家計簿初心者は【手書き】がオススメ!ズボラ主婦がその理由を公開

年の初めや年度はじめになると、「今年こそ家計簿をつけるぞー!」と意気込むけど、気づくともう月末?!なんて主婦も少なくないのではないでしょうか?そこで、家計簿が苦手な方でも克服して節約まで出来ちゃう内容をご紹介したいと思います。



何のためにつけるの?家計簿の役割とは

あなたは大丈夫?つけて満足型

主婦=家計簿!と思ってとりあえずつけてみようとするも、つけ方がわからなくなり面倒になって三日坊主…なんて方もいらっしゃると思います。そもそも家計簿は家計で月にいくらくらい使っているのかを把握し、使いすぎている項目を見直すためのツールです。したがって家計簿をつけて満足、ましてや家計簿を買って満足している方は、はっきり言って家計簿をやめた方がいいでしょう(笑)。

上手な家計簿の使い方とは、継続することからはじまります。最低でも1カ月は家計簿をつけるようにしましょう。

家計簿をつける=貯金が貯まる!は間違い

家計簿をつけているからと言って勝手にお金は貯まってくれません。先にも言いましたが、家計簿はお金の流れを把握するためのツールです。そこで、自分の散財に気づき、見直すことができなければ貯金にはつながらないのです。そのことを十分に理解したうえで家計簿をつけることをおすすめします。

私はちゃんと家計簿をつけているのに「どうしてお金が貯まらないの?(汗)」となって、家計簿をつけることをやめないようにしましょう。

【手書き】がおすすめの理由

最近の家計簿は、手書き・アプリ・エクセルなど様々な方法で管理できるようになっています。パソコンやスマホなどが主流な現代の中、なぜ私が一番めんどくさそうな手書きを推進しているのか。それは、体と頭を同時に使うことで、使いすぎをより多く感じることができるからです。

スマホアプリやエクセルは使った項目を入力するだけで、自動で計算してくれますよね。これなら本当に楽ちんで続きそう!と思えるかもしれません。でも、使った感覚はどうでしょう?サッと流し見するだけで終わってしまいませんか?そうすると、一番大事な【見直し】が出来ず、家計簿なんて面倒なだけで意味ないじゃん。となってしまうのです。

その点、手書き家計簿だと食費に○○、円日用品に○○円、足すと10,000円超えちゃったー!などと、ダイレクトに心にも響きませんか?そうすることで使いすぎが防げる効果もあると思います。後は家計簿自体にお金をかけているので、勿体ないから!と思えるかどうかでしょう(笑)。



手書き家計簿のつけ方

家計簿を用意しよう!

手書き家計簿にも、1月1日から12月31日まで日付が記入してあるものから、日付が空白になっているもの、項目別に分かれているだけで自由に書き込めるものなどさまざまな家計簿があります。自分が見ていて使いやすいと思ったものがあればいいのですが、たくさん種類があると悩んでしまいがちですよね。

日にちがずれてしまったり、自分に必要がない項目があっただけで、つけ方がわからなくなり嫌になったりした経験はありませんか?そんな方には自由度の高い家計簿をおすすめします。市販にこだわらなくても自分のお気に入りのノートにつけるのもいいですよね。なるべく気分を上げて家計簿をつけられる工夫が大事だと思います。

家計簿を始める日にちを決めよう!

家計簿をつけはじめる日にちに迷った経験はありませんか?1日からがいいのか給料日からがいいのか…悩みすぎてそのまま放置!なんて人もいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫!まずは、家計簿をつけよう!と思った日からつけてみてください。家計簿はつけ続けることが大事です。だからつけようと意識が高い時に始めるのがベストだと思います。

それに結局、1日だろうが給料日だろうが出ていくお金も入ってくるお金も変わらないんです。家計簿に慣れてきて、年度で子供に使った費用だけの合計が欲しい。とか、1月から12月で合計が必要だ!となれば、その時またやり直せばいいと思います。まずは、家計簿を習慣にするところから始めましょう。

生活費の予算を立てよう

家計簿を始める日が決まったら、ひと月にかかる生活費の予算を立てましょう。項目は自分のやりやすいように設定してもいいと思いますが、最低限必要であろう項目をピックアップしておきます。

・食費
・被服費
・医療美容費
・交際費
・教育費
・レジャー費
・交通費
・日用品

これらの項目を一覧表にして、足りない項目があれば自分で随時追加していきましょう。

ただ、予算を立てるにも今までどれくらい使っていたかわからない!なんて事もありますよね。予算立てをキツくし過ぎると予算に収まらないことへ苛立ちを感じ、やる気がなくなっては意味がありません。そうならない為にも、ある程度余裕を持った予算立てをしましょう。

毎日家計簿を開く習慣をつけよう

家計簿で大事なのはひと月にいくら使ったかを明確にすることです。だから、記入漏れが多発すると使用用途不明金が大きくなり、家計簿自体意味がなくなってしまいます。まずは、【夜寝る前に必ず家計簿を開く】などと、自分で決めごとを作るといいでしょう。

それから大事なのが、出来るだけレシートは貰うよう心掛けることです。自動販売機などレシートが貰えないから無理だ!ではなく、自動販売機はレシートが出ないからスーパーで買おう。などと意識を変えるだけでも節約に繋がります。

夜、家計簿を開いてレシートの内容通りに記入しましょう。項目が曖昧な時は自分のインスピレーションで大丈夫です!とにかく今日使った金額を明確にしましょう。そして、メモ欄などに自分が無駄使いだったと思う項目と金額を書くといいでしょう。

もしも、当日に家計簿をつけ忘れてもレシートがあるから大丈夫!と思い、翌日に2日分をつけましょう。もし、レシートがない場合は思い出せる範囲で思い出して記入でいいと思います。諦めずに続けることが大事です。

1週間の合計を計算しよう

1週間家計簿をつけ終わったら、週の合計を出します。

項目ごとの合計を出して、最後にトータルでいくら使ったかを計算します。そこで余裕があれば、最初に予算を立てたものを4で割って比較をして進捗状況を把握します。例えば食費の予算は月に20,000円だけど、今週すでに8,000円使っている!など。

ここで大事なのが、自分が無駄だと思ったものの合計金額を出すことです。無駄使いの内容を把握することで、見直しに役立ちます。例えば、毎日140円のペットボトルのジュースをコンビニで買っている。これをスーパーに変えれば一本100円しないくらいだから40円×7日で280円節約になるから来週からスーパーで買ってみよう!などと自分で新たな目標が立てられます。それが、予算越えしている項目であれば、買わずに済む工夫などを考えて無駄を省くのに有効ではないでしょうか?

月の合計を記入しよう

ひと月分の家計簿をつけ終わったら項目ごとに週の合計を足していき、予算立てした表の横に合計金額を記入していきます。こうすることで、一目で予算内に収まっているかどうかの確認ができます。全部の項目の合計が出たら、項目ごとの合計を足していき、月の生活費の合計を出します。もし、ある項目で予算オーバーしていても月のトータルで予算内に収まっていればOKなど、マイルールを作っておくと多少気は楽になると思います♪

毎月決まった支出の記入をしよう

毎月決まった支出とは、毎月必ず出ていく費用項目のことを言います。つまり「固定費」です。こちらの項目も家庭によって違いはあると思いますが、必ずあるであろう項目をピックアップします。

・電気
・ガス
・水道
・通信費
・住居費
・保険
・小遣い
・クレジットカード

これらの項目も、金額が確定している場合はすぐに記入して、確定してないものに関しては通知が来たらすぐに記入する事をおすすめします。これらも、全部の項目の金額が確定したら、合計金額をだして記入してください。

ひと月分の全部の合計が出たら〆る

生活費の合計、月々決まった支出の合計が出たらそれらを足して、ひと月に使ったものの全合計を出します。これと月の収入を引いた額を計算することで、ひと月が赤字だったか黒字だったかが初めてわかるわけです。

文章を読むと大変めんどくさそうではありますが、1日の作業は5分もあれば終わると思いますので、慣れてくれば苦ではなくなると思います。

クレジットカードの扱いはどうする?

これで悩まれる方も結構多いのではないでしょうか?光熱費はクレカ払いにしているという方も多いと思いますし、生活費にもクレカを多用することもありますよね。正解はないと思うので、やりやすい方法でいいと思いますが、ここでは一括払いが基本ということを念頭に、私が実践している方法をご紹介します。

生活費でクレカを使う

生活費でクレカを使った場合は、クレカ専用の袋を用意してそこに都度入金し、現金払いと同じ感覚にしています。勿論、家計簿にも生活費の項目で使っただけ記入しておきます。そして、カードの支払日前カードの明細と照らし合わせて使った金額だけ入金しにいきます。手間はかかるかもしれませんが、こうすることで家計簿もグチャグチャせず、カードの使いすぎも防げて一石二鳥です。

固定費をクレカ払いにする

光熱費だったり保険だったりをクレカ払いにしている方もいらっしゃると思います。その場合、固定費の項目で重複が起きてしまいますよね。

うちでは、光熱費は全てクレカ払い、保険も一部クレカ払いにしています。そうなると分けるのがめんどうだから、口座振替の場合は固定費の各項目に記入し、カード払いはクレジットカード払いの項目にまとめてしまっています。その代わり、固定費は金額が左右されにくいので、毎月いくらくらいカードの請求があるかは把握しています。

ただ、電気・水道・ガスに関しては一応項目にもカッコ書きで記入しています。そうすると、光熱費の変動や平均が出しやすいので便利です。このように、自分が把握しやすいようにアレンジできるのも手書き家計簿のメリットと言えるのではないでしょうか。



手書き家計簿を実践するためのポイント

文章を読むとめんどくさそうにも思える家計簿ですが、ここだけ抑えておけば大丈夫です!気持ちを楽にしてまずはチャレンジしてみましょう♪

とにかく家計簿を毎日開く

これさえ、出来ればほぼ家計簿マスターです(笑)家計簿を開くことをまず習慣づけましょう。家計簿を開けば、後はレシートを書き写すだけですから。習慣にすることが一番です。

思い詰めない

家計簿を書いているとどうしても計算が合わなかったり、どの項目に当てはまるのかわからなかったり、悩みは出てくると思います。そんな時は思い詰めないでください。計算がどうしても合わない時は不明金扱いにしちゃったり、項目がわからなければ雑費項目を作っても大丈夫です。つけているうちに必ず自分に合ったやり方がわかってきます。そしてその都度カスタマイズしていきましょう!