カードローンで困ったら債務整理を検討しよう!

多重債務で返済に困っている方、リストラ、減給、倒産などで返済計画が予定通りにいかなくなってしまった方など、色々な事情でカードローンの返済が滞ってしまっている方は、一度債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。債務整理は自己破産だけでなく、色々な方法があります。まずは、きちんとそれらを理解し、信頼できる専門家を探すことが大切です。人生を立て直すためにしっかり知識を付けて下さい!



カードローンを債務整理!

やむを得ない事情でカードローンをしてしまい、返済が難しくなってしまった方、初めは返せる予定だったが、会社の倒産、リストラ、減給で返済が厳しくなってしまった方など、色々な事情でカードローンをして、返済に苦しむ方がいます。そんな時に思い浮かぶのが、自己破産だと思います。しかし、ちょっと待って下さい。実はカードローンを整理するのは、自己破産だけではありません。

「債務整理」という言葉を聞いたことはありますか?これは文字通り、抱えてしまった借金(債務)を整理するものです。債務整理には、主に4種類の方法があり、その中の一つに自己破産があります。

4種類の債務整理にはそれぞれメリット、デメリットもあり、債務の金額や状況によっては自己破産よりご自身に合っている債務整理があるかもしれません。ここでは、そんな債務整理の種類と、実際に債務整理をする場合、どうすれば良いのかまで解説していきたいと思います。



債務整理の種類:自己破産

自己破産は、裁判所へ破産を申し立て、破産の決定を受けられれば、生活をする上での必要最低限のものを除く財産を失う代わりに、すべての債務が免責される事を言います。
つまり、裁判所に破産しますと言うと、財産を失う代わりに、借金を帳消しにする手続きのことです。

自己破産というと、悪いイメージを持たれている方も多くいますが、自己破産は生活を立て直す一つの手段です。生活に必要な財産は残りますし、その後の収入は自由に使うことが出来るので、生活を一から築きなおすことが可能です。もちろんメリット、デメリットはあるのできちんと確認しておきましょう。

自己破産のメリット

■債務の支払い義務がなくなる
■最低限の財産は残ります
■保証人になっていない限り家族に影響はありません。

自己破産のデメリット

■自己破産から数年は借入が出来なくなります。
■免責決定があるまで一部の職業に就くことが出来ないなど制限があります。

裁判所|1.個人の破産(自己破産)手続に関するQ&A
参照元:裁判所(2016年1月時点、著者調べ)

債務整理の種類:任意整理

任意整理は、裁判所を通さずにカードローン会社と交渉して、返済の時期や返済額などを減らしてもらい、返済可能な条件に変更してもらうことを言います。多くの貸金業者は現在のように法整備がきちんとされる前に違法な金利を取っていました。これが、いわゆるグレーゾーン金利というものです。

任意整理をする場合、取引履歴を取り寄せて、過去に違法な金利を取っていないか、正規の金利に直すと、現在の残高はいくらになるのかなどを計算します。その結果、余分に払っていた金利がある場合、それを元本に充て、その上で残高を出します。そこからその残高をどう返済していくのか交渉して、返済する人が無理のない範囲で返していけるようにするのが任意整理です。

債務整理で一番知っている人が多いのは、自己破産という言葉ですが、債務整理をする上で一番良く使われるのは、この任意整理です。

任意整理のメリット

■自由度が高く、1社のみ任意整理することも可能です。
■原則、将来の利息が免除されるので完済が早まります。

任意整理のデメリット

■今後数年新たな借入は出来なくなります。
■業者によっては交渉に応じないところもあります。

任意整理でお困りなら  法テラス|法律を知る  相談窓口を知る  道しるべ
参照元:法テラス(2016年1月時点、著者調べ)



債務整理の種類:個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てをして借金の一部を原則3年で返済することで、残りの借金を免除してもらうことを言います。2001年にできた比較的新しい債務整理で、任意整理で返済は難しいけど、自己破産はしたくないという人向けに作られました。

個人再生は、自己破産と違い、住宅を残すことが可能ですが、個人再生を使えるのは、住宅ローンなどを除く債務総額が5000万円以下で、将来において一定の安定した収入の見込みがある場合のみと条件があります。

個人再生のメリット

■住宅や車などの財産を残せる可能性があります。
■債務が減額されるので返済が楽になります。

個人再生のデメリット

■今後数年は新たな借入ができなくなります。
■条件に合わない場合は使えません。

個人再生
参照元:裁判所(2016年1月時点、著者調べ)

債務整理の種類:特定調停

特定調停とは、簡易裁判を通して債務を減らしてもらう手続きです。簡単に言うと、裁判所を通した任意整理です。専門知識がなくても申し立てが可能になるので、専門家の料金が払えない方などがこの債務整理を使うことができます。

取引履歴から計算をし直していく方法は任意整理と変わりませんが、調停成立後に返済が滞ると直ちに給料の差し押さえなどの強制執行手続きが出来てしまうので、きちんと返済できる状態でないと使うのは危険なものになります。

特定調停のメリット

■債権者(お金を貸す側)と直接交渉しないですみます。
■費用が安く、比較的簡単に出来ます。

特定調停のデメリット

■今後数年は新たな借入ができなくなります。
■裁判所・調停委員によっては債権者寄りの意見になることもあります。
■調停成立後、支払いが滞ると給料の差押えなどされることがあります。

裁判所|特定調停とはどのような手続なの?
参照元:裁判所(2016年1月時点、著者調べ)

債務整理をするには?

生活を立て直すために債務整理を決意した方は、どのようにすれば良いのでしょうか。債務整理はご自身でできるものもありますが、やはりここは一度専門家に相談するのが一番です。債務整理は専門知識も必要で、分かりにくいことも多いため、専門家に相談してご自身にどの債務整理があっているのか見極めてもらうことが大切です。

その為に、債務整理を決意したら、信頼できる専門家を探すことと、現状の支出や収入、債務状況が分かるように準備をすることです。

専門家を探す

専門家を探すにはいくつか方法があります。債務整理をした知り合いなどがいれば、その人から紹介を受けるのが良いですが、なかなかお金の話をする人はいないので、難しい場合は何社か専門家を当たってみることが大切です。

インターネットから情報を見つけて、無料相談を利用してみたり、お住いの自治体で定期的に法律相談をやっていることもあるので、市区町村役場へ問い合わせてみるのも良いでしょう。また、国が設立した法律の総合窓口である法テラスに相談するのも良いでしょう。電話をすると適切な専門家を紹介してくれたりします。

ポイントは、何社か専門家を回ってみることです。金額や方法によって、弁護士ではなく司法書士の方が良い場合もありますし、その逆も言えます。金額も専門家によって異なるので、ご自身が信頼できる専門家を見つけるのが一番です。

法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ
参照元:法テラス(2016年1月時点、著者調べ)

債務記録・現状などをまとめる

専門家の方に相談に行くときに必ず聞かれるのが、債務状況や現状です。収入や職業、財産の有無などを聞かれる場合があるので、なるべく初めてに準備しておきましょう。それによって専門家の方のアドバイスも変わってきます。

まとめ

カードローンは、使い方によっては一時のピンチを助けてくれるものになりますが、返済計画が狂ったり、何度も活用したりするとその後の人生すら変えてしまう凶器にもなります。そして、債務整理は借金をなくす魔法ではなく、人生を立て直すための法制度です。

そこを間違えずに、安易にカードローンを組むことも、債務整理をすることを考えず、しっかりお金を管理することが大切になります。人生を楽しむためにお金としっかり向き合いましょう。