〈ハンカチをリメイク〉不器用さんでもOK!ハンドメイドの基礎

世は空前のハンドメイドブーム。人の手によって生み出された一品には、既製品にはない魅力が溢れています。そこでハンドメイドに興味がありつつも、まずは初歩から練習したいというあなた。まずは失敗の少ないハンカチのリメイクから始めてみてください。ハンドメイドと言ってもミシンは必須ですが、ハンカチであれば手縫いでも作ることができます。お気に入りの布と布を縫い合わせて、ハンドメイドの魅力を味わってみてください。



まずは基礎!ハギレからハンカチを作成する方法

ハギレをつなぎ合わせよう

ハンカチリメイクというと、「古くなったハンカチから別のものを作る」と考えますよね。しかしまずは『ハンカチからハンカチ』を作ってみましょう。これこそが、ハンドメイドの基礎の基礎と言えるからです。単純に好きなハギレを隣り合わせて、縫い合わせればOK、簡単ですね。隣り合わせる柄の組み合わせは、あなたのセンスの見せどころですよ!

縫い目が外側に出ないように工夫

ハンドメイドとはいえ、汚い縫い目やほつれ糸が出ているものは普段使いできませんよね。素人作とはいえ、縫い目が外側に出ない工夫だけはしましょう。ハギレの切れ端が外側に来ないように、切れ端を巻き込んで縫うといいですね。

また、縫い目が外側に来ないように、背中合わせに縫い合わせて、後で裏返す方法を選んでもOKです。この場合は2重のハンカチになりますが、吸水性がよく使い勝手は良くなります。

淵はレースでアレンジを

ただ布を縫い合わせてもハンカチとして機能しますが、どうせなら一つアレンジしてみましょう。手芸やなどでレースを買ってきて、仕上がったハンカチの周りにくるりとふちどりするのです。女子力大幅アップのあなただけのとっておきのハンカチになりますよ。淵のレースは100円ショップでも購入可能。ハギレ代はただなので、お気に入りのオリジナルハンカチが出来上がります。雑貨屋に並ぶような、あなただけの素敵な一枚を、是非とも作り上げてみてください。

水分を吸いやすい綿生地を選ぼう

ハンカチを作るときに、使用する生地に気を付けてください。質感の違うハギレを隣り合わせに縫い合わせても、機能性の低いハンカチになってしまいます。ハンカチを作成するときは、出来れば綿100%の生地のみを使用したいですよね。それ以外の生地を使う場合には、隣り合わせの生地の種類を合わせるように気を付けてくださいね。



お気に入りのハンカチをシュシュにリメイク

ハンカチとゴムを用意しよう

さて、「ハンカチ→ハンカチ」の初歩の初歩を卒業したら、次はいよいよハンカチリメイクの本番です。まず、毎日の需要の高いアイテムであるシュシュを作ってみましょう。シュシュはその日のファッションによって何種類あってもいいですよね。

いらなくなったハンカチを筒状に縫い合わせて中にゴムを入れれば仕上がる、比較的簡単なハンカチリメイクアイテムです。ゴムはメーター買いしてもそれほど高額にはならないはずです。お近くの100円ショップでも購入することができる身近な素材です。既製品のシュシュ一つを購入する値段を考えれば、ゴムの100円だけのコストで済むので、とても節約になりますよね。

古いハンカチのきれいな部分を使用しよう

いらなくなったハンカチをシュシュにするとき、ハンカチのきれいな部分を切って再利用しましょうね。「もったいないから」と古いハンカチの全てをくまなくリメイクする必要はないのです。可愛い柄のハンカチをリメイクして作ったシュシュは、ハンドメイド市でも人気の品です。

ハンカチをリメイクしたコースターの作り方

お気に入りのハンカチを2枚用意

ハンカチリメイクの商品の中でも需要が高いのが、シュシュに続いて「コースター」です。2枚のハンカチを用意して、表裏別の柄に作成するのが定番です。表裏が同じ柄でも、レースやふちでポイントをつければ可愛いコースターに仕上がります。

背中合わせに縫い合わせて最後に裏返す

リメイク作品で気を付けなくてはならないのは、「縫い目が出ない」ことです。縫い目が出てしまっては、一気にみすぼらしさが出てしまい、普段使いも難しくなります。生地の表を背中合わせにして2枚の布を縫い合わせてから裏返してください。もしくは生地の端を織り込んでから縫い合わせる方法でもいいですね。雑貨屋などで布仕立てのコースターを買うと数百円かかる場合もあるため。愛情を込めた手作りをお勧めしたいです。



ハンカチ〈リメイク〉まとめ

さて、ハンカチのリメイク商品について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。基本的な内容でまとめてみたので、ハンドメイド初心者の方は参考にしてください。手作りのシュシュやハンカチを、何かのお礼などでお友達に上げるととても喜ばれますよ!最初は簡単なものから。慣れてきたら徐々に難しいものに挑戦してみてくださいね。