【カードローンの審査情報】専業主婦でもばっちり通る方法教えます!

お金に困ったとき、カードローンを持っていますと心強さが全然違ってきます。しかし専業主婦をしていますと、審査が働いている人よりも厳しくなるという話もあります。そんな専業主婦でも、ローンカードをばっちりつくるためのポイントを調べてみました。



専業主婦も自由にお金を使いたい

主婦の役目に徹するために、結婚したあとに仕事をやめまして、専業主婦になる道を選ぶ女性は多いと思います。専業主婦のメリットは、仕事をしながらだと負担の大きい家事に集中できるということと、子育てをしっかりできるという部分にあると思います。

特に子育てについては、共働きだと子供にさみしい思いをさせてしまうという事もありまして、仕事をしながらだとどうしても難しい一面もあるかと思います。話を聞いてみますと専業主婦をしたくてしてるわけじゃない、本当は働いてお金がもっと欲しい、という意見もあるようです。

そうなってきますと、お金に対する窮屈さを感じてしまうかと思います。旦那さまの給料でムダ使いするのも悪いですし、有事の時に自腹を切ることも困難に。そんな時、カードローンがあればとても助かるのですが、職に就いていない専業主婦でも貸出審査に受かるものなのでしょうか?



カードローンは専業主婦のつよ~い味方

無職でもカードローンは借りられる?

カードローン審査に落ちた人について調べてみますと、いわゆるブラックリストに入っているという人や、無職の人は非常に厳しいという話を見かけます。やはりカードローンも商売ですので、貸し出したお金を回収できる見込みが無い人には厳しくなってしまうのです。

しかしご安心ください。無職と専業主婦とは大きな違いがあります。それは世帯年収です。無職の場合は収入もありませんが、専業主婦には旦那さまの収入がカウントされるので、無職の人よりも審査は通りやすいのです。

余談ですが、無職の基準となりますのが勤続年数です。職に就いて1年未満という場合、継続年数が端数として切り捨てられてしまい0年とみなされます。もしも旦那さまがつい最近転職した場合などは、ローン会社によっては審査状況も変わる可能性もありますので注意してください。

銀行カードローンの審査
参照元:低金利の銀行ローン(2016年1月時点、著者調べ)

カードローンの審査基準について

カードローンですが、通常の金融機関による現金の借り入れと比較しまして、貸し出し限度額が低くなっているため通りやすいとされています。そのローン審査の仕組みである「スコアリングシステム」ついてご説明します。ローン会社の審査ですが、マークチェック方式となってまして、点数が基準を満たした人にのみ貸し出しが行われるのです。

まず専業主婦の場合ですと、旦那さまの職業が重要となります。スコアの高い職種順に、公務員、正社員、自営業、アルバイト、無職となってまして、正社員は勤め先の会社の規模によって点数が変動します。またのアルバイトでも会社の規模が大きい場合は、審査に有利とされています。

他にも健康保険の有無や、住居が持ち家か賃貸かなど、細かいチェック項目がありまして、総合得点が一定基準を満たしていればカードローンを手に入れる事が可能です。専業主婦という状態は審査に好ましくないといえるのですが、その分ほかの審査部分が高得点であれば問題なく借りられます。

キャッシングの審査テクニック!
参照元:ファイグー(2016年1月時点、著者調べ)

専業主婦ならではのローンの悩み

Q.審査が軽いオススメのところは?

ローン会社によっては、専業主婦のスコアリングチェックを厳しく判定しまして、カードローンに受かりにくくしているところもあるようです。総量規制という貸し出しに関する法律が厳しいという事情もあり、主婦にとって借り入れは向かい風な環境となっています。そこでカードローンに受かりやすい会社を狙うことが重要になってきます。

受かりやすい会社ですが、銀行系の大手カードローンが審査が軽いとされてます。金融機関として規模が大きいということがありまして、それだけ動かせるお金も大きく、多くの人が利用しやすいサービスを提供してくれています。

Q.旦那さまにナイショで借りられる?

専業主婦の心境としまして、旦那さまに収入が頼りきりという中、ローンをするというのはなかなか言い出しにくい部分もあると思います。ローン会社によっては、旦那さまへ直接確認をとる必要がある場合もありまして、ローンをしている事をナイショにするのは難しい部分もあります。

できれば旦那さまと話し合ってほしいところではあるのですが、どうしても説得に耳を傾けてくれないなどといった場合、ネット審査のカードローンをこっそりつくってみるのが良いかと思います。ネットでのカードローン審査の場合、必要書類が集められるかが重要視され、確認を郵送書類で済ませられますので家族にもバレにくいのです。



潤う生活、でも使いすぎには要注意!

ローンをうまく活用できれば、暮らしはもっと豊かになると思います。いまの生活に不自由を感じてない専業主婦の人も、万が一のことに備えてカードローンをつくっておくことをお勧めします。

しかし専業主婦である以上、ローンの支払いは旦那さま頼りということも忘れてはいけません。あまりに多額の返済金を請求されたことが切っ掛けなって、険悪な夫婦関係が始まる場合も考えられます。後悔をしないためにも、カードローンは計画的にご利用してくださいませ。