20代・2人世帯におすすめの医療保険はどれ?FPが教える秘訣

20代で結婚し、安定した生活基盤を築くために、医療保険を検討するひとも多いのではないでしょうか。今回は、もしものときの強い見方!医療保険について考えてみましょう。20代2人世帯の医療保険の必要性から、いざ医療保険を契約するときの主契約・特約の選び方まで、FPとしてお客様に医療保険を含め様々な保険の提案を行ってきた私がみなさまの医療保険に関するお悩みを解決します。



20代2人世帯に医療保険は必要?

医療保険は、20代のあなたにとって最も身近な保険ではないでしょうか。最近、テレビでも医療保険のCMを見ない日はありませんね。20代2人世帯の医療保険の必要性と20代で医療保険に入るメリットについてみてみましょう。

資産形成期の20代

20代は一般的に資産形成期と言われています。20代2人世帯は、いち早く幸せと安定した生活を手に入れたようにみえて、実は結婚式、新居への引っ越し、そしてハネムーンと楽しいことの連続により、金銭的にはほぼゼロからの出発というケースが多いようです。この時期に、稼ぎ手がケガや病気で働けなくなったら、家計は大打撃を受けてしまいます。資産形成期であり、貯蓄の少ない20代2人世帯にとって、少ない保険料で大きな保障を受けられる医療保険のメリットは大きいと言えます。

20代で医療保険に入るメリット

一般的に医療保険に入る際、告知が必要です。医療保険は、他の保険より、健康状態における告知が細部にわたり、条件が厳しいという特徴があります。また、保険料は契約時の被保険者の年齢によって決まり、若ければ若いほど割安な保険料で加入できます。健康面からも金銭面からも20代のうちに医療保険を検討するメリットは大きいと言えます。

出産を望む女性へ

近年、充実をみせているのが、女性特有の病気の保障が手厚い女性向けの医療保険です。女性向けの医療保険に入っていれば、妊活で女性特有の病気の治療が必要になったとき、また、帝王切開での出産のときなどの強い見方になります。ひと口に女性向けの医療保険といっても対象範囲に違いがあるので、今後自分に必要になる可能性のあるものが対象となっているかきちんと確認して保険選びをしましょう。



気になるみんなの医療保険事情

実際、20代2人世帯はどの程度医療保険に加入しており、どのくらい保険料を払っているのでしょうか。ここでは、気になるみんなの医療保険事情についてみてみましょ。

医療保険加入率

20代の医療保険に関する意識調査では82%が医療保険準備志向という結果が出ており、医療保険は20代にとって関心の高い保険と言えます。

では、実際の加入率をみてみましょう。20代の疾病入院給付金の支払われる生命保険の加入率は下記の通りです。
20代男性:42.4%
20代女性:51.0%

また、入院給付金日額は、男女ともに5,000円〜7,000円が最も多く、次いで10,000円〜15,000円となっています。

保険料

20代の多くが入院給付金日額を5,000円〜7,000円に設定していることが分かりました。20代で入院給付金日額5,000円の場合、医療保険の主契約は1,500円〜2,000円程度が一般的な相場のようです。そこに、自分に必要な特約を付加していくため、主契約と特約を合わせると1,500円〜3,000円前後が相場と言えるのではないでしょうか。

「生活保障に関する調査」|公益財団法人 生命保険文化センター

20代で加入する医療保険の料金相場と抑えておきたいポイントをご紹介
参照元:国税庁(2016年1月時点、著者調べ)

20代2人世帯の医療保険選び

ひと口に資産形成期の20代と言っても、医療保険に関して様々なとらえ方があると思います。ここでは、20代2人世帯の医療保険の選び方を保険料に対する意識別に2つのケースについて紹介します。

より安く医療保険に入りたい

貯蓄の少ない20代2人世帯にとって、高い保険料は生活に支障をきたしてしまうかもしれません。より安い保険料で無理なく医療保険に入りたいひとには「掛け捨て型」をお勧めします。保障内容に関しても無駄がないようシンプルなものにすると良いでしょう。しかし、上記で述べた通り、保険料は若ければ若いほど安いという特徴があります。安い保険料で、将来にわたり充分な保障を得るためには必要な保障を明確にした上で選択する必要があります。

せっかくなので貯蓄もしたい

医療保険というと掛け捨て型が、一般的ですが、「貯蓄型」の医療保険もあります。仕組みとしては、一定期間内に使わなかった給付金分が返金されるというものです。健康でいることで、保障と貯蓄が両立できるので、若い世代に向いていると言えるかもしれません。しかし、「掛け捨て型」の医療保険より保険料が割高だったり、保障内容が限定的な場合もあります。自分に必要な保障が得られるかきちんと確認する必要があります。

貯蓄型と掛け捨ての医療保険どちらがお得?気になる2つの比較
参照元:保険の教科書(2016年1月時点、著者調べ)



医療保険選びのポイント

医療保険の特徴は、入院給付金日額、入院給付金支払限度、保険料払込期間、特約など、意外と選択する項目が多いことではないでしょうか。ここでは、20代2人世帯に想定される医療保険選びのポイントを紹介します。

給付金日額と支払限度

近年の医療の実態として、以前に比べて入院が減り、通院期間が増えたという特徴があげられます。入院が減った現在、入院給付金日額や入院給付金支払限度は、それほど多く設定する必要はないと考えられます。入院給付金額は5,000円、入院給付金支払限度は60日が一般的なようです。

「入院給付金日額」「支払限度日数」|生命保険を知る|病院探しのコツ|ここカラダ
参照元:ここカラダ(2016年1月時点、著者調べ)

保険料払込期間

保険料払込期間は、一般的に定期払いと終身払いを選択できます。定期払いの場合、一生払込続ける必要がない安心感がありますが、もちろん月々の保険料は終身払いより高くなります。

終身払いの場合のメリットはとにかく保険料が安いということです。また、医療の状況に合わせて、より良い医療保険が新たに誕生する可能性があります。20代2人世代にとって医療保険は、見直しすることを前提に終身払いを選択し、安い保険料を享受する方が良いかもしれません。

保険選びのポイントならアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)ご相談窓口
参照元:アメリカンファミリー生命保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

特約

特約を選ぶ上でのポイントは、家族の病歴などから必要な保障を明確にすることと、現在の医療実態に合った保障を選ぶことです。現在の医療実態は、上記で述べた通り、入院が減って通院が増えたという特徴があります。通院に関する特約を付加することで安心して治療を受けられるでしょう。

また、現在、高額医療制度という制度があり、月々一定額以上の医療費がかかった場合、返金される仕組みとなっています。高額医療制度や医療保険でも、まかなえないほどの医療費がかかる場合として、近年進歩の著しい先進医療を受けた場合が考えられます。先進医療特約を付加することで、金銭面を心配せずに最良の治療を受けることが可能になります。

明治安田生命 | 特約一覧
参照元:明治安田生命(2016年1月時点、著者調べ)

まとめ

医療保険は、保障内容、貯蓄の現状と意識、現在の医療実態等を踏まえて選ぶことが大切です。

医療保険は万が一のケガや病気に備えるとともに精神的にも安心を与えてくれるものであり、20代2人世帯の豊かな生活を支える基盤です。生活に支障のない範囲で検討しましょう。