《100均のすのこ》は優秀アイテム!DIYで収納や雑貨を作る【12選】

100均では、すのこまで買うことができて、すごいですよね!すのこを使ってアレンジをすれば、さまざまなものが作れて、節約にもなり、手軽にDIYを楽しむこともできます。今回は、そんな100均のすのこを使った収納や雑貨などについてご紹介します!



100均のすのこ

100均は、いろいろなものが売られていて重宝しますよね!そんな数ある商品の中でも、すのこは、板がしっかりと取り付けられていて、ただすのことして使うだけでなく、何かに使えそうな気がしてくる人もいるのではないでしょうか。

ちょっとした家具やラックなどを作りたいとき、ホームセンターなどで木材を買うと大掛かりになり、費用もかかりますよね。そんなとき、100均のすのこなら気軽にDIYを始められますし、お財布に優しく節約にもなります。そんな魅力たっぷりの100均のすのこ、一体どんな使い方があるのでしょうか。では、次からみていきましょう!



①キッチンツールかけ

キッチンって、何かと物で溢れて散らかりやすいですよね。おたまやフライ返し、鍋つかみなど収納場所に困ったり、片付けが苦手だったりする人もいるのではないでしょうか。そんなとき、すのこを使って収納を作ってみてはいかがでしょうか。

写真の例では、100均のすのこを横向きにして壁に取り付け、すのこにフックを取り付けてできています。フックの位置は、自由に動かせるのも嬉しいですね。木製なので、キッチンにナチュラルな雰囲気が出るでしょう。

キッチンツールスタンドだと、場所を取ることもありますが、この方法だと壁を利用して収納するので、場所を有効活用できて嬉しいですね。お部屋や玄関などの壁に取り付けて、帽子や、カバン、ストールなどをかけてもいいでしょう。

■用意するもの
・すのこ
・フック 等

通常、キッチンツールスタンドを購入すると、約1,000円かかるようですが、このすのこで作ったキッチンツールがけだと、約200円で作ることができるようです。

②スパイスラック

いろいろな料理のレシピにチャレンジすればするほど、いつの間にかスパイスなども増えてしまいますよね。そんなスパイスをすっきりと収納しておけるようなスパイスラックが欲しいと思っている人もいるかもしれません。100均のすのこでは、スパイスラックも作れます。簡単に作れるので作ってみてはいかがでしょうか。

写真の例では、100均のすのこ2枚とウッドボックス2個、ベニア板3枚等でできています。白く塗られたスパイスラックがキッチンに清潔感を感じさせてくれそうです。ウッドボックスには、ネームプレートが貼られていて、可愛くていいですね。スパイスラックとしては、もちろん野菜ラックなどに使っても良さそうです。置く場所によっても、いろいろな用途に使えそうですね。

■用意するもの
・すのこ
・ウッドボックス
・ベニア板 等

通常、ラックを購入すると、約1,000円から購入できるようですが、このすのこで作ったラックだと、約600円で作ることができるようです。



③トイレ用ラック

トイレって、掃除用具や消臭剤など、細々したものが多くて、散らかって見えてしまうのが、悩みですよね。トイレは、風水では金運と結びつきの深い場所としても知られています。ぜひいつもきれいにしておいて、金運を呼び込みたいですよね。トイレの掃除用品などは収納場所がなくて困る人もいるのではないでしょうか。そんなとき、100均のすのこでラックを作ってみてはいかがでしょうか。

用意するものは、すのこ3枚だけです。作り方は、すのこ3枚のうち2枚を半分に切ります。残りの1枚のすのこは、背板として使うので、そのままにしておきます。半分に切ったすのこ2枚を左右に立て、そこへ背面になるすのこを木ネジで後ろ側から取り付けます。左右に立てかけたすのこの下駄に、半分に切ったすのこ2枚を天板、底板となるようにおき、木ネジで取り付けたら完成です。

このラックだとトイレに省スペースでおくことができ、置き場所に困っていた掃除用具などもすっきりと収納することができていいですね。トイレットペーパーラックとして使用してもいいかもしれません。

■用意するもの
・すのこ 等

■作り方
・すのこ2枚を半分に切る
・半分に切ったすのこ2枚を左右に立て、
 そこへ背面になるすのこを木ネジで後ろ側から取り付ける
・左右に立てかけたすのこの下駄に、半分に切ったすのこ2枚を天板、
 底板となるようにおき、木ネジで取り付ける

通常、トイレ用ラックを購入すると、約2,000円からかかるようですが、このすのこで作ったトイレ用ラックだと、約300円で作ることができます。

④シューズラック

玄関は、下駄箱に入りきらない靴がそのまま玄関に出しっぱなしになっていたり、靴が雑に置かれていたりしやすいですよね。これでは、訪問者の印象もあまりよくないのではないでしょうか。なんとか玄関の靴をきれいに片づけたいと思っている人もいるかもしれません。そんなとき、100均のすのこを使ってシューズラックを作ってみてはいかがでしょうか。

すのこ約5枚を組み立てることで、シューズラックを作ることができます。手頃な材料で作ることができて、最低6足収納できるところが嬉しいですね。プランターなどを置いて、プランターラックとして使っても良さそうです。アイディア次第でいろいろなものを置いて使えそうですね。

■用意するもの
・すのこ 等

通常、シューズラックを購入すると、約800円からかかるようですが、このすのこで作ったシューズラックだと、約500円で作ることができるようです。

⑤ナイトテーブル

夜寝る前に本を読んだり、日記を書いたりする人もいるのではないでしょうか。そんなときベッドの側にナイトテーブルがあると便利ですよね。ナイトテーブルは欲しいけど、他のお店で買うと結構高く、ためらっている人もいるかもしれません。そんなとき、100均のすのこでナイトテーブルを作ってみてはいかがでしょうか。

写真の例では、100均のすのこ4枚でできています。落ち着いた色合いに塗られ、ナチュラルな感じが出ていていいですね。ナイトテーブルはもちろん、サイドテーブルとして使ってもいいかもしれません。

■用意するもの
・すのこ 等

ナイトテーブルを購入すると、約1,000円からかかるようですが、このすのこで作ったナイトテーブルだと、約400円で作ることができるようです。

⑥ジャンクボックス

ジャンクボックスは、グリーンを入れたり、ディスプレイにしたり、さまざまな使い方をすることができて、どんな風に使おうか考えるだけで、わくわくしますよね。でもジャンクボックスは、他のお店で普通に買うと結構費用がかかります。そんなときすのこで作ってみるのもいいかもしれません。

用意するものは、100均のすのこと板などです。外に置かれたジャンクボックスは、風化が進むごとに落ち着いた色合いへ変化するのを楽しめるのもいいですね。グリーンやガーデニング用品などを入れたり、野菜ストックなどに使ったり、何個か重ねておいてインテリアとしてもいいでしょう。アイディア次第で使い方が広がるのも魅力です。

■用意するもの
・すのこ
・板 等

通常、ジャンクボックスを購入すると、約4,000円からかかるようですが、すのこで作ったジャンクボックスだと、約500円で作ることができるようです。

⑦キーフック

キーなど小物は、どこに置いたか忘れてしまったり、探しているうちに出掛けるのが遅くなってしまったり、そんな経験をしたこどがある人もいるのではないでしょうか。そんなとき、キーなどの小物が見やすいところにいつも置いてあると便利ですよね。そんな小物を見やすく片付けることができる、すのこを使ったキーラックを作ってみてはいかがでしょうか。

写真の例では、すのこと板、釘などでできているようです。白ペイントされたキーラックが爽やかでいいですね。失くしてしまいがちな小さなキーや小物も、見やすくかけておくことができて、失くす心配が減りこれなら安心ですね。

■用意するもの
・すのこ
・板
・釘 等

通常、キーフックを購入すると、約数百円かかるようですが、このすのこで作ったキーフックだと、約200円で作ることができるようです。

⑧棚

素敵な雑貨や小物などをお見せで見つけるとついつい集めてしまって、いつの間にか増えてしまいがちですよね。そんな雑貨や小物をディスプレイできるような棚があると便利かもしれません。そんなとき、100均のすのこで簡単に作れる棚をご紹介します。

用意するものは、100均のすのこ2枚とインテリアミニ黒板3枚です。作り方は、すのこにワトコオイルを塗ります。それが乾いたら、すのこを立てて、下駄にインテリアミニ黒板をボンドで取り付けたら完成です。落ち着いた色合いが、小物や雑貨を引き立ててくれそうでいいですね。

■用意するもの
・すのこ
・インテリアミニ黒板

棚を購入すると、約1,000円からかかるようですが、このすのこで作った棚だと、約500円で作ることができるようです。

⑨スパイスラック

キッチンのスパイスとかってなんとかスッキリ収納したいですよね。100均のすのこではスパイスラックも作ることができます。写真のスパイスラックでは、100均のすのことまな板を利用して作られています。100均とは思えないクオリティではないでしょうか。また、レトロな雰囲気も素敵です。スパイスラックとして使ってもいいですし、グリーンなどを飾っても似合いそうですね。

■用意するもの
・すのこ
・まな板 等

通常、スパイスラックを購入すると、約1,600円からかかるようですが、このすのこで作ったスパイスラックだと、約500円で作ることができるようです。

⑩ウォールラック

毎日同じ部屋で生活していると飽きることってありますよね。部屋の模様替えなどをしたくなる人もいるのではないでしょうか。そんなとき、100均のすのこでウォールラックを作ってみてはいかがでしょうか。

写真の例では、100均のすのこ2枚をつなげて壁に取り付け、そこへウォールシェルフなどを取り付けています。木材のナチュラルな印象がいいですね。グリーンが柔らかい感じを与えて癒されるのではないでしょうか。ワイヤーかごやフォトフレームなどを飾っても似合いそうです。壁にウォールラックを取り付けるだけで、部屋の印象もずいぶん違ってきて手軽に部屋の模様替えを楽しめるのが嬉しいですね。

■用意するもの
・すのこ
・ウォールシェルフ 等

通常、ウォールラックを購入すると、約1,000円からかかるようですが、このすのこで作ったウォールラックだと、約400円で作ることができるようです。

⑪マガジンラック

お気に入りの雑誌や表紙が素敵な本は飾ってディスプレイしたくなりますよね。また、よく読む雑誌や本などはすぐ取り出せるところにおいておきたいものです。そんなとき、100均のすのこでマガジンラックを作ってみてはいかがでしょうか。写真の例ですと、すのこと板、アイアンバー等で作られています。白くペイントされたマガジンラックが、壁の色とも合っていていいですね。

■用意するもの
・すのこ
・板
・アイアンバー 等

ウォールラックを購入すると、約1,000円からかかるようですが、このすのこで作ったウォールラックだと、約500円で作ることができるようです。

⑫ウォールラック

部屋の壁に何もなくて味気ないときや何かインテリアを楽しみたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。そんなとき、ウォールラックにお気に入りの雑貨や小物などを飾るといいかもしれません。そんな便利なウォールラックを100均のすのこで作ることもできます。

写真の例では、すのこと板、アイアンバー等で作られています。グリーンを飾ったり、お気に入りの写真を飾ったり、何を飾ろうか考えるだけで楽しくなりますね。アイアンバーをもう一つつけて、マガジンラックとして使ってもいいかもしれません。

■用意するもの
・すのこ
・板
・アイアンバー 等

通常、ウォールラックを購入すると、約1,000円からかかるようですが、このすのこで作ったウォールラックだと、約300円で作ることができるようです。

まとめ

いかがでしたか?100均のすのこといっても、すのことして使うだけでなく、アイディアと工夫次第でさまざまな使い方ができることがおわかりいただけたでしょうか。しかもそのどれもがほとんど100均の商品で作ることができ、節約することができます。

無限の可能性を秘めた100均のすのこ。ぜひうまく活用して、楽しく節約しながら毎日の生活をより楽しいものにしていきたいですね!