【映画が無料に!?】映画館のバイトのメリット・デメリットは?

映画館は独特の雰囲気で、行くだけでわくわくしますね!特に映画好きの方にとってはとても幸せな空間でしょう。そんな映画館でのバイトは、楽しいだけではなく驚くべき特典があります。しかし、反面やはりデメリットがあるのも事実です。実際に映画館で働いている方の生の声を集めました!



映画館のバイトってどんな感じ?

どんな仕事をするの?

映画館のバイトの仕事は、それぞれボックス(またはチケット)・コンセッション・ストア・フロア・映写(またはプロジェクション)と呼ばれる5つのセクションに分かれています。名前だけでは何をするのか分かりませんので、以下順に説明しますね。

■ボックスの仕事の中心は、チケット販売、お客さんの座席の決定です。割引制度を初めとするチケット販売の知識やマニュアルの暗記が必要になりますので、覚えることは5つのセクションの中で一番多くなっています。この他、電話対応や上映スケジュールの案内も行います。

■コンセッションは、ポップコーンやジュースなどの飲食物の販売を行います。映画上映の直前にとても混むのでそのときは目が回るような忙しさですが、映画上映中は買いに来る人があまりいないので暇になります。

■ストアはパンフレットやグッズの販売を行います。シネコン以外の映画館では飲食物の販売セクションと一緒にされてコンセッションとされていることもあります。

■フロアはチケットのもぎり、お客さんの誘導、清掃が主な仕事です。映画の上映が始まったらシアター内の照明を落とし、エンドロールが終わったら照明を付けるのもこのフロアの仕事です。小さな映画館ではコンセッション、ストアも合わせてフロアとされています。

■映写は、映写室で映画の上映を行います。フィルムや機器をチェックし、音声や映像の調整、映写機のメンテナンスをします。専門的な仕事になるため募集はあまり無く、あったとしてもフィルムが重くて機械を扱うため男性が担当することがほとんどだそうです。

どのセクションがいいの?

まず、一番忙しいのはコンセッションです。上映直前にたくさんのお客さんが一度に押し寄せるにも拘わらず、飲食物の提供が遅かったためにお客さんが映画の上映に間に合わなかった、ということがあってはいけないので、必死で急がなくてはなりません。また、仕事内容自体はファーストフード店とあまり変わらないので、映画館らしさは一番ないでしょう。

これに対し一番映画館らしい仕事は映写です。また、唯一接客の機会がないセクションですので、接客が苦手な方におすすめです。しかし、募集があったとしても希望は通りにくく他のセクションに回されることが多いようです。また、映画の上映に関わるミスをすると大変なことになります。 フロアはコンセッションほどではありませんが、忙しい時間帯があったりクレームを受けたりしてそれなりに大変なようです。ボックスは座ったままでいいという点では映写以外の他のセクションより楽です。しかし、フロア同様クレームや無茶な注文を受けますし、覚えることがたくさんあるのが大変です。

一番楽なのはストアです。ストアはボックスやフロアほどクレームを受ける機会もありませんし、格別混んで忙しくなる時間帯も無いので、精神的にも肉体的にも一番負担が軽いセクションです。もっとも、ストアが単独で設けられるのはシネコンなどの大きな映画館のみで、コンセッションと一緒にされていたり、さらにフロアとも一緒にされていたりすることもあります。

さて、ここまで楽かどうかだけで説明してきましたが、仕事としてよいかはそれだけでは決まりません。例えば接客が好きな方であれば、ストアのようにあまりお客さんが来ないようなセクションよりも、ボックスやフロア、コンセッションの方がよいでしょう。また、フロアはボックスと違って立ちっぱなしですが、上映前後のシアター内の照明の点灯・消灯を担当できるので、より映画館らしい仕事と言えるでしょう。

どのセクションが一番よいか、ということは映画館のバイトに何を求めるかにより異なるため、一概には言えません。それぞれのセクションの長所・短所をよく理解して、セクションの希望を出すようにしましょう。

必要なスキルは?

特に必要なスキルはありません。ただし、映画館によっては選考の際に適性試験があるところもあるようです。また、映写以外のセクションは接客やレジ打ちをするので、これらの経験があるとより良いでしょう。

勤務パターンは?

シフト制になっていて、月ごともしくは週ごとにシフトの希望を提出します。大体週2日以上、1日3時間以上入らなければならない、としているところが多いようです。

映画館は土日にお客さんが多いので、土日の少なくともどちらかは勤務しなければならないとされていることもあります。また、お盆・ゴールデンウィーク・年末年始等は映画館の繁忙期ですので、勤務を求められることが多いようです。

勤務の時間帯は映画館によって異なりますが、映画の上映スケジュールによって決められているところもあるようです。これは映画の上映前後に仕事が多いので、その時間帯に特に人手が必要となるためです。

お給料は?

時給は大体800~900円のところが多いようです。平日は映画館の儲けが出にくいためあまり高い給料を払えない、ということと、時給を高くしなくても映画好きな人が応募をしてくれる、ということから時給はあまり高くなっていないそうです。

ただ、夜10時以降は法律で賃金は25%アップと定められているので、効率よく稼ぎたい方は、夜間のシフトに入るといいでしょう。上映時間が24時を過ぎることもあるので、2時間程度は夜間の割増賃金で働けます。また、24時間営業の映画館もあるので、夜間に多く勤務したい方はそのような映画館に応募すると良いでしょう。

その他レジャー(映画館・漫画喫茶他)の平均時給
参照元:株式会社リクルートジョブズ(2016年1月時点、著者調べ)



映画館のバイトの魅力って?

①映画がタダで見られる!

スタッフ鑑賞制度というものがあり、申請すれば無料で鑑賞することが出来ます。
ただし条件(土日を含む週3以上シフトを出していること、混雑時や動員が0の時には鑑賞不可など)が色々あったりします。
うちのところでは業務試写といって、真夜中ですが、公開より前に作品をフィルムチェックの名目で鑑賞することも出来ます。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私が働いていた映画館はスタッフは無料で観ることができました。
土日祝、サービスデーは不可、新作は公開後1週間経ってから等色々と条件はありましたが。
封切り前の試写も何年か前まではありました。今はありません。
もちろんこの試写は通常の試写会と違い、フィルムチェックのためのものです。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

混雑している時以外は他は特に条件なくタダ見れます^^今月は5本ほど見ました!映画好きにはたまりませんね

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
これは映画好きには最高に嬉しい特典ですね!映画館で稼ぎながら映画のチケット代が節約できるなんて、貯金のためには一石二鳥ですね。見るときは通常のチケットを無料で発券してもらって、一般のお客さんに混じって見るそうです。多くの映画館で福利厚生の一環として、従業員が無料で見れたり、格安でチケットを購入できたり、招待券をもらえたり、という制度があるようですが、映画館によって異なりますので、求人情報で確認しましょう。

また、公開前の映画をフィルムチェックのために鑑賞できる映画館もあるようです。話題の映画や気になる映画を一般の人より早く見られるなんて、こちらも映画好きには嬉しいですね。

②映画の情報に詳しくなる

映画館で働けば映画の最新情報が入ってきますから、当然映画に詳しくなります。無料で見られることとも相まって、映画館で働かなければ見なかったであろう映画を見る機会が増えて、話題が豊富になったり、自分の世界が広がったりするようですよ。

③人間観察が楽しい

映画館には家族連れ、カップル、中高生のグループ、老夫婦、お一人様、と幅広い層のお客さんが様々な思いと共に来るので、それぞれの様子を眺めているだけで楽しいようです。特に、上映前にわくわくしている様子のお客さんや、笑顔で満足そうに帰っていくお客さんを見ると、幸せな気持ちになれるそうですよ。

映画館のバイトで大変なことって?

①お盆・年末年始に休めない

年末年始やお盆、ゴールデンウイークなど世間一般の人達が休みのときは、映画館にとっては稼ぎ時です。お客さんがたくさん来てくれるので、人手を増やさなくてはなりません。そのため、この時期には多くの場合、勤務することが求められます。

年末年始やお盆に帰省したり旅行に行ったりしたい人は、頑張ってこの時期に休むことを予め許可してくれている映画館を探しましょう。

②無茶なクレームの対応が必要

なんと「面白くなかったからお金を返してほしい」というクレームは結構あるようです。そんなこと言われても困ってしまいますよね。

クレームを受けやすいのは、ボックスとフロアです。どうしても変なクレームをかわすのに自信が無い方は、ストア・コンセッション・映写の求人に応募するようにしましょう。

③深夜上映後の清掃が大変

お客さんが多い場合、まず全員が帰るまでに時間がかかります。その上、その後のシアター内の清掃も、お客さんが多い分落ちているポップコーン等のゴミも多くなり、大変になります。映画館では上映の終了時間が24時を過ぎることもあるので、それからお客さんに帰ってもらって、清掃をして、となると、本当に帰るのが遅くなってしまいますよね。

深夜帯で働きたい方は、終電の時間が関係なくてすむように、電車に乗らなくても行ける場所にある映画館に応募しましょう。

④コンセッションになるとしんどい

5つのセクションの中で最もしんどいのがコンセッションだそうです。映画上映前にお客さんがどっと押し寄せ、映画上映に間に合うように飲食物を提供しなければならないので急がなくてはいけないし、立ちっぱなしなのも疲れるし、髪ににおいが染み付くし、と色々大変なようです。

また、映画館の儲けはこのコンセッション部門の売上げによるところが大きいそうです。そのため、ノルマがあって上映前にシアター内まで売りに行かないといけない映画館もあるようです。

もっとも、このような忙しさ・大変さが「文化祭のようで楽しい」と言う方もいるので、静かに落ち着いて仕事をするより動き回ってテキパキ仕事をする方が好きな方には向いているでしょう。



応募のポイントは?

それでは、映画館のバイトの応募のポイントはなになのでしょうか?ここでは、3つお伝えします。

①土日祝に入れることをアピールする

私の劇場では
レディースデイ・土・日曜日が出勤可
お盆休みは出勤可
を確認されました。
もちろん土日入れると言ったほうが受かる可能性は広がります。たまに休むくらいならいいと思いますが、毎週入れもしないのに入れる言うのはやめておいたほうがいいです。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
世間の多くの人が休日である日が映画館は忙しくなりますので、映画館が人手をほしいのは土日ということになります。ですので、面接時に出勤可能な曜日を聞かれた場合、やはり土日に入れる人が優先して採用されます。どれだけ人柄が良くてもシフトに入れないのなら働いてもらえませんからね。

ただし、毎週土日の両方必ず出勤しなければならない、ということではないようですので、「たまには土日のどちらかくらいは休みたいんだけどな」という方はご安心ください。

また、面接時にシフトの希望を聞かれた場合は、曜日や時間を指定するより、「週○日まで」、「1日○時間まで」という形で伝えた方がより採用されやすいようです。曜日や時間が固定されていると、まずその人のシフトを先に決めてから他の人のシフトを組んでいくことになるので、シフトが組みにくくなるからだそうです。

もし「この曜日しか入りたくない」という希望がなければ、できれば曜日は指定せずにシフトの希望を伝えましょう。

②接客、レジ打ちの経験はプラス!

映写以外のセクションは接客を行いますし、ボックス・ストア・コンセッションはレジ打ちの業務があります。したがって、接客やレジ打ちの経験がある場合は選考の際に有利になる可能性があります。もしこれらの経験があれば、履歴書に記載したり面接の自己PRの際に伝えたりしましょう。

また、ただ経験があることを伝えるだけではなく、どのようにその経験を活かせるかも伝えられるとより良いです。例えば、レジ打ちで金額誤差を出したことがないなら、正確なレジ打ちのスキルをアピールできます。また、ファーストフード店でお昼の行列を効率的な作業をすることでさばいた経験がある、ということによりコンセッションで即戦力として働くことができる、というアピールも可能でしょう。自分の経験がいかに映画館での仕事に活かせるか、上手にアピールしましょう。

③セクションは希望通りにならないことも

映画館の求人は多くの場合、複数のセクションをまとめて募集しています。そして、面接の際に希望のセクションを聞いて振り分けがされるのですが、この希望が通らないことがよくあります。特に映写希望だったのに他のセクションに回されるケースが多いようです。

「とにかく映画館で働きたい、働けるなら何でもする」という方なら全く問題ありませんが、接客やレジ打ちが苦手であまりやりたくない、という方は予め理解し熟慮した上で応募するようにしましょう。勤務し始めてから苦痛になって「こんなはずじゃなかった」とならないようにしてくださいね。

まとめ

映画を無料で見られる、という素晴らしい利点がある反面、土日や年末年始等に休みにくいのが映画館のバイトです。家族や友人も休みがカレンダーどおりではない、という場合は問題ないですが、大切な人達と休みを合わせられず、家族の時間が減った、友人と疎遠になったというのでは悲しいですよね。

応募する際にはデメリットの面もしっかり考慮して後悔のないようにしてください。特に問題がないよ!という方は、映画館のバイトは映画好きにはきっとたまらないはずですので、めいっぱい映画館でのお仕事を楽しんでください!