【100均】でキッチンが素敵に!オススメ収納方法とQ&A

100均には、キッチン用品などもたくさん売られていて助かりますよね!100均の商品は、キッチン用品ではないものも、アイディアと工夫次第でキッチンをより使いやすく、また楽しくすることができます。しかも、そのどれもが100均の商品ででき、節約にもなります。今回は、そんな100均の商品でキッチンを簡単に便利で楽しくする方法などをご紹介します!



100均でキッチン

100均は、キッチン用品など日常生活にかかせないものがたくさんあって便利ですよね!キッチンは、生活をする上でかかせない場所です。そんなキッチンをもっと便利にしたい、楽しくしたい…と思っている人もいるかもしれません。100均の商品は、アイディアと工夫しだいでキッチンをより便利で楽しいものにしてくれます。しかも、そのどれもが100均の商品を使ってできるので、お財布に優しく節約にもなります。

そんな魅力が多い100均の商品を使ったキッチンをより便利で楽しく節約もできてしまう方法。では、具体的にどんな方法があるのでしょうか。次からみていきましょう。



①カフェ風収納棚

100均木箱の簡単リメイク♪キャビネット風飾り収納棚|暮らしニスタ

kurashinista.jp
キッチンは、毎日使う場所だからこそ、楽しい場所にしたいですよね。そんなときに、カフェ風の収納棚などを作ってみてはいかがでしょうか。まるで家の中がカフェになったような雰囲気を楽しめるでしょう。

用意するものは、100均のディスプレイBOX2個と留め具、黒い画用紙です。作り方は、ディスプレイBOXの中底サイズにカットした黒い画用紙に白いペンで格子柄を描きます。その画用紙を標本箱の中底にボンドなどで貼ります。標本箱の中に、仕切りになる板を付けます。2個の標本箱を観音開きになるように並べて、強力両面テープなどで貼り合わせます。扉に取っ手を取り付けたら完成です。

棚は、普通に購入すると約3,600円から買えるようですが、この方法で手作りすると、約400円でできます。

■用意するもの
・ディスプレイBOX
・留め具
・黒い画用紙

■作り方
・ディスプレイBOXの中底サイズにカットした黒い画用紙に、白いペンで格子柄を描く
・画用紙をディスプレイBOXの中底にボンドなどで貼る
・ディスプレイBOXの中に、仕切りになる板を付ける
・2個のディスプレイBOXを観音開きになるように並べて、強力両面テープなどで取り付ける
・扉に取っ手を取り付ける

②カフェ風ブラックボード

カフェっておしゃれなインテリアがあったり、見た目にもきれいで美味しいスイーツがあったり、行くだけで癒されますよね。そんなカフェによくあるブラックボードをキッチンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

用意するものは、100均の黒板です。作り方は、黒板にチョークでメニューをかくだけです。黒板を壁に取り付けてもいいですし、立てかけてもいいかもしれません。いつものキッチンで手軽にカフェ気分を楽しめるでしょう。

小さい黒板を購入すると約200円から買えるようですが、この方法だと、約100円からでできます。

■用意するもの
・黒板 等

■作り方
・黒板にチョークで好きな言葉をかく

のぼり屋工房 両面薄型黒板 S 幅250高さ350



③キッチンツールフック

キッチンは、調理器具など物が多くて、きれいに整理するのは大変ですよね。なんとかしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そんなときに便利な100均の商品を使用した収納方法をご紹介します。

用意するものは、100均のフックとフェンス、かごです。使い方は、フックを流し台下などの収納扉の裏2箇所に貼り、フックにフェンスをかけます。フェンスにかごをかけて収納を作ります。かごの中に鍋の蓋やハサミ、ティファールの取っ手などを収納すれば、きっと棚の収納力が上がるでしょう。キッチンという限られたスペースで、空間を有効活用できるのが嬉しいですね。

キッチンツールフックは、普通に購入すると約1,000円からかかるようですが、この方法で手作りすると、約500円からでできます。

■用意するもの
・フェンス
・フック
・かご

■作り方
・収納扉の裏にフックを2箇所貼る
・フックにフェンスをかける
・フェンスにかごをかける

キッチンの壁などにフェンスを取り付けて使用するのもおすすめです。用意するものは、100均のフックとフェンス、S字フックです。使い方は、壁などにフックを2箇所貼ります。そして、フックにフェンスをかけます。フェンスにS字フックを好きな箇所にかけたら完成です。S字フックにフライ返しやなべつかみなどをかけて使えば、すっきりと収納することができるでしょう。

④瓶

キッチンでは、和食や洋食、中華などさまざまな料理を作る人も多いのではないでしょうか。調味料や食材などは、色や形もさまざまなら、それらが入っている袋や箱などもさまざまです。それらをキッチンに置いておくと、統一感がなくて散らかって見えてしまうかもしれません。そんなとき、100均の商品を使って整理してみてはいかがでしょうか。

用意するものは、100均の瓶です。使用方法は、瓶の中に、使いかけのパスタなどの食材や調味料などを入れるだけです。ポイントは、同じ形やデザインの瓶の中に入れること。入れ物のデザインや形がバラバラだった調味料や食材に、統一感が出てきっとキッチンがすっきりと見えるでしょう。

瓶は、普通に購入すると約150円から買えるようですが、この方法だと、約100円から行うことができます。

■用意するもの
・瓶

■使い方
・瓶の中に、調味料や食材などを入れる

⑤ファイルケース

調味料や保存できる食材などは、安い時にまとめ買いしておく人も多いのではないでしょうか。ついついたくさん買ってしまって、棚の中が食材でいっぱいになり、いざ使うときになると探すのが大変なこともありますよね。そんなとき、100均の商品を使って収納してみてはいかがでしょうか。

用意するものは、100均のファイルケースやプラスチックケースです。使い方は、ファイルケースやプラスチックケースに、棚の中に保存してあったボトル飲料やドレッシング、乾麺、マヨネーズなどの食材や調味料などを入れます。そのケースを棚の中に並べたら完了です。

食材や調味料などをただ棚の中に入れるだけだと、雑然として見えてしまいますが、同じケースにいれることで棚の中に統一感が出て、すっきりとして見えるでしょう。また、調味料などを立てて入れることができるので、欲しいものを探しやすく取り出しやすくすることができます。

食品ラックは、普通に購入すると約700円からかかるようですが、この方法で手作りすると、約100円からできます。

■用意するもの
・ファイルケース

■使い方
・ファイルケースに、保存してあったボトル飲料やドレッシング、乾麺、マヨネーズなどの食材や調味料などを入れ、ファイルケースを棚の中に並べる ファイルケースを引き出しの中に入れて、使うこともおすすめです。例えば、キッチンの収納の中にファイルケースを数個並べて入れます。その中にフライパンや蓋などを収納したら完了です。フライパンや鍋を引き出しにそのまま入れておくと、下の方に入れた調理器具を取り出しにくかったりしますが、この方法だと、使いたい調理器具をすぐに探すことができ、取り出しやすくすることができるので便利です。

フライパンラックは、普通に購入すると約600円から買えるようですが、この方法だと、約100円からでできます。

■用意するもの
・ファイルケース

■使い方
・引出の中にファイルケースを数個並べて入れる
・その中にフライパンや蓋などを収納する

⑥つっぱり棒

キッチンは、棚やカウンターなどが多くデッドスペースが多くて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときに便利な100均の商品をご紹介します。

用意するものは、100均のつっぱり棒とS字フックです。使い方は、戸棚の下や窓枠のところなど、収納を作りたいスペースにつっぱり棒を横に取り付けます。棒にS字フックを取り付けたら完成です。S字フックにキッチンタオルやフライ返しなどの調理器具、カップなど好きなものをかけられます。お気に入りの調理器具や雑貨などをかけて、ディスプレイとして使ってもいいかもしれませんね。

キッチンツールフックは、普通に購入すると約600円からかかるようですが、この方法だと、約200円でできます。

■用意するもの
・つっぱり棒
・S字フック 等

■使い方
・収納を作りたいスペースにつっぱり棒を取り付ける
・つっぱり棒にS字フックを取り付ける

つっぱり棒は、棚の中で使用するのもおすすめです。例えば流し台の下の棚の中は、デッドスペースになりやすいですよね。そんなとき、つっぱり棒を横に取り付け、その上にポールや調理器具などをのせて使ってもいいでしょう。つっぱり棒を縦に取り付ければ、大きな皿やまな板などを立てて収納することもできます。つっぱり棒を取り付けられる空間があればどこにでも収納をつくることができるのが嬉しいですね。

⑦キッチンラック

観葉植物/リメ缶…などのインテリア実例 – 2015-06-13 22:08:58 | RoomClip(ルームクリップ)

roomclip.jp
キッチンのスペースに棚がほしい、と思ってもスペースにちょうど合うような棚がない、などの理由で買うのをためらう人もいるのではないでしょうか。そんなときに便利な100均の商品を使って手軽にできる棚をご紹介します。

用意するものは、100均の発泡スチロールと使わなくなった板やすのこなどです。作り方は、発泡スチロールを立てて、その上にすのこや板をのせるだけです。棚を作りたい場所に簡単に作ることができて、移動も簡単にできるところが魅力ではないでしょうか。棚をシックな色合いに塗ってもいいかもしれませんね。

キッチンラックは、普通に購入すると約2,000円からかかるようですが、この方法だと約600円でできます。

■用意するもの
・発泡スチロール
・使わなくなった板やすのこ 等

■作り方
・発泡スチロールを立てて、その上に板やすのこをのせる

Q&A

こんな商品100均にないの、とか100均のこの商品はどうやって使うの…など、ここではそんな疑問にお答えします!

食べかけを保存する方法は?

開封してしまったお菓子などの袋をそのままにしてしまうと、後で食べたときに湿気っていたりして残念な思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。そんなときに便利な100均の密封シーラーをご紹介します。

密封シーラーは、一度開封したお菓子などの袋を再び、熱で温めて密閉してくれるので、食べかけたお菓子が湿気る心配がなくておすすめです。一度お菓子の袋を開けてしまうと、最後まで食べなければいけないような気がしてしまうことがありますよね。これなら適度に食べることができるのではないでしょうか。

キッチンペーパー入れってある?

100均にはお店によってキッチンペーパーホルダーも売られています。キッチンペーパーホルダーは、普通に買うと約700円からかかるようですが、100均なら約100円で買うことができます。また、時間など余裕があれば100均の木箱を使って、キッチンペーパーホルダーを手作りするのも楽しくていいかもしれません。

重曹ってどう使うの?

重曹は、風呂やトイレ、キッチンなどの掃除にも使うことができる便利な一品です。使うときは、粉のままの状態で、汚れなどにかけて使ったり、布巾などに重曹をつけてから汚れを落としてみたりするのもいいでしょう。また、ぬるま湯1l に重曹大さじ4位を入れて混ぜ合わせ、液体状にして使うこともできます。また、鍋に水300ccと片栗粉を大さじ1〜2杯を入れて煮立て、冷ましたら、重曹大さじ2位を入れて、使ってもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?100均の商品を使ってキッチンをより快適にする方法は、アイディア次第でさまざまなものがあることがおわかりいただけたでしょうか。また、普通に買うと高くなるものでも100均の商品を使えば、通常よりも費用を抑えることができます。お財布にも優しく、節約になるのも魅力のひとつです。また、アイディアや工夫する楽しさを味わえるのも100均ならではの良さかもしれませんね。

節約やアイディアなどの魅力が尽きない100均。ぜひ100均の商品をうまく活用して、楽しく節約しながらキッチンを一層快適なものにしていきたいですね!