みんなどうしてる?結婚式の【プチギフト】の相場を知りたい!

結婚が決まったはいいけど、悩ましいのは結婚披露宴の段取りです。招待客の選定、ドレス選び、お食事の吟味など…やること山積みでパニックになりますよね。あらかた決め終わって予算内に収まったかと思いきや、忘れがちなのが送賓の時にお渡しするプチギフトのことです。お渡しした時に喜ばれるようなものを、賢く選びたいですね。そこで、みんなどれくらいの予算で用意しているのか調べてみました。



そもそも結婚式にプチギフトは必要?

昔はなかったプチギフト

少し前の時代の披露宴では、披露宴後、新郎新婦が招待客をお見送りする送賓の際に引き出物をお渡ししていました。ところが最近は、お渡しに間違いがないように、引き出物を招待客の席にあらかじめ置いておくことが主流となりました。ミスが減る一方で、送賓がさみしくなってしまったため、考えられたのがプチギフトです。

プチギフトは送賓の場を華やかにしてくれる

さみしくなった送賓に華やぎを持たせ、更に感謝の気持ちを伝えるアイテムとして一般的になってきたプチギフトですが、必ずしも用意せねばならないというものではありません。特に予算的に厳しい場合、割愛しても恥ずかしいことではありません。しかし、予算が少なくても、アイデアと工夫次第で準備することは可能です。



結婚式のプチギフト【相場】

色々選びたいなら1個300円以上から

ある程度しっかりしたものを選ぼうと思うと、1個およそ300円から500円の価格帯が主流になります。これくらいの予算だと、ウェルカムオブジェとしても使えるプチギフトもあるので、迎賓テーブルの装飾もできて一石二鳥です。そこまでは必要ない、という方には、もちろんもっとリーズナブルなものもたくさんあります。

リーズナブルなものは100円台から

ボリューム感は減りますが、かわいらしいラッピングで送賓を演出してくれる100円台から300円以内の価格帯のものもたくさんあります。個包装が簡易的なものもあるので、クッキーなど割れやすいものは注意が必要です。お渡しする時に、透明ビニールの中のクッキーが割れて見えていたら少し悲しい気持ちになるかもしれません。購入する時に、個包装や配送時の梱包、中身が壊れていた時の対処をしてくれるかどうか、業者さんに確認しておくと安心ですね。

どんなものが選ばれている?

喜ばれるのはやはりお菓子。ただし…できれば試食を。

定番はやはりお菓子ですが、中でもウェディングらしいお菓子といえばヨーロッパ発祥の「ドラジェ」という砂糖菓子です。中に入っているアーモンドは、実をたくさんつけることから、多産や繁栄を意味するとして、幸せの象徴と言われてきた古い歴史がありました。

見た目も華やかで、プチギフトにはうってつけですが、余ったプチギフトを自分で食べてみたらあまり美味しくなかったという話はよく聞かれます。ドラジェに限らず食べ物については、1個から販売してくれる業者さんから購入し、できれば試食してみることをおすすめします。

他にはクッキー、チョコレート、おせんべい、金平糖、ミントのタブレット、お菓子以外の食べ物だと、紅茶、コーヒー、はちみつ、お米、小瓶のお酒というのもあります。何を選んだらいいか迷ったら、出身地の銘菓も個性のひとつとして良いですね。

雑貨、オリジナル商品などアイデア次第

雑貨のプチギフトはあらゆるものがあります。中でも一般的なものは、入浴剤、石けん、キャンドル、エコバッグ、フォトフレーム、生花などです。最近はお箸やスプーン、かわいくデコレーションしたトイレットペーパーなどもお渡しするそうですが、一つだけもらっても使い勝手が悪かったり、お祝いの場で御不浄を連想させるようなアイテムを受け取るのは複雑な心境だ、という意見もあります。

冬の結婚式では、ホッカイロやリップクリームをオリジナルデザインに仕立ててお渡しするのも、心遣いが伝わるプチギフトだと評判です。春には桜茶など、季節を感じさせる演出も素敵だと思います。

若いゲストの方に評判が良いのは、使い勝手の良いオリジナルクオカードですが、ご年配の方は使い方がわからないというケースもあるようです。コンビニなどで使えるという説明のメモを入れてお渡しするなど、お渡しの際に工夫が必要なアイテムかどうか考える必要もあります。

また、面白いものとしては、チョコやスナックなどの、製菓会社が行っているオリジナルデザインのプチギフトです。ある程度の発注数は必要ですが、単価にすると100円以下のものもあり、意外とリーズナブルに準備できます。ただし、今日発注して明日到着というわけにはいかないので、少し余裕を持って発注する必要があります。



もっと賢く、もっと心に残るものを。

やはり心を込めた手作りギフト

買って用意するのは手っ取り早くて楽ですが、もっと賢くプチギフトを準備するなら、やはり手作りがおすすめです。時間と労力がかかるので面倒に思うかもしれませんが、絶対にオリジナルなものであると同時に、買ってきた商品に比べて格段に心のこもった贈り物だと感じてくれるゲストの方は多いのではないでしょうか。また、お渡しするときに会話もはずみますし、作るものによっては、家庭的な印象やまめな印象を感じてもらえることと思います。

手作りで、プチギフトに適したものをご紹介します。

◼︎アイシングクッキー
ただのクッキーだと味気ないので、カラフルにアイシングをして、ゲストのお名前や自分たちの名前、結婚式当日の日付を書くと、記念にもなるし見た目にもきれいです。 ◼︎一口チョコ(冬季限定) 冬季限定になりますが、一口チョコレートも簡単に作れて華やかに見せやすいアイテムです。アイシングクッキー同様、名前や日付を書き入れるのもいいですが、シンプルにアラザンや金箔で飾ってウェディング感を出すのも素敵ですね。

◼︎アロマ石鹸 苛性ソーダを使わず、石けん素地をこねて作る方法だと簡単にできます。アロマオイルを入れて香りづけをすれば、お渡しする時にふわっと素敵な香りが漂って、送賓の時の話題作りにもなるでしょう。

◼︎アロマキャンドル 100円ショップで材料を揃えることも可能な上、一度にたくさん作れるのでおすすめです。自分の好きな香りにしてもいいし、差し上げるゲストの方に合う香りで作ってもいいですね。形や色も好きに作れて、オリジナリティ溢れるギフトになります。

買ってきた物に少し手を加えるのもアリ

そこまで手作りするのはちょっと…という時におすすめなのが、商品だけ購入し、個包装などの外装を手作りする方法です。選ぶ商品にもよりますが、リーズナブルに用意する方法のひとつです。

例えば、自分が好きなブランドのティーバッグやお菓子を買ってきて、個包装にいくつか入れてリボンやシールを貼るというものです。名前や日付を記したシールはパソコンで作ってもいいし、あえて手書きにして手作り感を出してもいいですね。また、中身が自分が好きな物なら、お渡しするときに会話がはずむきっかけにもなります。

品物ではなく「思い出」をプレゼントする

ギフトといっても色々あります。送賓の場を華やかにし、感謝の気持ちを伝えるのであれば、物ではなくメッセージカードだけでも十分だと思います。お一人ずつに、心を込めた手書きメッセージカードをお渡しすれば、物よりも喜んでくれる方は多いかもしれません。もし手伝ってくれる人がいれば、披露宴の最中にインスタントカメラでゲストと一緒に撮影した写真を添えて、今日という晴れの日を一緒に過ごした思い出をお渡しするのも、とても気の利いたギフトだと思います。

結婚式にはプチギフトを贈ろう!

結婚という晴れの日を、大切な皆と過ごすということが、何より嬉しく喜ばしいことだと思います。プチギフトがその助けになるのであれば、少し予算を割いたり、手間をかけたりしてもいいかもしれませんね。