赤ちゃんグッズを手作りしよう!こんなに簡単&短時間でできるワザ

かわいいかわいい赤ちゃんグッズ。でも買うと結構なお値段なものもいっぱいあります。そんなに使うかわからないし、という方や、せっかくだから心を込めて手作りしたいけど不器用だし、自分にできるかな?という方に簡単にできちゃう手作り赤ちゃんグッズをご紹介します。これを読んで、ぜひぜひかわいい赤ちゃんにオリジナルのグッズを作ってあげて下さい。



定番のスタイ

手作りの赤ちゃんグッズ、と聞いてまず思い浮かぶのがスタイ(よだれかけ)ではないでしょうか?スタイはすぐ汚れるので何枚あっても困らないものです。赤ちゃんのよだれが出る時期だけ使うのではなく、ご飯を食べる時にも使うので、あまり高いものだとつい汚れが気になって、使うのを躊躇してしまったりします。

そこで、まずはこの定番グッズを安く簡単に手作りしてみましょう。ここでは、布に型をとって、切って…というのが面倒な方にはもってこいの、とっても簡単なハンカチスタイの作り方からご紹介します。

作り方

【材料】
・ハンカチ
・スナップボタン
・針
・糸

【必要な道具】
・針
・糸

【手順】
ハンカチを三角になるように半分におり、両端にスナップボタンをつければ完成。

これが一番簡単にできてしまうスタイです。好きな柄のハンカチがあればとてもかわいいスタイができます。そして赤ちゃんにつけてみると、スカーフのような感じになるので実はオシャレ感もあります。スナップボタンのかわりにマジックテープを付ければ、付けはずしがもっと簡単になります。ハンカチ一枚じゃ薄すぎるな、というかたはハンカチを2重にして下さい。 家にあるハンカチとボタンを使えば、材料費はタダでできるので、買うよりもとっても経済的です。そしてハンカチもボタンも100均に売っていて、種類も豊富ですので、材料を買って作っても、200円くらいでできてしまいます。市販のスタイの値段はピンからキリまでですが、ブランドのものや、かわいいデザインのものなどは、1,000円前後するものもありますので、手作りすれば節約効果は大きいと思います。



授乳クッション

この授乳クッション、欲しいけどちょっと高い、と思った事はありませんか?見た目も比較的簡単そうな作りだしあんまり高いお金は払いたくないな、そう思っているママさん達、これもぜひ手作りしてみましょう。好きな柄で作れば、授乳タイムもより楽しく、リラックスしたものになること間違いないです。

作り方

【材料】

・布:2枚(お持ちの型紙に合わせたもの)
・中に詰める綿:800g(お好みの固さに合わせて調節して下さい)
・型紙

【必要な道具】
・はさみ
・チャコペン(なければ鉛筆でもペンでも)
・ミシン(手縫いの場合は針と糸)

【手順】
・まずは布を型紙に合わせて切っていきます。
・次に2枚の布を中表(表が内側になるように)縫い合わせます。綿を詰めるために10cmほど縫わずにあけておいて下さい。
・縫わずにあけておいた所から布をひっくり返したら綿を詰めていきます。
・綿を詰め終わったらまつり縫いで口を閉じましょう。これで完成です。

型紙は無料のものがインターネットで探せばたくさんありますので、好みの大きさのものを探してみて下さい。綿はたくさん詰めた方がしっかりしたクッションになりますので、ここではあまり節約せずにいっぱい詰めた方がいいようです。

型紙に使う紙ですが、これもちゃんとした紙でなく新聞紙などで十分です。私が参考にした授乳クッションの作り方のホームページにも無料の型紙がついているのでぜひ参考にして下さい。また綿はいらなくなった枕や座布団などあればその綿がつかえるので、節約になりますがこちらも100均で販売されているようです。

またインターネットでも安ければ100gが100円程度で販売されています。家にある材料でつくれればタダで、また材料を購入したとしても1,000円くらいでできますので、購入するよりも費用は1/3程度におさえられるのではないでしょうか。

【楽天市場】手芸用品 中材 手芸綿:マダム コットン
参照:楽天市場 2016年1月、著者調べ

授乳クッションの作り方(型紙付き) – 幸房はなかな –
参照:幸房はなかな 2016年1月、著者調べ

おくるみ

文字通り赤ちゃんをくるむための布がおくるみです。生まれたての赤ちゃんは、小さくてふにゃふにゃしているので、おくるみで包んであげると、まだ抱っこになれないお母さんも、少し安心して抱っこしてあげる事もできます。

温度調節にも役立ちますし、日よけやタオル代わりにもなる万能アイテムです。市販品にはたくさん種類があり、デザインも豊富です。ただシンプルな作りで、手作りも比較的簡単にできそうなおくるみなので、もし好きなおくるみを見つけたら、その商品を参考に自分で作れば、節約になるのではないでしょうか。

作り方

【材料】
・正方形の布(90cm x 90cm) x 2 
・フード用の正方形の布(30cm x 30cm)x 2 

【必要な道具】
・ミシン(手縫いの場合は針と糸)

【手順】
・まずフード用の布を三角形におります。
・大きい方の正方形の布を中表にして重ねます。
・重ねた2枚の布の間に角を合わせてフード用の布を挟みます。
・フード部分の対角側に20cm程の返し口を残して周りをぐるっと縫います。(フード部分がずれないように気をつけてください。)
・縫い終わったら中を表に返して返し口を縫ったら出来上がりです。
おくるみも家にあるいらなくなったシーツやタオルなどを再利用すれば、費用はかなりおさえられますね。厚めのタオル地で作れば、寒い時期のブランケットにもちょうどいいですし、お風呂上がりにも使えます。また赤ちゃんの肌に優しいダブルガーゼなどで作ってみてもいいですね。ぜひいろんな生地で作ってみて下さい。



まとめ

今回は少ない材料、道具でできて、ミシンがなくても作れる赤ちゃんグッズをご紹介しました。赤ちゃんのものはサイズも小さいので、比較的短時間で完成できますし、材料も家にある使わなくなったシーツや、着なくなった服などをリサイクルして作れるものが多いです。家にある材料でできれば節約効果はかなり大きくなりますので、着なくなった服などは捨てずに、ぜひ手作りに活用して下さいね。