【海外旅行傷害保険】入るかどうか迷っていますか?心配なことは?

海外旅行へ行く前は楽しい気分が盛り上がりますね。同時に、海外旅行保険など必要そうなことは抜かりなく対策しておきたいもの。クレジットカードにも付帯保険があるようですが、適用するためには条件があるようです。その条件とは何でしょうか?また、付帯保険だけで大丈夫なのでしょうか?海外旅行のトラブル事例や金額、海外旅行損害保険の種類についても簡単にまとめてみました。



海外旅行傷害保険を検討

海外旅行を前にウキウキ気分の桃香さん。海外旅行慣れしている友人の莉乃さんに保険の相談をしているようです。

海外旅行保険という名称も

桃香(以下:M):それでね、海外旅行傷害保険に入るべきかどうか迷っているの。

莉乃(以下:R):なるほどね。迷う理由は「必要性」と「保険金額」といったところ?

M:そうなの~。保険の書類って細かくびっしり書いてあって比較しづらいし、莉乃はいつもどうしているのかなぁって思って。利用している?

R:私は利用しているの。だって何かが起きる可能性はゼロじゃないでしょう?安心して旅行できるし、トラブルに遭ったときに費用の心配までするのってしんどいじゃない?だから入る。数千円で安心を買っているイメージ。

M:なるほど。基本的なことなのだけれど、海外旅行保険と海外旅行傷害保険って別物?

R:あぁ、一緒よ。紛らわしいわよね。海外旅行傷害保険のことを海外旅行保険と名付けて販売されている保険があるというだけの話。

外務省も勧める海外旅行傷害保険

M:やっぱり海外旅行保険って必要かな。

R:外務省も勧めているくらいだから。

M:外務省が?!知らなかった…。

R:それだけ海外でのトラブルって大変なのよ。外務省のサイトでもね、海外旅行保険に加入していなかったために多額の費用がかかった旅行者が「数多く」いるって記載されているの。

M:それは…。危機感を覚えてしまう。

R:具体的に想像すればわかるわ。

●診療を受けたとき
●入院したとき
●緊急移送されたとき
●治療のための交通費、通訳への支払い
●救援者(家族)が渡航する場合の宿泊費用
●携行品が盗まれた、あるいは壊れたとき
●他人に怪我など賠償責任が伴うことをしてしまったとき

M:確かに、絶対ないとは言えないことかも…。

外務省 海外安全ホームページ|重要なお知らせ
参照元:外務省(2016年1月時点、著者調べ)

渡航前の安全対策4つ

R:政府広報でもね、海外旅行へ行く前の安全対策としてポイントを4つ挙げているの。その4つのうちの一つが「海外旅行保険」。

M:他の3つは?

R:1つ目は意識を海外モードに切り替えるということ。日本と同じつもりでいたらいけないということよね。法律が違うということもあるし、犯罪の件数も違うでしょうね。持つバッグの種類に気を付けるとか、そういうことも入るかな。

そして、2つ目は安全情報の最新のものを手に入れるということ。都市によってはこの地下鉄の路線はちょっと危険、こっちなら大丈夫とか、夜の出歩きは危険とか、いろいろあるじゃない?そういうものも含めて最新の情報がないかチェックするとかよね。

さらに、3つ目は日程や滞在先を家族等に知らせておくこと。大体、旅行会社から家族用の控えが発行されると思うからそれを渡しておくとかね。

M:なるほど。海外旅行保険もそれらと並ぶレベルで必要なものなのね。

海外旅行の事前の安全対策とトラブルの際に在外公館がお手伝いできること:政府広報オンライン
参照元:政府広報オンライン(2016年1月時点、著者調べ)

海外でトラブルに遭う可能性

M:話を戻すけど、それで、海外でトラブルに遭う可能性がゼロじゃないって…どのくらいなのかな?

R:それについても外務省の統計があるの。2014年の統計ではね、事件・事故の総援護件数が18,123件。人数でカウントすると20,724人。件数も人数も前年より増えているの。

M:結構いるのね。事件・事故って聞くだけで怖い気がする。特に海外だと。

R:そうね。事故・災害件数は194件、345人だったのだけれど6割の人は交通機関での事故よ。内訳の方が具体的にイメージできるわよね、交通事故が109件、列車事故2件とかそういう感じ。レジャー・スポーツ事故も意外とあって、水難が18件、登山事故が9件など。

M:自分がその中に入らないという保証があるわけではないものね…。

R:犯罪被害なんて5,383人よ。その中でも、詐欺被害が453人、強盗被害が248人。

M:怖いわね…。

R:それでもまだ「自分は大丈夫じゃないか?」って思う人もいると思うの。別の見方で探すとジェイアイ傷害火災という保険会社でも統計をとっていてね、事故発生率は3.53%。これは28人のうち誰か一人が遭っているという確率よ。30人にツアーで海外旅行へ行った場合、そのうちの一人というイメージ。あくまでもわかりやすく言うならだけれど。

M:今までのイメージよりも多いということが感じられてきた。

14 年(平成26 年)海外邦人援護統計
参照元:外務省(2016年1月時点、著者調べ)

トラブルデータ|ジェイアイ傷害火災
参照元:ジェイアイ傷害火災(2016年1月時点、著者調べ)

海外での治療費は高い?

R:それからね、海外旅行保険に入ることを外務省が勧めているのは何故だと思う?

M:費用がかかるから。

R:その通り。海外でトラブルに遭ったときの費用ってケースによるけれどすごく高額な場合もあるの。治療費もね、日本よりずっと高い国もあるし、移送費なんてかけたらそれこそ大変な額。日常生活でも不安があって保険をかけているじゃない?非日常の海外旅行という状態だからこそ、トラブルが起こることを想定して保険に入っておくのは自然なことだと私は考えているの。

日本損害保険協会 – 損害保険Q&A – からだの保険・他 – 問82 海外旅行傷害保険
参照元:日本損害保険協会(2016年1月時点、著者調べ)



クレジットカードの付帯保険

条件付と知っていますか?

M:クレジットカードで「海外旅行保険」がついているものってあるでしょう?

R:ある、ある。

M:それだったらいいのかな?

R:クレジットカードの付帯保険って適用されるために条件があることを知っている?

M:知らない…。

R:調べてみましょう。クレジットカードの種類は?

M:三井住友VISAのクラシックカード。

R:ほら、条件があるでしょう。旅費をこのカードで支払っていることが条件なの。カードを使わずに旅行代金を銀行から直接振り込んだら適用外よ。ツアーだったらツアー代金、個人旅行なら航空機や電車など、利用する交通代金をこのカードで支払うってこと。

M:本当…。ゴールドカードとかなら自動付帯(条件なく補償)される分があるけれど、クラシックカードだと全ての項目について、旅行代金条件を満たしていること前提なのね。

R:そういうこと。カードを持っているだけで補償される自動付帯に対し、利用付帯という名で呼ばれているサービスなの。条件付きで保険が付きますよ、旅行代金支払いに利用したら付くということですよ、ということ。ゴールドやプラチナならともかく、一般のカードだと利用付帯の場合が多いから要確認よ。

M:なるほど。

R:あと、クレジットカードに付いている海外旅行保険は「保証期間は90日まで」という場合も多いから、90日以上滞在する場合は海外旅行保険への加入を検討した方がいいと思うわ。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2016年1月時点、著者調べ)

三井住友VISAクラシックカードの旅行傷害保険は自動付帯? | クレジットカードランキング【クレラン】
参照元:クレラン(2016年1月時点、著者調べ)

上限額をチェックしよう

M:旅行代金をクレジットカードで支払えば問題解決?

R:ところがね、そうでもないのよ。もちろん、クレジットカードの付帯保険だけで海外旅行へ行く人もいるわ。でも、その付帯保険の上限額がどれくらいかを知っている?

M:知らない…。

R:桃香のクラシックカードの場合で見てみましょう。ほら、傷害死亡・後遺障害が2,000万円で、傷害治療、疾病治療ともに補償額が50万円、救援者費用が100万円。どう思う?

M:足りるような気もするし足りないような気もするし…。でも、さっき海外の医療費は高いってことだったよね…。あ、ゴールドカードの場合は障害治療・疾病治療の補償額が300万円になっている。ということは、50万円だと低いのでは?

R:そうなの。海外での事例を見るとかなり高額なケースがあることがわかる。ジェイアイ傷害火災のサイトをもう一度見てみるわよ。どう?

M:高額医療事故9,335万円?!シニアが多いけど、2,000万円とか6,000万円とか気が遠くなるような数字が…。300万円以上の高額医療事故はヨーロッパでも北米でもハワイでもアジアでも、とにかくどこでも起きているのね。

トラブルデータ|ジェイアイ傷害火災
参照元:ジェイアイ傷害火災(2016年1月時点、著者調べ)

海外旅行傷害保険の内容

一番気になる治療補償

M:やっぱり海外旅行保険って必要そう。どのくらい治療補償してもらえるものなの?

R:保険市場のランキングで1位になっている三井住友海上の海外旅行保険で見てみましょう。治療・救援費用の補償が1,000万円。他の海外旅行保険も1,000万円のものがあったり、2,000万円のものがあったり、無制限もある。保険料などと合わせて考えればいいわ。

M:100万円と1,000万円では大きな違い!だから個別の海外旅行保険に入る人がいるのね。実感できてきた…。

海外旅行保険比較 | 保険選びの保険市場®
参照元:保険市場(2016年1月時点、著者調べ)

賠償責任はどんなとき?

M:賠償責任の補償額が1億円って気になるけれど、どんなケースがあるのかしら?

R:AIU保険の個人賠償責任の事例で見てみましょう。部屋のスプリンクラーを壊して水浸しにしてしまった例で80万円、ホテルの風呂のお湯を止め忘れた例で約64万円、スノーボードで他人に怪我をさせた例で約1,240万円。

M:賠償責任も大事なのね…。事故って怖いわ。

個人賠償責任:事故例集 | 海外旅行保険ならAIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

持病がある場合

R:桃香、持病はないのよね?

M:ない。どうして?

R:持病も含めて補償してもらえる海外旅行保険もあるの。持病がある人でも海外旅行へ行きたいじゃない?でも、旅行先で持病が悪化して、その治療費が保険の対象外だったらリスクが高くなってしまう。そういうときは持病の補償をしてもらえる海外旅行保険を選択するといいのよ。例えばAIU海外旅行保険とかね。

出発前の病気も補償| 海外旅行保険ならAIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)



海外旅行傷害保険の種類

ネット通販が人気

M:海外旅行保険のメリットがよくわかってきた。選び方のコツとかあるの?

R:基本的には「保険料」と「補償内容」、これを自分の旅行プランに合わせて選ぶといいわ。そして、ネット通販が人気ね。

M:申し込みが簡単だから?

R:そう。そして、保険料も安くなるから。ほら、三井住友海上の場合でも通常の契約に比べてネット保険だと平均で30%OFFと記載されている。

M:30%は大きい!ネット通販が人気なのがわかる!

三井住友海上/インターネット契約【海外旅行保険】
参照元:三井住友海上(2016年1月時点、著者調べ)

主要な海外旅行保険

R:それから、どのネット通販の保険を選べばいいかは、ランキングサイトを見るなり旅行会社で紹介してもらうなり、どんな方法でもいいから比較検討すればいいということになるかな。例えば、ほら、H.I.Sのサイトでも比較してあるから。それぞれの保険会社で保険金額を比べてみましょう。どんなプランにする?

M:北米7日間で。

R:条件を入れると保険金額が出てくるから比較しやすいわ。とりあえず複数のプランがある保険会社の場合は安いプランの金額で並べてみましょう。あとは、詳細の内容で最終チェックすれば済むでしょう?au損保は面白い。行先関係なく保険料が日数だけで決まって、一律みたい。

【保険会社:保険の種類:保険料※】
※北米7日間、2016年1月時点、補償内容はそれぞれ異なる、安い保険料のプランを選択

●エイチ・エス損害保険株式会社:スマートネッとU:2,600円
●AIU損害保険株式会社:AIU海外旅行保険インターネット専用プラン:5,880円
●損害保険ジャパン日本興亜:off!:2,840円
●三井住友海上:ネットde保険@トラベル:2,920円
●エース損害保険株式会社:ネットで完結エースの海外旅行保険:3,850円

他にも

●ジェイアイ傷害火災:t@biho:2,660円
●あいおいニッセイ同和損保:eトラベル海外旅行保険:3,830円
●au損保:海外旅行の保険:2,548円
●富士火災:海外旅行保険インターネット契約サービス:5,080円

M:選択肢が沢山ね!

R:あ、それから、保険の種類を選択するときに「キャッシュレス診療」が可能かどうかというのも一つの目安になるわ。保険会社と提携している医療機関に限られるけれど、現地で受診料を建替えることなく外来診療を受けることができるサービスなの。保険会社のサイトで提携医療機関を検索できるから、海外旅行の行き先の状況を調べておくといいかも。

M:なるほど~。色々サービスがあるのね。

ネット海外旅行保険スマートネッとU|海外旅行保険のエイチ・エス損保【公式】
参照元:エイチ・エス損保(2016年1月時点、著者調べ)

保険料一覧:個人プラン(観光・その他 – 2013年10月1日以降のご出発の方)|海外旅行保険ならAIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

新・海外旅行保険【off!(オフ)】 | 損保ジャパン日本興亜
参照元: 損保ジャパン日本興亜(2016年1月時点、著者調べ)

海外旅行の保険 三井住友海上
参照元: 三井住友海上(2016年1月時点、著者調べ)

海外旅行保険のオンライン見積・契約サイト|エース損害保険
参照元: エース損害保険(2016年1月時点、著者調べ)

【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》
参照元:t@biho(2016年1月時点、著者調べ)

海外旅行の保険 あいおいニッセイ同和損保
参照元:あいおいニッセイ同和損保(2016年1月時点、著者調べ)

海外旅行保険|au損保
参照元:au損保(2016年1月時点、著者調べ)

1.ご利用条件・ご注意のご説明|富士火災の海外旅行保険
参照元:富士火災(2016年1月時点、著者調べ)

キャッシュレス・メディカルサービスのご利用方法|海外旅行保険(店頭契約)|海外旅行保険のエイチ・エス損保【公式】
参照元:エイチ・エス損保(2016年1月時点、著者調べ)

保険を検討した上で海外旅行へ!

R:そのときの懐具合で決めてもいいと思うし、行先や現地での過ごし方によって補償内容の充実ぶりを比較検討して選べばいいわ。一番安い価格帯で2,600円。これが安心料だと思うと、なかなかいいものだと思わない?

M:本当ね。海外のトラブル事例を見なければ何の検討もせずに「クレジットカードの保険でいいかな」って思ってしまうところだった。過ごし方にもよるというのは大前提だけれど、外務省も勧めていることだし海外旅行保険についてはしっかり検討するのがベストかも。色々説明してくれてありがとう!

R:どういたしまして。旅行中の楽しいプランを考えることも大事、一方で少し面倒な海外旅行保険のプランを考えておくことも安心材料にはなるから。楽しい旅行にしてね!