母子家庭の芸能人の過去|華やかな世界で輝く裏に感動の真実あり!

テレビや雑誌、ネットなど、華やかな世界で活躍する芸能人。多くの国民から注目され、憧れや目標にされる一方で、ネットの書き込みや、スクープなど、多くの批判の矛先も向けられることもありますね。誰でも一度は会ってみたい芸能人はいるのではないでしょうか?そんな一見派手に見える世界で活躍する芸能人の中には、壮絶な過去や苦しみを乗り越え、様々な想いを持って活動されている人も多いようです。



意外と多い母子家庭の芸能人

母子家庭世帯の現状

少子高齢化が騒がれる今日ですが、ひとり親家庭の世帯も年々増加し、母子世帯においてはここ25年間で1.5倍までに膨れ上がり、今や123万8,000世帯と言われています。特に離婚による母子家庭が急速に増加し、全世帯と比較した子どもの進学率も低い傾向にあります。

国や地方行政における支援施策もあるものの、ひとり親世帯の就業率や相対的貧困率は、全世帯から比較すると厳しい状況であるといえるでしょう。

厚生労働省「ひとり親家庭等の現状について」
参照元:厚生労働省(2016年1月時点 著者調べ)

母子家庭で育った芸能人たち

芸能人というとどんなことを連想するでしょうか?美男美女、お金持ち、親の七光り、高級ブランドなど、どちらかというと華やかなイメージを持つ方が多いと思います。しかし、調べてみると、母子家庭で苦労を重ねながら芸能活動に勤しんでいる方も多いようです。

例えば…
・有村架純
・中山美穂
・安室奈美恵
・沢尻エリカ
・浜崎あゆみ
・小西真奈美
・篠原涼子
・滝沢秀明
・後藤真希

多くの芸能人が、離婚や病気、不慮の事故で親を亡くし、母子家庭になっているようです。しかも芸能界でも人気と実力を兼ね備えているような方も多く、様々な逆境を乗り越えて、メディアを通して国民の憧れの的として活躍していますね。



決して恵まれているとは限らない芸能人

芸能界の世界に一度は憧れたことはないでしょうか?今こうしている間も、日々多くの人が狭き門であるジャニーズやアイドル、芸人や歌手の世界を目指し、自らのスキルに磨きをかけていると思います。しかし、今活躍している芸能人の多くは、苦しい下積み時代を経験し、世に認められて芽を出し、初めて多くの人たちに認識されるような本当に厳しい世界であると言うことは聞いたことがあると思います。

あのお笑い界の重鎮であるビートたけしさんや、今や毒舌でおなじみの有吉弘行さんもブレイクする前はかなり厳しい生活をしていたそうです。ブレイクしては消えていくような芸能界は、実力もさることながら、運やタイミングなど、様々な要素が必要であり、本当に、本当に厳しい世界だと思います。

サラリーマンや公務員のような安定的な収入も保障されていないことを考えれば、現実は決して恵まれた仕事とは言えない世界なのかもしれないですね。

壮絶な過去をバネに

ジャニーズの兄貴分も・・・

ジャニーズの顔の一人と言っても過言ではない、東山紀之さん。少年隊のメンバーであり、ジャニーズの中でも、後輩に慕われる良き兄貴分として知られています。そんな東山さんも幼少時代は、父がお酒と遊びに溺れ、借金取りから逃げるために家族の住まいを転々とするような日々を送っていたようです。

そして、3歳のときに両親が離婚。その後は母に育てられ、母は再婚をしたものの再び離婚をしたそうです。現在は女優の木村佳乃さんと結婚し、2人の子も授かり、2児の父としての顔も見せながら活躍していますね。



引き寄せた芸能界の道

幼少期の元気の源

アメリカの歌手、ビヨンセのモノマネでブレイクした渡辺直美さん。過激な表情と演出は、女性とは思えないパワフルなモノマネで、お茶の間に笑いを提供してくれますね。そんな渡辺さんですが、彼女もまた母子家庭で育っており、幼少期から母親は深夜に帰宅することが多く、いつもひとりぼっちだったそうです。

そんな中で、テレビに出てくる芸人の姿を見ることで、楽しく過ごせたようです。そして、「自分も将来この仕事ができたらいいな」と考えるようになり、芸人の道を歩んできたといいます。

笑顔に隠された苦労人俳優の過去

女性を中心に、幅広い世代に人気のあるイケメン俳優の一人、成宮寛貴さん。CMやドラマ「ごくせん」にも出演されるなど、大活躍の成宮さんですが、14歳のときに母親が他界。14歳という年齢にもかかわらず、親代わりとして6歳年下の弟を、大学へ入学させるまで支え続けたそうです。

成宮さんは高校進学を断念し、引っ越しセンターなどでアルバイトをして生活を支え、「どうやったら弟を支えられるんだろう」と思っていたときに、偶然俳優のオーディションの話をいただいて、受けたのが芸能界入りのきっかけのようです。

私たちが家族のために、子どものために働くことと同様、芸能人であっても強い想いを持って活動している姿には本当に心打たれます。

まとめ

いかがでしょうか?ここ最近、不倫や結婚などのスキャンダルがまた増えてきたような気がしますが、一見華やかな世界であっても、様々な家庭環境や想いを持って活躍している芸能人も多いのではないでしょうか?

ネットや雑誌、テレビでは決して話題にならないような生い立ちを知れば、見方も大きく変わるのではないでしょうか?芸能人という特殊な職業だからこそ、なかなか一般の私たちには受け入れがたいことも多いですが、素顔や過去を知った中で、メディアに触れるということは、偏見を持たない健全な視聴者の証かもしれませんね。