お金の包み方【結婚式編】ご祝儀とお礼はこう包めば間違いなし!

ひと目でわかる金額別の一覧表あり!家族や友人が結婚!お祝いごとはおめでたいけれど、ご祝儀の包み方に迷うことはありませんか?そう頻繁にあることでもないから、前にどうやったのかも忘れがち。結婚式にお呼ばれしたとき、あるいは家族の結婚式で余興やスピーチをやってくださった方にお礼を渡したいときのポイントをまとめました。



ひと目でわかる!お金の包み方

お祝いごとはおめでたい!でもご祝儀を包む時になって、あれ?前はどうやったっけ?と迷うことはありませんか?お金の包み方を、結婚式の「ご祝儀」と車代やスピーチなどの「お礼」に分けてまとめました。



ご祝儀の袋は中身の金額で選ぶ

ご祝儀袋は、中に入れるご祝儀の1~2%程度の金額のものが目安です。例えば3万円のご祝儀なら、300円~600円ほどの袋を選ぶと良いですね。ご祝儀の目安が袋に書かれているものもありますので、それも参考になさってください。袋だけが豪華で中の金額は少ないなど、袋と中身が釣り合っていないものはNGです。

金額1万円以下

1万円以下を包む場合は、のし・水引が印刷されたものを使います。袋の価格は100円~300円ほどが目安です。

金額1~2万円

1~2万円を包む場合は、のし・水引がついたものを使います。サイズは11cm×18.5cmくらい、袋の価格は300円~500円ほどが目安です。

金額3万円

3万円を包む場合は、のし・水引に加えて少し装飾があるものを選びます。サイズは13cm×20cmほど、袋の価格としては500円~1,000円ほどが目安です。

金額5万円以上

5万円以上の場合は豪華な飾りが付いた祝儀袋が適しています。サイズは15cm×21cmくらいの大きいもの、袋の価格としては1,000円~2,500円ほどが目安です。表書きの部分が短冊ではなく檀紙(波状に折り込まれている)のもの、袋に鶴や亀が描かれている、あるいは箔押しされているものを選びましょう。

カジュアルなご祝儀袋は目上にはNG

最近は可愛いデザインのご祝儀袋もたくさんあって、選ぶのに迷ってしまいますよね。でも使い方には注意してください。ご祝儀袋は白が基本。色や柄がついたカジュアルなご祝儀袋は目上の方には使いません。会社の同僚、後輩や友人の結婚式なら問題ありませんので、あなたのセンスで選んでください。

水引は「結びきり」を選んで

お祝いごとの種類によって、使う水引も選ばなければならないことを知ってましたか?結婚式には「結び切り」か「あわじ結び」を使います。 結婚のお祝いには、「ほどけないこと」を願って「結び切り」の水引がついたものを使います。「あわじ結び」は新しい結び方で「結びきり」の一種です。ちなみに関西では祝儀の種類にかかわらずあわじ結びを使います。

「蝶結び」は出産・進学・入学など婚礼関係を除くお祝いごと全般に使います。

ご祝儀袋の表書きの書き方

表書きは毛筆か筆ペン、あるいはサインペンの濃い墨で書きます。ボールペンや万年筆は使いません。
水引きを境に、上には「寿」か「御結婚御祝」が正式な書き方です。「結婚御祝」は4文字のため縁起が悪いと考える方もおられるので、避けたほうが無難です。

水引の下には自分の名前を書きます。夫婦連名の場合は、右側に夫、左側に妻の名前を書きます。このとき名字は一つでもそれぞれにつけてもどちらでも大丈夫。家族で子供がいる場合も、同じように連名で子供の名前も書きます。もし子供が2名以上になる場合は夫など代表となる人の名前だけを書いて、左側に「他家族一同」と書きます。他の家族の名前は別紙に書いて、中袋に入れておきます。

結婚式に参加できない人達が数人で一緒にお祝いを渡す場合も、連名表記になります。その場合は、基本的に目上の人から順に左側に向けて書きます。目上などの関係がなければ、五十音順にします。このときに記入する人数は、多くて3名まで。それ以上になる場合は、代表者の名前だけを書きその左側に「他一同」と書きます。その他の人の名前は家族の場合と同様、別紙に書いて中袋に入れておきます。



中袋はどうする?

中袋の書き方

中袋も表書きと同様に、毛筆や筆ペン等で書きます。ボールペンや万年筆は中袋であっても使用しないほうが良いです。

中袋の表面には包んだ金額を、裏には自分の住所・氏名を書きます。市販のご祝儀袋で、金額や住所・氏名を記入する欄が印刷されているものは、記入欄に合わせて書きます。金額の欄が裏に、住所と氏名の欄が表に印刷してある場合もありますが、記入欄に合わせて書けば問題ありません。

記入欄が印刷されていない場合は、表の中央に漢数字で金額を書きます。漢数字で書くのは後から書き直せないようにするためでもあります。例えば1万円の場合は「金 壱萬円」と縦書きで書きます。
一 → 壱
ニ → 弐
三 → 参
五 → 伍(五でも良い)
七 → 七
八 → 八
十 → 拾
万 → 萬
円 → 圓(円でも良い)

横書きの金額記入欄が印刷されている場合は、アラビア数字で書いても大丈夫です。その場合は必ず3桁ごとに「,」を入れてください。例えば1万円の場合であれば「10,000円」と書きます。

記入欄が印刷されていない場合は、裏面の左下に住所と氏名を書きます。都道府県と郵便番号も記載すると、後から新郎新婦が整理をする際に便利ですね。封かん(のり付け)は基本的に不要ですが、市販の中袋で「封」と印刷されている場合などはのりで貼りましょう。

中袋が付いていないときは

ご祝儀袋に中袋がついていなかった場合、中袋を白い紙で折るやり方もありますが、白い封筒を使ったほうが簡単です。

お金の<入れ方>にも決まりがある!

ご祝儀は新札で用意しなければいけないというのは、多くの人が知っていると思います。ちょっと迷ってしまうのが、中袋へのお金の入れ方ではないでしょうか。お札を複数枚入れるときは向きを揃えます。肖像画を表にし、肖像画が封筒の上(開封口側)に来るように封筒に入れます。つまりは封を開けた時にお札の肖像画がすぐに出るような形です。

中袋の封はしなくても失礼にはあたりません。しかし金額が大きいときは封をしたほうが安心ですね。

最後にチェック!ご祝儀袋の裏側

ご祝儀袋の裏側は上下から折り返されています。最初の状態をよく見ずに開けてしまって、祝儀袋を閉じるときになって「どっちを上にするんだったっけ?」と慌てた経験はありませんか?結婚式では上向きに折り返されている方(下側)が外側に来るようにします。下側の折り返しを上にするのは、「喜びを受け止める」あるいは「喜びは天を向く」という意味がこめられているそうです。

これを逆に上側の折り返しを上にしてしまうと不祝儀の場合の包み方になってしまうので、絶対にしてはいけません。最後に必ずチェックしてくださいね。

袱紗の包み方

結婚式当日に受付で渡すご祝儀袋は、袱紗に包んで持っていくのがマナーです。袱紗は暖色系の明るい色は慶事用、寒色系の沈んだ色は弔事用として用いられます。 紫色はどちらにも使える便利な色です。慶弔両方で使用できるリバーシブルなものもありますので、お好みに合わせて選んでください、

ご祝儀袋の表を上にして袱紗の上に乗せ、左→上→下→右の順に折ります。逆の順で折ってしまうと弔事での包み方になってしまうので、これも要注意です。

お礼の包み方

披露宴でスピーチや余興をして下さった方、あるいは遠方からおいで下さった方にお礼を包む場合も、基本的には「ご祝儀」のやり方で問題ありません。水引も結びきりのものを使ってください。ただ金額が少なくぽち袋でお渡しするときは、お札のたたみ方にちょっとだけ配慮すると良いです。

1万円以上はご祝儀袋で

1万円以上を包む場合はご祝儀袋で渡します。表書きは上に「御車代」「御礼」などと書き、下には両家の名字を漢字で書きます。渡す相手の名前は書きません。誰に渡せばいいか分からなくなってしまいそうなときは、付箋を貼るか一回り大きな封筒に入れてそちらに名前を書いたほうが良いでしょう。中袋には何も書く必要はありません。

5万円以上を包む場合は、ご祝儀袋も金額に合わせたものを使ってください。お礼の場合は、白を基調にしたシンプルなデザインのものを選んだほうが良いです。

1万円以下ならぽち袋で

1万円以下ならばぽち袋に入れて渡します。表の書き方は上の「1万円以上の場合」と同じですが、袋が小さいためお札をたたむ必要があります。お札は新札を用意し、複数枚ある時は向きを揃えて重ねたまま三つ折りにします。お札の表側を上にして、まずお札の左側を折りその上に右側を折り重ねます。四つ折りは縁起が良くないとされているので、必ず三つ折にしてくださいね。

折りたたんだお札は、正面から見て「折った右側が手前に来るように」ぽち袋に入れます。封はのり付けしても良いですが、後から開けたりする場合も考えられるのでシールにしたほうが良いかもしれません。この場合も渡す人が分からなくなりそうなときは、付箋などで対応してください。

「決まり」さえ守れば心配なし!

慶弔事は決まりごとが多く面倒、分からないという声をよく聞きます。確かに決まりは多いですが、反対に言えばその決まりに沿ってさえいれば恥をかくことはないということでもあります。最低限の決まりをおさえて、あとはお祝いの気持ちを伝えましょう!