軽自動車の車検にかかる諸費用|ドライバーなら知っておきたい知識

軽自動車オーナーなら絶対知っておきたい車検について、基礎知識から諸費用の内訳、相場までをまとめました。車検の費用は何で決まる?もっと安くできない?次の車検が来る前に、必読です!



車検について、ちゃんと知ってますか?

そもそも車検って何?どうして必要なの?

「ああ、また車検の時期か……お金かかるなあ」
車をお持ちの方ならだれもがぶつかるであろう壁、車検。維持費が安いのが魅力の軽自動車といえども、車検には決して少なくない費用がかかります。この記事では、既に軽自動車をお持ちの方はもちろん、これから軽自動車を購入したい方のために、軽自動車の車検とその諸費用、相場について解説します。

そもそも車検とはなんでしょうか。車検は正式には「自動車検査登録制度」といいます。

自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)とは、日本でミニカー・小型特殊自動車を除く自動車や排気量250cc超の自動二輪車に対して保安基準に適合しているかを確認するため一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、また自動車の所有権を公証するために登録する制度をいう。

出典:

ja.wikipedia.org
車の所有者は、定期的に自分の車の性能を検査し、保守点検や整備をする義務を負っています。そのうちの「検査」の部分にあたるのが車検です。安全や環境の面について、国が定めた一定の基準に達しているかどうかを、一定期間ごとに確認します。自家用の軽自動車の場合、初回登録時は3年、それ以降は2年ごとに車検を受けることになります。

ちなみに普通の自動車と軽自動車では、この検査をする機関が異なります。普通の自動車やオートバイは陸事分野の運輸支局で検査を行いますが、軽自動車だけは軽自動車検査協会の専門の検査場で行うのです。

車検と整備って違うもの?

誤解されがちですが、車検とはあくまで「その時点で基準を満たしているかどうか」を確認する検査であり、整備ではありません。極端なことをいえば、車検に合格した次の日に故障することもあり得るのです。一方の「整備」は、その車が基準を満たさなくなる恐れはないか、部品の劣化はないかなどを確認し、問題があれば交換するなどのメンテナンスを行うことです。

この定期的な点検整備も義務になっており、車検の時にこの整備を一緒に行っている業者も多くあるため、そういう意味では車検=検査+整備と言えなくもないかもしれません。もちろん検査と整備を別々に行うこともできます。



軽自動車の車検、諸費用の内訳と相場

車検費用は○○と△△の合計だった

車検にかかる費用は、大きく分けて二種類あります。必ず一定額かかる「法定費用」と、整備代や手数料などの「車検基本料」です。この法定費用を「諸費用」ということもあります。そして法定費用は、以下の式で計算されます。

・法定費用=自賠責保険料+重量税+印紙代
例:13年経過車で本州在住の場合の法定費用=26,370+7,600+1,400=35,370円

それぞれの項目の意味は以下の通りです。

・自賠責保険料:必ず入らなければならない損害保険料。通常車検期間と同じ24カ月で加入する。
・重量税:車の重さに応じてかかる税金。軽自動車は普通自動車とは別になっている。
・印紙代:検査にかかる手数料分。

軽自動車の場合、沖縄など一部地域を除いて自賠責保険料(24カ月)が26,370円。重量税が、使用年数などによって5,000~8,800円。印紙代が1,100~1,400円かかります。この金額は法律で決まっているため、減らすことはできません。なお、重量税については別項にて詳しく説明します。

日本損害保険協会 – SONPO | お役立ち情報 − 損害保険の解説 − 自賠責保険
参照元:日本損害保険協会(2015年11月時点、著者調べ) こちらのページで地域・車種・加入月数を選ぶと、自賠責保険料の試算ができます。

平成24年度税制改正に伴う自動車重量税の変更について(H24.5.1~)
参照元:国土交通省(2015年11月時点、著者調べ) 条件ごとの重量税の一覧表です。(PDFファイル)

相場を左右するのはこの料金

一方の「車検基本料」は、車検を行う業者によって金額も内訳もさまざまです。車検を請け負っている業者は大きく以下のように分かれています。

・ディーラー
・車検専門業者
・整備工場
・ガソリンスタンドやカー用品店
・ユーザー車検

この「ユーザー車検」とは、自分で車検場に車を持ち込み、手続きから検査まですべて行う車検のことです。状態のいい車なら、法定費用のみで車検を通すこともできます(その場合、別に定期点検整備を受ける必要があります)。

それぞれの相場とメリット・デメリット

それでは、それぞれの依頼先ごとに金額の相場とメリットなどを解説します。

・ディーラー:法定費用+4~10万円
何といっても信頼できる品質、安心感が一番のメリットでしょう。自社の車に対する豊富な知識で、細やかな整備を受けることができます。パーツ交換も純正部品を使用するので安心。ただその分コストはかかりますので、費用が高くなりがちな点がデメリットと言えます。

・車検専門業者:法定費用+2.5~8万円
車検を専門に扱う業者です。「ホリデー車検」「車検のコバック」などがこれにあたります。車検を専門に請け負うことで、スピードアップとコストダウンに特化した業者が多いです。フランチャイズで展開しており、どの店舗でも同じ品質・同じ値段でサービスを受けられるのも特徴です。

・整備工場:法定費用+2.5~8万円
自動車整備工場に車検をお願いする方法です。幅広い車種に対応してくれたり、経験豊富なスタッフが多くいたりするのが特徴です。ただ、個々の業者によって品質にばらつきがあります。中にはただ車検を通すだけの、整備にあまり重きを置かない業者もありますので、お願いする際はサービス内容までしっかりチェックしましょう。

・ガソリンスタンドやカー用品店:法定費用+2~6万円
オートバックスなどのカー用品店やガソリンスタンドで、車検を請け負っているところがあります。魅力なのは、ふらっと立ち寄れる気軽さと、費用を抑えられるところ。デメリットは、ディーラーなどに比べるとやや整備の質が落ちる点です。

・ユーザー車検:法定費用のみ
究極の格安車検です。自分で車検場(軽自動車検査協会の検査場)に車を持ち込み、必要な手続きと共に検査を受ける方法です。法定費用のみで車検を受けられますが、定期点検整備は別に行わなければなりません。日頃から自分の車の状態に気を配り、ある程度の保守点検の知識がある人でないと難しいと言えるでしょう。

軽自動車の車検費用を左右する要因

車の使用年数や、エコカーかどうか

重量税は、車の使用年数によって増減します。また、エコカーかどうかでも金額に大きな差が出ます。具体的には以下のようになっています。

・エコカー減免適用あり:車種によって100%~50%減税され、0円~2,500円
・エコカー減免適用なしのエコカー:5,000円
・エコカー以外:6,600円
・エコカー以外で13年経過:7,600円
・エコカー以外で18年経過:8,800円

どこで車検を受けるか

車検金額を左右する最も大きな要因がこれです。どのタイプの業者に依頼する(あるいはユーザー車検を選択する)か、そして地域によっても金額に差が出ます。車検業者の多い地域であれば、価格競争で安くなることもありますが、そうでない地域ではあまり値段が下がらないということもあります。地域による価格差は対応が難しいので、まずは後述する見積もりサイトなどでお住まいの地域の相場を確認してみるといいでしょう。



ウチの車は?車検費用確認方法

方法1:整備工場やディーラーから見積もりを取る

オーソドックスな方法がこちらです。近くに知り合いの整備工場がある、ディーラーさんと付き合いがあるなどの場合は、まずそこで相談してみるのも一つの方法です。普段から付き合いがあるなら、車の状態もよく把握してくれているということですから、状態に合った提案をしてくれるかもしれません。顔が見えるという安心感もあります。

方法2:見積もりサイトを利用する

近くに整備工場があるかどうかわからない、もっと手軽に相場を知りたいという方にオススメなのがこちら。以下のようなサイトで簡単に概算見積もりが取れます。もちろん無料です。近くにどんなお店があるのかも調べられるので、初めて車検をするならまずこちらでチェックしてみるとよいでしょう。
※ただし、地域によっては近くのお店がヒットしない、あるいは少ない場合もあります。

楽天車検: 車検を比較。見積もり予約&実施で最大3,000ポイント
車検費用の参考価格を楽天車検でかんたんに検索・比較。車検見積もり予約&実施で楽天スーパーポイント最大3,000ポイント貯まります。(※2015年11月時点)

価格.com – 車検 費用比較・見積もり
車検費用がすぐわかる!車検の見積もりをするなら価格.comの車検 比較・見積もり。郵便番号とメーカー、車種を入力するだけで、車検費用がすぐわかります。またお近くの車検を受けられる店舗もサービス内容で比較でき、予約などのお問合せができます。

車検申込み前に!注意事項2つ

必ず複数の会社から見積もりを取る

車検基本料は業者によって大きく異なります。悪質な業者から、高額の見積もりを提示されるかもしれません。また、他社の見積もりを提示するとより安くするサービスを打ち出している業者もあります。まずは複数社から見積もりを取り、その内訳についても自分が納得できるまで質問しましょう。自分や家族の大事な命を乗せて走る車ですから、安心してお願いできる相手を見つけられるとよいですね。

「何を求めるか」で選ぶべき手段は変わる

ひたすら安く済ませたいのか、それともメンテナンスまで丸ごとお任せにしたいのか。それによって選ぶべき選択肢は違ってきます。整備が苦手で面倒なのにユーザー車検にしたり、安く済ませたいのにディーラーばかりにお願いしたりしていては、求める結果にはつながりにくいでしょう。

毎回同じところで車検をしなければならないわけではありませんので、そのときの車の状態に一番合った車検を検討してみましょう。買ったばかりの新車と20年近く乗っている車とでは、必要な整備も全く違います。普段メンテナンスをあまりしていないなら、車検を機に整備も一緒にしてもらうことも考えてはいかがでしょうか。

まとめ:もう車検で後悔しないために

決して安くない車検費用。しかしその費用は、この先車を利用する上での安心に支払っているものとも言えるのです。ただやみくもに費用を抑えるのではなく、本当に必要かどうかをきちんと考えて、満足のいく車検を受けられるといいですね。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。