差があるほど夫が主導的であったと認められやすく、減額の可能性があります。

【浮気の期間】長いほど悪質なものとされ、増額の要因になります。

【積極性】浮気相手がより積極的に浮気に誘った場合、増額の要因になります。夫がより積極的だった場合は、浮気相手への慰謝料請求が減額される分、夫への慰謝料請求が増額されることが多いようです。夫が職場の上司で浮気相手がその部下だった場合など、浮気相手が断りにくい状況の場合は夫が主導的だったと判断される傾向にあります。

【浮気相手の反省度】浮気相手が真摯な謝罪をしている場合は慰謝料は減額される傾向にあります。また、職場での浮気だった場合などに浮気相手が退職を余儀なくされたときは、社会的制裁を受けたものとして減額される可能性があります。反対に、浮気を否定して白を切ろうとしたり、浮気発覚後に別れるという約束をしたのに隠れて会っていたりした場合には増額の要因になります。

【浮気による妊娠】浮気相手と夫との間に子供ができてしまった場合は、精神的ショックはより大きいものとされ、慰謝料は増額される傾向にあります。

【浮気相手の経済状況】浮気相手が高収入であったり資産を有していたりする場合は、慰謝料は増額される可能性があります。

自分側の要素

【精神的被害の度合い】うつ病になったり自殺未遂を起こしたりするなど精神的ショックが大きいと思われる場合は慰謝料は増額の傾向にあります。

【初婚かどうか】再婚の場合より初婚の方が慰謝料は高い傾向にあります。

【婚姻期間の長さ】長いほど精神的ショックが大きいものとされ、慰謝料は増額されやすくなります。

【夫婦関係の状態】浮気以前の夫婦関係が良好であるほど、夫婦関係を破綻に導いた浮気の責任の重さが追及されることになり、慰謝料は増額の傾向にあります。反対に、自分が夫との性交渉を拒んでいた、など夫が浮気に走る要因を作っていた場合には減額される可能性があります。

【夫婦関係の修復可能性】修復が困難であるほど、浮気の責任は重くなるため、慰謝料が増額されやすくなります。

【子供の有無】子供がいる場合、子供の精神的な被害も考慮されるため増額の要因になります。また、子供が幼いほど精神的に不安定になりやすいため、増額されやすくなります。子供の人数も多いほど、それだけ被害を受けた子が多いということになるので、増額の方向に働きます。

【離婚後の経済状況】自分が子供の親権を持つ場合、経済的に困窮しやすいということで増額されやすくなります。また、専業主婦で就職先が確保できていなかったり、パートで僅かな収入しかなかったりする場合は増額の要因になります。反対に、自分が高収入の職業に就いている場合は減額の要因になります。

【再婚の可能性】自分の年齢が若いなど再婚の可能性が高いほど慰謝料は減額される可能性があります。



裁判例で見る慰謝料の相場

慰謝料50万円が妥当とされたケース

【平成4年12月10日東京地裁】
①婚姻期間は約4年で、子供は1人でした。
②浮気相手は夫の職場の部下で、浮気をしていたのは約8カ月でした。
③浮気の他、色々な原因から夫婦関係が悪化しましたが、夫の親族の力添えにより修復しました。
④浮気発覚後、浮気相手は退職し、実家へ帰りました。

このケースで認定された慰謝料は50万円でした。②夫が上司ということで夫が浮気において主導的立場であったこと、③夫婦関係は修復されていること、また夫婦関係が悪化したのは浮気のためだけではないこと、④浮気相手が社会的制裁を受けていること、といった事情から低額の慰謝料になりました。

慰謝料300万円が妥当とされたケース

【平成3年9月25日横浜地裁】
①婚姻期間は約20年で、子供は2人いました。
②浮気相手は初めは夫が独身であると思っていましたが、妻の存在を知った後も関係を継続しました。
③妻に関係が発覚した後、約3年間は関係を中断しましたが再び関係を持つようになりました。
④夫と浮気相手の浮気が主たる原因で婚姻関係が破綻し、別居に至りました。

このケースでは、浮気相手から受け取る慰謝料は300万円が妥当と判断されました。②③既婚者と分かってからも関係を継続したり、浮気発覚後も関係を再開していたりして反省の度合いが低いこと、④浮気が夫婦関係の破綻を決定付けたことから比較的高額の慰謝料となりました。

なお、このケースでは夫との離婚協議の結果、夫から500万円の慰謝料を受け取ることになったため、結局浮気相手に対する慰謝料請求は認められなくなりました。夫から十分な慰謝料を受け取ると、浮気による損害は賠償されたもの、とされるのです。

証拠集めはどうすればいい?

裁判では証拠が必要

裁判で慰謝料を請求するためには、①肉体関係があること、②浮気相手が妻の存在を知っていることをこちらで証明しなくてはなりません。そこで、その証明のための証拠が必要になります。

示談の場合には証拠は必ずしも必要ありませんが、あればより有利に交渉を進めることができる可能性があります。また、浮気がこちらの勘違いであった場合、反対に相手から名誉毀損で訴えられることがありますが、証拠がある状態であればそのような危険も避けられます。

では、どのようなものが証拠として認められるのでしょうか?順に見ていきましょう。

①肉体関係があったことの証拠

浮気はほとんどの場合内密に行われるため、なかなか現場を押さえるということは難しいので、肉体関係があったことが推測されるような事実を証明できれば、裁判では肉体関係があった証拠として扱ってもらえます。

例えば、ラブホテルや浮気相手の自宅に長時間滞在していた、旅行に行って同室で宿泊したなどという場合は、裁判で肉体関係があったものと判断され得ます。このような事実の証明のためには、ラブホテル等へ入っていく時と出てきた時の日時入りの写真や動画、現場を目撃した友人の証言や探偵の報告書が証拠となります。

また、ホテルの領収書、クレジットカードの明細、ラブホテルのポイントカードなども証拠として提出することができます。この他、メールや手紙などに肉体関係があったことが分かるような言葉がある場合や、浮気相手が浮気を認めた念書や録音した音声がある場合はこれらも証拠となり得ます。

ただ、普通のメールのやり取りや通話履歴のみの場合は証拠としては弱いので、他に肉体関係を推測させる証拠が必要になります。

②既婚であることを知っていた証拠

浮気相手が自分と夫との結婚式に出席していた場合は、それだけで夫が既婚であることを知っていた証拠になります。また、夫と浮気相手が同じ職場である場合も、浮気相手が「知らなかった」という反論をしてもなかなか認められません。この他、浮気相手と夫とのメールのやり取りの中で「奥さん」など妻の存在を知っていることが分かるフレーズが出てきていれば、そのメールを証拠とすることができます。

証拠を集めるには泳がせる

浮気の事実を知ってしまったら、頭にきてすぐに相手に怒りをぶつけたくなりますが、慰謝料請求を考えている場合、ぐっとこらえてまずはしっかり証拠を集めることが大事です。証拠を掴めるまでは、夫と浮気相手は泳がせておきましょう。

自分で証拠を集める以外に探偵事務所に依頼する方法もありますが、多くの場合高額な費用がかかりますし、裁判においては浮気相手に探偵の費用を請求することは認められていないので、依頼する場合は注意してください。

謝罪の文書を証拠とする手も

もし、証拠を掴むのが難しい場合は、内容証明郵便にて、浮気の証拠を握っているかのように装い謝罪のみを求める、という方法があります。浮気相手が肉体関係を認めて謝罪をした書面が入手できれば、それが浮気の事実を証明する証拠になります。

この内容証明郵便を送る際は、あくまで謝罪のみを求めるようにし、慰謝料のことには触れないように注意してください。初めから慰謝料の支払いを求める姿勢を見せると、浮気相手も慎重になり、白を切ろうとしたり証拠の提出を求めたりする可能性があります。

また、「慰謝料はいらないから謝罪だけしてほしい」と言ってしまうと、慰謝料請求をする権利を放棄したことになって慰謝料請求ができなくなってしまいます。絶対に言わないようにしましょう。

高度な交渉になりますので、費用はかかりますが、弁護士や行政書士のうち浮気による慰謝料請求を得意分野とする専門家に文書作成を依頼した方が、良い結果になりやすいかと思います。法律家の名前で内容証明郵便が届くと浮気相手が心理的圧迫を受けて謝罪に応じやすくなる、という点でも法律家への依頼は効果的です。

まとめ

浮気が発覚したらショックでどうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。揉め事が苦手な方は慰謝料請求をしない、というのも一つの考えです。しかし、悲しくてせめてお金でだけでも償ってほしい、という方は、まずは落ち着いて証拠を押さえる、ということを頭に入れておいてください。示談をするにせよ裁判になるにせよ、証拠があることが重要になります。

証拠を集める作業は、浮気の事実をまざまざと突きつけられることになるので大変辛いものですが、お子さんがいらっしゃる場合はお子さんのためにも、いらっしゃらない場合も自分が後悔しないために、気持ちを奮い立たせて頑張りましょう。