クレジットカードに保証人は必要?ショッピング初心者向け基礎知識

クレジットカードを持っていれば、手元に現金がなくても買い物ができるのでとっても便利。通販などの支払いもクレジットカードは使いやすく、現代人の必需品のひとつと言っても過言じゃないかもしれません。クレジットカードは欲しいけど保証人になってくれる人なんていないし…と思っている人は必見のまとめです。



【現金とカード】どっちが便利?

いつもニコニコ現金払い。これが買い物の理想なのですが、家電製品などの高級品を買う場合は分割が気軽に利用できるクレジットカードが凄く使いやすくてお勧めです。手元にお金が無いときでも後払いできるというシステムが、お買い得のタイミングを逃がさないことにも繋がりますので、上手に利用すれば家計の節約にもなるのです。

使わなければ後払いの請求にも困る事はありませんので、クレジットカードがつくれるという人は、とりあえず持っておきますと役立つ時がくると思います。生活の保険と思いまして、現金支払い派の人も持っておきたいお守りがクレジットカードなのです。



保証人問題はこれで解決!

頼れる人がいないと借金もできない世の中…

しかしクレジットカードをつくるには、カード会社の審査を受ける必要があります。ここで気になるのが保証人の問題です。借金や家のローンなど、お金に関る事は保証人がいなければ審査は非常に通りにくいものです。

どうして保証人という仕組みがあるのかという疑問ですが、それは借金の踏み倒しでローン会社が一方的に損をしないためにあります。借金をした人に返済能力がなくなった場合、ローン会社が踏み倒しで倒産してしまう危機がでてきますが、代わりに支払ってくれる人がいれば倒産せずに済みますからね。

ここで気がつくと思うのですが、借金の保証人になる人はメリットはひとつも無いのにリスクのみを背負っているということです。このため保証人は、余程の信頼関係を持った人でないと断られる可能性が高いかと思います。保証人から人生が転落したというショッキングな報道もしばしば見かけますので、実家から離れて暮らしているという人などは、保証人探しも一苦労するかと思います。

クレジットカードとローンは違う!?

「じゃあ、私はクレジットカードはつくれない…」と嘆く前に聞いてください。実はクレジットカードは保証人が必要ない審査をしているのです。しかしこれを聞きますと、お金を借りているというのにどういう事なのかという疑問を感じるかと思います。

その答えなのですが、クレジットカードとローンの違いにあります。どちらとも結果的に借金をしているのでこの2つは同じに感じてしまいがちですが、決定的に違う部分があります。それはクレジットカードの借入れは現金化できないという部分です。

現金はいろいろな用途によって、貸し出し側から見れば何に使われるか分からない危険があります。しかしクレジットカードは、買い物などの支払いのみに使用が限定されます。使用情報もローン会社は把握してますし、限度額設定によって使いすぎている契約者に警告することも可能です。

このような理由によってリスクがローンよりも低いと見なされてますので、クレジットカードの審査には保証人は必要とされないものになっているのです。

クレジットとローンの違い
参照元:クレジットカード研究Lab(2016年1月時点、著者調べ)

クレジットトラブルSOS

Q.私のクレジット会社では保証人が必要でした…

クレジットカードのトラブルを聞いてみますと、保証人が必要ないと聞いていたのに契約時に保証人を確認された、という話もあります。クレジットカード会社によっては、保証人が必要になるという特殊なカードを発行しているところもあるようです。

その特殊なクレジットカードの見分け方についてですが、現金化であるキャッシング機能の有無がポイントとなります。最近のクレジット会社もいろいろなサービスを求められていますので、買い物後払いと現金ローンが両方できるオールインなカードを発行しているところも増えてきています。

そのようなクレジットカードは、多機能な反面審査も厳しくなっています。保証人を頼めないという環境にある人は、契約予定のクレジット会社のカード説明についてしっかりご確認をと思います。

Q.未成年でも保証人はいらないの?

クレジットカードには保証人が原則必要ないのですが、それでは未成年の場合でもカード発行は可能なのでしょうか?

クレジット会社のカード発行資格を確認しますと、ローン会社によっては契約者の年齢については指定がなく、未成年でも問題なしという場合もあるようです。しかしそんな会社でも、未成年へのクレジットカードの審査としまして、親など保護者の同意を必要としています。

これでは保証人と変わらないのでは?と思ってしまうかもしれません。この場合についてですが、子供が支払いを滞納したとき、保証人でありませんので保護者に支払いが請求されることはありません。

ただしそれとは別に、本人には大人と同等に収入の有無などの審査をクレジット会社から受けることになります。年齢が若いからという理由によって審査が厳しくなるということはないのですが、収入の要求が必要となってしまうという部分で、未成年だとクレジットカード発行は難しいかもしれません。

クレジットカード入門2015
参照元:BENRISTA(2016年1月時点、著者調べ)



クレジットカードの使用は計画的に!

クレジットカードが活躍する場所ですが、最近は海外の大手ホテルや国外ネット証券への入金といった、日本以外の場所でクレジットカードが使える場所も増えてきています。家族に1枚あればとても便利ですので、クレジットカードを発行してみることをお勧めします。

しかし現金と違って、いくら使っているのか分かりにくいところにクレジットカードで注意したい点があります。ついついムダ使いをしてしまわないように、使用状況の確認をこまめにしながら計画的に使うとよいでしょう。