FXで利益を出すためのコツとは?初心者にもできる運用法を紹介

専業主婦やサラリーマンにも人気のあるFXですが、初心者には少し敷居が高く感じてしまいますよね?それもそのはずです。FXは仕組みこそ簡単ですが、投資の一種ですから、やり方によっては損をする可能性もあります!そこで今回は、FXを初めたばかりの人、またはこれから始めたいという人たちの質問に答えつつ、初心者でもできる運用法やポイントを紹介していきたいと思います♪



【FX】知らなきゃマズイ!?基本事項

FXって何?

FXは外国為替証拠金取引の略です。英語で言うと「Foreign exchange」なので、頭文字をとってFXと呼ばれています♪

最初に、FXではどのような仕組みで利益を出すことができるのか紹介していきましょう。FXには証拠金というものが必要になります。証拠金をFX会社に預けることで、証拠金の何倍もの金額を動かすことができるので、この仕組みを使って取引を行います。

証拠金を預けて取引が開始できるようになったら、外国の通貨を売買することになります。現在よりも為替レートが高くなると思ったら外国の通貨を買い、低くなると思ったら売ります。2択で売買していくだけなので、取引方法は簡単ですね!

2つの利益の出し方

利益の出し方をもう少し詳しく説明していきます。利益の出し方には2通りあり、一方は「為替差益」を狙う方法。もう一方は「スワップポイント」で稼ぐ方法になります。

まずは1つ目の為替差益から説明していきましょう。何となく難しく聞こえますが、安心してください。とても単純な話です!

例えば、1ドルのレートが100円の時に1万ドルを買いました。日本円に換算すると100万円になりますね。この後、相場はどちらに動けば利益が出るでしょうか?

上がった時(円安に進んだとき)に利益を出せますよね。1ドルのレートが150円になった時、1万ドルを円に換算すると150万円になります。100万円が150万円になったんですから、50万円の利益が出せました。これが「為替差益で儲ける」ということですね。多くのトレーダーは、こちらの利益を求めて取引しています。

次に、2つ目の「スワップポイント」を使った方法です。FXで取引をすると、売買した2国間の間に金利差が生まれます。この金利差をスワップポイントと呼び、毎日、金利差分の利益を受け取ることができます。

ただし、スワップポイントは買った通貨の金利が高くなければ利益を得られません。逆に売った通貨の金利が高いと、金利差を支払わなければならないので注意が必要ですね!

日本の金利は現在0,1%と非常に低いです。定期預金をしても利子なんてほとんど期待できない状態ですから、代わりにスワップポイントを受け取ることが出来れば、月々のお小遣いも稼げますね♪

政策金利一覧|FX 外為どっとコム
参照元:FX 外為どっとコム(2016年1月 著者調べ)

FXは危険?

ツイッターや掲示板で「FXで全財産を失った!」なんて話を時々見かけると、取引するのが怖くなってしまいますよね。でも、どうしてそういった事態になるのか、ご存知でしょうか?

通貨が暴落または暴騰した場合、相場が急激に変化します。有利な方向に動けばいいのですが、不利な方向に動いた場合は損失額が一気にふくらんでしまいますね。そうすると、FX会社に預けている証拠金では足りないほどの損失が出ることもあります。

ですが、いくら相場が荒れたとしても、普通に取引している分には全財産を失うような状態にはならないはずです。大損した人の大半は、大金を稼ごうとして証拠金を大量につぎ込んだり、取引する通貨の量を増やしすぎている事が原因として考えられます。

そうするとリターンは多くなりますが、同時にリスクも高くなってしまいますよね?お小遣いを稼ぐくらいの感覚で少しずつ取引していれば、大損する可能性は低くなります。、身の丈に合った取引を心がけていれば、大損するような事態にはならないかと思います。

取引にかかる時間

FXで稼いでいる人って、何となくパソコンの前で四六時中取引している姿をイメージしますよね?利益を出すには長時間パソコンとにらみ合いをしなければならないんでしょうか?

答えはNOです。投資家の中にはそういう人もいますが、朝と夜だけ為替レートを確認してあとは放置という人もいます。どうやって稼ぐかはその人次第ということですね。

FXでは設定さえしておけば、自動で注文を出すことができます。例1ドルが100円の状態で、1ドルが99円になったら買うという注文を出しておけば、自動的に取引してくれるんです!これなら、相場が動くたびに取引画面を開かなくても大丈夫ですね♪



FXで利益は出すには?よくある疑問5選

①儲けているのはどんな人?

FXで儲けている人は、どんな取引の仕方をしているのでしょうか?FXで数百万円もの金額を稼いでいる人であれば、きっと負けなしの取引をしているに違いない……なんて思うかもしれませんが、そうではありません。FXは最終的な損益がプラスになればいいんです。

つまり、負けが9回続いたとしても、10回目で大きく勝てれば利益を出せるんです!9回目まで1万円ずつ損をしたとしても、最後で10万円の利益を出せば、1万円が残ります。

小さく損をして大きく勝つ。これが出来れば問題ありません。FXが上手い人は、損の仕方が上手い人なんです。

②FXのコツって何?

相場には大きく分けて3種類のタイプがあります。FXをする上で相場の傾向を掴むことはとても大切だと言われていて、相場のタイプによって、売りと買いのどちらをメインで取引するのかも変わってきます。ここでは、相場のタイプとその時の効率的な取引方法について紹介していきます♪

まずは、3つの相場タイプについて理解しましょう!

■上昇相場
値動きを見た際に、文字通り上昇している相場のことを指します。円安へ向かっている状態です。

■横ばいの相場
一定の範囲内で上げ下げを繰り返す相場を指します。「レンジ相場」や「ボックス相場」という呼び方をすることもあります。例えば「70円から90円の横ばい相場」と言われた場合、最安値が70円で最高値が90円ということになりますね。

■下降相場
値動きを見た際に、下降している相場のことを指します。円高へ向かっている状態です。

それぞれがどんな相場なのか、何となく想像できたでしょうか?それではここで問題です。上昇相場にある時、売りと買いではどちらが安全に利益を出せるでしょうか?

経験者ならすぐにわかる問題ですね。答えは買いです。上昇相場では円安に向かっているわけですから、外国の通貨を買っていれば、それはどんどん値上がりしていきますよね。何もしなくても儲けられます。

では、ここで売ってしまった場合はどうなるでしょうか?売った場合、相場が下がれば儲かります。でも、上昇相場ではレートが上がり続けていますから、中々手放すタイミングが訪れません。

具体的に言うと、1ドル=90円でドルを売ったけど決済するタイミングが無く、損失を抱えたままの状態で、気付いたら1ドル=95円まで相場は上昇してしまったというような状態になってしまいます。

因みに下降トレンドの時は、これと逆のことをすれば儲かります。安値で買って高値で売るということですね♪基本中の基本で当たり前の話なんですが、取引しているとついつい忘れてしまいます。

言い換えると、その時のトレンドにあった取引をすれば、効率よく利益を出せるということですね。一部では「トレンドに逆らうな」と豪語する人もいるほどです。相場の流れって大切なんですね!

③どの通貨で取引すればいい?

どの通貨と相性がいいかは、人によって違うかと思います。手法などと同じで、その人にあったものを見つける必要があるでしょう。

ですが、実は初心者向けと呼ばれる通貨があります。アメリカのドルです。投資経験のある人ならほとんどが初心者向けの通貨としてドルを選ぶのではないでしょうか。

ドルが選ばれる理由として、まずは情報量が多いということがあげられます。FXをする上で、為替関係のニュースや各国の政治や経済の状況は必要になってきます。「とある国の経済状況が悪化しています!」なんてニュースを聞いたら、その国の通貨は買われなくなりますよね?

ドルは主要通貨なだけあって、情報量が多いです。テレビのニュースなどでも、アメリカの様なメジャーな国の情報はよく聞きますよね。初心者でも情報が仕入れやすいんです。

また、ドルをおススメする理由として、取引量が多い事もあげられます。取引される量(流通している量)が多いので、他国の通貨と比べると値動きの幅が少ないんです。つまり、相場が予想と逆に動いたとしても、少ない損失額で済むということですね。

この2つが、初心者向けの通貨としてドルをおすすめする理由です。

④FXで利益を出すための勉強法は?

FXで上手く取引するためには、どのような勉強をすればいいのでしょうか?これも人によって違いますが、よく聞くのは次の4つです。

・FX用のメモ帳を作成する
・FXの本を読む
・上手い人の手法を真似する
・とにかく慣れる

私自身が試してみて効果があったのは上の2つでした。1つ目の「メモ帳作成」ですが、失敗した点や上手くいった点を書き込んでいくことで、自然と自分の欠点や得意な相場が見えてきます。プロの手法が必ずしも自分に合っているとは限りませんので、自分にあった投資方法が見つかると取引がしやすくなるかと思います。

実践した感想ですが、手を出してはいけないタイミングを見つけられたのが大きかったです。私の場合は相場のタイプによって勝率が違っていたため、メモ帳を作り始めてからは勝てるタイミングで取引に参加するようになりました♪

2つ目の「FXの本を読む」については、難しいものを読む必要はありません。初心者向けで構いませんので、FXの基本的な考え方などが書いてある本をおすすめします。個人的なおススメは投資家のロバート・キヨサキ氏による「金持ち父さんシリーズ」です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
シリーズの中では、投資の入門本にあたります。FXだけでなく投資全般について書かれていて、お金持ちになるための考え方と投資の基本についてよくわかる内容になっています♪学校では教えてもらえなかった「お金に関する教育」が受けられます。

⑤安全に利益を出すには?

為替相場では、乱高下の激しい時期があります。小さな暴落も度々起こりますね。安全に利益を出すためには、こういった時期に取引をするのは控えた方がいいでしょう。

というのも、取引画面上で損失額が一定の割合を超えると、FX会社に強制的に決済注文を出されてしまうためです。画面上で数字がマイナスになっても、為替レートが元に戻るまで待つことができれば、実際の損失にはつながりませんが、強制決済されてしまうと損失が確定してしまいます!

値動きの激しい相場は避けて取引する、もしくは多少の損失に耐えられるだけの証拠金を用意しておくのもいいかもしれませんね。稼げる時期に稼いだら身を引いて、身の丈にあった取引をすることが安全な取引をするためのポイントだと思います。

FXが楽しくなる!役に立つ情報

相場の動きが読めない!そんな時はこれ!

自分でチャートや為替ニュースを見て分析していても、最初の頃は重要な部分を見落とすことがあります。そんな時は、FXの専門サイトでプロの意見を見てみましょう。自分では気づかなかった部分も見つかり、おまけにプロの視点も身につくかもしれません。

ただし、プロでも相場予想が外れることはもちろんあります。予想を100%的中させるのは、普通に考えても無理ですよね?相場予想はあくまで参考程度に留めておいた方がいいかもしれません。

ロイター通信
国際ニュース通信社ロイターのウェブサイトです。世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。

取引を始めるのが不安な時は?

今からFXを始めたい!そう思っても、自分のお金を使うとなると不安になりますよね?そんな人におススメしたいのがデモトレードです。デモトレードは、簡単に言うとお試しトレードのことです。お金をかけずに、実際のFXと同じ状態で取引ができます。

GMOクリック証券やDMM FXなど、大手の会社でしたら大抵はデモトレードが用意されています。操作方法に慣れるためにも、未経験の人は一度やってみてもいいかもしれませんね♪

GMOクリック証券 – FXネオ デモ取引 | FXネオ | サービスガイド
参照元:GMOクリック証券(2016年1月 著者調べ)

FXにかけるお金はいくらまで?

FXで安全な取引を心がけていたとしても、投資である以上、損をする可能性はゼロではありません。生活費までFXに充ててしまうと、損をした場合に取り返しがつかなくなります。予期せずお金が必要になることもあるでしょうから、FXはしばらく使う予定の無いお金で取引するのがいいでしょう。

FX口座に入金してしまい、急用ができた時にお金が引き出せない……なんて事態は避けたいですね!