【実態調査】漫画喫茶のバイトって本当に楽?【長所と短所】

楽、ということで有名な漫画喫茶のバイトですが、実際のところはどうなんでしょうか?また、休憩中には漫画が読めるることがあるのでしょうか?実際に漫画喫茶で働いている人の生の声を調査しました!漫画喫茶のバイトの実態を明かし、応募の際にどのようなお店を選ぶべきかをまとめましたので、漫画喫茶のバイトに興味がある方はぜひご一読ください。



漫画喫茶のバイトってどんな感じ?

仕事はどんなことをするの?

漫画喫茶の仕事は、主にレジでの受付・会計業務、本棚の整理、店内の清掃、飲食物の配膳、簡単な調理、洗い物などです。もっとも、漫画喫茶と一口に言っても、昔ながらの漫画のみのお店もあれば、ダーツやビリヤードに岩盤浴、と複合的なレジャー施設となっているお店もあるので、当然仕事にも差が出てきます。

例えば飲食物の提供については、お菓子とカップ麺しかないのでお会計だけすればいいという場合もあれば、ファミレスの厨房並みに包丁や調理器具を用いて調理しなければならない場合もあるようです。ただ、調理に関してはレトルトのものや冷凍食品を用いるケースが大半のようですので、料理が苦手な方も特に心配する必要はないようです。

必要なスキルは?

特に必要なスキルはありません。漫画を扱ってはいますが、漫画に詳しい必要はないようです。お客さんから「○○はどこですか?」と聞かれても今は蔵書の検索がパソコンや専用の端末でできるようになっている場合が多いし、本棚の整理をしているうちに覚えてしまうのだそうです。

また、近年ではパソコンも設置したネットカフェ形態の漫画喫茶が主流ですが、こちらの場合もパソコンに詳しい必要はなく、本体の電源位置・ディスプレイの電源位置・シャットダウンの仕方さえ分かっていれば十分という場合が多いようです。

パソコンやゲームの知識に関しては、故障したりしない限りは聞かれることはなかったです。
故障した場合の対応は店側で教えられていましたので、知識がなくても大丈夫だと思います。漫画も同じく。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

お給料は?

漫画喫茶・ネットカフェのバイトの時給は、大体800~900円前後のところが多いようです。夜10時以降は労働基準法に基づき25%アップになりますので、1200円を越えるところもあります。ですので、高い時給を狙うなら24時間営業をしている漫画喫茶の深夜帯のシフトに入ると良いと思います。

ただ、深夜帯は店によっては酔っ払いや面倒なお客が他の時間帯に比べると多いこともあります。そのため、時給の良さだけで深夜帯を選ぶと辛い思いをするかもしれません。慎重に選択することをおすすめします。

その他レジャー(映画館・漫画喫茶他)の平均時給
株式会社リクルートジョブズ(2016年1月時点、著者調べ)

勤務パターンは?

ほとんどのお店でシフト制が取られています。そのシフトも月ごとのところもあれば、2週間ごと、1週間ごととなっている場合もあり、後者のような週ごとのシフトの場合旅行やレジャーなど他の予定を入れやすいので人気です。

また、24時間営業のところが主流で、その中で大体4~9時間くらい勤務します。もっとも、店によってまちまちですので、2時間だけ勤務するのもOKな店もあるようです。

勤務日数も店によって異なりますが、週2日、中には週1日からの勤務OK、週末のみの勤務OKとしている店もあります。週末に1日だけでいいなら、Wワークやバイトの掛け持ちをしたり、主婦業の合間にお小遣い稼ぎするのにも負担が少なくていいですね!

漫画喫茶のバイトはWワークに最適!

Wワークをしたいな、と思っても本業が終わってからの時間だと入れるシフトがなかったり、週に何日も入らないといけなくて体力的にしんどかったり、なかなか都合が合うバイトを見つけるのって大変ですよね。

しかし、漫画喫茶はほとんどのお店が24時間営業ですので、勤務時間が多様で本業が終わってから勤務しやすくなっています。例えば、普段は18時から21時まで、次の日が休みの場合は18時から24時まで、休みの日は10時から18時まで、という感じで自分が空いている時間を上手に使って稼ぐことができます。

また、週に1日・2日からOK、週末のみOKとされていることが多いので、働き過ぎて体力的にしんどくなると困る、という方も安心です。仕事内容としても、忙しくないお店を選べば、暇過ぎて辛くなるほど楽なこともあるので、そういった点でも疲労が少なく、本業との両立がしやすくなっているように思います。

実際、漫画喫茶でWワークをされている方は結構見受けられますし、求人にも「Wワーク歓迎」という文字があるものが散見されるので、店側としても人材として好意的に受け止めてくれているようです。



漫画喫茶のバイトの良いところは?

①とにかく楽!

まぁなんか色々あれこれやってきて思うのは、労力対リターンで言えばバイト最高なんじゃねーのかと。またネカフェでバイトしたいな。塾講師とネカフェしかバイトしたことないから断言できないけど、最高ランクのバイトなんじゃないかと思うよネカフェは

出典:

twitter.com

ネカフェでアルバイトしてました。
今までいくつかバイトを経験しましたが、1番楽でした。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
漫画喫茶のバイトをされている方の声で多いのは、とにかく「暇」「楽」というものです。仕事も少ないし覚えることも少ないのだそうです。同じ時間働くのなら、楽なのに越したことはないですよね!

②漫画が読み放題&ドリンク飲み放題!

漫画読めるしネットできるしドリンクバー飲めるし携帯いじれるしオススメです

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

最初は漫画読んだりTVを見たりして時間を潰してましたが、すぐに飽きたので宿題やテスト勉強を全てバイト中にやってましたね。何もやる気が起きないときは居眠りしてましたよ^^;

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ドリンク飲みながら漫画を読んで、それで給料がもらえるなんて、天国のようですね!漫画が好きで漫画をよく買う方は漫画代の節約になりますね。ドリンク代も当然浮きます。

漫画を読む以外にもネットサーフィンをしたりテレビを見たりできる場合もあるようです。携帯をいじったり、勉強をしたり、自分が好きなことをしていてもいいようですね。バイトの片手間に資格の勉強をして、資格を取得してしまうのも夢ではないかもしれません。

もっとも、勤務中に漫画を読めるかどうかはお店によるようで、店長さんから「暇なときは漫画読んでていいよ」と言ってもらえることもある場合もあれば、勤務中に読むのは禁止だけど、勤務外では無料でブースを使って漫画を読んでもよい、とされているお店もあるようです。漫画好きの人は、例え勤務外でも無料で漫画読み放題ならこんな嬉しいことは無いですよね!無料まで行かなくても、従業員割引がある場合もあるようです。

ただ、漫画を読むのは厳禁とされているお店もあって、中には監視カメラまで付いているようなところもあるそうです。

ネットカフェでアルバイトをしています。
私の働いてるお店はとても厳しいです。
別系列の店でバイトしてた友達が
マンガ読み放題・ドリンク飲み放題・客が来たときだけ接客すればいいと言ってたので
甘く見てたら・・・・うちは正反対でした^^;

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

③大人しい接客でよい

私はネットカフェをよく利用するのですが、他の接客業に比べて笑顔や愛想のよさは要求されない仕事のように思えます。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
接客業では、ほとんどの場合元気な声で接客することが求められますよね。特に居酒屋やラーメン屋は大きな声を出さなくてはいけませんし、カフェも大きな声で店員みんなで注文されたメニューを叫ぶお店がありますね。そういう明るい元気な感じが好きな方はいいですが、性に合わない方もいらっしゃることでしょう。

しかし、漫画喫茶の場合、お客さんは皆漫画やネットをして静かに過ごしているので、あまり大きい声で接客すると、特に深夜などは寝ているお客さんもいるので、かえってクレームが来るのだそうです。ですので、元気な接客をするのが苦手な方にはおすすめです。長時間大きい声を出すのは疲れますから、楽さを求める方にも良いと思います。

④覚えることが少ない

基本的にレジと食事以外に客と関わらないし、その他の業務などたかが知れてるので仕事自体は楽ですよ。
覚えることもやることも、接客業としては極端に少ないです。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
やらなければならないことが少ないので、最初に覚えることも少ないのですね。負担が少ないのはいいですね!気負わず気軽に始められますね。覚えることが少なければ、ミスをして注意を受ける機会も少なくなりそうなのもいいですね。

漫画喫茶のバイトの辛いところは?

①変なお客さんも来る

欠点:人として低レベル(すみません)の常識無い客が多くてイライラする

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

夕方〜翌朝までの時間に働くのは大変です。
酔っ払っている人やどうみても怪しい人が来ます。警察官もよく来ます。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
残念ながら、漫画喫茶の客質はあまり良くないようです。特に深夜は酔っ払いや変な人が昼間に比べて多くなるそうです。また、繁華街にある店やビリヤード・ダーツ等がある店では、昼夜を問わずあまりマナーが良くないお客が結構来るようです。

接客の際に嫌な思いをしたくない場合は、深夜帯を避けて勤務し、立地や設備を考慮して勤務する店舗を選びましょう。

②暇なのがかえって辛い

やることが少ないのに漫画を読んだりネットをしたりが禁止されていると、暇を持て余してしまうのだそうです。

店員が2人以上の場合は話をしていればよいかもしれませんが、私語も禁止しているような厳しい店の場合もあり得ますし、漫画喫茶の場合1人だけでシフトに入れられることもあるので、その場合は本当に何もすることがありません。何もすることがないまま数時間を過ごすというのは、かなりしんどいですよね!時間が経つのがすごく遅く感じられるでしょうし、中には「頭がおかしくなりそう」という声もありました。

暇なら楽で良さそうですが、漫画・ネット禁止の場合かえって落とし穴になるのですね。ですので、漫画・ネットOKの店を選ぶか、「暇でボーっとしているよりはきびきび働いていたい」という方はやることが多い店を選ぶようにしましょう。

やることが多い店というのは、設備やサービスが多い店です。シャワー室やカラオケ、ダーツ、ビリヤード等がある店ではその分清掃や整備をする箇所が増えるので仕事が多くなります。また、提供する飲食物がカップ麺やお菓子だけではなく、ファミレス並みのメニューの場合は調理や洗い物、配膳の手間が増えます。応募の前にその店のホームページを見たり、客として下見したりして、やることが多い店かどうか調べるようにしましょう。

③清掃がキツイことがある

客質があまり良くない、ということとも関連しますが、ブースや個室を不適切に使用するお客さんがいるようです。そういうマナー違反のお客さんが帰った後のブースの清掃は辛いものがあるそうです。まだゴミをゴミ箱に捨ててくれていれば、ゴミ箱にセットしたビニール袋ごと替えるだけで見ることも触ることもせずにすみますが、おしぼりや椅子等を不適切な使用により汚されているとなかなか辛いようです。

こういったことを避けるためには、ブース席が無くてオープンスペースのみのお店を選ぶようにしましょう。勤務可能範囲にそのようなお店が無い場合は、深夜帯を避けて勤務するようにしましょう。マナー違反のお客さんは昼夜問わず来るようではありますが、やはり深夜の方が確率が高いようです。

また、シャワー室がある漫画喫茶ではシャワー室の清掃も行うことになりますので、ここの清掃も大変なようです。排水溝の髪の毛を取るのが気持ち悪い、というのもありますし、お客さんが使用した度に水滴1つ残さずに拭き上げなければならないとされている店もあり、この場合は清掃に求められるレベルが高くてしんどいようです。

シャワー室の清掃をするのが嫌な方は、シャワー室が無いお店に応募しましょう。



応募のポイントは?

ドリンクを飲みながら漫画を読める夢のようなバイトですが、全ての漫画喫茶がそうとは限らないようです。また、暇で楽かどうかも店によって異なるようです。どうせ働くなら、できれば楽な方がいいですよね!そこで、どういうお店がより楽チンかをまとめました!

①個人経営のお店を選ぶ

勤務中に漫画を読むのを許可されることが多いのは、個人経営のお店のようです。全国展開している大規模なチェーン店では、漫画を読んでさぼっていないか店長や社員さんが目を光らせていたり、監視カメラまで付けて禁止していたりする場合もあるほどです。

もっとも、チェーン店でもフランチャイズの場合は店長の裁量で読んでもよいことになっている店もあるそうですので、チェーン店だから勤務中に漫画を読むのは禁止、とも限らないようです。ただ、個人経営の店の方が許可されている確率が高いようですので、勤務中に漫画を読むのを期待する場合は個人経営の店を狙うようにしましょう。

②客の出入りが少ないお店・時間帯を選ぶ

お客さんの出入りが少ないお店や時間帯ほど仕事が楽です。お客さんの出入りが少ないと、まず、受付・会計の仕事が減ります。また、個別のブースが設置されている場合はお客さんが帰るたびにブースの清掃をするので、やはりお客さんが帰る機会が減れば清掃の仕事が減ります。そして、漫画喫茶の仕事の中心は、この受付・会計と清掃ですので、これらの仕事が減ればかなり楽になります。

では、どのようなお店が客の出入りが少ないのかと言うと、駅や繁華街・ビジネス街から遠い店や座席が少ない小規模の店です。また、このような店の平日の昼間は特にお客さんが少ないようです。ビジネス街に近いと平日の昼間でも意外とサラリーマンが来るそうです。

この他、深夜帯も、終電が無くなった後に始発が出るまでの間寝るために来るお客さんが多く、受付が終わったらその後何の接客もいらないので楽だそうです。しかし、すでに述べたとおり、深夜帯は特に変わったお客さんが来やすいので、やることは少なくても精神的に疲れてしまうおそれがあります。ですので、対人関係のストレスに強い方以外は避けた方がよいかもしれません。

③設備・サービスがシンプルなお店を選ぶ

すでに述べましたが、設備やサービスが多いお店は仕事が多くなります。

例えば、シャワー室や岩盤浴が付いていればそこの清掃が必要になります。カラオケ、ビリヤード、ダーツが併設されている場合は、そこの清掃以外に備品の手入れもしなくてはいけなくなります。また、個別のブースが設けられている場合はお客さんが帰るたびにブースの清掃を行うことになるので、オープンスペースになっている店よりぐっと仕事が増えます。

提供する飲食物の種類も仕事の楽さに影響します。ファミレス並みのメニューを提供している場合は、調理の工程もたくさんあって手間がかかりますし、洗い物も増えます。配膳もしなくてはいけません。

また、1ドリンク制のお店よりはフリードリンク制のお店の方が仕事が楽だそうです。フリードリンク制の場合セルフサービスなのに対し、1ドリンク制の場合はオーダーを取ってドリンクを用意して席まで持っていかなければならないので、より手間がかかるそうです。洗い物が増えるのでフリードリンク制の方が大変なんじゃないかと思いきや、そうではないのですね。

したがって、シャワー室も無ければブース席も無く、飲食物のメニューもカップ麺とお菓子でフリードリンク制というようなお店では、仕事の種類も仕事をする機会も本当に限られている、ということになります。ですので、楽さを求めるのであれば、以上のようなシンプルなお店を選びましょう。

④事前に客として行って下見する

できれば、勤務を検討している店に応募する前に、勤務しようとする時間帯にお客さんとして下見に行って、店員さんの様子を見てみましょう。バタバタしていればあまり楽ではないでしょうし、お客さんが来たときだけ奥から出てくるようであれば楽なお店だと思われます。また、上記の②・③のポイントについてもこのときにチェックしましょう。

事前にどのような人が働いているのかも確認できるので、バイト先の人間関係が心配な方はそういった意味でも下見をすることをおすすめします。

まとめ

楽なお店であれば「これで本当にお給料をもらっていいの?」というような感じですが、仕事を通してやりがいや達成感を得るという点ではもしかすると他のバイトに比べると劣るのかもしれません。

しかし、お店によっては全然楽ではないこともあるのが漫画喫茶です。バイトに充実感・達成感を求めている場合は精力的に働けそうなお店を、「いや、楽に越したことはないよ!」という方はできるだけ仕事が少なそうなお店を、『応募のポイントは?』で述べた内容を参考に選んでください。