どこまで可能?DIYで一軒家リフォーム|実例&費用を調査!

念願の一軒家。中古だから多少古くなった部分はあるけど、休日を使って少しずつセルフリフォームしていきたい…。でも本当に自分たちだけでやって大丈夫なの?ーはじめてのDIYには不安や分からない事がたくさんありますよね。一軒家のセルフリフォームでどんなDIYが可能?費用はどれくらい?業者と比べてお得?など戸建てリフォームについての様々な疑問について実例を紹介しながらお答えします。



念願のマイホームをDIYでリフォーム!

セルフリフォーム可能な箇所は?

「さぁ、DIYでリフォームをしよう!」と思ったのはいいものの初めてのDIY、どこから始めればいいのか分からないですよね…。自宅のセルフリフォームを始める場合、まずは目指したい部屋のイメージをしっかりと持ち、その部屋に近づけるために必要なことをあげていきましょう。その上でDIYできる箇所を確認することが大切です。

いきなり工具をたくさん使うような作業は難しいですし頓挫してしまいがちです。初めは自分でも簡単に出来そうなところを探して少しずつ実行していくのが根気よく続けられるコツだと思います。例えば初心者でも挑戦しやすいのは壁紙の貼り替え、壁の漆喰塗りなど。工具もほとんど必要ないのでやりやすいようです。「これなら空いた時間に続けられそう」という場所を探してみましょう。

[比較的簡単なセルフリフォーム内容]

・壁紙の貼り替え
・壁塗り(漆喰やペンキ)
・タイル貼り
・フローリング
・自作棚の作成 など。

DIY出来るところ、出来ないところ。

DIYをすれば業者の人件費がない分費用は浮きますが、すべてがDIY可能という訳ではありません。例えば電気・ガス・水道工事などは専門知識を必要とするので自分で手を加えるのは危険です。後々ガス漏れや水漏れなどが起こってしまっては大変なので業者さんに依頼すべきところは迷わずお願いしましょう。

他にも家の構造に係る部分に手を入れる場合も注意が必要です。壁を取り払いたい場合などは建築の専門知識があるところに相談をした方が良さそうです。

[業者に依頼した方がよいリフォーム内容]

・水回り工事
・電気の配線工事
・ガスの配管工事
・間仕切りの取り壊し
・屋根の修復    など

かかる費用は?本当にDIYする方がお得?

DIYにかかる費用は基本的には材料費。もし工具を揃えなければならない場合はその費用が必要です。材料費を安く抑えることが出来ればあとはDIYを頑張るだけなので費用は確実に安く上がるはずですが、内容によっては時間と手間、体力もいるので覚悟も必要です。

一方、業者に依頼する場合の価格ですが、最近は業者間の競争でかなり安く提供している場合があります。DIYの内容によっては業者に依頼しても差額があまり変わらないこともあるようなので事前に業者に依頼する場合の価格もしっかり調べておきたいですよね。



事例1:壁のリフォーム

DIYの作業例

・壁紙(クロス)の貼り替え

日本のほとんどの住宅の壁が壁紙(クロス)を使用しています。シート状になっている壁紙を貼っていくという方法です。慣れるまでは綺麗に貼っていくのが難しいようですが、ヨレずに貼るコツを覚えていくと徐々に上手く貼れるようです。行程としては、「壁紙剥がしー下地作りー(糊付け)ー壁紙貼り」となります。初心者の場合は糊付けが不要なシールタイプや糊付け済みのタイプがおすすめです。

・漆喰を塗る

漆喰(しっくい)は消石灰を主な成分としている塗壁材で吸湿性があってカビが生えにくいことなどから最近壁材として人気があります。壁紙と違いコテで塗っていきますが、多少下手でも味のある仕上がりになります。海外の住宅の様な雰囲気が出せるのでインテリアにこだわりたい方にも向いていると思います。DIY初心者向けに下地作り不要で、元の壁紙の上に塗れるタイプも出ているようです。

生のり付き壁紙クロスの貼り方(張り方)|DIYショップRESTA|リフォームならお任せ下さい!
参照元:DIYショップRESTA(2016年1月、著者調べ)

漆喰うま〜くヌレールの塗り方 / うま〜くヌレール
参照元:うま〜くヌレール(2016年1月、著者調べ)

DIYにかかる費用

・壁紙の場合:初心者用の壁紙セット(6畳用)で約7,000〜9,000円
▶まったく初めての場合、壁紙貼りに必要な道具がセットになったものがおすすめです。貼り方マニュアルまで付いているので安心ですね。

・漆喰の場合:初心者用の漆喰セット(20㎡)で約20,000円
▶業者の職人さんが使うような漆喰素材ならかなり安く手に入るようですが、初心者の場合はコツをつかむまでが難しいので少し割高でも扱いやすいものがおすすめです。

漆喰(しっくい)通販|簡単に塗れる!漆喰DIY専門店【製造・販売・サポート・メンテナンス】
参照元:ロハスウォール(2016年1月、著者調べ)

業者に依頼すると…

・クロス貼りを業者に依頼した場合:9㎡(10m)で約10,000円→6畳(30m)だと約30,000円
▶DIYの方が20,000円以上安いです。

・漆喰塗を業者に依頼した場合:1㎡あたり約10,000円→50㎡で50万円
(※元の壁紙を剥がすなど下地処理に手間がかかる場合はさらに費用が上乗せとなります。)
▶左官職人さんに依頼する漆喰塗りの費用はかなりお高め。漆喰自体の材料費は安いのですが、職人さんの左官技術の差でも値段が変わることがあるそうです。DIYとの費用の差もかなり開きがありますね。

事例2:床のリフォーム

DIYの作業例

・フローリングを貼る

最近流行りの無垢材のフローリング、憧れますよね。合板ではなく本物の木材を使った無垢のフローリングはどうしても材料費が倍以上の値段になるので業者さんに依頼すると数十万円単位です。DIYの難易度は高くなりますが、「どうしても無垢材にこだわりたい!でも費用は抑えたい!」という方はぜひDIYを。

貼り方はインターネットで調べると下地処理の方法から動画付きで解説を見ることが出来るので、調べてみて出来そうならば狭いスペースからやってみるのもいいかもしれませんね。

無垢フローリングの貼り方 フローリング&床材専門店 床材屋
参照元:床材屋(2016年1月、著者調べ)

DIYにかかる費用

費用は使うフローリング材次第です。無垢材でも木の種類によって値段に差があり、厚みや幅、仕上げ方によっても値段は違ってきます。その質の違いは写真などで見るだけではよく分かりません。ネット通販している業者もあるので無料サンプルなどを取り寄せて実際に手に取って見ることをおすすめします。

・パイン材:10畳で約50,000〜60,000円
・チーク材やナラ材:10畳で約100,000〜150,000円

無垢フローリングドットコム-フローリング・床材の全国販売
参照元:無垢フローリングドットコム(2016年1月、著者調べ)

業者に依頼すると…

■業者に依頼するフローリング貼り替えの相場

・一般的な合板フローリング:6畳で約150,000円〜
・無垢材のフローリング:6畳で約300,000円〜

▶フローリングは合板か無垢か材料費の違いで値段が2、3倍無垢材の方が高くなります。それに人件費や廃材の処理費用など業者に依頼するとその他の費用もかかるので高額な出費になってしまいます。フローリングをDIYする場合はかなり時間も体力も必要ですが、費用は半額以下に抑えられることが可能です。



事例3:キッチンリフォーム

DIYの作業例

・キッチンの取り換え

キッチン周りのDIYで真っ先に思いつくのがキッチンの取り換えですが、実はそんなに簡単な作業ではありません。なぜならキッチンは水道・電気・ガスなど専門知識が必要な配線や配管が集まっている箇所だからです。DIYでやる場合、管関係は業者に依頼して購入・配送・組立ては自分でするのがおすすめです。

配線以外にも元のキッチンの処分など業者に依頼する部分がたくさんあるので、業者とDIYの差額を見て決めた方がよさそうです。費用がさほど変わらなければ取り換えに関してはすべて業者に依頼し、キッチン周りの収納関係を自分でDIYしてもいいかもしれませんね。

DIYにかかる費用

キッチンに関しても機能やグレードで値段には幅がありますが、最低限の機能がありそこまでこだわらなければ20万円前後でシステムキッチンを購入できます。ただし、販売しているホームセンターや工務店などでは工事とセットで売る場合も多いのでDIY素材として購入出来るかも調べる必要があります。

よくDIYで利用されるIKEAの大型のキッチンだと30万〜50万円ほどで購入出来るようですが、業者に依頼する部分の費用も考慮すると実際はリフォーム屋さんに依頼するのと差がなかったり、それより安く済んだりするケースもあるようです。

業者に依頼すると…

■システムキッチンの入れ替え相場

・中心価格帯:70万円〜100万円
・低価格帯:30万円〜50万円

▶キッチンリフォームを業者に依頼する場合、あまりこだわらなければ工事費込みでも50万円以内で可能なケースもたくさんあります。既存のキッチンのサイズと位置をほぼ換えずに利用する方法ならばもっと安く20万円前後でも出来るようです。キッチン入れ替えは難易度も高くさほど費用面で変わらない事もあるので業者のリフォームも調べながら考えた方が良さそうですね。

LIXIL|取り替えキッチン| パッとりくん
参照元:LIXIL(2016年1月、著者調べ)

事例4:洗面所のリフォーム

DIYの作業例

洗面所は水回りに問題がなければそのまま使うことも可能ですが、現状を見てリフォームするかどうか決めていくのが良さそうです。使っている洗面台の機能が充分であれば古臭さの気になる収納扉や鏡の部分のみを取り替えるだけでもいいですよね。

全体的に雰囲気を変えたい場合は手洗い器を購入して洗面台は手作りするという方法もあります。その場合は水道管に接続する作業など必要になるので自分で難しい場合や水漏れが心配な場合はその部分のみ業者に依頼します。

DIYにかかる費用

好みでユニットになっている洗面台の交換にするか、台は手作りして手洗い器を付けるか方法は色々ありますが、デザインにこだわりたい場合は少し手間をかけてオリジナルの洗面台を作るのもいいかもしれませんね。水道周りの工事を依頼する場合はその費用も上乗せされるので注意しましょう。

・洗面ユニットの価格:約4万〜10万円
・手洗いのみの価格:約3万〜5万円

業者に依頼すると…

■洗面所リフォームの相場

・中心価格帯:約30万〜約50万円
・低価格帯:約15万〜約20万円

▶鏡面が付いたユニットタイプの洗面台を取り替える場合は低価格帯あたりでリフォームできるようですが、デザインにもこだわりオーダーメイドするタイプは30万円以上と価格がアップします。キッチンの場合と同じように業者でも安く済むこともあるのでDIYした方がいいかどうか検討すべき項目ですね。

事例5:外壁塗装

DIYの作業例

・家の外壁塗装

住宅の外壁は築7〜10年ほどで除々に劣化するため中古でメンテナンスされていない家の場合は外壁塗装をしておきたいところです。2階建以上の住宅だと足場を組む必要があるので個人的にDIYというのは難しいかもしれませんが、脚立で可能な住宅の場合は自分でメンテナンスする方もいるようです。ただし、塗装作業の他にも塗料が付かないように養生を施すなど必要な作業が色々あるのでかなりの時間も労力も必要です。

DIYにかかる費用

DIYに使う塗料代もグレードなどによって変わりますが、一般的なウレタン塗装やシリコン塗装なら10〜15万円ほどで準備出来るようです。その他の工具や材料を揃えても20万円前後では可能なようです。

・30坪を外壁塗装する場合

ウレタン塗料:約10万円
シリコン塗料:約15万円

業者に依頼すると…

・外壁塗装の相場

20坪:約80万〜約120万円
30坪:約100万〜約160万円

使う塗料の種類やグレードによって値段が変わります。また値段の違いは耐久性にも関係します、後々のメンテナンスの事を考えると少々値段が高くても耐久性や断熱性に優れたものの方がいい場合もありそうです。業者に依頼した場合の金額は多くが人件費と足場代なのでDIYすれば70万円以上金額は抑えられそうですが、同時に技術を要する作業なのでかなり難易度は高いです。

一軒家DIYの注意点

見えない部分にも注目

築年数の経っている一軒家の場合は現在の建築基準に達していなかったり、劣化により見えない部分に修復が必要な傷みがあったりすることがあります。目に見える箇所のDIYばかり考えるのではなく、見えない部分のメンテナンスも考えておきましょう。特に耐震に関する部分は後々まで安心して住めるかどうかのポイントにもなるので専門の業者に取り急ぎ修復必要な箇所がないかなど見てもらうと良いかもしれません。

快適に住むことを重視しよう

DIYで費用を抑えることだけを考えた結果、すぐに不具合が出て結局業者にやってもらうことになったケースなどもあります。断熱性は大丈夫か、隙間風は入らないか、強度が充分に保てているかなど考えなければならないことはたくさんあります。デザイン性や安さだけにこだわるのではなく、リフォーム後により快適に住めるかも頭に入れてリフォームを行いましょう。そのため時には業者に依頼することも大事かもしれません。

簡単な場所から少しずつ。

冒頭でも触れましたが、DIYを最後までやり遂げるコツは無理のないところから少しずつ始めることです。まずは小さなスペース、無理のない作業からです。そうするうちに次第に大工仕事にも慣れてきますし、知識も増えてDIY出来る幅も自然と広がっていきます。

また、あれもこれもと手を出さず専門知識が必要な箇所は業者さんに依頼することも大切です。できるところとできないところのメリハリを付けて無理なく楽しくお家をリフォームしてみてください。