凍結した郵便貯金を<相続>したい|銀行預金の手続き方法

今回は凍結してしまった口座の手続きについてです。銀行の預金については各銀行同じような手続きなのでぜひこれを参考にしていただきたいと思います。気をつけなければいけないのは郵便貯金です。同じ預金口座だと思って安心していたら手続きの違いに戸惑ってしまう方もいるかもしれませんのでその手続きを紹介したいと思います。



口座が凍結した郵便貯金を相続したい

故人名義の口座は相続の対象となっていて、金融機関は名義人が亡くなったことを知った時点で口座を凍結することになっています。どの段階で金融機関が知るというのは各金融機関に寄るのでわかりかねるところでもあります。

つまり残された配偶者と共にその口座で財産を管理していると、生活費を引き出す事ができないばかりか、葬儀費用さえも出せなくなってしまいます。

凍結される前に先に口座から幾分かのお金を引き出しておくのもいい方法ですが、急に亡くなった場合はできませんよね。口座を凍結していたままでおくと、例えば電気や水道、ガスにおいては料金を払われていないことになるので、まずは早い段階で引き落とし口座の名義変更は必要となります。



銀行口座の名義変更について

①相続の申し出と必要書類の準備

口座名義人が亡くなった場合はまずは取引のある金融機関に連絡をします。具体的な相続の手続きについて案内をしてくれます。書類の準備は遺言書や遺産分割協議書があるかどうかによっても変わってきますので、例をご紹介しましょう。

◆遺言書がある場合
・遺言書
・家庭裁判所による検認調書または検認済証明書
・死亡が確認できるもの(亡くなった人の戸籍謄本もしくは全部事項証明など)
・預金を相続する人の印鑑証明書

◆遺言書がなくて遺産分割協議書がある場合
・遺産分割協議書(法定相続人全員の署名や捺印済のもの)
・死亡が確認できるもの
・相続人全員の戸籍謄本か全部事項証明書、印鑑証明書

◆遺言書がなくて遺産分割協議書もない場合
・亡くなった人の出生から死亡までの連続したもの(除籍謄本、戸籍謄本など)
・相続人全員の戸籍謄本か全部事項証明書、印鑑証明書

②書類の提出

必要書類が全て準備出来たら、金融機関の所定の相続の手続き書類に内容を記入して、相続人の署名・捺印をして提出をします。その後金融機関での手続きが行われます。

銀行口座の手続きにおいて注意するべきところ

銀行口座の手続きには期限がないので、まずは残された家族の生活に直接関わる所から手続きをすることが重要かと思います。いくつかの金融機関の口座を持っていても、一つの金融機関で手続きを済ませたことがある方でしたら、必要書類は同じものになってくる場合が多いので、スムーズに手続きができますね。

大手の銀行の場合最寄りの支店が窓口になって手続きしてくれることもありますのでまずは亡くなった人の通帳を確認してその支店にそれぞれ確認をした方がよさそうですね。遠方の場合ですと郵送でのやりとりを行ってくれる場合もありますので、それもぜひ確認しましょう。

銀行の窓口が開いている時間は平日の15時までですので、遠方に支店がある場合はそのために仕事を休まなければならないこともあります。書類が足りない場合、記載の不備があっては何度も通うことにならないように、まずは事前の確認が必要です。

預金相続の手続に必要な書類 – 全国銀行協会
参照元:全国銀行協会(2016年1月時点、著者調べ)

郵便貯金の名義変更について

郵便貯金は他の銀行と異なる手続きがあって最も時間がかかると言われています。先ほど銀行の手続きをご紹介しましたが、どの点が異なるかに注意してみましょう。

①相続の申し出

亡くなった人が持っていた郵便貯金や定期貯金の口座の名義を書き換える場合は払い戻しをする場合には、まずゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口にある「相続確認表」に必要事項を書き込んで提出をします。これはゆうちょ銀行のホームページからもダウンロードすることができます。

②必要書類のご案内の受け取りと提出

相続確認表を窓口で提出して1~2週間程度すると「必要書類のご案内」が相続人の代表者に送られてきます。その書類に相続人全員が自筆署名をして実印で押印ののち、他の書類と一緒に窓口に提出をします。

③払戻金の受け取り

必要書類を提出したのち、さらに1~2週間後に払い戻しを請求した場合は代表相続人の通常貯金の口座に入金されます。名義変更を請求した場合は名義が書き換えられた通帳などが届きます。

郵便貯金の口座の手続きにおいて注意するべき所

郵便貯金の口座の手続きのデメリットとしてはどこの支店でも手続が出来る所です。ゆうちょ銀行の場合は全国たくさんの支店がありますので、自分の住んでいる近くで手続きできるのはとてもありがたい事ですよね。

デメリットとしては、通常の手続きにだいたい1か月かかるということです。書類を提出してから郵送で案内が送られてきたりするのでとにかく時間がかかります。さらに亡くなった人の口座を名義変更しないで払い戻しをするには、ゆうちょ銀行への送金に限られてくるのでゆうちょ銀行の口座を持っていない人は新しく口座を作る必要があります。

相続手続き-ゆうちょ銀行
参照元:ゆうちょ銀行(2016年1月時点、著者調べ)



最後に

預金の口座を一つ考えても名義変更には手ぶらで行くというわけにはいかないことが分かったと思います。今は複数の口座を持っている人が多いので、まずは残された家族が困らないような所から手続きするのが一番ですが、勝手に口座を解約または名義変更をしてしまうと、トラブルのもとになりますので、他の相続人の署名や捺印が必要となってくるわけですね。

今回は一般的な銀行とゆうちょ銀行の郵便貯金についての名義変更や払い戻しについてご紹介をしましたが、書類を出してすぐに口座が使えるようになるわけではないので、くれぐれも記載の不備や提出の書類もれのないように注意が必要ですね。

自分でするのが難しい方は、司法書士や弁護士などの専門家に頼む方法もありますがお金がかかってくることなので、それも相続人同士で相談が必要になってきますね。