《FX初心者にはこの本がおすすめ》5分で選ぶ、読むべき厳選8冊

FXの本は多岐にわたり、どれから手を付けたらいいかとても迷ってしまいます。本の選択にできるだけ時間をかけぬよう、amazonよりFXのおすすめの本を8冊紹介します。厳選した理由から、一冊ずつの本の説明、そしてお安く手に入れる方法などをわかりやすくご紹介します。これを読めば、5分後にamazonを開いて購入したくなるかもしれません!投資について読み物を探してる方、FXが気になっている方、必見です!



どのように気になる一冊を厳選したか。

様々な本が出版されている中で、FXの「わかりやすい」本を探すのは、簡単ではありません。FXを初めて試してみたいけれど、やり方がよく分からない場合や、一度取引をしたけれど、中々結果がついてこず、もう一度勉強したいなど、本を探す理由は色々あるのだと思います。

そこで、探したい本を時間をかけずに手に取ることができるように、amazonより人気のFX本を取り上げてみました。取り上げた理由は次の通りです。

1.おすすめ度が高い
2.カスタマーレビューが多い
3.古本となっていても値が下がらない
4.その他付加価値がある

以上の点に着目してご紹介します。尚、これらの情報は、執筆時点、「2016年1月」に基づいています。また最後にはFXの本をお得に手に入れる方法も考えてみました。それでは、「最初にとるならこの一冊」をご紹介します!



1.最初にとるならこの一冊

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
■ 題名:はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
■ 単行本
■ 発売日:2006/5/19
■ 著者:山岡 和雅

FXとは何ぞや?という本当にベーシックなところから、どうやって稼ぐのか、テクニカルな情報など、全くFXが初心者の方でしたら、まずはこの一冊でFXのことがざっくりとすべて分かるようになっています。カスタマーレビュー数も多くおすすめ度も高いことから、多くの人が支持をしていることがわかります。

まず、FX自体を知りたい方は、こちらの本が良いと感じます。

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、まず『FX(外国為替証拠金取引)』について、仕組みや魅力、リスクについて説明。その後は、「儲けていくためにはどんなことに気をつけ、どういった分析力を磨いていけばいいのか?」「儲けるために役立つ市場の特徴にはどのようなものがあるのか?」などについて説明していき、今後の相場展開を読む分析力の向上を図ります。最後に「では、実際に投資するにあたり、資金をいかに管理していくべきか?」「どういったスタイルで取引していくべきか?」という投資戦略について説明していく流れになっています。

著者について

●著者プロフィール
山岡和雅(やまおか・かずまさ)
◎—1970年生まれ。同志社大学経済学部卒業。1992年チェースマンハッタン銀行に入行。その後、ナショナルウェストミンスター銀行(現ロイヤルバンクオブスコットランド銀行)に移籍。10年以上にわたって外国為替ディーラーとして、市場の最前線で活躍。
◎—2003年4月よりGCIグループに参画。現在、GCIキャピタル・シニアアナリストとして情報配信やセミナーなどで活躍。毎朝配信されるメールマガジン『外国為替ディーラーの心の中』は16,000人以上の読者を持つ。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。
◎—著書に、『外為投資ネットでラクラク儲かる方法』(すばる舎)がある。

出典:

www.amazon.co.jp

2.チャートがあってわかりやすい一冊

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方
■ 題名:ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方
■ 単行本(ソフトカバー)
■ 発売日:2010/2/1
■ 著者:横尾 寧子

文章がポイントによって色分けされていて、かわいい挿絵なども入っているので、取っつきやすい一冊です。ローソク足から入ったテクニカル指標は、日本人が開発したテクニカル指標、一目均衡表の読み方も載っています。こちらは、使いこなすことが難しいとされていますが、その使用法をマスターできるかもしれませんね。そのほかにも様々なテクニカル指標の見方が掲載されており、自分に合った手法を見つけ易いかもしれません。難しいことは書いてありませんので、女性でも、初心者の方でも楽しんで読める一冊だと思います。おすすめ度も高く、カスタマーレビュー数も18(2016年1月時点)と、支持されている一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

FX、勝利のコツはチャーチ分析。移動平均線でトレンドを読み取る。売り時・買い時を「シグナル」で見抜く。投資スタイル別オススメチャート集。はじめてでもわかるチャート分析の基本。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

横尾/寧子
1976年東京生まれ。日本大学法学部卒業。個人投資家を対象に株式情報を配信しているメディック投資顧問株式会社取締役。同社代表の株式評論家・早見雄二郎に師事し、外国為替取引の研究に注力する。「すべての個人投資家に投資成果と豊かな生活を届けたい!」をモットーに精力的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出典:

www.amazon.co.jp

「一目均衡表」とは|グッドイシュー (株初心者にもわかりやすい割安株投資と投資家教育)
参照元:グッドイシュー(2016年1月時点、著者調べ)



3.大事な「損切り」について書かれている一冊

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)
■ 題名:利食いと損切りのテクニック
■ 単行本
■ 発売日:2012/5/18
■ 著者:アレキサンダー・エルダー

こちらはKindle版もあります。単行本よりもかなり安い価格で読むことが可能です。タブレットがなくても大丈夫です!Kindleはタブレットがなくても、登録すれば携帯でも見ることができます。画面は小さくなりますが…。また、画面が気になる方は、Kindleをダウンロードしてパソコンでも閲覧が可能です。それから、購入する前に少し読みたい場合は、無料で数ページダウンロードできますので、こちらで感触を確かめていただければと思います。

そして、こちらの本は、古本でも価格が下がっていません(むしろ上がっている!?)。ですので良書としてポイントが高いと考えます。その他のポイントとして、おすすめ度やカスタマーレビューも高く、読んでみたい一冊だと感じます。

ネットで読んだ情報ですが、3,000円以上のFX本はおすすめだと言います。それ以下の価格の場合、ネットで調べて得られる情報が多いのだそうです。その点に関しても、少し価格が高めのこの本は、買わなければ得られない情報が盛り込まれていそうですね。

こちらの一冊は、FXの売買だけでなく株の売買についても書かれています。目次を見る限り、図解を含めて明確に手法を説明しており、読みこなせば、とても役立つ一冊だと思います。ただ、表現が固いので、初めてのFX本ではなく、もしかすると中級者以上の本であるように思います。

内容(「BOOK」データベースより)

売りは大きく2つのタイプに分けられる。「手仕舞い売り」と「空売り」だ。本書は、こうした「売りの世界」について、深く掘り下げ、さまざまなアイデアを提供してくれる。2007~2009年の“超”弱気相場での具体的なトレード例が満載され、内容の理解度をチェックするため、全115問の確認テストと詳細な解説も収められている。

著者について

プロのトレーダー、トレード講師、心理学者。elder.comとSpileTrade.comを創設し、世界中のトレーダーに教育サービスを提供。著書に『投資苑』『投資苑2』『投資苑3』(いずれもパンローリング刊)があり、各国語に翻訳され、投資書籍の金字塔として世界中のトレーダーたちから支持を得ている。東日本大震災の義援金として、パンローリング社と直接契約の版権から発生した前年分の印税を全額、日本赤十字社に寄託した。

出典:

www.amazon.co.jp

損切り(ロスカット)とは|FXのリスク回避方法
参照元:FXビギナース(2016年1月時点、著者調べ)

4.スキャルピングの手法で人気の一冊

FXスキャルピング ――ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 (ウィザードブックシリーズ)
■ 題名:FXスキャルピング - ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門
■ ハードカバー(470ページ)
■ 発売日:2012/11/17
■ 著者:ボブ・ボルマン

こちらもKindleが使用可能です。古本価格もそれほど下がっていませんでした。ハードカバーなので、重さを気になる方は、価格的にKindleの方がいいのかも。

少しおののいてしまったのが、本の帯に、「この手法は誰にでも向いているわけではない!」と書かれていました。確かに、スキャルピングは向き不向きがあり、下手に手を出すと大損してしまった!なんて話もあります。

また本には、スキャルピングは、エントリーから決済まで数秒から数分位と保有時間が短いため、利幅も狭く数多くトレードする必要があります。スプレッド(手数料)も膨らんでしまいますし、一分足などのチャートを見てトレードするために、だましも多くなります。そのために、スキャルピングは向き・不向きがあるとしています。ですので、一度読んでみて、好みにあったら購入をおすすめします。スキャルピングを一度試してみたい!という方や、中上級向けの書籍である印象うけました。主に取り上げている通貨は、ユーロ/米ドルです。

こちらもamazonの「なか見!検索」をクリックすれば、目次と内容の一部が閲覧可能です。

スキャルピングとは – FX
参照元:FX初心者のFXの始め方とFX比較 (2016年1月時点、著者調べ)

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

プロのスキャルピングの世界をFXトレーディングの初心者でも分かりやすく掘り下げて紹介した手引書。日中のトレード戦略を詳細につづり、多くの70ティックチャートとともに読者をスキャルピングの世界に導いてくれる。

著者について

1961年生まれで、自己資金のみを運用している独立系のトレーダー。本書は、短期チャートの読みと分析に高度な技術を有するボルマンがスキャルピング戦略についてすべての知識と技を紹介したものである。プロのトレーダーになることを目指し、これからの試練に向けてできるかぎりの準備をしておきたいトレーダーに向けて書かれている。本書は情報の宝庫であり、ここにはトレーディングの世界で実際に戦っている人、つまりプロのスキャルパーにしか分からないテクニックと知見が披露されている。

出典:

www.amazon.co.jp

Amazon.co.jp: FXスキャルピング ――ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 (ウィザードブックシリーズ): ボブ・ボルマン: 本
参照元:Amazon.co.jp(2016年1月時点、著者調べ)

5.カスタマーレビューの多い一冊

30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX
■ 題名:30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX
■ 単行本
■ 発売日: 2013/6/13
■ 著者:西原 宏一

カスタマーレビュー数も多く、おすすめ度が下がっていません。古本価格もほとんど値が減っていないことから、良書でみんなより支持されているのだと思います。
30年の著者の経験を踏まえつつ、必要なトレード方法や、テクニカル分析を使用したトレード方法などが、読みやすくまとめられています。

内容(「BOOK」データベースより)

勝つためには、どこで入って出るか、それだけです。外資系金融機関でプロップディーラーとして利益を追求してきた“勝負師”の基本にして王道。

著者について

西原宏一(にしはら・こういち)
(株)CKキャピタル代表取締役
青山学院大学を卒業後、1985年、シティバンク東京支店に入行。1996年まで同行の為替部門チーフトレーダーとして在籍。
その後、活動の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行(DBS)シンガポール本店でプロプライアタリーディーラー等を歴任。
2009年に独立。現在は自らディーリングをしながら個人投資家への助言を行う。ロンドン、シンガポールのファンドとの交流が深い。
週に10~15本配信されるメルマガ(月額4200円)の読者は、これまでに4500人を超える
http://www.ck-capital.jp/

出典:

www.amazon.co.jp

6.プロの技を体得できる一冊

FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!
■ 題名:FXチャートリーディングマスターブック~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX
■ 単行本(ソフトカバー)
■ 発売日:2010/10/1
■ 著者:井上義教・株式会社オスピス

色分けされて記されており、はっきりとトレード方法が説明されていますので、わかりやすいと思います。テクニカルの種類も定番なものなので、使いやすいかもしれません。

口コミを読んでいると、セミナーに参加しているような分かりやすい一冊だそうです。著者がセミナー経験者であるからという声もありました。チャートリーディングを習得するには良書のようで、なぜこのポイントでエントリーするのか。という理由まで丁寧に書かれているとか。エントリーポイントを書いてある本は数多くありますが、丁寧な説明付きはあまりありません。そのため、ビギナーでも読みやすい一冊になっていると思います。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ネット証券セミナーで大人気の講師が、超具体的な相場予測法と勝てるトレード戦略を大公開。

著者について

井上義教(いのうえ・よしのり)株式会社オスピス 取締役チーフアナリスト。1964年東京都生まれ。88年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行、91年よりロンドンの証券現法にて為替・債券のディーリング業務に従事するのを皮切りに、2003年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括した。現在、「個人投資家が負けないためのツール」であるシステムトレードの啓蒙を行なうため、(株)オスピスのチーフアナリストを務める。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。著書:『Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる』(同友館)

出典:

www.amazon.co.jp

7.ローソク足を極めたいならこの一冊

相場に勝つローソク足チャートの読み方
■ 題名: 相場に勝つローソク足チャートの読み方
■ 単行本
■ 発売日:2002/7/20
■ 著者:小沢 實

ローソク足の形をすべて覚えるのは大変かもしれませんが、投資家心理もおりまぜながら、ローソク足を解説している、大変わかりやすい本だと思います。様々なテクニカル分析がある中で、ローソク足はとても有益な手法です。まずはローソク足の形を頭に入れてトレードすることで、トレードしやすさがアップすると思います。

口コミをよんでいると、わかりやすい一冊であり、相場に関するポイントが多く書かれているのでオススメという声が多いように感じました。難しい箇所もあるが、ビギナーでも、大丈夫そうです。

こちらは、カスタマーレビュー数やおすすめ度も高く古本になっても値が下がらないことから、いまだに支持の高い良書であると感じます。

内容(「BOOK」データベースより)

相場には成長、成熟、下落、低迷のサイクルがあり、それぞれの局面に出やすい足型や、その後の上昇・下落を予想しやすい足型がある。本書は56の複合線をサイクルの局面ごとにとりあげ、背景にある投資家心理・行動を綿密に解説。新規買い、買い乗せ、利食い、売り逃げなど、勝ち組に回るための行動指針をズバリ示す。

内容(「MARC」データベースより)

株式投資で重要な売買タイミングを判断するための最もポピュラーな物差しが「ローソク足チャート」。その典型的な足型を総ざらいし、背景にある投資家心理を解説。人に先回りして投資に勝つ方法を伝授する。

出典:

www.amazon.co.jp

FXのローソク足とは基本中の基本指標である – 格差脱出研究所
参照元:格差脱出研究所(2016年1月時点、著者調べ)

8.Amazonベストセラーの一冊

ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX
為替に関する本のランキングがamazonにはあります。その中でベストセラー一位を紹介します。

■ 題名: ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX
■ 単行本
■ 発売日:2016/1/21

新刊です(2016年1月時点)。現役為替ディーラーだった著者が、リスク回避の方法を押さえながら、どこで稼げばよいのかというポイントや手法を解説していく指南書です。あまり知られていなかった情報も紹介しているようです。FXのベーシックな説明や、MMFなどとの違いの説明から入るので、初心者でも入り込みやすい本になっていると思います。amazonの口コミでは、値動きに関する分析について興味深さを感じる。というものがありました。文体もわかりやすく、ビギナーでもわかりやすい一冊です。

【目次】
Prologue FXでは9勝1敗でも損することがある!
Chapter.01 まずはFX投資の基本をレビュー!
Chapter.02 知らないと損する「相場の仕組み」(1) トレンド相場かレンジ相場かをジャッジする
Chapter.03 知らないと損する「相場の仕組み」(2) 相場シーズンの違いを踏まえる
Chapter.04 知らないと損する「相場の仕組み」(3) 3大市場の違いと手口を知っておく
Chapter.05 弱肉強食の世界で勝ち残る 水上直伝! トレード術
付録 相場格言よもやま話

出典:

www.amazon.co.jp

Amazon.co.jp ”„:為替に関する本、ランキング
参照元:Amazon.co.jp(2016年1月時点、著者調べ)

amazonでFX本をお得に買う方法

amazonで本を安く購入する場合は、kindleか古本を選択することをオススメします。
kindleはダウンロードや設定などがあるので、抵抗ある方は、古本を選択することになりますが、amazonの古本を注文するシステムは、新品を頼む場合とほとんど変わりません。ですから、気軽に古本をオーダーできると思います。

一冊注文するごとに、プラス250円の手数料がかかりますが、その他の注文方法は全く変化なし。同じブラウザで、同じような支払い方法で決済できますので、抵抗なく注文できると思います。扱っている数社から選択でき、本の状態(可、良い、非常に良い、ほぼ新品)と細かく判断できるようになっています。

個人的に、「可」の場合はスレなどが気になったり、使用感が出る場合があるので、よく利用するのは「良い」です。たまに「非常に良い」のレベルで「良い」の値段と差がほとんどない場合は「非常に良い」を選択します。本当にきれいな使用感なので、「古本」であることにびっくりしてしまうと思います。

また、書籍代は、FXの経費に計上が可能ですので、買った際の領収書は取っておきましょう。年間の儲けが20万円を超えた場合の金額は、税金がかかります。

まとめ

いかがでしたか?FXの本だけでも、多岐にわたり本当にどれがベストかわからなくなってきます。今回紹介した8冊がトレードの一助となれば幸いです。

個人的にオススメなのは、パラパラと本をめくってみて、チャートの図解がたくさん載っているものです。なぜかというと、トレードの手法は、チャートを見ることからだと思うからです。文字だけで、あーだこーだ読むよりも、チャートを見れば一目瞭然でトレード方法がわかってきます。

しかし、本はわかりやすいチャートや、うまくいきすぎたチャートを載せがちではあるので、実際のトレードでは、もっと地味目でうまくいかないこともあると思うのですが…。しかしながら、本を読んで得たいものは、確かなトレード方法とお金の増やし方なので、わかりやすいチャートを情報として入れていくのは、当たり前なのかもしれません。

amazonで購入する場合は「なか見!検索」が便利ですね!目次だけでなく、読めるページが結構あったりします。ぜひご活用ください。

ローソク足の本は、私も欲しくなってしまいました。人の心理とロウソク足の動き、その両方を説明しています。一見、何気ないローソク足一本でも、投資家の思いが集約してできた形なんだなと感じました。まずは基本から、基本といえばローソク足の読み方からなのかもしれません。

FXは人の心理を読んで資産を増やしていく投資だと思います。その点が、FXの醍醐味だと感じています。