<ニラの保存方法>長持ちする方法と匂いを消すコツとは?

ニラは炒めたり、鍋に入れたり、味噌汁にしたりととてもおいしくて栄養価も満点ですが、日持ちしないのが難点ですよね。今回はニラを長持ちさせる保存方法と、あの匂いを消すコツをご紹介します。せっかく買ってきたニラですから、少しでも長持ちさせて、おいしい状態で食卓に並べましょう!



ニラの基本的な保存方法

ニラは一束買ってもなかなか一度に使い切れない人が多いのではないでしょうか。メイン料理ならいいですが、味噌汁などに使うときは少量ですからね。また2パックで安くなっているとついつい2パック買ってしまいますが、そうするとさらに使い切れませんよね。家庭で育てている場合も同様です。ニラを長持ちさせるにはどのような保存方法がよいのでしょうか。

保存するときは冷蔵庫で!

ニラに適した保存温度は0℃~5℃です。ですから、常温ではなく冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。ただし、買ってきたまま冷蔵庫に入れるのはNGです。ニラは非常にデリケートな野菜ですので、そのまま入れていては長持ちしません。ニラは乾燥に弱く、傷みやすいのです。

スーパーで買ってきたときはビニールのフィルムに包まれていると思いますがまずこれは取りましょう。買ってきたまま冷蔵庫に入れてはいけません。そして新聞紙でくるみ、さらにビニール袋に入れて立てて保存しましょう。ビニール袋にニラ全体が入らない場合は上からと下からビニール袋をかぶせてしっかり全体を袋に入れてくださいね。保存するときに折らないように気を付けてください。

ニラはとてもデリケートだというのがお分かりいただけたでしょうか。この保存方法にしても長持ちするわけではなく、保存期間は3日ほどです。では、もっと長持ちさせるにはどうしたらよいでしょうか。



ニラは切ったほうが長持ちする!

野菜はそのまま保存したほうが長持ちするものが多いと思いますが、ニラはそのままよりも切ったほうが長期間保存できます。切ってあれば使いやすくもなりますし、きちんと消費できそうですよね!

切ったニラの保存方法

ニラを切って保存する場合は、まず洗ってしっかり水気をとります。そしてタッパーに入る大きさに切ります。使いやすい大きさで大丈夫です。味噌汁や鍋などに使うことが多いなら3~4cmの長さに、トッピングにしたいのなら薬味のネギのように5mm程度に切りましょう。用途が決まっていない場合は長めに切っておいた方が後で応用がききますね。

切ったらタッパーに入れ、ニラがしっかり浸かるまで水を入れます。これで5~10日ほど長持ちします。倍以上も長持ちするなんて嬉しいですね!

さらに長持ちさせるには

さらに長持ちさせたいのであれば、2日に1回ほど水を替えましょう。また沸騰したお湯と水を1:1にした50度のお湯で1~2分浸け洗いをするとシャキシャキで鮮度もよくなります。この保存方法ですと10日ほど長持ちするでしょう。ただし、日数がたつにつれて栄養価は下がってしまいます。ニラの栄養をしっかり摂りたいのならばやはり、早めに食べることが大切です。

ニラの匂いはどうしたらいい?

ニラは切ると匂いが強烈になります。冷蔵庫を開けるたびにびっくりしてしまうほどです。個の匂いの正体は「アリシン」という成分です。ネギなどにも含まれています。健康に良い成分ですが、匂いがきついのも困りものですよね。ですが、タッパーで密封しておけばだいぶ匂いは抑えられるでしょう。それでも匂いが気になる場合はさらにビニール袋に入れて封をしましょう。

そして、数日間ニラを保存していたタッパーも、ニラの匂いがついてしまっています。なかなか取れなくて困ったという人も多いかもしれませんね。その場合はお酢や重曹で洗うのがおすすめです。手についたニラの匂いもお酢で取ることができますよ。

冷蔵庫にも匂いが残ってしまって気になる、という場合は、重曹を水で溶いたものに雑巾を付けてよく絞ってから拭きましょう。緑茶に含まれているカテキンにも消臭効果がありますので、お茶で拭くのもおすすめです。嫌な匂いではありますが取れないものではありませんのでしっかり対処してください。

ニラの保存方法と賞味期限は? | 保存方法まとめ隊
参照元:保存方法まとめ隊(2016年1月時点、著者調べ)

ニラは冷凍保存もできます!

保存方法に話を戻しましょう!もっと長期保存したいのなら、冷凍して保存することもできます。

ニラの冷凍保存の方法は?

ニラを冷凍する場合は、まずよく洗いしっかり水気を切りましょう。そして冷蔵の時と同じように、お好みの大きさに切ります。そしてジップ付の袋に入れ、冷凍します。小分けにする必要はありません。水気が残っているとニラ同士がくっついてしまうので注意してくださいね。冷凍保存した場合は1か月程度保存が可能です。

冷凍したニラの使い方

冷凍したニラは解凍せずにそのまま使いましょう。解凍するとべちゃべちゃになってしまいます。そのまま味噌汁に入れたり、卵に混ぜて焼いてニラ玉にしたりして使用してください。そのまま使うことができるのでとても手軽ですね。10日以内に食べきれない場合は冷凍してゆっくり使ってください。

にらを長持ちさせる保存方法|食品保存方法
参照元:快適★節約収入生活(2016年1月時点、著者調べ)



まとめ

ニラの様々な保存方法を紹介させていただきました。切ったほうが長持ちするというのは少しびっくりですよね。ですが切ってあれば手軽に使えますし、無駄にせずに使い切れるのではないでしょうか。ぜひ、実践してみてください。