<温泉バイト>ご飯が貰えて温泉も入れる?気になるバイトを調査

ちょっと気になる、温泉のバイト。私の友人も2年くらい温泉地から帰ってきませんでした。温泉での仕事って、なかなか魅力的な部分があるんですよね!友人曰く、「お金を使う場所が無いから、貯まった」と言っていました。お金を稼ぐなら、山奥の温泉で働くのもいいかなと思います。そんなわけで、温泉バイトをする前に、知っておきたい基礎知識をご紹介します!



温泉地でのバイトについて

観光シーズンになると、温泉地には多くの観光客が訪れますので、人手も足りなくなります。そのため、「バイト募集」という求人広告を目にすることも多いでしょう。

特に、学生さんなど「休み期間」を利用して稼ぎたいと考えている方にとっては、「もって来い」のバイトです。そこで、温泉バイトについて、詳しくみていきたいと思います!

温泉での仕事内容

九州の温泉地域のバイト求人に出ている「仕事内容」の一例をみてみましょう。

<例えば>
■温泉旅館でバイトがやる仕事
・チェックイン、チェックアウト対応
・お客様の出迎えと見送り
・館内や客室案内
・食事の配膳と片付け
・客室整理
・布団敷き
・その他付随業務
・皿洗いや掃除など

要は、旅館の「仲居さん」がやる業務の補助的な役割であることがわかります。勤務中は、やらなければいけないことも多くありそうですので、慣れるまでは、結構大変かもしれません!

但し、その勤務先によっては、受付業務のみや客室業務のみなど、仕事の幅が狭まる可能性もあると思います。バイトの契約をする前に、具体的な業務内容を聞いておくとよいかもしれません。

温泉バイトの待遇について

温泉地のバイトと聞くと、何だか「楽しそう」なんてイメージがあると思いますが、実際に仕事をしている人たちにとって、なかなか大変な仕事であるように思います。なぜなら、その「待遇」が非常に良いためです!

人手不足の職種とは言え、生活費を全面的にみてくれる求人案件が多く、逆にこちらが不安になってきます。ある求人の「待遇」を見てみましょう。

<待遇例>九州の温泉の場合
◆寮費と光熱費0円の個室寮完備
◆賄い付き
◆温泉利用OK
◆交通費:別途全額支給 ※赴任時・帰任時交通費支給(社内規定有り)
◆車持込みOK※休日には観光も楽しめます

■時給:1,000円以上(昇給あり)
■研修期間14日間:時給900円※時間外、深夜:時給(25%)増し

これを見るだけでも「本当に?」というような待遇の良さだと思いませんか?個室の寮は、無料でご飯つき。温泉も入れて、時給も悪くない。ましてや、赴任にかかる「交通費」までも支給してもらえるということです。これは、「やらずにはいられないバイト!」と思いますが、人手が足りないことを考えると、やはり「キツイ仕事なのかな?」とも考えられます。



温泉バイトQ&A

ここでは、Yahoo知恵袋で検索した「温泉バイト」に関する質問につきまして、それに回答する形でみていきたいと思います。

持ち込み荷物について

リゾートバイトの持ち込み荷物について。

来週から住み込みで温泉旅館に派遣されることになりました。仲居勤務、住み込み自体は以前経験があるのですが、派遣の短期勤務(3ヶ月)は初めてです。

寮から市街地まで歩いて30分ほどかかるようで、買い出しには期待できません。買い忘れがあってはいけないので、細かいものでもご指摘いただければ嬉しいです。

ちなみに娯楽は、普段からスマホと編み物、語学です。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
温泉へ仲居のお仕事をされに行く予定の方ということで。持参したほうが良いものは、生活に必要なものが考えられます。例えば、タオルや洗面用品。洗濯用の洗剤やティッシュ、生理用品など。買い物に行ける環境ではないということで、最低限使うであろうものは、準備しておいた方が良いかもしれません。

さらに、軽い非常食を常備しておくことも必要だと思います。それと、休日に時間を潰せるような本や何かも持っていくと便利でしょう。頑張ってほしいですね!

担当業務以外の仕事もやらされますか?

(泊まりがない)温泉のフロント受付のバイトをしようと思っているのですが、温泉のバイトについて色々とネットで調べていると受付の他にもお風呂掃除やキッチンに入らされたりすると書かれていました。
受付の仕事をしたくて面接を受けたのにお風呂掃除やキッチンに入らされる事があるのでしょうか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
実際、人手が足りなければ、他の業務を手伝う可能性はあるように思います。受付のバイトとして採用されていてもです。そのため、受付半分、雑務半分になる可能性もゼロではないと思います。面接の時にそれに関して聞いてみると良いでしょう。

もし、受付しかやりたくない!という意識があれば、「温泉」でのお仕事は、あまりおすすめしません。サービス業は、「協調性」が必要ですので、仕事を選ぶことが難しいと思います。

温泉地やリゾート地のバイト

住み込みの温泉地やリゾート地のバイトの実態はどんなものですか。
住み込み料や食費は給与からひかれるのですか。勤務時間は?
給与は?いろいろ情報ください。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
温泉地のバイトのほとんどは、住み込みの「寮費」や「まかない食」が無料で提供されますので、お給料から引かれることは、少ないと思います。バイトを探す時点で、その点は、確認した方が良いでしょう。

しかしながら、リゾートバイトの求人を見てみると、「寮費」や「食費」として、給料から差し引かれるパターンもあるようですので、求人に応じて、待遇はさまざまであると考えておくと良いかもしれません。

また、勤務時間についても、その求人案件によって、ばらつきがあります。ですので、詳しくは言えませんが、お給料の相場をみると、平均時給(1,000円~)という求人募集が多くみられます。

温泉施設の清掃バイト

温泉施設の清掃バイトについて、早朝開店前清掃の約二時間勤務のバイトに応募しようと思っています。
温泉のバイトの経験者の方の意見が知りたいです。
仕事内容はどのようなものでしたか?
また、主に年齢がある程度高くなければ採用されないのでしょうか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
温泉施設の清掃バイトということですが、仕事内容は、正しく「施設内」と「温泉内」の清掃になると思います。早朝2時間の作業と言うことですので、他にも一緒に作業される方はいらっしゃるかもしれませんね。

清掃員の仕事は、年齢で決定するわけでは無いと思います。むしろ、真面目な人かどうか?が採用基準ではないでしょうか。とりあえず、応募してみることをおすすめ致します。

温泉のバイトのメリットとは?

ここでは、温泉バイトの「メリット」についてご紹介したいと思います。他のバイトでは、得られないメリットが多いですので、注目してみて下さい!

寮が無料で完備されている

温泉バイトの求人をみると、ほとんどの募集に「寮完備」となっており、その利用についても「タダ!」の所が多いという印象があります。たいてい、仕事で赴任する場合には、寮費など「一定額」を自己負担しなければならないことが多いのですが、温泉バイトの場合は「温泉側」が生活費用を負担してくれるのです。

そのため、水道や光熱費も自己負担が発生しません。「1人暮らし」をしている方であれば、温泉地で働いて「アパート代」を節約することも出来ますね。さらに、生活にかかる費用が浮きますので、その分を貯金へと回すことも可能になるのです。「稼ぐ」という意味では、大変優れたバイトであるように思います!

温泉が無料で入れる

多くの温泉では、従業員も「タダ」で温泉に入ることができると思います。但し、入れる時間は、限られている可能性もあるでしょう。毎日温泉に入れるということは、疲れた身体を癒すことも出来ますし、温泉の効能によって「お肌」もつるつるになる可能性だってありますね!

温泉好きな人であれば、こんなに楽しいバイトは無い!というくらい「待遇が良い」バイトであるように思います。

現地までの交通費支給がある

ほとんどの温泉バイトで見られた「交通費支給」。これは、自宅からその温泉地へ赴任するための交通費のことを指しています。

<例えば>
東京に住んでいる方が「九州の温泉」でバイトが決まったとしましょう。

■東京→九州(福岡)まで、移動(赴任)する場合に想定される交通費
・高速バス:約10,000円程度
・飛行機:約30,000円程度
・新幹線:約25,000円程度

この交通費が就業先から「支給される」ことが多いのです。
※但し、社内規定で支給となる可能性があります。

バスでなければ、片道だけでも2万円以上かかりますので、交通費負担があるのは、大変ありがたいですよね!

まかないで「ご飯」も食べられる

たいていの温泉バイトですと、(1日3食)の食事がまかないで提供されると思います。そう考えると、仕事をしている期間は、「衣食住」にかかる費用がほとんど「無料」であるわけです。寮費や光熱費などの負担も勤務先でしてもらえますので、稼いだお金を「全額」貯められると考えられます!集中してお金を貯めたいと考えている方には、「アパート代」も節約できて、ご飯も食べられる「おいしいバイト」かもしれませんね!



温泉のバイトのデメリットとは?

先ほどは、温泉バイトの「メリット」についてご紹介しましたが、メリットだけではありません!その「デメリット」についても、ここで挙げていきたいと思います、

山奥だから、行動範囲が限られる

みなさんもご存知だとは思いますが、温泉があるエリアとは、都心部からちょっと離れた場所であることが多いですよね!ですので、気軽に「ちょっと買い物したい」とか、「フラペチーノ飲みたい!」とか言っても、その場所が無いわけです。さらには、おしゃれな美容室もありませんので、髪を切る場所にも不自由するかもしれません。

そのため、温泉バイトをしている間は、無駄づかいをする以前に、「お金を使う場所が無い」ことも考えられます。お金を貯めるという目標がある方には、逆にそれはメリットになると思います!

バイト期間が長期である点も

その求人募集広告をみていると、たいていの温泉バイトは、勤務期間が最低3カ月、または、半年以上などと記載されています。ですので、その温泉バイトによっては、「短期」で雇ってもらえないことも考えられます。

また、長期契約でバイトを始めてみて、「やっぱり自分には合わない」という場合も、契約期間内にやめることは、そう簡単では無いかもしれません。温泉側は、あなたのために「寮やお世話係」さらには、「新しいユニフォーム」を準備している可能性もあるからです。

ですので、「自分にできるかどうか?」自信が無い方であれば、まず初めに「短期募集」の求人で応募してみると良いでしょう。そこで、自分にはできるかどうか?判断できるチャンスになります。

体力勝負であること(残業あり)

団体さんの予約が多く入った日など、人手が足りなくなり、残業が発生する可能性もあります。特に、「社員寮」は、勤務地からあまり遠くありませんので、温泉側は「容赦なく」残業を申し入れてくるでしょう。もちろん、働いた分の時給は支払われますが、体力的な問題があるかもしれません。

特に、早朝からの勤務であれば(8時間)勤務後のお昼すぎに、通常は帰れますよね?!ですが、残業でプラス(3時間)くらい働いてみて下さい。たった数日だけなら良いかもしれませんが、それが連日続けば、精神的にもまいってしまう可能性も高いでしょう。それらを考慮すると、ある程度「体力」に自信のある方でなければ、続けることは難しいかな?と思います。

人間関係に疲れることも

毎日仕事でクタクタだから、「休日くらいゆっくり休みたい」。そう考える方も多いと思います。しかしながら、あなたが住んでいるのは、「社員寮」。個室タイプであったとしても、共有スペースで同僚のスタッフと顔を合わせることもあるでしょう。

それじゃなくても苦手な「先輩」や「バイト仲間」である場合、精神的にも疲れますよね。プライベートの時間は、実際あってないようなものかもしれません。そこが「寮に住む」という意味で、デメリットになる可能性もあると思います。

温泉バイトの探し方について

ここで、温泉バイトの求人の見つけ方について簡単に説明しておきたいと思います。

インターネット

インターネットの求人サイトで「温泉バイト」と検索すると、全国の「温泉バイト求人」を確認することが出来ます。また、自分の家の一番近い場所ということで、探すことも可能でしょう。

時給が高い温泉など、自分で条件を設定して求人検索ができますので、バイトを探すには、最も簡単な方法だと思います!

温泉の求人:Indeed.com
参照元:Indeed.com(2016年1月時点、著者調べ)

バイト求人特集-全国の求人情報:【マイナビバイト】
参照元:【マイナビバイト】(2016年1月時点、著者調べ)

リゾートバイト会社へ登録

みなさん、リゾートバイトの専門会社をご存知でしょうか?例えば、「沖縄のリゾート」や「スキー場」をなど、観光地をメインとした仕事のバイトを斡旋している「派遣会社」のようなものです。そちらへ登録しておけば、自分の条件にマッチする「温泉バイト」の求人を紹介してもらうことも可能でしょう。

また、インターネットで求人を探すことの違いとは、やはり「派遣」されて行きますので、何かトラブルが会った際、この会社を経由して、温泉側へ申し入れができるのも、魅力の1つであるように思います。

リゾートバイト・住み込みアルバイト:resort8110.com(株式会社セールスタッフ)
参照元:resort8110.com(株式会社セールスタッフ)(2016年1月時点、著者調べ)

ホテル・旅館などの客室係(仲居さん)専門のお仕事紹介サービス: RESORT WORK(リゾートワーク)
参照元:RESORT WORK(リゾートワーク)(2016年1月時点、著者調べ)

ハローワークにも

ハローワークインターネットサービスにて、「温泉」の職種を検索してみたところ、全国でヒットする求人がありました。ですが、月額の固定給で表示されている場合が多く、時給で表示されませんので、実際の時給換算をすると、1,000円は下回る可能性もあるように思います。

また、求人数は、インターネットで検索するよりも若干少なめであるようにも感じましたので、ハローワークで探すよりか、別の方法で見つけたほうが待遇面も良いかもしれません。

ハローワークインターネットサービス:厚生労働省
参照元:ハローワークインターネットサービス(2016年1月時点、著者調べ)

温泉のバイトへ応募する際のポイント

身だしなみは、最重要ポイント!

当たり前の話ですが、温泉地の仕事は、サービス業ですので、清潔感を求められるでしょう。「ネイル」や「髪の色」を気にする方であれば、あまりおすすめ出来ない職種です。

また、バイトの面接の時に、「身だしなみ」について注意される恐れもあります。もし、本当に温泉のバイトをしたいのであれば、それらを考慮して、面接に望むことをおすすめ致します。

テキパキと仕事をこなすこと!

仕事内容でもお話しましたが、接客業ですので、時間との勝負であることも確かな仕事です。そのため、仕事が遅い場合など、仲居さんから「イヤミ」を言われることもあるかもしれません。最初は、仕事に慣れるまで大変だとは思いますが、出来る限り「テキパキ」と仕事をこなせることが望ましいと思います。

人間関係も大切にできること!

旅館に行くとわかると思いますが、男性従業員の数と比較すると、女性従業員の割合の方が圧倒的に多いと思います。特に、「おばちゃんたち」と一緒に仕事をすることは、気を遣うことも多いでしょう。そのため、一緒に働くスタッフとの信頼関係は、非常に重要になってくると思います。

お互いに信頼し合える仲になれば、困った時に助けてもらえますので、怖いことも無いでしょう。また、バイトする期間を延長するなんてことも考えられますよね!楽しく仕事をする上で、最も大切なポイントだと思います。

まとめ

ここまで、「温泉バイト」について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?待遇もなかなか良いので、お金を貯めたい人には、大変おすすめしたいバイトであることがわかりましたね。ですが、温泉エリアは、市街地から離れていることもあり、プライベートな時間を過ごすことが難しいようにも感じました。

しかしながら、温泉にも毎日入れますし、ご飯も自分で作らなくいい!なんて素敵なバイトなんでしょう。興味のある方は、ぜひこれらを参考に温泉バイトを探してみては、いかがでしょうか!