年金定期便はいつ届く?スマホでも見られます!

「ねんきん定期便」が届いたのはいつだったかしら?次はいつ届くのかしら?そのくらいの認識の方が多いことでしょう。いつ届くのかの頻度を含めた「ねんきん定期便」について、さらに便利なサービス「ねんきんネット」についてわかりやすくご紹介します。



ねんきん定期便とは

h_fujioka

誕生月に送られてきます

「ねんきん定期便」は日本年金機構から毎年誕生月に送付されてきます。

そこに記載されている年金記録に「もれ」や「誤り」の疑いがある場合には、申し出ましょう。申し出ることで日本年金機構による正確な年金加入記録の調査・確認が行われます。その結果、自分の基礎年金番号に統合されていない記録等が判明した場合は、年金記録の訂正が行われます。ねんきん定期便、見ないで放置していませんか?「もれ」や「誤り」がないかどうかのチェックが大事のようです。

ハガキか封書

ねんきん定期便は「ハガキ」で来る場合と「封書」で来る場合があります。どのように分けられているのでしょうか。

(1)ハガキ:35歳、45歳、59歳以外の人
「ハガキ」の「ねんきん定期便」が送られてきます。

【内容】

●50歳未満の人
・これまでの年金加入期間
・これまでの加入実績に応じた年金額
・(参考)これまでの保険料納付額
・最近の月別状況

●50歳以上の人
・これまでの年金加入期間
・老齢年金の年金見込額
※既に老齢年金を受け取っている人にはお知らせしていない
・(参考)これまでの保険料納付額
・最近の月別状況

(2)封書:35歳、45歳、59歳の人
年金の受け取りに必要となる加入期間を確保するための節目となる年齢の人、年金の請求を間近に控えた人には「封書」の「ねんきん定期便」が送られてきます。年金加入記録の確認方法などを詳しく記載したパンフレットや、お知らせした年金加入記録に「もれ」や「誤り」があった場合に提出する「年金加入記録回答票」が同封されています。

【内容】

●35歳、45歳の人
・これまでの年金加入期間
・これまでの加入実績に応じた年金額
・(参考)これまでの保険料納付額
・これまでの年金加入履歴
・これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況
※厚生年金保険の加入履歴がある人のみにお知らせ
・これまでの国民年金保険料の納付状況
※国民年金の加入履歴がある人のみにお知らせ

●59歳の人
・これまでの年金加入期間
・老齢年金の年金見込額
※既に老齢年金を受け取られている人にはお知らせしていない
・(参考)これまでの保険料納付額
・これまでの年金加入履歴
・これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況
※厚生年金保険の加入履歴がある人のみにお知らせ
・これまでの国民年金保険料の納付状況
※国民年金の加入履歴がある人のみにお知らせ

年齢によって送られてくる内容物が異なることを知らなかったという方も多いのではないでしょうか。毎回封書が来ても面倒ですから、効率的に運用されているということですね。

大切な「未来」への情報、「ねんきん定期便」をお届けしています|日本年金機構
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)

何をすればいい?

「ねんきん定期便」が送られてきたら何をすればいいのでしょうか?まずは「ねんきん定期便」に記載されている年金加入記録の内容をしっかり確認しましょう。大事なことは年金加入記録に「もれ」や「誤り」がないかどうかをチェックすることです。

その後「もれ」や「誤り」を発見した場合は「年金加入記録回答票」に必要事項を記入し同封の返信用封筒にて返送、あるいは最寄りの年金事務所に提出します。
※上記でもご案内したように35歳、45歳、59歳の人に送られてくる「封書」の「ねんきん定期便」には「年金加入記録回答票」と「返信用封筒」が同封されています。
※過去に送られてきた「ねんきん特別便」や「ねんきん定期便」などですでに年金加入記録の調査を申し出た期間については、新たに「年金加入記録回答票」を提出する必要はありません。

「ねんきん定期便」を受け取られた際のお手続き|日本年金機構
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)



「年金額」をスマホで確認!

ねんきんネット

今や年金額をネットで確認できる時代になりました。ねんきん定期便は年1回(誕生月)だけでしたから、いつでも見られるという意味でもかなり便利なサービスと言えそうです。日本年金機構の「ねんきんネット」サービスについてご紹介しましょう。

日本年金機構の「ねんきんネット」サービスでは自分の年金記録をいつでもインターネットで確認できます。

(1)基礎年金番号を用意する
(2)「ねんきん定期便」に記載されているアクセスキー(17桁の数字。なおアクセスキーの有効期限は3か月です)を使って登録する
※基礎年金番号は「年金手帳」または「ねんきん特別便」などに記載されている10桁の番号

たったこれだけで、すぐにサービスを利用できます。アクセスキーを持っていない人でも所定の申込手続きをすれば利用できるようです。登録申請から(土日を除く)通常5日ほどでユーザIDが発行され「ねんきんネット」が利用できるようになるそうです。

「ねんきんネット」でいつでも最新の年金記録が確認できます!:政府広報オンライン
参照元:政府広報オンライン(2015年11月時点、著者調べ)

ねんきんネット|日本年金機構
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)

メリット

年1回とはいえ「ねんきん定期便」が送られてくるのだからわざわざ「ねんきんネット」を利用する必要はないのでは?と思う方のために「ねんきんネット」を申し込むメリットをご紹介します。

(1)いつでも最新の年金記録を確認できます
・公的年金制度(国民年金・厚生年金保険・船員保険)の加入履歴(加入していた制度やその期間、加入あるいは資格喪失年月など)
・国民年金保険料の納付状況
・厚生年金保険に加入時の会社名、標準報酬月額、標準賞与額
・船員保険に加入時の船舶所有者名、標準報酬月額、標準賞与額

上記について、いつでも最新の年金記録情報を確認することができます。また、年金に加入していない期間や標準報酬月額の大きな変動など確認したい記録が分かりやすく表示されているそうです。記録の「もれ」や「誤り」の発見も容易だそうです。

※実際に沖縄県に住む60代女性の方が息子さんの手を借りて「ねんきんネット」を利用してみたところ、赤字で「未加」(=「未加入」)となっている表示に疑問を持ち年金事務所へ相談した結果、旧姓の頃の2つの厚生年金の記録を発見されたという事例も報告されているそうです!

「年金記録が誤っているはずはない」と簡単に思ってはいけないようですね。「もれ」や「誤り」があるようですから、しっかり確認したいところです。

(2)持ち主不明の年金記録を検索できます
持ち主不明の年金記録も検索できるそうです。氏名、生年月日、性別を入力することにより、入力した条件に一致する記録があるかどうかを調べることができます。職歴が多い方など、年金の拾い忘れがないようにしっかり確認したい情報ですね。

(3)ライフプランに合わせた年金見込額の試算ができます
「年金見込額試算」というサービスも利用できるようです。「年金を受け取りながら働き続けた場合の年金額」など、自分の人生設計に合わせた働き方などの条件を設定し、年金額を試算できるそうです。 また、様々な条件での試算結果をグラフで比較することもできるそうです!ライフプランのプランナーツールということですね。便利です。

(4)「ねんきん定期便」や「年金振込通知書」の内容が確認できます
年に一度郵送されている「ねんきん定期便」や「年金振込通知書」などの年金の支払いに関する通知書も画面上で確認できるそうです。これらの通知書が作成された後、電子メールで知らせてくれるとのこと。また、電子版の「ねんきん定期便」で年金記録を確認し、「ねんきん定期便」の郵送を希望しないという選択もできるそうです。

スマホでできること

「ねんきんネット」では、PCとスマホで使える機能が少し異なります。具体的にご紹介しましょう。

【使える機能:PC:スマホ】
・年金記録の一覧表示:○:○
・年金記録照会:○:○
・持ち主不明記録検索:○:×
・私の履歴整理表:○:×
・年金見込額試算:○:○
・追納・後納等可能月数と金額の確認:○:×
・電子版「ねんきん定期便」の確認:○:×
・年金の支払いに関する通知書の確認:○:×
・届書の作成:○:×
・メールアドレス登録/ねんきん定期便の郵送意向登録:○:△
・アンケート回答:○:○
・日本年金機構からのお知らせ確認:○:○
・パスワード変更:○:○
・秘密の質問と答えの変更:○:○
・サービス利用停止依頼:○:○
・ご利用申込み(ユーザID発行申込み)(※):○:○
※スマホ版「ねんきんネット」とPC版「ねんきんネット」のユーザIDとパスワードは共通

一部の機能はPCのみとなりますが、基本的な機能はスマホでも使用できることがわかりますね。

パスワードを定期的に変更

「ねんきんネット」はかなり便利なツールと言えますが、「アクセスしやすい」だけに「ユーザID・パスワード」の保管に注意が必要です。 なりすましなどの不正利用を防ぐためユーザID・パスワードは他人に知られることのないように厳重に管理しましょう。パスワードを定期的に変更することも大事と言えます。

なお、ユーザID・パスワードを忘れた場合は、再度利用登録が必要になるようです。

年金あれこれ

年金事務所も活用

「ねんきん定期便」で「もれ」や「誤り」がないかどうかをチェックする人が多いのですが、中には「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」を見ても「もれ」や「誤り」があるのかどうかよくわからない、でも何か気になる部分がある、という人もいます。そのような場合は躊躇せずにお近くの年金事務所で相談しましょう。

「ねんきんネット」やこれまでの「ねんきん定期便」を見ても、もれや誤りがあるのかどうか、よくわかりません。窓口に行って話を聞きたいのですが、どこの年金事務所に行けばいいですか。|日本年金機構
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)

時効がなくなりました

平成19年に年金時効特例法が施行されました。どんな法律かというと、簡単に言えば「年金の記録に誤りがあった場合の時効がなくなった」ということです。つまり、年金時効特例法ができる前は「誤りが発覚したときから5年分しか遡って支給してもらうことができない」という時効があったのです。時効がなくなったので安心できると言えそうです。

日本年金機構で実際にあった「年金時効特例給付の対象となった事例」をご紹介しましょう。

84歳の女性(65歳から老齢基礎年金786,500円/年額を受給中)の事例です。「ねんきん特別便」が届いたのですが、「結婚前に勤めていた会社の記録」にもれがありました。ねんきん特別便の「回答票」にその旨を記載、郵送しました。年金事務所等で調査したところ、旧姓当時の厚生年金の記録(10年)が84歳の誕生月に判明しました。60歳まで遡って老齢厚生年金(30万円/年額)も受給できることになりました。

一体どのくらいの金額を受給できたかが気になるところですね。まずは時効があった場合の分。
・5年以内という計算のため、30万円×5年=150万円
年金時効特例法が施行される前だったら、この150万円しか支給されなかったのです。
・年金時効特例給付の対象期間:30万円×19年(※)=540万円
※60歳からの計算になります。
年金時効特例法が施行されたことでこの540万円も満額で支給されることになったということになります。そして今後も毎年30万円の増額となったということになりますね。

年金時効特例法のありがたみがよくわかります!そのためにも「ねんきん定期便」のチェックが大事ということですね。

年金時効特例法について
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)

年金時効特例給付の対象となった事例
参照元:日本年金機構(2015年11月時点、著者調べ)



しっかりチェックすることが大事

いかがでしたか?「ねんきん定期便」は、将来もらう年金に「もれ」や「誤り」があった場合にきちんと訂正されるよう、国が積極的に進めている施策の一つの形ということがわかりました。また、「もれ」があった場合に増額される年金額が「侮れない」金額であるということも実感されたことでしょう。

「ねんきん定期便」が届いたときに「これしかもらえないの?」と思う方も多いようですが、まずは冷静に「もれ」や「誤り」がないかをチェックしましょう。また、まだ若い方でも「年金見込額試算」というサービスを利用することによって将来の年金額を想定し、ライフプラン策定に役立てることができます。せっかくのサービスですから、使えるものは使って「将来の年金」を視野に入れた老後の生活計画に役立てると良いでしょう。

そのためにこの知識を役立ててみてはいかがでしょうか。 *本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。