老後資金の備えは大丈夫?運用のポイントはココにあり!

長引く不況や年金、医療費の問題など、将来への不安を抱えている人も多いと思います。特にこれからはますます少子高齢化が進んでいく中で、老後不安を抱える方も多いはずです。「まだ先の話」と思う方もいるかもしれませんが、将来に向けた備えはしっかりとしておく必要がありますね。



老後資金はいくら必要なの!?

まず、65歳以降の生活費と、もしもの病気や介護にかかる費用を合わせると、退職後にかかる費用は、1億円近いとも言われています。年金と退職金で不足する分は、毎月貯蓄から切り崩すしかありません。さらに、早期退職した場合は、少なくとも年金が支給されるまでの間の生活費も準備しておく必要があります。

2014年の総務省のデータでは、60歳で現役を引退された世帯(高齢無職世帯)の家計の実態を見ると、なんと「59,610円」が不足しています。つまり毎月約6万円の赤字ということになります。それではこの部分はどうするか?毎月貯金を切り崩して不足部分を埋め合わせるしかないですよね。さらに恐ろしいことに、この不足部分は毎年微増しています。まずはこの実情にしっかりと目を向けないといけないですね。

あくまでも現状の話であって、これからはますます厳しくなりそう。とは言っても一度しかない人生。少しでもゆとりある老後生活を楽しむために、なるべく若いうちから、1年でも早く計画的な「備え」をしておいた方が良いですね。

高齢無職世帯の家計収支(2014年)
参照元:総務省 高齢無職世帯の家計収支(2016年1月 著者調べ)



自分の生活を見直そう

老後資金の備えをする上で、大切なことは今のライフスタイルをしっかりと見直して、今後の将来に備えることが必要です。例えば、現状として毎月3万円の貯金がギリギリできる世帯で、将来に向けて毎月10万円を貯めていこうとしても、絵に描いた餅になってしまいます。毎月「いくら老後資金に回せるか?」時間をとって考えてみましょう。

・毎月いくらの支出があるだろうか?
・毎月無駄な支出(浪費)はないだろうか?
・毎月節約できる項目(光熱費など)はないだろうか?

このようにして、まず現状を把握することで、今の現状を見直すきっかけが作れると思います。将来に対しての不安があるからこそ、しっかりと現実に目を向けて、今何をやるべきかを考えて行く必要がありますね。

老後資金の運用方法

老後に向けて備えをする上では、色々な方法があると思います。もちろん勤務先でほぼ強制的に積立ができているような企業もあるかもしれません。しかし、これからの日本の将来を考えると、ますます老後の備えは自分たちで作っていく必要がでてくると考えられます。まずは意識を変えて、できることから始めてみましょう。

またその際、注意することとして、「そのお金は老後資金なのでしょうか?」「子供の教育資金なのでしょうか?」それとも「住宅や車を購入するための頭金でしょうか?」しっかり目的別に分けておくことも大切ですね。

銀行にコツコツ預金

老後資金を作る上で、まず一番簡単な方法は、「毎月一定額を預金する」ことだと思います。銀行預金のメリットは、

・手軽にすぐに始めることができる。
・面倒な手続きがほとんどない。
・いつでも引き出しができる
・基本的に元本が保証される

といったところでしょうか。とは言いましても、逆に金利が低いことやすぐ使ってしまうデメリットも伴いますので、簡単に引き出せないように定期預金や自動積立にするなど、手をつけないような対策をとっていく必要はありますね。

保険を活用する

将来への備えのために、保険を活用するケースも多いと思います。保険を活用するメリットとすると、

・保障もついて貯蓄ができる
・預金よりも利率が高いケースもある
・預金よりも引き出しにくいため、すぐに手をつけにくい
・生命保険料控除の適用を受けられる

預金をするよりも、保険として活用できる部分や節税対策といったメリットはあります。しかし、早期に解約する場合は、解約返戻金が払い込んだ保険料を下回ることもあるなど、運用期間によってはデメリットになるケースもあるので注意が必要です。

投資信託や株を利用する

最後に投資信託や株を活用するという方法も考えられます。この方法は少々、中・上級者向けになるかもしれませんが、老後資金を準備する上では活用方法の1つだと思います。このような金融商品のメリットは、

・預金や保険よりも収益が見込めるケースがある
・分配金や配当金が入ることが多い
・少額で始めることができる(できないケースもあります)

など、運用によっては預金や保険よりも収益率は高いと思います。もちろんご存知の方も多いと思いますが、元本保証のないことが多いため、ハイリスク・ハイリターンのようなやり方は避ける必要があります。しかしながら、今では本当に多くの商品があり、一般の方でも始めやすい方法です。



まとめ

老後資金を備える上では、とにかく1年でも、1日でも早く取り組むことが必要だと思います。そのための方法としては、預金、保険の活用、投資信託や株の運用の順にレベルアップしていく感じではないでしょうか?

まずはご自身の現状と、「いくらから始められるのか?」無理のない金額でスタートを切ることをおすすめします。今では銀行や保険会社だけでなく、ファイナンシャルプランナーや資産運用に詳しい方が無料で相談に乗っていただけることも多いですので、一度相談してみると良いでしょう。

将来への不安は、悩んでいても解決はしません。勇気を持って小さなことからでも始めていくことが大切ですね。